危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2017.08.16更新

作りかけの蜂の巣なら自分で駆除もできる|早い発見で危険度も下がる

作りかけの蜂の巣なら自分で駆除もできる|早い発見で危険度も下がる

蜂がよく飛んでいるなと思ったときに、ふと軒下を見ると作りかけの蜂の巣があったことがある方もいるかもしれません。初夏から出てくる蜂は、巣を作るために場所探しをして、良い場所で巣を作ります。

そのような作りかけの巣を見つけた場合、どのような対象をすればよいのでしょうか。作りかけとはいえ蜂の巣であることには変わりないので、甘く見ていると痛い目にあうかもしれません。今回は作りかけの蜂の巣をどう対処するのがいいのかご紹介します。

蜂が巣を作りやすい場所

蜂が巣を作る場所は基本的に、雨や風などの気象の変化を受けにくい場所です。それに加え外敵、例えばタカの仲間で蜂の巣を狙うハチクマなどからの攻撃を避けられる場所というのも重要です。また、蜂の種類によっても巣を作る場所が異なることも確認しておかなければなりません。ここでは種類別に巣を作りやすい場所について見ていきましょう。

スズメバチ

スズメバチ

大人の親指ほどの体長があるオオスズメバチは、基本的に山の中、木の根元やその下の地面などの空間に巣を作るといわれています。しかし住宅街にまったく巣を作らないかといえばそうでもなく、庭先に伐採した木を放置していたりすると、その中に巣を作る可能性もあるようです。特に日本のスズメバチは世界最大・世界最強ともいわれていますので、むやみに近づくことは避けたいものです。

体長的には劣りますが、キイロスズメバチは住宅街など都会に巣を作ることも多く、攻撃性も高いことが特徴の一つとなっています。またこのキイロスズメバチは引っ越しをすることも一つの特徴といえるでしょう。小規模のときは樹の中の空間や住宅の床下、屋根裏など密閉した空間に巣を作るのに対し、規模が大きくなると樹の上や軒下などの開けた空間に巣を新しく作るといわれています。

軒下にボール状の巣がぶら下がっているといった状況であれば、大量のキイロスズメバチがそこにいるかもしれません。スズメバチは他にも、モンスズメバチやヒメスズメバチといった種類がいます。

アシナガバチ

同じスズメバチ科の蜂でも、アシナガバチは比較的攻撃性が低いといわれています。しかし巣を攻撃されれば、防衛のために攻撃してくることは確かでしょう。巣の特徴としては、逆さに釣り下がる形で、かつ子育てをする巣穴がほかの蜂と異なりむき出しになっていることが特徴です。

またスズメバチや次に紹介するミツバチに比べ人間の生活圏内に巣を作ることが多く、ベランダや蛇口の下など、低いところに巣を作ることもしばしばあるようです。そのため、特に小さな子どもが庭で遊ぶような場合には注意が必要でしょう。

ミツバチ

ミツバチは密閉された空間に巣を作ることが特徴で、民家の天井裏や壁の隙間などに入り込むことも多いとされます。いつの間にか天井裏で巨大な巣ができていた、ということもあり得ます。

ミツバチ自体は巣や蜂に危害を加えない限り刺してくるということはないと言われていますが、知らず知らずのうちに巣へ近づき危害を加えてくると判断されれば、ミツバチでも攻撃してくることはあるようです。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

蜂の巣が作られるまで

スズメバチやアシナガバチの巣の作り始めは、4月から6月ごろに女王蜂1匹でおこないます。しばらく経つと巣から働き蜂が羽化して巣作りを手伝うようになるため、巣は急速に大きくなります。

一方ミツバチは冬眠せず、巣の中で働き蜂も一緒に冬を越すことができるのです。2月から3月ごろまでには活動を再開し、産卵をして数を増やしていきます。その過程で新しい女王蜂が生まれると、元の女王蜂は働き蜂の半分ほどを連れて次の巣を作りに旅立つ、分蜂(分封)といった行動をとります。

ミツバチの場合、働き蜂と女王蜂が一緒になって巣作りをおこないます。女王蜂のいない、既存の巣をそのまま使うこともあるようです。基本的に蜂の巣は、女王蜂を中心に回っており、女王蜂を中心にして作られていくといってもよいでしょう。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

作りかけの巣にいる蜂の数で危険度は変わる?

作りはじめの巣

作りはじめの巣

スズメバチやアシナガバチの作り始めの巣には、女王蜂一匹しかいません。さらに、女王蜂は基本的に大人しく、危険性は低いといわれています。

特に冬眠から覚めて、巣を作り始めた段階では弱っていることも多く、威嚇するにしても巣の周りを飛び回る程度で刺すことはほぼありません。よって、作りはじめの巣であれば、危険度はそれほど高くないといえるでしょう。

作りかけの巣

6月以降は働き蜂がたくさん生まれ、巣作りを手伝いはじめると、状況が変わってきます。基本的に働き蜂の数が多いほど、巣を駆除するための危険度は高くなるといってよいでしょう。

この「作りかけ」の巣では、巣が大きくなっていくだけでなく、働き蜂の数もどんどん多くなっていきます。スズメバチやアシナガバチは、この頃が最も攻撃的で危険度が高いのです。蜂にとって巣は何よりも大切なものなので、多数の働き蜂が巣のまわりを飛び回り、巣を守っているからです。たとえばスズメバチの場合だと、作りかけの巣の前を通りかかるだけで「刺激された!」と感じ、襲いかかってくることもあります。

しかし、ミツバチの場合は働き蜂と女王蜂が一緒に巣作りをするため、働き蜂が増え始めたとしても、危険度はそう変わらないと考えられます。そもそもミツバチ自体が基本的に大人しい性格のため、危険度はあまり高くはないでしょう。

蜂駆除を業者に依頼するメリット

蜂の巣をより安全に駆除するには、巣が小さいときに駆除することが大切です。蜂が攻撃的になる「作りかけ」の巣を、初心者が自分で駆除するのは、リスクの高い作業です。とくにスズメバチやアシナガバチの巣となれば、ちょっとした失敗から命が脅かされるおそれもあります。少しでも不安だなと思うことがあれば、業者へ依頼するとよいでしょう。

弊社では作り始めの巣から作りかけの巣まで、どのような状態であっても対応可能です。24時間365日、無料での電話相談を承っております。ご気軽にお問い合わせください。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

小さい蜂の巣を駆除する方法

これまで、働き蜂の数による危険性や蜂の巣ができやすい場所について、ご紹介してきました。働き蜂がまだいない、女王蜂だけの「作りはじめ」の蜂の巣は、自分で駆除することも可能です。ここからは、小さな蜂の巣を駆除する方法について、ご紹介します。

蜂の巣退治のタイミング

蜂の巣退治のタイミング

蜂の巣の駆除は道具の用意だけでなく、駆除をおこなうタイミングも重要です。夕暮れから夜間におこないましょう。理由は2つあります。ひとつは、蜂の活動が昼間中心で、夜間になると活動が鈍るからです。

そしてもうひとつは、蜂が夜間になると、巣に戻ってくるからです。蜂には巣があった場所にまた営巣する習性があります。そのため、ひとつの巣に生息している蜂は一斉に駆除しなければ、また同じ場所に営巣されてしまうおそれがあるのです。さらに、その巣で生活する蜂がすべて戻ってきていれば、駆除する際に「まだ戻ってくる蜂がいるのでは……」と気にする必要があります。

注意を巣に、巣にいる蜂だけに向けるためにも、日没後からなるべく遅い時間帯に作業するとよいのです。ただし、夜間に作業をおこなうことになるため、明るい日中のうちに巣の位置は必ず確認しておく必要があります。作業する際に、光で蜂を刺激しないためにも、懐中電灯には赤いセロハンを被せるなどして、光を弱めるようにすることも重要です。

準備するもの

蜂の巣を駆除するときに準備しておくといいものはこちらです。駆除作業に取り組むまえに、準備しておくようにしましょう。

  • ・防護服(ない場合は厚手の肌が見えないもの)
  • ・ゴーグル
  • ・帽子
  • ・防蜂ネット
  • ・軍手、または革手袋
  • ・長靴
  • ・殺虫剤
  • ・ゴミ袋
  • ・懐中電灯
  • ・長い棒

蜂は黒をはじめとした濃い色に対して、攻撃を加える傾向があります。そのため、巣を駆除する際の服装には、白などの薄めの色を選びましょう。ホームセンターやネット通販などで防護服を購入できれば問題ないですが、もし用意できないときは、素肌をできるだけ露出しないためにも、長袖長ズボンを着用してください。

髪色にも蜂は反応するため、髪が黒い場合は帽子で隠すことも大切です。殺虫剤には合成ピレスロイド系のものを選びましょう。庭木や軒下などの高所にある巣を落とすために、剪定バサミのような長い棒も必要です。ゴミ袋は蜂の巣が入る大きさにしましょう。

蜂の巣の駆除方法

作りはじめの巣を駆除する方法としては、巣の位置を確認して女王蜂がいるかどうかを確認します。その後、巣に殺虫剤を噴きかけ続けましょう。動く蜂がいなくなったら、長い棒でたたいて巣を壊します。崩れ落ちた巣と、蜂の死体をゴミ袋に入れれば、駆除完了です。

駆除した後、万が一、その巣に生息していた蜂をすべて駆除できなかった場合も考えて、巣があった場所に殺虫剤を噴射しておきましょう。そうすることで、戻ってきた蜂がいたとしても、殺虫剤の効果によって再び営巣されることを防ぐことができます。

巣を作らせない予防術

蜂が巣を作った場所というのは、巣を”作りやすい”場所でもあります。つまり、また蜂の巣が同じ場所へ巣を作るという可能性は大いにあるのです。蜂の巣のあった場所には定期的に殺虫剤や水を撒くようにしましょう。

  • ・日当たりのいい場所
  • ・乾燥している場所
  • ・雨をしのげる隙間

以上のような場所は、蜂が巣作りをする際に好む条件ですので、要注意です。

危険な作業はプロに任せよう

蜂の巣が作り始めのときは、自分で駆除することができます。しかし、どのような蜂でも刺される危険性はあります。さらに、スズメバチやアシナガバチの巣の作りかけともなると、働き蜂は非常に攻撃的になるため危険です。

安全に、徹底的に駆除をおこなうのであれば、プロに依頼するようにしましょう。弊社は蜂の巣駆除や予防に対応しておりますので、なにかお困りごとがあればお電話にてご依頼くださいませ。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 1.00 )
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

ご利用シェアNo1の理由

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

ハチ駆除 依頼の多いエリア