2015.09.17更新

ハチに対する間違った知識

当サイトでは「ハチに刺されたのですが、どうしたら良いですか?」というご質問を頂くことがございます。 基本的にハチに刺された時は、まず針や毒を指で絞り出すように抜き、患部を水や氷などでよく冷やします。 その後患部に抗ヒスタミン軟膏などを塗って対応して、あまり傷口に触らないようにするというのが、正しい対処法と言われています。 また患部以外にめまいや吐き気、あるいは呼吸がしづらいなどの異常がある場合や、時間が経っても腫れが酷くて痛みがひかない場合はすぐに病院に行くようにしましょう。 ところで、正しい対処法と同時に間違った対処法があるということも知る必要があります。 例えば以下のようなことがハチに対する間違った対処法です。 ◯患部に尿をかける 尿に含まれる雑菌で患部の状態を余計に悪くしてしまいます。 地方によってこうした迷信的な情報が今も出回っているようですが、決して行わないようにしましょう。 ◯口で毒を吸い出す もしも口内に傷が付いている場合、そこから毒が侵入して別の部分でも腫れや痛みなどの症状が出る場合もあります。指で絞り出す、あるいは専用のリムーバーなどでハチの毒を絞り出しましょう。 ◯指で針を取る 指で無理にハチの針を取ろうとするとかえって体内にハチの針が入り込んでしまい、 傷口が化膿する場合もあります。ハチの針はピンセットなどで取りましょう。 こうした間違った処置は患部の早期回復の妨げになりますので、出来るだけ正しい手順で処置を行いましょう。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。