鳥取市対応の弊社加盟店のご紹介

ベンリ便
最近、蜂刺症というハチに刺されたことが原因でハチの持っている毒によって腫れたり痛みが出たりなどさまざまな症状があらわれることが増加しています。この症状が重症化するとアナフィラキシーショックを引き起こし最悪の場合死に至ることもあります。これは、ハチの生息する範囲が本体の住処である山間部から都心部に広がったことで、私たち人間の住んでいる地域にまでハチが入り込んでしまったことが原因だと言われています。ですが、近年ハチたちが都心部にまで生息すろようになってしまったのにも、ちゃんとした理由があります。私たち人間が住宅などの建物を建設するために、ハチたちの本来の住処である山や森といった山間部を開拓し続けたことでハチたちは住処をなくし仕方なく都心部に流れ込んできてしまったのです。ベンリ便では、このようなハチの巣の駆除も行っている会社になります。
大陽株式会社
大陽株式会社は、鳥取県で鉢に関する業務を行っている会社です。ハチに刺されたという被害を毎年よく耳にします。ハチに刺されることは決して珍しいことではありません。とくに8月から秋頃にかけてハチの被害が増加しています。ハチの巣は9月から秋頃にかけてとても大きくなります。そして巣の中にはたくさんのハチがいて、来年の女王バチを育てています。ハチたちは自分たちの巣を守ろうとするのと同時に、巣の中で育てられている女王バチを守ろうという意識が高くなって警戒心も強まります。これらのことが理由となり秋頃に被害が増える原因となっています。この時期はさまざまな場所で巣が作られています。中には外からでは分かりにくい場所に巣が作られている場合もあります。巣に近づかないことが一番ですが、巣に気づかないで近づいてしまう可能性も考えられます。万が一ハチと遭遇してしまったときは、慌てずにゆっくりと離れていくことでハチの被害に遭う確率が低くなります。
はやた建築設計工房
はやた建築設計工房は、ハチに関する業務を行っている会社です。ハチの刺されたことが原因で亡くなるという被害は毎年のようにおこっています。その多くがアナフィラキシーショックが原因でなくなっています。アナフィラキシーというのはアレルギー反応の一種で、アレルギー反応をおこすと呼吸が出来なくなったり血圧が急激に低下することもありこのことが原因で亡くなるケースもあります。ですが、このアナフィラキシーの症状は1回目に刺されたときに発症することはあまりなく、ほとんどの場合は2回目に刺されたときにおこると言われています。1回目に刺されたときにハチの毒に対する抗体が体の中でできて、2回目に刺されたときには1回目のときにできた抗体に対して反応するためにアナフィラキシーの症状が発症するというわけです。しかし、1度に沢山のハチに刺され大量の毒が体の中に入った場合には1回目でもアナフィラキシーの症状を発症することもあります。このような事態を避けるためにもハチの巣を見つけたらすぐに対処してもらいましょう。

危険!鳥取市のハチハザード。危険な習性も紹介します

ハチの中でも大型な種類のスズメバチは日本国内に16種類が生息しています。そのうち鳥取市には11種類が生息しています。世界最大のハチのオオスズメバチ、やや小型ながら攻撃性の高いキイロスズメバチ、都市部での生息数が増えているコガタスズメバチの3種類が人を刺して被害を与えている主な種類です。毒性が他のハチに比べて圧倒的に高く、神経毒やアナフィラキシーショックの原因となるペプチドやたんぱく質が混合されています。刺すことによって毒がまわます。国内では年間数十人がハチに刺されることによって死亡していますが、そのほとんどがアナフィラキシーショックによるショック死です。スズメバチは気温が20℃を上回ると行動をします。最高気温が20℃を下回るようになると冬眠します。またよく晴れた日に行動します。まだ肌寒い2月から3月になると女王蜂が冬眠から覚めて、蜂の巣づくりを始めます。働き蜂が増えて、巣として成り立つのは4月頃です。本格的に蜂が飛び立ち、行動をするのは鳥取市では最高気温が20℃を超える5月から10月です。鳥取市は年間日照時間は全国平均を大きく下回りますが、5月から10月の日照時間は全国平均を上回るため、スズメバチが活動しやすい土地になっています。被害が多くなるのは、夏の終わりからが多くなります。これは、真夏より餌となる昆虫が減ってくるのに対して、幼虫が成長するため餌の量が少なくなるため、より攻撃性が増してくるためです。巣に近づいてくる者に対しては、人のような大型な生物にも攻撃をしかけます。できれば夏前の攻撃性が弱く、ハチの個体数の少ないうちに蜂の巣を見つけて駆除ができれば理想的です。蜂の巣の除去作業は大変危険な作業です。決して素人が手を出すべきではありません。専門の害獣駆除業者に依頼するようにしてください。素人の方が無理やり駆除を試みると、自分ばかりか周囲の人にまで被害が及んでしまうこともあります。

鳥取市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年08月30日
    エリア
    鳥取県鳥取市
    参考金額
    18,518円

    ベランダにハチが営巣してしまったため、巣を駆除して欲しいとのご依頼をいただきました。ハチの種類はスズメバチで、巣の大きさは直径10~15センチメートル、巣の数は1個とのご申告でした。該当の巣はベランダの軒下にあり、地面から2メートルくらいの位置とのこと。最短で見積りを出してほしいとのご希望でした。

  • 受付日
    2015年08月15日
    エリア
    鳥取県鳥取市
    参考金額
    18,519円

    軒下からハチが出入りしており、天井裏を確認したところ巣があったため、ハチの駆除と撤去の見積りを希望されるお客様からお問い合わせがありました。ハチの種類はスズメバチで、巣の大きさはおよそ20センチメートル、個数は1個、お客様の住居は戸建て住宅とのことでした。見積り日は相談の上決めていきたいとのご意向でした。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。