2016.03.18更新

蜂のターゲット

蜂は黒いものを狙って襲うといいますが、これは事実です。なぜなら、黒色は蜂の天敵である熊と同じ色だからです。しかし、最近では色彩の濃いものを狙っているのではという考え方も出てきていて、実際に夜では黒色より、白色などの闇に映える色のほうが多く狙われるという実験結果も出ています。状況に応じて、目立ちにくい服装をすることが対策になってくるといえるでしょう。また、蜂は我々人間のことも天敵とみなしているので、追い払うために目と頭を集中的に攻撃してきます。どちらも人間の急所なので、なんとしてもダメージを避けたいところです。対策として、蜂の出没場所では帽子の着用をお勧めします。実際に、帽子をかぶっていたおかげで針が頭皮まで届かなく、ダメージを回避できたという報告もあります。弱点を露出することを避け、最悪の事態に備えるといいでしょう。更に、あまり知られていませんが蜂はにおいにも敏感に反応します。特に気を付けたいのが香水で、これには蜂が危険時に放出する「警戒信号用フェロモン」と同じ成分が含まれていることがあります。ですので、それを身にまとってしまっていると蜂のことを無条件で刺激してしまうのです。最後になりますが、一番気を付けてほしいのが死んでいる蜂をむやみに触らないということです。死んでもしばらくの間は反射的に毒針を刺してくることがあるからです。気になって掃除したいと思っても素手では触らず、掃除道具などを使って処理しましょう。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。