危険なスズメバチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。

スズメバチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

スズメバチの駆除方法

スズメバチの巣を駆除するには、やはり殺虫剤を使うのが効果的です。しかし、繁殖期のハチは攻撃性が高まっているので、巣を駆除しようとした際の刺激に対して、敵とみなされ襲い掛かってくる事があります。
殺虫剤が効くまでの間に刺されてしまっては元も子もありません。やむを得ず駆除をしなければならない場合には、駆除による被害に備えて、完全防備の服装を準備して行う事が必要です。

巣の駆除を行う際の服装については、ハチ駆除専用の防護服や、雨合羽などが良いでしょう。帽子や手袋も着用して、首筋や手足首など肌の露出を極力少なくする事が重要です。
服の色は白色を着ましょう。黒、赤、黄色などの色はスズメバチを刺激する色なので、刺されてしまう可能性が高くなり危険です。

スズメバチの巣の駆除の作業は夕方~夜間に行います。
暗くなっている時間帯なので懐中電灯などの照明を使用する事になるかと思いますが、その際、懐中電灯がハチを刺激してしまう事があります。刺激してしまう事を防ぐために、懐中電灯にはあらかじめ赤いセロハンを貼っておきましょう。

実際に駆除を行う際の作業は、まず離れた位置からスズメバチの巣全体に対して殺虫剤を噴霧します。巣の中からハチが出てくるかと思いますが、その間も噴霧を止めず、巣に向けて殺虫剤を吹き付け続けます。
1分ほど殺虫剤を吹き付け続けた後、巣の中で蜂が動く音がしなくなれば、巣の撤去に移ります。

巣を撤去する際に生き残っているハチが居ると危険なので、直接巣に触れてゴミ袋に入れるのではなく、長い棒など巣を叩き、ゴミ袋の中に落として入れるのが良いでしょう。あとはゴミ袋の口をしっかりと結べば巣の駆除は完了です。

以上が駆除の基本的な流れとなりますが、スズメバチの駆除を個人で行うのは大変危険です。
特に7月以降になると攻撃性が非常に高くなっており、刺されてしまうとアナフィラキシーショックで最悪の場合は命を落としてしまうという危険性すらもあります。
ですので、知識と経験のあるスズメバチ駆除のプロの駆除業者に頼むのが最善策です。

ハチの駆除・対策ならこちらからお問い合わせ下さい。

蜂対策・駆除のための知識を増やす – スズメバチ –

スズメバチ
( スズメバチ科スズメバチ亜科に属する昆虫 )

スズメバチ

見た目
比較的大型
性格
攻撃性が高く、1匹の女王蜂を中心として組織を形成し、
防衛のためには大型の動物をも襲撃する。
特徴
強力な毒を持つものが多く非常に危険、刺すのは雌だけ。
巣に近づく相手に対して威嚇をはじめる『警戒範囲』を持つ。

ハチの中でも獰猛で危険度が高いのがスズメバチです。スズメバチは春先から秋にかけて活動しています。
春先に、冬眠から目覚めた嬢王蜂が巣を作りはじめ、6月くらいになると働き蜂が羽化し始めます。
そして8月から9月にかけて働き蜂の数はどんどん増えていき、それにともなって巣も巨大化していきます。
秋口になるとハチの数が最大になり、繁殖期のために攻撃性が高まるため、スズメバチの被害が急増します。この時期になると巣に近づくだけでも襲われてしまう事があり、巣の駆除は非常に危険な作業となります。

スズメバチは毒性が強い上に、獰猛で、巣に近づくと大群で攻撃してくることがあります。
ミツバチやアシナガバチの場合は、自分から人を襲ってくるということは少ないのですが、スズメバチの場合は人が巣に近づくと見張り役のハチが警戒音を出して、巣に危険が近づいている事を仲間のスズメバチに知らせます。そして、大群で一気に襲ってくることがあるんです。

被害に合わないようにするためにはとにかくスズメバチの巣には近づかないようにすることです。
もしも知らずに巣に近づいてしまった場合には、静かにそっとその場を離れるようにしましょう。大声を出したり走って逃げたりすると、動くものを追いかけるというスズメバチの習性を刺激してしまうので危ないです。

スズメバチは住宅の近くに巣を作る危険な種類なので、巣を発見したらできるだけ早く駆除する必要があります。
夏になって巣が巨大化する前、春先に駆除してしまうのが一番いいので、この時期には家のまわりを点検して、スズメバチの巣が出来てしまっていないかどうかを確認することも大事かと思います。

スズメバチの習性

スズメバチは日本だけでも約15種類が生息しています。最も知られているのは最大の大きさを誇るオオスズメバチ、また、都会に適応しているキイロスズメバチではないでしょうか。スズメバチは女王蜂と働き蜂という構成で社会を成しており、働き蜂は冬になる前に死んでしまいます。その後、温かくなった4月頃に冬眠から目覚めた女王蜂は、快適な場所に巣を作ります。冬眠から目覚めた女王蜂は弱っているので、かなりの刺激を与えなければ刺すことはありません。
冬から春にかけてはスズメバチはおとなしく、人が刺される被害の少ない時期となっています。

スズメバチの危険性

スズメバチに刺されて死亡する事故が多いのは周知の事実です。ほとんどの場合、過剰な免疫反応を引き起こしています。これは「アレルギー性ショック死」であり、別名「アナフィラキシーショック」と呼ばれています。蜂に刺されて死亡した事故は大体がこの「ショック死」によるものです。嘔吐や呼吸困難、眩暈、顔面蒼白等の症状が出て、最悪の場合は死んでしまいます。もしハチに刺された際には、これらの症状が出ていないか確かめてください。刺されて30分後あたりから何らかの兆候が見られるはずです。また、その兆候が見える時間が早ければ早いほど危険と判断されています。異変を感じたら、救急車を呼ぶなどして病院へ急ぎましょう。

スズメバチの防御法

  • 近寄らない

    近寄らない

  • 放置しない

    放置しない

  • 香水をつけない

    香水をつけない

スズメバチは攻撃性の強い性格で、強力な毒針をもっています。まず第一には、近づかないことが最大の防御法です。女王蜂がいる巣に近づくものに対して、スズメバチは大変警戒心が強くなっているので、巣に近づくと攻撃を受けてしまう可能性が高くなります。 蜂を見つけても、不用意に蜂を駆除しようと巣に近づくことは避けましょう。
食べ物やジュースの甘い匂いや、香水などもNGです。夏の外では控えるなどして事前に予防しましょう。
もし刺されてしまった場合、刺された部分を指でつまみ毒を体外に押し出してください。その後、流水で洗いながら冷やしてください。

スズメバチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

ハチ110番のサービス料金
  • スズメバチ駆除

    全国一律 13,000円〜

  • スズメバチ駆除

    全国一律 9,500円〜

  • スズメバチ駆除

    全国一律 8,000円〜

詳しく見る

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (6評価, 平均評価: 4.83 )
Loading...
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内