2016.10.04更新

ペットボトルでハチ駆除?

ハチの中でも、最も危険なハチがスズメバチです。刺されれば時には命の危険もありますので、簡単には駆除する事ができません。しかし、ペットボトルを使用したトラップを設置する事で、簡単にハチ駆除ができる場合があるのです。スズメバチは基本的に越冬する事ができず、女王蜂以外は死滅してしまいます。そうして冬を越したスズメバチが新たなハチの巣と働き蜂を生むことで、ハチが増殖していくのです。つまり、最初の女王蜂さえ駆除できれば、ハチの増殖を防ぐ事ができるのです。そのために、ペットボトルによるトラップが有効なのです。
それでは、簡単なペットボトルトラップの作り方をご説明いたします。まず、2Lほどの大きなペットボトルを用意します。その上部4箇所にH型の切込みを入れて、内部に折り込みます。次に、誘引剤を用意します。誘引剤の材料はいくつもの組み合わせがありますが、お酒・酢・砂糖を2:1:1の割合で混ぜたものが多いです。それらをよく混ぜ合わせて、ペットボトルの中に入れます。そしてペットボトルに紐を結びつけ、高さ2mほどの樹木などに括りつけます。これで完了ですが、誘引剤が変質してしまったり、内部にハチや別の虫の死骸などが溜まりますと効果が弱くなってしまいます。そうなりましたら、新しくトラップを作りなおしましょう。また、ハチの死骸が反射的に人を刺すこともありますので、むやみに触るのは厳禁です。
このようなトラップを利用すれば、素人の方でも安全にハチ駆除する事ができます。ただし、必ずしも効果が得られるとは限りません。もしもこのようなトラップを設置したにもかかわらずハチの巣を作られてしまった場合は、ハチ駆除業者の方に速やかに相談するべきでしょう。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。