危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2018.02.08更新

スズメバチに刺されない対策と応急措置方法

スズメバチに刺されない対策と応急措置方法

 

山などで見かけるスズメバチは人を死に至らせることもある危険な昆虫です。クマやマムシなども人命にかかわる被害をもたらす生き物と言われていますが、被害者や死亡者の数はスズメバチによるもののほうが多いと言われています。スズメバチ以外にもクマバチやアシナガバチ、ミツバチなどハチの種類は様々ですが、スズメバチは特とくに攻撃的で強い毒を持っているため、ひときわ注意が必要です。

 

スズメバチの被害に遭わないために、あらかじめ注意しておくべきポイントがあります。ここではまずスズメバチの特徴について触れ、襲われないための対策、刺されてしまったときにしてはいけないことなどについて紹介していきます。いつどこで出会うかわからないからこそ、いざというときのために知識を身に着けておきましょう。

 

 

スズメバチの特徴

数あるハチの種類の中でも、スズメバチには大型のものが多いです。種類にもよりますが、だいたい20mmほどが平均と言われています。とくに大きい種類だとおよそ40mmもあります。

 

スズメバチはとても攻撃性が高いため、危険な昆虫として知られています。針には強力な毒があり、刺されてしまうと非常に危険です。毒針を持っているのはメスだけです。

 

好戦的に人を襲うと思われているスズメバチですが、なにもしなければ襲ってくることはありません。スズメバチが人を襲うのは、巣を守るためです。スズメバチは巣の中にいる女王蜂を守らなければなりません。そのため巣に近づいてきたと思った人間を襲って巣を守ろうとするのです。

 

ハチの巣といえば木にひっついているものと思われがちですが、スズメバチは木だけでなく土の中や樹洞にも営巣します。山登りなどをしていると土の中に営巣したスズメバチの巣を踏んでしまうかもしれないため注意が必要です。

 

スズメバチの活動が活発になるほど、襲われる危険性は高くなります。スズメバチの女王は冬の間冬眠しています。春には目覚め、秋には新女王蜂が生まれます。働き蜂は7月頃から羽化し始めて、秋にはたくさんのスズメバチが揃い、営巣も盛んになります。そのため秋はスズメバチがもっとも活発に活動している時期になり、襲われる危険性も高いと言えます。

 

スズメバチにも天敵がいる

スズメバチにも天敵がいる

 

スズメバチの天敵は大きく2種類に分けることができます。それはスズメバチを捕食しようとする天敵と、スズメバチを捕食することはないが争い関係にある天敵です。

 

1つ目の、スズメバチを捕食しようとする天敵には野鳥や鶏、クマなどがいます。とくにクマはスズメバチの巣を襲ってハチミツやハチの子を食べたりします。オオカマキリや体長の大きいトンボ、クモなども捕食関係の天敵ではありますが、これらはときにスズメバチに捕食されることもあるため、捕食と被食のどちらでもあると言えます。

 

2つ目のスズメバチを捕食することはないが争い関係にある天敵は、カブトムシやクワガタムシ、カミキリムシといった大型の昆虫や、オオムラサキなどです。木の樹液を主な食料としているので、エサ場がスズメバチと被ることがあり、捕食はしなくてもエサ場確保のために争うことがあります。

 

スズメバチに近づかせない対策

スズメバチは巣に近づく人々を敵だと思い襲いかかります。スズメバチに襲われないためにはとにかくスズメバチを刺激しないことが大切です。知らず知らずのうちにスズメバチを刺激する服装をしていたり、匂いをまとったりしていると、それだけ襲われやすくなってしまいます。

 

黒い色を認識したスズメバチは、巣を危険にさらすクマだと判断し襲おうとします。そのため山などへ行くときに黒色の服を着ていると、スズメバチに襲われやすくなってしまいます。髪の毛などにも反応するので、明るい色の帽子を被っておくとよいでしょう。サングラスも標的となるため注意が必要です。

 

ここでひとつ注意しなければならないのが、スズメバチの目にはどんな色も、白か黒の2色で映ってしまうということです。 黒として判断される危険な色は黒・茶色・紫・青・赤などです。黒は危ないからと避けて赤色などを着ていても、スズメバチには黒色に見えてしまうかもしれません。

 

逆に安全な白として判断される色は白・黄色・ピンク・オレンジ・黄緑・緑・水色などです。スズメバチの襲来を避けるためにこれら白色系の色を選ぶようにしましょう。

 

女性はとくにあてはまりやすい、知らず知らずのうちにスズメバチを呼び寄せている原因が、香水です。スズメバチは花の蜜を吸い取るため甘いにおいに敏感です。香水にはスズメバチの攻撃性を増幅させるの「警戒フェロモン」と同じ物質が含まれていることが多く、知らないうちにスズメバチを引き寄せているのです。

 

また香水のほかにも、香りが強い洗剤を使った服やジュース、整髪料、化粧品などの匂いにも反応しやすいため、注意が必要です。スズメバチを近づけさせないためには白系の服を着て、強い香りなどを身に着けないようにすることが大切です。

 

刺されてしまったらどうすればいい?

刺されてしまったらどうすればいい?

 

スズメバチは2回刺されると危ないと言われています。1回目に刺されたときに体内に毒が入り込み、抗体が作られます。そして2回目にはその抗体と毒が過剰反応し、アナフィラキシーショックというアレルギー性のショック症状を引き起こします。これはとても危険で、すぐに治療しなければ死に至ることもあります。スズメバチに刺されてじんましんや腹痛、血圧の低下、めまい、意識がもうろうとするなどの症状が起きた場合は、すぐに治療してもらいましょう。

 

ハチに刺された時は毒をなるべく体外へ出した方がよいですが、口で吸い出すのは非常に危険です。スズメバチの毒は水性なので、口に含むと唾液に溶け、かえって毒が体内に取り込まれてしまいます。

 

また、ハチの毒にはアンモニアが効くと言われていますが、たとえ尿などをかけても、針で刺された深い部分へアンモニアが届く可能性は低いです。尿の雑菌によって、かえって悪化してしまう場合もあるためやめましょう。

 

まとめ

過ごしやすい季節の秋は運動も盛んになり、ハイキングや紅葉狩りなどで山へ行く機会も増えると思います。秋はスズメバチも活発に活動する時期なので、スズメバチや巣に遭遇する危険性も増します。

 

スズメバチに襲われないために、服装はなるべく白色に近いものにし、香水や柔軟剤などの匂いは極力控えるようにしましょう。またジュースの匂いにも釣られて飛んでくるため、注意しながら飲むようにしましょう。警戒心が強く猛毒を持つスズメバチは非常に危険ですので、甘く見ずにきちんと対策を取っておきましょう。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    5,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    6,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,0000円〜

    詳しくみる

※出張費は3,000円~でいただいております。対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内