危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

蜂による近隣トラブルを回避しよう

都市部でも数多く生息している蜂は、マンション・戸建て住宅問わず巣を作ってしまいます。もし、蜂の巣の存在に気付かずにいると、見に覚えのないクレームを受けてしまうこともあるようです。また、賃貸住宅は持ち家と比べて、管理維持責任や駆除費用はどちらが払うなどの問題が発生しやすい傾向にあります。このページでは、蜂による近隣トラブルを防ぐために大切なポイントを紹介しています。

ここに注意!営巣されやすい場所

住宅などに作られた蜂の巣は、周囲の人間に被害を与えることがあります。例えるなら隣の家に住む人が刺されてしまうなどが挙げられます。このような場合、蜂の巣がある家が管理責任を問われる事もあるようなので、自分の家に蜂の巣が作られていないかよく確認することが大切です。

蜂の巣が出来やすいポイントを知ることで、蜂の巣が作られてないか事前に確認することが出来ます。近くで蜂の巣姿を見かけるようになった場合などは、下記のようなポイントをチェックしてみましょう。

ベランダのイメージ

<ベランダ>

外気に接し、雨風を凌げる場所として、ベランダは適した営巣箇所と言えるでしょう。特に空き部屋のベランダでは外敵となりうる人間も滅多に訪れませんので、最高の営巣箇所になります。ベランダに土の塊ができていたら要注意です。

玄関・ロビーのイメージ

<玄関・ロビー>

マンションやアパートの入り口にある玄関口やロビーに巣が作られた場合、「住人の共有スペース」であるがゆえに、『誰かが駆除・連絡をしてくれるだろう』という思考が働き、駆除が遅れてしまう場合があります。

屋外昇降口のイメージ

<屋外昇降口>

屋外に設置されている階段の下などに蜂が営巣する場合もあります。エレベーターなどが併設されている場合、住人の利用機会が少ないことから、巣の発見が遅れて被害が出てしまう恐れもあります。

近隣にも注意が必要のイメージ

<近隣にも注意が必要>

住宅に直接巣が作られていなくても、庭や近くの木に蜂が巣を作っている場合があります。そういった場所も忘れず確認するようにしましょう。

トラブルにならないためには

自宅のベランダなどに巣が作られた場合、誰に責任があるか判断しやすいですが、共有部や部屋と部屋の間などに巣が作られた場合誰に責任があるのか判断しづらい場合もあります。しかし、なにもしないでいては巣は大きくなるばかりですので、何かしらのアクションは必要になるでしょう。

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

誰がハチ駆除を行うのか

住居の近くで蜂の巣を見かけてしまった場合、一般的に誰が責任をもって蜂駆除を行うのでしょうか。もちろん、部屋の住人と管理者との間だけの問題ではありません。賃貸住宅が立ち並ぶ場所では、しばしば隣の住宅のコンクリートなどで営巣するケースも見受けられます。この場合は誰に知らせれば良いのでしょうか。どこに営巣するか分からない、蜂の巣のトラブルについて考えていきましょう。

トラブル1借りている部屋のベランダに営巣してしまった。誰が駆除をすれば良いのでしょうか?

アドバイス賃貸契約条件によって異なりますので、管理会社に確認するようにしましょう。確認せずに駆除してしまった場合、費用の請求に管理会社が費用の請求に応じられない事もあります。また、お住まいの地域によっては行政機関が駆除を行ってくれる場合もありますので、一度確認するのがおすすめです。

トラブル2マンションのエントランスに出来た蜂の巣はどうすれば良いですか?

アドバイス共有部の場合は、主にマンション管理者が駆除責任を負います。大家さんや管理会社に連絡をして、蜂駆除を行ってもらいましょう。誰かが連絡してくれるだろうと放置していると、巣はどんどん大きくなり危険度も増しますので、発見次第連絡することが大切です。

トラブル3家の中に蜂が侵入してきたけれど、どこに巣があるか分からない場合はどうしましょう?

アドバイスまずは、巣を発見することが大切です。巣がある場所によって費用を払う対象は変わってきますが、巣の場所がわからなければ駆除もできません。早急に管理会社、大家さんに相談しましょう。

どこに営巣されたとしても、蜂の巣を見つけたらまずは連絡することが重要です。発見次第、マンション管理者に連絡・相談するようにしましょう。蜂の駆除を依頼する時は、蜂の種類や営巣場所、巣の大きさなどの情報を伝えると、スムーズに駆除が進みます。


「過失」という言葉があるように、トラブルを避けるためには、それぞれが責任を全うすることが必要になります。自分で駆除業者を選ぶ際にも、見積もりをきちんと取って、管理者の確認を得た上で駆除を依頼するようにしましょう。長く安心して住むことが出来る住居のために、そして近隣とのトラブルが無い住居のために、蜂の巣を見かけた際には早めの行動を心がけることが重要です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内