2016.10.07更新

蜂毒へのアレルギーの検査方法

ハチによる被害として、頻繁に耳にするのが「アナフィラキシーショック」というものです。アナフィラキシーショックとはアレルギー反応の一種です。もしも私たちの体内に細菌やウイルスなどが侵入しますと、抗体が作られて外敵を排除します。しかし、その抗体が過剰に反応するようになりますと、かえって体に害を及ぼす事になります。それがアレルギー反応と呼ばれるもので、蜂毒によって発生するアナフィラキシーショックも原理は同じです。そのため、体内に蜂毒に対する抗体が作られているか否かが、アナフィラキシーショックの危険性を知る手段となります。その検査方法には、以下のようなものがあります。

・スクラッチテスト
肌に少量の蜂毒を垂らし、軽く肌を引っ掻きます。その際に赤くなったり腫れたりしないのか観察します。
・皮内テスト
薄い蜂毒を皮膚の内部に注射し、その後の反応を観察します。
・RAST法
血液を採取し、アレルギー反応の原因となるIgE抗体の量を測定します。この数値が高いほど、アレルギー反応が出やすい体質であると言えます。

このような検査は、医療機関の皮膚科で検査してもらえる事が多いです。過去にハチに刺された経験がある方は、一度検査を受けてみると良いでしょう。その結果蜂毒に対する抗体があると判明すれば、それに合わせて備える事ができるようになります。対策としては、アドレナリン自己注射薬を用意するというのもありますが、何よりハチに近付かないのが一番でしょう。ハチに刺された経験がある方も、そうでない方も、ハチ駆除は早めに行うべきなのです。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内