危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2017.02.20更新

要注意!スズメバチの巣は意外な場所に

スズメバチの巣と言うと、大きな丸い巣が軒下などにぶら下がっているイメージがありますが、巣が見えないのにスズメバチがたくさんいる時は、意外な場所に営巣しているかもしれません。
そんな意外な巣の場所についてご紹介しますので、お家の近くにそういった場所があれば、できるだけ近づかないようにして、スズメバチ駆除で巣ごと撤去してもらうようにしましょう。

スズメバチ1


スズメバチの巣の予備知識

スズメバチ(https://www.hachi-seo.jp/hornet/)は日本で見られるハチの仲間の中でも特に強力な毒と大きな体を持っています。 またスズメバチは一年の中で決まった時期に活動をしています。
月ごとに追っていくと、

4月下旬~5月

暖かくなったころからスズメバチは活動を開始しますが、この時はまだ、女王バチが一匹のみです。適当な場所を見つけた女王は、1人で巣作りを開始します。
この時点での巣の形状や営巣場所は、スズメバチの種類により異なりますが、コガタスズメバチのものは、お酒を入れるトックリを逆さまにしたような形をしています。
また、この時点では巣を作らないスズメバチも多いです。

6月~7月

気温が高くなるに着いれて巣の規模は大きく、そして働きバチの数が増えてきます。この頃になって、ようやく巣が何処かに作られたのではないかと気づくことが多いようです。

8月~9月

この時期のスズメバチの巣は、最大級の規模となります。
巣のサイズだけでなく、働きバチの数もピークになり、この時期に巣に近づくのは大変危険です。働きバチが増えた分、餌が足りずに気が立っているということも関係しています。

10月以降~

10月を迎えるころから徐々に活動も鈍くなり、働きバチはその役目を終えて死んでしまい、空っぽの巣だけが残されます。
女王バチだけが次の春まで木の中に穴を開け、越冬に入ります。

つまり、スズメバチは6月から9月に掛けて最も警戒すべき時期となります。


危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

えっ!?と思うスズメバチの営巣場所

見える場所ばかりに巣が出来ていれば、スズメバチが巣を作ってもそこまで大きな事故になることはないはずです。
実はスズメバチと一括りで呼んでいても、実際には細かな種類に分けられるスズメバチ達は、種類によって異なる場所に巣を作る場合があります。
中には「こんな場所に作るなんて…」とびっくりするような場所を選ぶこともあります。
また、こちらの思いもよらない場所に作られることで、うっかり巣に近づいて刺されてしまうことが考えられますので、これから紹介する場所を頭に入れておいて、近くに巣が見えないのにスズメバチがウロウロしている場合は、警戒しておきましょう。

・庭木の周辺

庭木の周辺には多くのハチが巣を作りますが、中でも背の低い庭木の周囲には「コガタスズメバチ」がよく巣を作ります。コガタスズメバチは風の影響を受けにくく、葉が1年中生い茂っている木を好みますので、生垣などの中に巣を作ることもあります。見えにくいので注意が必要です。
また、古い庭木などで、一部が枯れて樹洞があると、その中にオオスズメバチが営巣する場合があります。こちらも一見しただけではわからない巣です。

・戸袋の中・屋根裏・床下

「モンスズメバチ」というスズメバチは、狭い場所に巣を作る事が多いので、戸袋、屋根裏、床下などは絶好のスペースとなります。一度営巣すると、その後何年も同じような場所に巣を作る習性もあるので、毎年ハチを見るのだけれど、巣が見えないという方のお家にはモンスズメバチが来ているかもしれません。
また、キイロスズメバチが営巣初期の小さい巣を、床下などに作ることがあるようです。
規模が大きくなるに連れて、外への出入りが簡単な場所へと引越ししていきます。

・換気扇フードの中

空き家の換気扇のような、長期間使用していない場所の換気扇フードは、ハチにとって雨風をしのげる優良物件のようなもので、キイロスズメバチなどがフードの中いっぱいに巣を作る場合があります。
また、使用している換気扇でも、換気扇フードにぶら下がるようにして巣が出来上がる場合があるようです。

・お庭に置いてある不用品の中

粗大ごみに出そうと思ってそのままになっている家具や、使わなくなった古タイヤ、その他、ある程度雨風を凌げそうな場所があれば、スズメバチは巣を作ることがあります。これらを片付けようと動かした瞬間、ハチが飛び出して来てようやく気づくこともあるようです。

・配電盤の中

配電盤の扉が開けっ放しになっていたり、電線と配電盤の間に隙間が空いていると、スズメバチがそこから入り込んで巣を作る場合があります。
配電盤の点検をしようとした時に巣が発見される場合があるようです。

・鳥の巣箱

野鳥を観察しようと巣箱を設置してみたら、鳥ではなくてハチが営巣してしまう場合があります。この場合は密閉空間を好むモンスズメバチが巣を作る事が多いようです。


まとめ

スズメバチ2

スズメバチは種類によって異なる場所に巣を作る傾向がありますが、中には私達の予想を裏切る意外な場所に巣が出来ている場合があります。
スズメバチの数が増えているのに、巣が見当たらない、もしくは見つけられないという時には早めにスズメバチ駆除で巣ごとプロに撤去してもらってはいかがでしょうか。

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内