2016.09.29更新

蜂が嫌いなものを使って対策!燻煙剤・木酢液・ハッカ油・殺虫剤

蜂対策は蜂が活発になる夏までにおこないましょう。対策では蜂が嫌う「火・煙の臭い」を利用すると効果的です。蜂が活発に動き出してから対策をしてもあまり効果は期待できないですし、なにより刺されるリスクが非常に高くなるからです。

また、蜂が火や煙の臭いを嫌う理由は、本能的に山火事を連想し命の危険を感じるからだという説が有力とされています。当記事では蜂の基本的な生態から、蜂が嫌いなものを利用した蜂対策グッズの使い方まで解説しますので、ぜひお役立てください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

蜂対策は蜂が活発になる前におこなうことが大切

蜂対策をするなら、蜂が活発になる前におこなわなければなりません。というのも、蜂は7から9月頃にかけて最も活発になるため、この時期に対策をすることは非常に危険をともなうからです。

しかし活動時期は蜂の種類によって若干異なります。効果的な対策を取るためには、見かけた蜂がどの種類なのかを特定し、その活動時期を把握しておく必要があるでしょう。

以下ではミツバチ・アシナガバチ・スズメバチの3種類の特徴と活動時期をご紹介していきますので、ご覧ください。

ミツバチの特徴・活動時期

ミツバチの特徴・活動時期

ミツバチは女王蜂以外も冬を越すことができる数少ない種類です。冬場は巣に残った女王蜂と働き蜂が身を寄せ合い、体温を高めることで冬を乗り切るといわれています。蜂の中では穏やかな性格で、人を刺すことは滅多にありません。

ミツバチの活動時期は2月から11月頃です。前述したように、基本的には1年をとおして穏やかな性格ですが、侮ってはいけません。冬越しの準備をしている10月から11月と、冬越しから活動を再開する2月から3月は、ミツバチも攻撃的になっています。

この時期は巣に近づいた者を敵とみなして攻撃してくることがあるので、巣を見つけても近づかないようにしましょう。

アシナガバチの特徴・活動時期

アシナガバチは見た目に反しておとなしい性格の蜂です。こちらから攻撃をしかけない限り、アシナガバチ側から攻撃してくることはほとんどありません。また、ほかの蜂に比べると巣の規模も小さく、多くて100匹程度といわれています。

アシナガバチの活動時期は3月から9月頃です。1年の中の活動時期は短く、春先に巣を作り始めて、9月頃には巣作りを終えてしまうのが特徴のひとつといえるでしょう。

攻撃性が高くなるのは巣が最盛期を迎える7月から8月です。しかし活動時期が短い分、攻撃性が高くなる時期も短くなっています。

スズメバチの特徴・活動時期

スズメバチにはさまざまな種類があり、世界に28種類、日本に17種類が生息しています。しかし、日本に生息する17種類のうち、人間が刺される被害が多いのは「スズメバチ属」である7種類です。以下では、この7種類の中でもとくに被害の多い5種類を取り挙げて、活動時期をまとめました。

【被害の多いスズメバチ5種類と攻撃性が高まる時期】

・オオスズメバチ :7月から10月
・キイロスズメバチ:7月から10月
・コガタスズメバチ;7月から10月
・ヒメスズメバチ :7月から9月
・モンスズメバチ :6月から9月

上記のように、攻撃性が高まる時期は種類ごとに若干異なります。しかし実際はほとんど同じなので、6月から10月頃までは危険な時期だと認識しておくのがよいでしょう。

蜂対策は活動時期に入る前におこなうのが重要だとお伝えしました。しかしミツバチのように冬場でも活動できる蜂もいます。もし既に蜂の活動時期に入ってしまっているのであれば、自分で対策をするのではなくプロに相談するのがよいでしょう。

弊社ではさまざまな蜂駆除業者をご紹介していますので、ぜひ一度ご相談ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

蜂が嫌いなものは?殺虫剤の作り方・使用時の注意

蜂が嫌いなものとして「火・煙の臭い」があります。この根拠には諸説あるようですが、一説では、蜂は火や煙の臭いを察知すると、本能的に山火事が起きたと思い込み、命の危険を感じるからという説が有力なようです。

これらの習性をふまえて、蜂を寄せ付けないために役立つものが「燻煙剤・木酢液・ハッカ油」です。それぞれ正しく使うことで初めて効果を発揮しますので、以下で正しい使い方を確認していきましょう。

燻煙剤の正しい使い方

燻煙剤の正しい使い方

燻煙剤は、広範囲に煙を充満させることができるので、手の届かない場所の予防にも役立ちます。また、蚊取り線香の煙も蜂対策に効果があるため、手元に蚊取り線香がある場合は設置してみてもよいでしょう。

ただし、燻煙剤ほど高い効果を発揮することはできないため、確実に寄せ付けない対策法としてはあまりおすすめできません。

燻煙剤は商品によって左右しますが、効果は約2週間持続するとされています。

【正しい使用方法】

商品により異なりますが、付属の容器に水を注いで煙を発生させるものと、容器の中心をこすって煙を発生させるものの2種類が多いです。必ず使用上の注意を読み、正しく使うようにしましょう。

【燻煙剤使用の注意点】

燻煙剤は、屋根裏のような閉鎖空間に煙を充満させることでより効果を発揮します。ベランダや軒先などでは煙が分散してしまい、効果がなくなってしまうこともあるので、屋外で使用する場合は風のない日を選びましょう。

さらに燻煙剤を安全に使用するために、以下のことも確認してください。

・引火性のある商品を近くに置かない/ある場合は撤去しておく
・火災報知器などの警報器類にカバーをかける
・煙を吸い込まないように注意する

木酢液の正しい使い方

木酢液は炭を作るときにできる液体のことです。ホームセンターやインターネット通販などでも購入できるので、手に入りやすいグッズでもあります。

【木酢液の選び方】

木酢液には「木酢液」と「精製木酢液」がありますが、蜂よけに使用する場合は通常の「木酢液」を選んでください。精製木酢液は、精製をするときに、蜂を寄せ付けない成分の一部が取り除かれていることがあるからです。このようなことから、蜂よけには通常の木酢液を選ぶことをおすすめします。

さらに「木竹酢液認証制度」をクリアしている品であればなおよいでしょう。木竹酢液認証制度とは、日本木酢液協会がおこなっている認証制度のことです。認定基準は「品質が日本木酢液協会の設定した基準を満たしているもの」となっています。

しかし、このように専門機関から認定されているものは少ないです。手に入れるのが難しいことも多いため、そのようなときは「原料の樹木が明確に記されているもの」「色が透明で沈殿物がないもの」を選ぶのがよいでしょう。

【木酢液の使い方】

木酢液は酸性の液体なので、扱うときは肌につかないように注意しましょう。もし肌についてしまったらせっけんでしっかりと洗い落としてください。また、原液はかなりこげくさい臭いがするため、できるだけ水で薄めて使うことをおすすめします。

木酢液を軒下などで使う場合は2倍に薄めたものをスプレー瓶に入れてスプレーしてください。ベランダで使う場合は同じく2倍に薄めたものをバケツやビニールに入れて設置しておきましょう。庭で使う場合は原液または2倍に薄めたものをペットボトルに入れて、木や柱などに吊り下げてください。

ハッカ油の正しい使い方

ハッカ油に含まれるメントールの臭いも蜂が嫌いなもののひとつです。木酢液ほど臭いが強くないので、比較的扱いやすいでしょう。市販のハッカスプレーを使うのが最も簡単な方法ですが、自分でも作ることができます。必要なものと作り方は以下をご覧ください。

ハッカ油の臭いが苦手な場合は、匂いの強いミントやバジルといった植物を育てたり、アロマオイルを使用したりすることで、蜂対策をすることもできます。

【100mlのハッカ油スプレー作りに必要なもの】

・スプレー瓶
・無水エタノール10ml
・ハッカ油 10~20滴
・水道水または精製水 90ml

ハッカ油の原液は刺激が強いので、肌につくとヒリヒリします。中には肌トラブルを起こしてしまう場合もあるので、必ず水で薄めて使うようにしてください。

【ハッカ油スプレーの作り方・使い方】

上記のものをスプレーボトルに入れてよく混ぜたら、蜂が寄ってきそうな場所にスプレーしておきましょう。直射日光があたらない場所に保管し、できるだけ香りが残っている7日から10日以内に使いきるようにしてください。

殺虫剤は定期的な散布が必要

蜂用殺虫剤は最も手軽な対策グッズです。蜂が寄ってきやすい軒下やベランダ、庭などに散布しておけば予防効果が期待できるでしょう。しかし蜂用殺虫剤は散布してしばらくすると気体となり、効果が落ちてしまいます。

さらに雨が降ると成分が洗い流されてしまうので、雨が降った次の日は蜂用殺虫スプレーを散布し直しておきましょう。

これらの予防グッズは、蜂の巣作りが終わる夏ごろまでは使い続けた方がよいです。しかし、既に巣ができ始めている場合は、むやみに対策をしようとせず、まず巣を駆除することを優先してください。巣が大きくなると被害が深刻になるからです。

弊社ではさまざまな蜂駆除業者をご紹介しています。蜂の被害でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

蜂対策はグッズだけじゃない!家のまわりの環境を整えよう

蜂が好む場所には必ず条件があります。それは「雨風がしのげる場所があること」「閉鎖空間があること」「エサを確保しやすいこと」です。

蜂は薄い羽を震わせながら飛んでいるため、雨に濡れると飛べなくなってしまいます。したがって雨をしのげる広い軒下がある家や、屋根があるマンションアパートのベランダを好むのです。

さらに葉がよく生い茂った庭木なども、蜂にとっては雨風をしのげるため、好む場所といえるでしょう。加えて閉鎖空間であれば敵に攻撃される心配がないですし、エサを確保しやすい環境も蜂にとっては好都合です。

このように、蜂が好む条件がそろっている状態では、いくら対策をしても毎年蜂はやってくるでしょう。まずは、家のまわりを蜂が住み着きにくい環境に整えることが大切です。

換気口を塞いで蜂の通り道をなくす

換気口を塞いで蜂の通り道をなくす

ミツバチやスズメバチは家の換気口や通風口から侵入します。とくにミツバチは体が小さいので、わずかなすき間でも簡単に侵入することができるのです。

換気口や通風口にはネットや金網を取り付けて、蜂の侵入経路を塞ぎましょう。もし建物の壁にすき間がある場合は、ネットや専用のパテを使い、すき間を埋めておくことも大切です。

庭木の剪定を定期的におこなう

剪定されず伸び放題になった庭木は、蜂だけでなくさまざまな害虫のすみかになってしまいます。「気がついたら巣が作られていた……」ということも考えられるので、庭木は定期的に剪定をしてきれいな状態を保ちましょう。

蜂対策に迷ったらプロに相談してみよう

本当に効果のある蜂対策をするには、蜂の習性を熟知していなければなりません。しかし蜂の習性をゼロから勉強して対策を取るような手間のかかることはしたくないですよね。

そんなときに頼れるのが蜂のプロである蜂駆除業者です。蜂駆除業者は、私たちとは違うプロの目線で、本当に効果のある対策方法を提案・実行してくれるでしょう。

蜂駆除業者は、蜂の巣駆除からその後の対策までトータルでおこなってくれるところが多いので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。弊社ではさまざまな蜂駆除業者をご紹していますので、お気軽にご相談ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4評価, 平均評価: 4.50 )
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。