危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2017.07.10更新

ハチの巣を放置していても大丈夫?

夏になるとハチの活動が活発になり、不意にハチの巣を見つけてしまうこともあると思います。「自分で撤去するのは危ないし、このまま放置していても大丈夫かな?」と悩んでしまいますよね。ハチは種類ごとに巣を作る場所に特徴があり、気が付かない間に目立たない場所に大きな巣を作られていたなんてことも十分あり得ます。また、攻撃的なハチの場合は周囲へ近づくことも出来ず対処に困ってしまいます。今回は、ハチが巣を作る場所を種類ごとにお伝えした上で、ハチの巣を見つけた時の対処法をご紹介したいと思います。





ハチの巣の場所

ハチが巣を作る場所

ハチは種類ごとに巣を作る場所に特徴があります。すぐに人の目に付く場所に巣を作るハチもいれば、念入りに探さなければ見つかりにくい場所に巣を作るハチもいます。
まずは、ハチの巣作りの特徴を種類別に見てみましょう。

・ミツバチ

「巣板」と呼ばれる、平たい板のような形の巣が特徴です。
巣の作り始めは白色ですが、蜜が集まるにつれオレンジ色へと変色していきます。
ミツバチは岩の間や石垣、植え込みの中、人家の床下や屋根裏などの閉鎖された空間に巣を作ることが多く、木に開いた穴や墓石の中などにも巣を作ることがあります。

・アシナガバチ

巣の形はハスの実を逆さにしたような形をしています。下から見るとたくさん穴が開いており、全体的に灰色がかった色をしています。
アシナガバチはベランダや玄関先、エアコンの室外機など比較的開けた場所に巣を作ります。庭の木や物置の中に巣を作ることもあります。

・スズメバチ

天井裏や屋根裏など比較的見つかりにくい場所へ巣を作ることがあります。
生け垣の中や樹木の陰、家の軒下などにも巣を作ります。
また、スズメバチの中でも種類ごとに巣の形の特徴が異なります。オオスズメバチは土の中へ巨大な巣を作るという習性があります。キイロスズメバチの巣は丸いボールのような形状で、ヒスズメバチは下半分がむき出しになっている巣を作ります。 コガタスズメバチの巣は、細長い口のついた花瓶を逆さ向きにしたような形状をしています。

・ドロバチ

壁や木の枝、竹筒などに泥を使った巣を作ります。
天井裏や屋根裏にも巣を作ることがあります。
巣の見た目は灰色で泥をこねたようなかたまりをしています。


ハチの巣を見つけた時の対処法

近年では、スズメバチなど攻撃性の高いハチが、郊外だけでなく都市部でも大きな巣を作っているケースが増加しています。 もしもハチの巣を見つけてしまった場合、身の安全のためにどのように行動したら良いのでしょうか?ハチから攻撃を受けないようにするためには、いくつかの守るべきルールがあります。ハチの巣を見つけた時にとるべき行動を確認していきましょう。

・巣へ近づかない

ハチの巣を見つけた時は、まず巣から離れることです。巣の中に幼虫がいる場合があり、ハチは外敵から幼虫を守るために周囲を警戒しています。
静かに後ずさり、安全な距離を取りましょう。

・ハチを刺激しない

巣からハチが出てきて近くを飛び始めたとしても、驚いて大きな声を出してしまうとハチを刺激してしまいます。ハチを手や衣服で払おうと体を素早く動かしてしまうと、ハチは攻撃されたと認識してしまいますので、あくまでもゆっくりと行動しましょう。
棒で巣をつついたりすると、ハチが興奮してしまいますので、しないようにしましょう。

・巣の場所の管理者へ連絡する

自宅で巣を見つけた場合は、ハチ駆除のプロへ連絡をしましょう。賃貸物件の一角で巣を見つけた場合は、管理会社へ連絡して対応を依頼しましょう。
公園や街路樹など公共の場所で巣を見つけた場合は、管轄している地域の市役所などへ連絡しましょう。店舗の軒下など、通りすがった場所で巣を見つけた場合は、店舗の管理者へ連絡しましょう。


ハチの巣の放置

ハチの巣を放置しても大丈夫か

ドロバチの巣を見つけた場合は、必ずしも急いで駆除が必要ではないと言われています。
ドロバチは人を攻撃することがまれなためです。
しかし、オオスズメバチなど凶暴で攻撃性の高いハチの巣を見つけた場合は、早い段階で駆除を依頼することが必要不可欠と言えます。
巣も出来始めは小さいのですが、放置しておくとどんどん巣が大きくなり、その分中に住み着くハチの数も増えてしまうからです。ハチの数が増えるほど集団で襲われる危険性も高まります。巣の大きさがなるべく小さいうちに、ハチのプロへ駆除を依頼するのが賢明でしょう。

また、アシナガバチは見た目に反して比較的大人しい性格をしていると言われています。基本的にアシナガバチの方から攻撃をしてくることは少ないのですが、毒を持っているため安易に近づくことは危険です。そして、アシナガバチの巣を放置した場合、ヒスズメバチを新たに呼び寄せてしまうことがあります。ヒスズメバチの主な餌はアシナガバチの蛹や幼虫のため、アシナガバチの巣を放置したがために、結果としてヒスズメバチまでもが新たに近くへ巣を作る事態にまで発展してしまうのです。

一旦ヒスズメバチがアシナガバチの巣に目を着けると、仲間を引き連れて巣の周囲をホバリングして、攻撃の機会を伺うことがあります。ヒスズメバチに襲撃されたアシナガバチは巣の外へ飛び出してきたりして、人と遭遇する確率も高まります。

このようにハチは種類ごとにさまざまな生態を持っていますが、ハチの巣を放置しておいて良いことはないと言えるでしょう。


危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

ハチの巣駆除はプロへ任せましょう

ハチも大人しい種類であれば、自分で駆除が可能なのでは?と思われるかもしれませんが、ハチの巣駆除を自身で行うのは非常に危険です。
蜂用の殺虫剤をスプレーで吹きかければ大丈夫という訳ではありません。

巣に近づく人間をハチは敵としてみなしますので、一斉に攻撃を受ける可能性があります。
また、一度でもハチに刺されてしまうと、ハチの毒液が警報フェロモンの役割を果たし、「敵はここにいるぞ」と仲間のハチへ知らせてしまうのです。
防護服も着用せずハチの巣へ立ち向かうことは、無謀な行為ともいえます。
また毒性の強くない種類のハチと言えど、ハチに何度も刺されては無事ではいられないでしょう。

特に毒性の強いスズメバチに刺されてしまうと、痛みや腫れに数日間苦しめられることもありますし、ハチの毒で激しい全身症状に襲われることがあります。スズメバチに2回以上刺されると、最悪の場合は死亡することがあると言われています。巣を作っているハチ以外にも、より毒性の強いハチが近くに潜んでいる可能性は否定できません。ハチの巣を見つけた場合は、必ずハチのプロへ駆除を依頼するのが安心で確実です。

ハチの巣を駆除する方法を熟知したハチのプロは、業者専用の防護服に身を包みスピーディーにハチの巣を駆除する技術を持っています。巣を駆除するだけでなく、巣から逃げ出したハチを袋で捕獲し薬剤で退治もしてくれます。巣からハチを逃がすことなく根絶やしにしてくれることでしょう。


まとめ

季節は夏本番にさしかかり、ハチが活動し始める時期となりました。あなたの大切な我が家にも、気が付かない間にハチの巣が作られているかもしれません。
もしもハチの巣を見つけてしまったら、なるべく早いうちにハチのプロへ依頼して駆除してもらいましょう。知識を持ったハチのプロが、きっとあなたの力になってくれることでしょう。ハチの巣で不安や疑問に思うことにも、納得のいく回答であなたを安心させてくれるはずです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 4.50 )
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    8,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    9,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,3000円〜

    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内