2015.10.26更新

巣の撤去はお早めに

ハチの巣というと、皆さんはどんな形状をイメージしますか?ミツバチの巣のように、箱の中に板状のものが何枚も並んでいるものでしょうか?それとも、スズメバチの巣のような、大きな丸い巣でしょうか?ちょっと見慣れた人なら、アシナガバチの巣のように、蓮の実の形に似ているものを思い浮かべるかもしれません。

基本的に、ミツバチ以外のハチは、1年ごとに巣を作りなおすので、今シーズンの巣が一度空になったら、次のシーズンにハチがそこで繁殖することはありません。

ただ、スズメバチの場合は特殊な事例として、古い巣を新しい巣の材料として利用する場合があります。

元々、スズメバチの巣は、スズメバチが出す唾液などと、木の屑を練り合わせて作られているものですが、同じスズメバチの巣でも材料にすることが出来る上、材料を近くから持ってこれるなら、スズメバチにとっても効率が良いですから、古い巣が段々形か崩れてきたな、と思っていると、いつの間にか直ぐ近くに大きなスズメバチの巣ができていた、なんてこともあるようです。

また、空になったスズメバチの巣を、鳥が再利用することがあります。

もちろん、空の巣を放置しているからといって、必ずこうなるというわけではありませんが、今からの季節、空になったスズメバチの巣が増えてきますので、もしご自宅などの巣の撤去が必要な時は、ぜひお気軽に当サイトまでご相談ください。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。