2015.09.01更新

ハチシーズンが終わっても要注意

最近、朝晩は肌寒いくらいの気温の日が増えてきました。9月に入り、秋に向かって季節が移ろいでいるのが実感できますが、そろそろハチの活動シーズンも終わりを迎えます。ハチは、殆どの種で女王のみが越冬して、それ以外のハチでは、働きバチやオスバチは冬を越さずに死んでゆきます。 これからの季節、放棄された巣や、その周囲にハチの死体が転がっていることも増えてくると思いますが、迂闊に触ったり、近づくことは危険です。 ハチの死体については、死んだばかりのものは、人間が手を触れたりすることで針が飛び出す場合があります。興味本位に拾い上げてみたりすると、思わぬところで刺されてしまう原因になるので、素手で触るのはお勧めできません。 巣については、生きているハチが中にいる可能性があります。数が少なくなっていたとしても、刺されれば腫れ上がったり、痛んだり、アナフィラキシーショックを起こせば死に至ることも考えられます。 また、巣は比較的高い位置や、狭まった場所に作られることが多いのですが、もし巣を取り出す際に転落したり、住宅を壊すようなことになると大変です。 厄介なハチの巣撤去については、業者に依頼されるのがお勧めです。油断すること無く、最盛期と同様の警戒心を持ってハチには接する事が大切です。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。