2016.12.27更新

ハチに刺された時にやってはいけないこと

ハチに刺されてしまった時にはちゃんとした対応策がありますが、中には全く効果がないものや逆効果なものもありますのでご注意ください。もしもそれをやってしまうと状態を悪化させてしまうリスクがあります。今回はハチに刺された時にやってはいけないことをご紹介させていただきます。 ・針をつまんで抜き取る ミツバチの場合ですが、刺さったハチの毒針をつまんで抜こうとすると毒液を絞り出してしまって余計に体の中に毒を入れてしまいます。そのために針の部分をピンセットなどで抜くか、硬いカード状のもので払い落とすと安心です。 ・口で毒を吸い出す 入り込んだ毒を血液と一緒に口で吸い出そうとすることがありますが、ハチの毒を口の中に入れてしまうのでオススメできません。もしも口に怪我をしていたらそこから毒が入り込んでしまいます。正しい対応としては傷口を洗い流しながら、傷口の周囲をつまんで血と一緒に毒を絞り出す方が良いでしょう。 ・尿をかける 民間療法として尿の中のアンモニアがハチの毒に効果があると言われていますが、そんなことはありません。単なる迷信です。むしろ尿によって傷口に雑菌が入り込み、ハチの毒以外の毒を余計に体の中に入れてしまうことになります。 ハチの毒には虫刺され薬に入っている成分の方が遥かに効きますので、そちらを使用するようにしましょう。 ハチに刺されてしまった際にはこのようにやってはいけないことがありますのでご注意ください。ハチに刺された後はぜひともハチ駆除をしましょう。もう誰も被害を出さないようにするためにも徹底したハチ駆除が必要です。作業については当サイトにご相談ください。ハチ駆除の業者を見つけることができます。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。