2017.01.19更新

キイロスズメバチの巣

キイロスズメバチは、スズメバチの中では小型ですが、性格の獰猛さはトップクラスだと言われています。
加えて、私たちの生活圏と近い場所に巣を作ることもあり、毎年被害者が出ている状況です。
スズメバチによる刺傷事故の多くは、このキイロスズメバチによるものだと言われています。

スズメバチは巣に近づいただけでも襲ってくる危険な蜂です。不用意に近づかないためにもキイロスズメバチが巣を作る場所や巣の特徴について紹介したいと思います。



スズメバチ

キイロスズメバチの特徴

見た目は、スズメバチ特有の黄色と黒の縞模様になっていますが、黄色い部分が多いので、ほかの蜂とは見分けがつきやすいです。
食性は雑食で、昆虫を捕まえて食べることもありますし、花の蜜や樹液を食べることもあります。時には、人間の飲み残したジュースなどが餌となることもあるようです。

キイロスズメバチは、各都道府県に生息しており、活動期間も長く3月頃~11月頃まで餌を探し回っています。そのため、私たちと遭遇する機会は非常に多いです。
また、働き蜂の数もかなり多いので、蜂の巣が巨大化することも珍しくはありません。

キイロスズメバチは目がいいと言われており、巣に近づく外敵や空を飛ぶ獲物もすぐに発見することができます。もし私たちが巣に近づいてしまった時には、執拗な蜂の攻撃に遭うこともあります。

キイロスズメバチが巣を作る場所

キイロスズメバチの巣 キイロスズメバチが巣を作り始めるのは、4~5月頃だと言われています。巣の形は、貝殻のような物をいくつも重ね合わせたような見た目と斑模様が特徴で、形は円形に近いものが多いです。
作り始めは女王蜂が一人で巣を作っていますので、閉鎖的で見つけにくい場所に巣を作りますが、屋根裏や物置の影など人の生活圏内に巣を作っていることも多いです。
そこから、働き蜂が増えていくについれて巣をも大きくなっていきます。

ある程度働き蜂が増えると、今の場所が手狭になりますので、新しく営巣する場所を探します。今度は少し開放的な場所が好まれる傾向にあり、庭木や家の軒下に新しく巣を作り引っ越しすることがあります。
仮に巣を作り始めた場所に十分な広さがある場合、引っ越しは行わずにそのまま巣を広げるケースもあるようです。

このような習性から、私たちがキイロスズメバチの巣を発見する時には、引っ越し後になることが多くいきなり巨大な巣が出現したように錯覚してしまうことがあります。
引っ越しをするくらいの大きさになりますと、巣の周りにはいつも働き蜂が見張りをしていますので、蜂の姿も確認することができるでしょう。

まとめ

危険 キイロスズメバチの巣が私たちの目の前に現れるときには、引っ越し後のことが多いです。
そのため、大量の働き蜂が巣の中にいると予想されます。うかつに手を出すと集団で襲われてしまうこともありますので、キイロスズメバチを刺激するような行動は避けましょう。
もし、軒下や庭木などの生活圏内に巣を見つけた時には、できるだけ早い蜂の巣駆除を推奨します。そのままにしておくと、巣の前を通りかかっただけでも刺されてしまうことがあります。
蜂の巣を駆除する時には、危険を伴いますので、蜂の巣駆除のプロに依頼することをおすすめします。

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内