2018.03.23更新

スズメバチの巣は初期に対処!作り始めの巣の特徴・駆除方法・対策

スズメバチの巣は初期に対処!作り始めの巣の特徴・駆除方法・対策

「スズメバチの巣ができてしまった……」そのようなときには、すぐに駆除しなければなりません。ただ、「自分で駆除したい」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、スズメバチの巣を自分で駆除できるのは、危険度が低い”巣が初期段階の場合”のみです。

蜂の巣の駆除が遅れると、蜂の巣がどんどん大きくなっていき働き蜂の数も増えていきます。すると、蜂に刺されるリスクが高まってしまいます。さらに駆除作業もより大変になってしまうのです。

ここでは、初期の巣の見分け方や自力での駆除方法などをご紹介します。この記事を参考に、スズメバチの巣を適切に対処しましょう。また、駆除について少しでも不安や分からない点があれば、一度プロに相談してから判断するなど、安全・確実な対処を選択されてくださいね。

 

スズメバチに関する無料相談メールはコチラ

危険を感じたら!プロの無料調査で適切な対処を診断
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

スズメバチの巣が初期のものか見分ける方法

駆除できる小さな巣の見分け方

スズメバチの巣は、4~6月に女王蜂が一匹で作り始めます。この4~6月は”初期段階”の巣であり、基本的に巣の中にいる蜂は少ないといえるでしょう。

また、スズメバチの巣は、初期の段階ではそれ以降の時期と巣の大きさや形が異なります。スズメバチの巣が初期のものか見分けるには、巣の特徴を確認するのもよいでしょう。そこで、以下からは初期の巣の特徴をスズメバチの種類ごとにご紹介していきます。

【種類ごとに紹介】初期の巣の特徴

蜂の種類や巣の形状とあわせて、初期の巣の状態について見ていきましょう。

初期の巣の特徴 巣の形状 蜂の特徴
キイロ
スズメバチ
巣が10cm未満 球体 ・オオスズメバチに次いで危険
・巣に近づくと攻撃性が高まる
・都会でも被害が増加傾向にある
モン
スズメバチ
巣が10㎝未満 ・球状のような形
・真下から見ると六角形の蜂の部屋がむき出しの状態
・夜間にも活動する
・好戦的な性格だが、日本では被害が減少傾向にある
オオ
スズメバチ
蜂の部屋がむき出しになっている状態 初期は蜂の部屋がむき出しで、成長するとボールのような形になる ・日本の蜂で一番大きい
・攻撃的な性格で獰猛
・巣に近づくと襲ってくる
・刺されると死に至るケースも
ヒメ
スズメバチ
蜂の部屋が10個前後 シャワーヘッドのような形 ・おとなしい性格で攻撃性は低い
・警戒心は強く、人が近づくとすぐに威嚇する
コガタ
スズメバチ
入口部分が長い状態 フラスコを逆さにしたような形 ・住宅地でもよく見られる種類
・おとなしい性格で攻撃性は低い

事前にチェック!自力での駆除を避けるべきケース

蜂の巣の場所によっては、初期の巣でも自力での駆除を避けるべきケースもあります。ここでは、自力での駆除を避けたほうがよいケースについてまとめましたので、「自力での駆除を検討している」という方は、自力で駆除するか判断してみてください。

・巣がハシゴを使わなければ届かないような高い場所にある
・巣が狭い場所にある(屋根裏、床下、雨戸の戸袋、エアコンの室外機の中など)

このような場所で蜂の巣駆除をおこなうと、万が一蜂が襲ってきたときにすぐに逃げることができません。そのため、蜂に刺されてしまうリスクが高まるのです。このような場所に巣ができたときには、業者に依頼して駆除してもらうとよいでしょう。

弊社では、お近くで実績のある蜂駆除業者をご紹介します。現地調査・見積りを無料でおこなっている業者をお探しできますので、「まずは費用だけ知りたい」という方でも、お気軽にご相談いただけます。蜂の巣駆除にお悩みの方は、いつでもお好きなタイミングで弊社のメールフォームやフリーダイヤルにてお声がけくださいね。

 

蜂の巣駆除に関する無料相談メールはコチラ

気になる駆除費用のご相談もお気軽にどうぞ
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

自分でおこなう初期の巣の駆除方法

自分でもできるかも!小さい蜂の巣の駆除方法

ここからは、「スズメバチ駆除を自力でおこないたい」という方のために、スズメバチの初期の巣を駆除する方法についてご紹介します。

ただ、自力での蜂の巣駆除は危険をともないます。自力でおこないたいという方は、蜂に刺されないように細心の注意を払い、自己責任で駆除をおこなってください。もし自力での駆除に少しでも不安を感じたら、蜂の巣駆除のプロである業者に依頼するようにしましょう。

巣を駆除する時間帯

スズメバチを駆除する時間帯は、日没から2~3時間後がよいでしょう。この時間におこなう理由は、巣の中の働き蜂をすべて駆除するためです。

働き蜂は、昼間には餌を探しに巣から出かけています。もし働き蜂が出かけている昼間に巣を駆除してしまうと、すべての蜂を駆除することができないおそれがあるのです。また、巣を駆除したときには巣におらず、後から戻ってきた蜂のことを”戻り蜂”といいます。巣をなくした状態の戻り蜂は、攻撃性が高まるといわれていて、大変危険なのです。

スズメバチの巣が初期の段階であれば、基本的には働き蜂の数はほとんどいないといわれています。しかし、確実にすべての蜂を駆除するためにも、念のため日没後から2~3時間後におこなうとよいでしょう。

駆除に必要なもの

蜂の巣駆除に必要なものについて、以下にまとめました。

蜂の巣駆除の服装
・防護服(なければ厚手の防寒着や作業着で代用)
・タオル
・長靴
・麦わら帽子
・虫よけネット

駆除に使用する道具
・殺虫剤
・巣を入れるゴミ袋2~3枚
・頑丈な長い棒
・赤いセロハンを貼った懐中電灯

防護服は、自治体によっては貸し出しサービスをおこなっています。自治体のホームページを見たり役所に問い合わせたりして、防護服の貸し出しサービスをおこなっているか確認してみるとよいでしょう。

もし防護服が用意できない場合は、基本的には自力での駆除は断念したほうが無難です。ただ、どうしても駆除したいという方は、厚手の防寒着や作業着を着用する方法もあります。軍手や長靴、保護メガネ、タオルなどで身体を守ったうえで厚手の防寒着や作業着を着用し、安全には細心の注意を払っておこなってください。

また、黒っぽい服装は蜂の天敵であるクマを連想させ襲われやすくなるおそれがあるので、服は白などの明るくて薄い色を着るようにしましょう。

さらに、懐中電灯にはあらかじめ赤いセロハンを貼っておきましょう。先ほどもご紹介したとおり、蜂の巣駆除は日没後におこなうため、駆除には懐中電灯が必要になります。

ただし、スズメバチは光に向かって飛ぶ懐中電灯を蜂の巣にそのまま向けてしまうと、蜂が光に向かってくるおそれがあり危険です。そこで、赤いセロハンを貼れば、蜂が光を認識しづらくなり、蜂が光に向かってくることを防ぐことができるのです。

駆除の手順

服装と道具の用意ができたら、いよいよ駆除作業を始めます。日没から2~3時間後の暗くなるタイミングで、以下の手順にしたがって駆除しましょう。

1.巣から2~3m距離を取る
2.巣に向かって殺虫剤を10秒噴射する
3.巣にいる蜂が動かなくなったら巣を叩き落とす
4.ゴミ袋に巣を入れる(2~3枚重ねるとより安全)
5.ゴミ袋の中に再度殺虫剤を噴射
6.ゴミ袋の口を固く縛って可燃ゴミとして処分

ゴミ袋の口を縛る前に殺虫剤を噴射するのは、巣の中に生きている蜂が残っているおそれがあるからです。最後まで気を抜かず、細心の注意を払って作業しましょう。

駆除する際の注意点

駆除するときには、以下のことを守っておこないましょう。

・強い匂いのするもの(香水や整髪料など)はつけない
・蜂の死骸は直接触れない

強い匂いのするものをつけていると、蜂を刺激してしまって襲われる危険性があります。さらに、蜂は駆除した後でも、腹部を触ると1日以内なら反射的に毒針を動かすといわれています。危険な目にあわないためにも、上記の内容をしっかりと守っておこないましょう。

自分で駆除できない巣は業者に駆除依頼!

大きくなった巣は危険!すぐにでも業者に駆除してもらおう

自分で駆除できない大きさの巣を発見した場合はもちろん、小さな巣でも自分で駆除するのが怖かったり不安だったりする方はいるでしょう。そのようなときは、無理をせず駆除業者に相談するのがおすすめです。ただし、自宅が持ち家か賃貸かで対処の流れは異なるので、よく覚えておきましょう。

持ち家の場合
持ち家の場合は、持ち主の自己負担で駆除をおこなうのが一般的です。ただし、自治体などによっては蜂の巣駆除に助成金が出たり、役所が蜂の巣を駆除してくれたりすることもあるので、一度チェックしてみるとよいかもしれません。

もし自治体の費用負担や蜂の巣駆除サービスが受けられない場合で、費用をできるだけ節約するためには、複数業者から見積りを取るのがおすすめです。そうすれば、複数業者の費用を比較することができます。その結果、お得に駆除してくれる業者を見つけられるかもしれません。

賃貸の場合
賃貸の場合は、蜂の巣を発見した場所によって対処する人が変わります。マンションなどでは、ベランダや室内など、居住者の専有スペースにできた蜂の巣駆除は居住者負担です。しかし、エントランスや廊下といった共有スペースにできた蜂の巣駆除は管理会社の負担になることが多いので、一度管理会社に相談する必要があります。

ここまで、業者に依頼する流れについてご説明してきましたが、業者によって価格設定などが異なるため、業者を選ぶ際にどこに依頼しようか業者の選び方に迷ってしまう方も多いでしょう。

弊社では、お住まいの地域から近い業者など、ご相談内容に応じて適した業者を見つけるためのサポートをいたします。どこに連絡すればよいのか分からない…、探す時間がない、という方は24時間いつでも対応の弊社のフリーダイヤルやメールフォームをご活用ください。

 

蜂の巣駆除に関する無料相談メールはコチラ

依頼しようか迷ったら…無料調査をお試しください
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

初期の蜂の巣を放置すると危険!

ご自宅に蜂の巣ができたという方の中には、「蜂の巣は小さいしこのまま放置しておいても大丈夫だろう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。確かに、巣が小さい状態であれば、巣には幼虫と女王蜂しかいないため、危険度は低いといえます。しかし、蜂の巣を放置しておくと、蜂の数も増加してしまいます。

とくに、6月以降になると、蜂の巣の大きさが10cmを超えて巣の中の働き蜂が羽化して活動を始めるので、蜂に刺されるリスクが高まるでしょう。また、その期間にも女王蜂は大量の卵を産むため、6月以降もどんどん働き蜂が増えていきます。つまり、巣を駆除しなければ、ずっと危険にさらされている状態となるのです。

また、働き蜂はエサの確保や巣を守ることを役割としていて、敵とみなされれば攻撃される危険性は非常に高いです。女王蜂の交尾の時期である7~10月になれば、働き蜂の警戒心や攻撃性は一層強まり刺される危険性も高くなるでしょう。大きな巣を誤って刺激すれば、そんな攻撃性の増した蜂に集団で襲われるおそれもあるのです。

もしスズメバチに刺されてしまうと、刺された部分が腫れ、激しい痛みに襲われるおそれがあります。また、それだけではなく、アナフィラキシーと呼ばれるアレルギー症状を起こすこともあるのです。

アナフィラキシーの中でも意識障害や血圧の低下などの重篤な症状が現れた場合は”アナフィラキシーショック”と呼ばれ、すぐに対処しないと命を落とすおそれもあります。ご自身の身を危険な目にさらさないためにも、蜂の巣はできるだけ早い段階で駆除しましょう。

また、スズメバチの生命力の強さから、スズメバチの巣を縁起物としてかざるという人がいるようですが、これをおこなう場合は中身が空っぽの巣を使用してください。生きている蜂が住む巣は、縁起物どころかケガや病気を負う危険性のあるものです。放置して大きな巣にならないよう早めの駆除が必要なものなので注意してください。

蜂の巣をもう作らせない!効果的な予防方法

スズメバチの巣を駆除できたら、再び巣を作らせないために対策をおこなうとよいでしょう。対策をおこなうためには、まずスズメバチが巣を作りやすい場所について把握するのが有効です。巣が作られやすい場所を中心に対策することで、より効果的な巣作り予防ができるのです。

以下にスズメバチの巣が作られやすい場所をまとめましたので、どこを対策するのか判断するためにお役立てください。

巣が作られやすい場所
オオスズメバチ 閉鎖的空間 地中や大木の根本など
キイロスズメバチ 屋根裏、床下など
モンスズメバチ 屋根裏、壁の間、木の空洞など
ヒメスズメバチ 床下や壁の間、地中など
コガタスズメバチ 開放的空間 木の枝や軒下、物置など

また、日本にはスズメバチ以外にも、アシナガバチやミツバチといったほかの種類の蜂も生息しています。そのため、蜂の巣予防の際は、スズメバチだけではなく、ほかの蜂の巣が作られやすい場所についても把握し、あわせて対策しておくことが重要です。

ミツバチやアシナガバチの営巣場所の詳細は種類によって異なりますが、基本的にはアシナガバチは開放的な空間に、ミツバチは閉鎖空間に巣を作ります。巣を作られやすい具体的な場所について、以下にまとめました。

また、「アシナガバチやミツバチってどんな蜂かよくわからない」という方のためにも、それぞれの蜂の特徴についても簡単に以下でまとめているので、チェックしてみてください。

巣が作られやすい場所 蜂の特徴
アシナガバチ 軒下・木の枝・瓦の下・ベランダ ・後ろ脚が長く、身体は細み
・4月~10月に活動
・スズメバチに比べるとおとなしい性格
・巣を刺激すると攻撃してくることがある
ミツバチ 樹木の枝・換気口・屋根裏 ・身体は丸みを帯びている
・4月~11月に活動
・非常におとなしい性格
・巣を刺激すると攻撃してくることがある

蜂の巣対策をおこなうべき場所を把握したら、その場所に対策をおこなっていきましょう。詳しい対策の方法については、以下からご紹介します。

スプレーを使う方法

ホームセンターや通販サイトなどで購入できる、蜂の嫌いな成分が配合された忌避効果のあるスプレー(忌避剤)があります。このスプレーを蜂の巣が作られそうな場所に噴射しておくと予防になるでしょう。

また、ハッカ油や煙の臭いがするものも蜂は嫌います。これらの臭いがするものを持っている場合は、新たに忌避スプレーを購入する必要はないので、手持ちのものを撒いておきましょう。

木酢液を使う方法

木酢液(もくさくえき)とは、木材を燃やしたような臭いのする液体です。蜂を含む多くの虫は本能的に火を怖がるので、木酢液の臭いのする場所には寄り付かなくなります。設置方法はおもに2種類あるので、どちらかお好きなほうを実践してみましょう。

・そのまま散布する
・バケツなどの容器に入れて置いておく

ネットを使う方法

蜂の巣対策のためには、害虫予防のネットを使って物理的に寄せ付けないようにするのも効果的です。網目の大きなネットは隙間から蜂が入り込んでしまうおそれがあるので、網目の細かいものを使用しましょう。

ここまで、予防方法についてご紹介してきましたが、業者の中には、駆除とあわせて再発防止をおこなってくれる業者もあります。そういった業者に依頼すれば、自分で蜂の巣予防をおこなう手間はかからないでしょう。弊社では、蜂の巣の再発防止をおこなう業者をご紹介することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

蜂の巣駆除に関する無料相談メールはコチラ

「てっとり早く解決したい!」実績ある業者をご紹介
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

まとめ

皆さんの周りを飛び回っているスズメバチは、強力な毒針を持つ危険な害虫です。刺されると最悪の場合死に至る危険性もあります。初期の巣であれば自分で駆除することができることもあるので、早めに駆除しておきましょう。

ただし、巣を自分で駆除するタイミングとしては、蜂の巣が10cm未満であることが条件です。もし見つけた蜂の巣が10㎝以上の場合は、無理をせず業者に頼みましょう。スズメバチは比較的に閉鎖的空間に巣を作る習性がり、攻撃性の高いものが多いです。中にはおとなしいスズメバチもいますが、持っている毒針の危険性は変わりません。

大きな巣を発見した場合はもちろん、小さな巣でも駆除が怖いというときはプロの力を借りましょう。弊社では、急なご相談でも対応できるよう24時間お電話を受け付けております。蜂の巣駆除でお困りの際は、ぜひ一度ご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (8評価, 平均評価: 4.13 )
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。