2016.04.08更新

ハチの巣への対応

蜂の巣ができた場合どうしていますか。放置か自分で駆除かと考える人は多いのではないでしょうか。自分で駆除はもちろん蜂の巣の放置は大変危険です。というのも、蜂の巣はどんどん大きくなっていくからです。最初の内は数匹のみが飛ぶような小さい巣でも一カ月も放置が続けば、ハチが飛び交う大きな巣になってしまいます。また、ハチの巣ができた場合は土地の管理者の責任であることが原則であり、通行人や近隣住民がハチに刺されるなどの被害に遭えば、責任を問われる場合があります。管理責任の面でも自身や周囲の人の安全確保のためにも、巣の放置は適切な対応とはいえません。例外として、ハチが巣立っている、死滅しているような、空っぽの巣は放置をしても問題はないといえます。とはいえ、空か否かは確認が必要なため、どちらにせよ業者などに調査を依頼した方がいいでしょう。そして、自身での駆除ですが、万が一に刺されたときのリスクを考えると推奨できません。ハチやハチの巣には不用意に近づくべきではないのです。駆除を行う際には、完全防備の状態で挑む必要があります。しかし、安全に駆除を行うだけの準備は簡単にできるものでもありませんよね。それゆえに不用意に自身で駆除を行い、刺されてしまう人が後を絶たないのです。蜂に刺されるとアナフィラキシーショックを起こし、死に至るケースもあります。駆除のために道具をわざわざ用意することや、刺されるリスクを考えると駆除業者に依頼するのが適切と言えるでしょう。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。