沖縄県対応の弊社加盟店のご紹介

ベンリー北那覇店
冬の間に見なかったハチが、暖かな春になると飛んでいるのを見かける時期になります。冬眠していたハチが春に目覚め、ハチの巣を作りはじめるのです。そして、ハチの活動は秋になると最も活発になります。ハチの巣を作る場所として民家の軒下や、朽木、土の中などに住みます。ハチの巣があると少しの刺激によりハチが敵だと思い襲ってくる危険がありますので、ハチの巣駆除が有効となります。ハチの巣駆除といえば、スズメバチとアシナガバチが代表的ですが、これらのハチは、夕方から夜間にかけて、巣に戻って休憩する習性があります。習性を理解して、その時間を狙ってハチ退治すると効率的です。スズメバチは殺虫剤を使用しても中々弱らないのですぐに退治できる、という訳にはいかない場合があります。もしも、スズメバチに刺されてしまうと重症や命を落とす、といったことにもなり兼ねません。無理しないでハチ退治の専門業者に相談することをお勧めします。ハチの巣駆除に困ったときには、様々なハチの駆除に対する知識や経験を持ったスタッフがスピーディーに対応してくれる「ベンリー北那覇店」は、頼れる業者です。
海邦しろあり
暖かくなる季節になると、ハチをよく見かけるようになります。そして、色々な種類のハチが活動するようにもなります。ハチの性質によって、危険度や巣の駆除の方法も違います。アシナガバチというハチをご存じでしょうか。アシナガバチの生態はスズメバチと違って、スズメバチほどの危険なハチではないのですが、アシナガバチの生態としては、女王蜂が一匹で巣にいる時期には、巣の駆除も容易で、複数の働きバチが活動し始めると駆除が困難になってきます。アシナガバチは軒下や、枝を好むことが多く、アシナガバチをよく見かけると、その辺りにアシナガバチの巣がある心配が出てきます。一般の方が市販の殺虫剤を使い、ハチの巣駆除をするという行為は危険でおすすめできません。やはり、ハチの巣駆除は適切な知識や経験を持っている人にお願いするのが安全です。ハチの巣駆除でお困りの場合は、専門のノウハウを持ったスタッフがいる、「海邦しろあり」は安心して仕事を任せておける会社です。
首里しろあり有限会社
ハチを外出先などで飛んでいる姿に遭遇する季節になると、ハチに攻撃される危険や、巣が作られてしまうなどのトラブルが発生します。種類によっても危険度は違いますので、ハチの巣が身近にできてどうしようとなったら、ハチの巣駆除が必要となります。ハチは、山や森、身近な場所にも生息し、ハチの中でも危険なスズメバチは、刺されて亡くなる事故も聞きます。ハチの巣駆除に費用はかかっても、駆除の対策は早めに、適切に行うほうが安心です。家の軒下などにハチの巣ができたとわかったら、ハチの巣が大きくなる前に駆除をする必要があります。ハチの巣ができてしまってお困りでしたら、ハチの駆除は自分で行うということも考えられますが、危険が伴いますので、専門の駆除業者に相談をして、駆除を自分で行わないほうが安全で良いと思います。迅速な対応で作業を行ってくれる、首里しろあり有限会社の対応力は、かなり高いレベルでまとまっています。

危険!沖縄県のハチハザード。危険な習性も紹介します

最近では、地球温暖化によるハチの被害が全国的に報告されています。沖縄県ではもともと温暖な気候のためにそのような被害はしばしば報告されていました。ですが、地球温暖化の影響かその被害件数は数を増してきています。特に沖縄県では年間の平均気温が23.3度とは全国的に高いです。日照時間の平均は4.96時間と全国的に見ては低いものの気温が高いと言うのがハチの活動を助長しています。何故かと言うと行動が鈍るのは、気温が20度以下になるか夜の時に限ります。ですので平均気温が20度超える沖縄では危険性が高まっています。ハチから身を守るには、正しい知識と対処法を知っておく必要があります。まずは、詳しいハチの習性についてです。基本的に先ほども書いたようにアシナガバチなどの活動が衰退するのはとても限定的な条件です。ですので、沖縄県ではほぼ1年中警戒する必要があります。具体的なハチの活動期間は、ミツバチは春以降でアシナガバチが7月から8月の夏の最中です。ですから、このような時期にはオオスズメバチをはじめとする存在に気を配る必要があります。次に、ハチに遭遇した時についてです。万が一蜂の巣に近づいた場合には働きバチが攻撃しています。その場合には、頭を下げてゆっくりと後退していくことが大切です。遭遇しないためにも、蜂の巣の半径10メートル以内には近づかないということが大切です。スズメバチなどは、自分たちの蜂の巣に近づかなければ基本的には攻撃をしてきませんが、スズメバチなどの毒を持っているハチに刺されてしまうと赤く皮膚が腫れあがります。中には痙攣や呼吸困難起こし意識障害などの症状が出る場合もあります。万が一刺された場合はすぐに病院に行くことが大切です。次に、蜂の巣を発見した場合についてです。蜂の巣があると言う事はそこには大量の働きバチなどがいます。ですので、専門の駆除業者にハチ駆除依頼することが大切です。ミツバチ程度の巣な5000円程度から駆除を行ってくれる業者もあります。以上のことより、ハチの正しい知識と駆除を依頼する方法を知っておくということが安全に生活するのには必要です。

ハチ110番の沖縄県地域における対応エリアについて

  • 那覇市
  • 宜野湾市
  • 石垣市
  • 浦添市
  • 名護市
  • 糸満市
  • 沖縄市
  • 豊見城市
  • うるま市
  • 宮古島市
  • 南城市
深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。