ハチに営巣されたらどうする

自宅の敷地内に蜂の巣を発見したらどうすればいいのでしょうか。刺される危険性や住宅が傷むことなどを考えれば駆除したいと思われる方が多いことでしょう。地域によっては行政が相談に乗り、駆除を行っているところがあります。しかし、専門業者や害虫駆除を得意とする業者も存在するため、どちらを頼ったほうが的確に駆除ができるのか?と迷われるでしょう。行政、業者による蜂の巣駆除の相違点をご紹介いたしますので、参考にしていただければと思います。

行政機関ごとの対応

蜂の巣駆除に対応している行政機関としては、各市区町村の役所・消防署・保健所があります。事件性があるトラブルでない限り警察が対応することはありませんので、通報しないようにご注意ください。まずは、各機関ごとの対応を見てみましょう。

役所のイメージ

役所

  • 防護服、駆除道具の貸与(自分で駆除する場合)
  • 業者の紹介(自分で駆除の依頼をする)
  • 業者に依頼した際の補助金交付(駆除前に手続きが必要)
  • 駆除を行ってくれるところもあるが委託業者が対応することが多い

自治体によって異なりますが、区役所や市役所が窓口となります。

消防のイメージ

消防

  • 高い場所に作られた巣の駆除に対応
  • 蜂に刺された人がいる場合に出動
  • 業者の紹介(自分で駆除の依頼をする)

蜂の駆除に対応している消防署は多くはありませんが、高所での駆除作業を得意としています。

保健所のイメージ

保健所

  • 防護服、駆除道具の貸与(自分で駆除する場合)
  • 駆除を行ってくれるところもあるが委託業者が対応することが多い
  • 業者の紹介(自分で駆除の依頼をする)

保健所では、役所と同じように防護服、駆除道具の貸与や民間業者の紹介を行っている場合があります。

<行政機関が対応をしてくれない場合もあります>

役所・消防署・保健所での対応についてまとめましたが、法律違反や実際の被害などの条件が揃っていない場合、駆除の相談を受け付けるだけで駆除を土地の責任者に委任するケースが多くなります。また、駆除を行ってくれる場合であっても、民間業者に依頼していることが多いです。

<連絡をしても、蜂の恐怖は続いたままです>

行政機関に連絡をしたとしても、すぐに蜂による被害が無くなるわけではありません。実際に指導を受けた管理者がすぐに駆除を行うとは限りませんし、防護服の貸し出しを受けても恐怖は尽きません。

蜂駆除業者はここが違う

駆除の事業者が行う蜂・巣の駆除は、行政機関とはどのような違いがあるのか。その点についてご紹介したいと思います。

蜂に関する知識が豊富のイメージ

蜂に関する知識が豊富

蜂と言っても、スズメバチやミツバチ、アシナガバチなどの種類がいます。種類によって活発に活動する時期、凶暴性、巣を作る場所などが違います。安全かつ的確に駆除するためにも蜂に関する知識が必要と言え、業者は知識を十分に備えています。

都合に合わせてお願いできるのイメージ

都合に合わせてお願いできる

役所などの場合、連絡できるのが平日のみ、夜は問い合わせを受け付けていないなど、なにかと不便です。また、防護服や駆除道具の貸し出しを行っているところでは、貸し出し期間を設けているため忙しい方は利用しにくいでしょう。業者であれば、夜にも対応しているところがありますし、都合に合わせて日時を指定できることがほとんどです。

予防対策などアドバイスを受けれるのイメージ

予防対策などアドバイスを受けれる

駆除業者は、蜂の被害再発を防止するために予防対策に関するアドバイスをしてくれます。巣を駆除するだけではなく、住宅内への侵入口を塞いで対策を施してくれる業者もいます。

業者の選び方は?

営巣状況を参考にするのイメージ

<営巣状況を参考にする>

蜂の巣を駆除する際は、駆除業者を利用したほうが的確な駆除ができることと思います。しかし、蜂駆除業者の数は多く、サービスも業者によって一長一短。早く対応してもらえる業者を選ぶ方、駆除金額を気にされる方など、依頼者によってニーズも様々です。ハチ駆除料金相場は、蜂の種類や巣の大きさ・場所によって異なりますので参考の一つとして考えるといいかもしれません。

アフターフォローの有無を確認するのイメージ

<アフターフォローの有無を確認する>

業者が行っているアフターフォローを重視して選んでみるのはいかがでしょうか。蜂の巣は一度駆除すれば終わりというわけでもありません。もちろん、一度の駆除で問題解決することもありますが、住宅敷地内の他の場所や同じ場所に再び巣を作られてしまうかもしれません。巣を作られることがないにしても、駆除中に出かけていた蜂が戻ってきて自宅周辺をいつまでも飛び回っているなどのトラブルが発生する可能性はあります。アフターフォローがしっかりしている業者であれば、万が一のトラブル発生時にも対応してもらえるので安心と言えます。

<こんなアフターフォローをしている業者がいます>

  • 駆除した1週間後などに様子を見に訪問
  • 巣の駆除後にも蜂がいる場合の駆除
  • 駆除後、同じシーズンに巣が作られたら再施工をする

蜂に巣を作られてしまった時は、まずは行政でどのような対応をしているのかを確認してみるといいでしょう。公園や人通りが多い場所の近くなら、行政が対応してくれることもあります。しかし、安心して駆除を任せることができるのは、やはり知識と経験が豊富でアフターフォローが充実している蜂の駆除業者です。自宅の敷地内での蜂の巣駆除は民間の業者にご依頼されることをおすすめします。

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内