2017.02.09更新

意外と危険?ミツバチにも要注意です!

ミツバチもハチですので、人間を刺す事があります。スズメバチやアシナガバチと比較すれば危険性の低いミツバチではありますが、刺されれば重症化するケースもあります。相手がミツバチだったとしても、安易に手を出すようなことは避けてください。

ミツバチは、私達人間にとって益虫としてのイメージが強いです。実際に、ミツバチは様々な恵みをもたらしてくれます。蜂蜜やロイヤルゼリーなどはもちろん、蜜蝋やプロポリスの採取、農作物の受粉などに活かされています。しかし、決してミツバチが人間に対して有効的な存在ではないということは覚えておくようにしてください。

ミツバチの生態

生態

日本に生息しているミツバチと言えば、ニホンミツバチとセイヨウミツバチが代表的です。女王蜂を頂点とした社会性の昆虫で、一匹の女王蜂と大量の働き蜂、雄蜂で構成されています。

ミツバチは春になると、蜜や花粉の採取に飛び回ります。その間の女王蜂は産卵を繰り返し、働き蜂の数はどんどん増えていきます。そしてある程度働き蜂が増えてきたところで、古い女王蜂は半分ほどの働き蜂を引き連れて巣を離れていきます。これを分蜂と呼びます。

残された蜂の巣では新たな女王蜂と雄蜂が生まれ、巣から飛び立って交尾を始めます。雄蜂は交尾の後に死んでしまいますが、女王蜂は精子を溜め込み、巣に戻りますと産卵を始めていきます。

スズメバチやアシナガバチとの大きな違いは、越冬できる点です。スズメバチやアシナガバチは、冬になれば新たな女王蜂を残して他のハチたちは死滅してしまいます。その一方で、ミツバチは働き蜂も越冬することができます。ミツバチは冬になりますと身を寄せ合い、羽を震わせて温度を上昇させます。その温度は30度にも達すると言われています。

意外と知らないミツバチの巣の特徴

巣

ミツバチの巣は、養蜂場などでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

蜜蜂の巣は、巣板と呼ばれる板状の巣を形成します。巣板は鉛直方向に伸びていき、巣の規模によっては何枚もの巣板が並行して並ぶことになります。巣板は巣穴がむき出しの形状になっており、スズメバチの巣のように外皮を形成する事はありません。その代わり、ミツバチは閉鎖的な場所に巣を作る傾向にあります。

そのため、ミツバチの巣は天井裏や床下などに作られる事も多く、それが被害の原因になってしまうのです。

巣の規模は様々ですが、大きいものになりますと万単位のミツバチが生息していることもあります。スズメバチの巣が大きくても千匹程度であることに比べますと、その規模がよくわかるかもしれません。

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。

ミツバチの危険性

危険

ミツバチは他のハチと比較して温厚な性格なので、むやみに手を出したりしなければ滅多に襲われる事はありません。しかし、ミツバチは時に大きな被害をもたらすこともあるのです。ここでは、ミツバチの意外な危険性についてご紹介いたします。

・大群による攻撃

前述のように、ミツバチの巣には何万匹ものハチが生息している事があります。一匹一匹は弱いミツバチでも、大量に襲われれば重傷を負うことになります。また、ミツバチの針は一度刺せば抜けてしまいますが、その針には毒の入った袋が付着しており、毒を注入し続けます。最悪の場合アナフィラキシーショックを発症することもあるのでご注意ください。

・ミツバチが原因の二次被害

ミツバチは数が多いため、死骸も大量に発生することになります。また、蜜蜂の巣には蜂蜜も蓄えられているため、それが垂れてくることもあるようです。
もしも住宅に巣を作られてしまった場合、大量の死骸や垂れ落ちた蜂蜜がシミになり、別の害虫を引き寄せる原因になってしまいます。そのような二次被害を防ぐためにも、ミツバチを放置しておくことは危険です。

まとめ

まとめ

ミツバチも、営巣場所によっては立派な害虫となってしまいます。ハチの被害と言いますとスズメバチやアシナガバチを連想されるかもしれませんが、ミツバチも危険なハチだということを覚えておいてください。そうしなければ、思わぬ被害に遭ってしまうかもしれません。

もしもミツバチにお困りの際は、ハチ駆除のプロに依頼するようにしてください。駆除するのはもちろん、大きくなった巣の撤去まで任せる事ができます。相手がミツバチでも、素人の方が駆除に乗り出せば大怪我を負ってしまう危険もありますので、その駆除は必ずプロに任せるようにしてください。そのご相談については、ぜひ当サイトよりお問い合わせください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

ハチ駆除 依頼の多いエリア

危険なハチ被害を迅速に解決!

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ 無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内 無料現地調査のご案内