最新情報・レポート

アナフィラキシーショックに備える

私たちがハチ駆除を行うのは、何よりその被害が恐ろしいためです。ハチによる被害として代表的なのは、アナフィラキシーショックでしょう。そもそもアナフィラキシーとは、短時間のうちに全身に症状が表れるアレルギー症状の事を言います。その中でも命に関わるほどの危険な状態をアナフィラキシーショックと言うのです。ハチの毒は体内に注入されるため発症するまでの時間が短く、15分で心配停止するといわれています。そのため手遅れになるケースもあり、実際に毎年20人前後の方が蜂毒によるアナフィラキシーショックで命を落としています。
生存率を少しでも高めるために、ハチに刺されたときの事を想定して、その対策を覚えておいた方がいいでしょう。まず、ハチに刺された場合はその場から速やかに離れましょう。蜂の毒には「警報フェロモン」というものが含まれており、これが別のハチを集めるのです。無事に逃げ切りましたら、傷口を洗いながら毒を搾り出します。ミツバチに刺された場合は毒針が傷口に残りますが、無理に抜こうとすると毒をさらに注入するので注意してください。その後は抗ヒスタミン系成分を含んだ虫刺され用の薬を塗り、医療機関で診てもらうようにしましょう。
山や森の中などハチが多く生息している場所に入る場合は、それに備えて道具も持ち歩きましょう。前述の虫刺され用の薬以外には、毒を吸い出す吸入器、一時的に症状を抑えるアドレナリン自己注射薬などを準備しておくと安心です。アナフィラキシーショックの対策は時間勝負です。いざという時に慌てないように、その対策をよく覚え、実行できるように備えて起きましょう。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。