業者よりもお得?市役所・区役所の蜂の巣駆除サービスについて

業者よりもお得?

蜂の巣駆除に関して自治体の対応はさまざまです。補助制度や駆除の無料サービスがあった自治体でも、近年は節税や財政難などの理由から廃止にするところが増えてきました。

現在、無料駆除や費用の一部負担を行っている自治体も制度やフォローの範囲は狭まっています。しかし市民・区民による蜂の巣の問い合わせは多いのか、ほとんどの自治体のホームページや広報には蜂の巣に関する案内が掲載されています。

今ページでは蜂の巣に対する自体のサービス幅の違いや問い合わせ先、申請の方法について見ていきます。

営巣場所によって役所の対応が変わります

営巣場所

専有部での蜂の巣駆除は個人で行うのが基本

自宅など住宅敷地にできた蜂の巣は所有者が駆除を行うことが基本ですが、自治体によっては条件や状況に応じて対応してくれる場合があります。

近年はどんな状況や種類であっても関与しないと案内しているところも多いですが、その中でも自分で駆除作業を行うための殺虫剤や駆除棒などの道具や防護服の貸出を行っているところもあり、自治体の対応の形や幅はさまざまです。

公共施設での蜂の巣駆除は役所へ依頼

道路や公園・図書館などの公共施設に蜂の巣ができた場合、撤去・駆除は役所が対応することが多いです。公共の場所に植えられた木の枝や壁・軒下・ベランダなどにできた蜂の巣を見つけた場合はすぐに役所へ連絡し、巣の特徴や形、営巣している場所を伝えましょう。

しかし危険がないと判断されてしまうと、駆除されない可能性もあるようです。スズメバチの巣以外は土地生物の生態系を壊さないために撤去を行わないとホームページで呼びかけているところもあります。

アシナガバチやミツバチなどは害虫と見なさず見守るというスタンスの自治体も意外と多いので、必ずしも希望通りの回答が得られるとは限りません。

役所の蜂の巣駆除サービスの内容とは

サービスの内容

自治体によって役所の対応は違います。現在、無料で蜂の巣駆除を行ってくれるところはかなり減りました。無料で行ってくれるところであっても条件付きや種類を限定しているところなど対応の幅は狭くなってきています。

多くの自治体ではホームページ上で蜂の巣駆除に対しての案内を出していますので一度確認してみることをおすすめします。

無料で駆除を行ってくれる場合

すべての蜂の巣駆除を無料で行ってくれる自治体はないに等しいと言っても過言ではありません。

無料駆除サービスの多くは攻撃性の高いスズメバチに限定しています。ほかにも巣のできた家や場所が公道や公園に近い、個人で駆除が難しいと判断された場合のみというところも多いです。

一部駆除費用を負担してくれる場合

蜂の巣駆除費用の一部を負担してくれる自治体も無料で駆除を行ってくれるところ同様、スズメバチに限定しているところが多く、また年々制度を廃止するところも増えているようです。

駆除業者を地元の業者に限定・役所が指定する業者のみとしている場合も多いのでよく確認しましょう。

一切費用負担がない場合

費用の負担がない自治体では役所内で相談窓口を設けていたり、蜂の巣駆除を個人で行う場合に必要な防護服・道具の貸出や駆除業者を紹介してくれたりするところもあります。

役所での対応の確認や手続きの方法

役所での対応の確認や問い合わせ先
蜂の巣駆除に関して役所の何課に連絡・相談して良いのかわからないという方もいらっしゃると思います。

実は、これも自治体によって窓口が違います。管轄として指定されているところで多いのは次の通りです。

・保健所内・環境衛生課
・農政課・濃務課
・生活環境課
・消防署・消防課


課名にも違いがありますので詳しくはお住まいの自治体のホームページやお電話でお問い合わせください。

手続きの方法
主に事前手続き・事後手続きに分かれます。それぞれ自治体指示の元、揃える書類や手続きの方法などが違うので間違いのないように確認しながら行いましょう。

細かい書類を必要とする自治体もありますので、事前・事後手続き、どちらであっても着手する前に問い合わせることを忘れないようしてください。

役所に蜂の巣駆除を依頼するメリット・デメリット

メリット・デメリット

▼メリット

メリットは料金面です。個人で蜂の巣駆除業者への依頼はもちろん、自分で駆除をする場合もそれなりに費用が掛かるものです。

スズメバチなどの攻撃性が高い蜂の駆除ではその危険性から駆除の料金が他の種類の蜂よりも高くなったり、より堅牢な装備が必要になったりと費用が掛かることが多いのです。

そのため費用の一部を負担してくれたり、防護服や駆除剤などの道具を貸し出してくれるだけでも大きなメリットと言えるでしょう。

▼デメリット

役所が行う蜂の巣駆除の精度は必ずしも良いとは限りません。経験豊富な専門業者やプロへ依頼せずにボランティアを募って駆除を行う自治体もあるためです。

素人の施工では働きバチのみ駆除して女王バチを逃してしまうなど、施工が不十分なケースが考えられます。

また、アフターフォローなどのサービスまでは保障されないこともあります。

さらに役所では窓口が開いている時間も短く、書類提出などで時間がかかるため、緊急性が高い場合は業者へ依頼した方が早い可能性があります。

まとめ

蜂は益虫の側面もあり公共施設にできたものであっても役所の対応はさまざまです。まずは一度、問い合わせてみることをおすすめします。

・自治体によって蜂の巣に関する対応の幅は違う
・公共施設にできたものであっても必ずしも駆除してくるとは限らない
・申請の仕方は事前に必ず確認しておく
・役所の蜂の巣駆除サービスもメリットだけではない

デメリットも考慮したうえでサービスを受けることをおすすめします。蜂の巣駆除はその場で巣を駆除しただけでは不十分な場合もあります。

十分なサービスやアフターフォローを行ってほしい方やすぐに蜂駆除してほしいとお急ぎの方は蜂の巣駆除業者をご利用ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内