危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2018.09.05更新

アシナガバチの生態と活動期。強い毒や頑丈な巣…防除のコツは?

アシナガバチの生態と活動期。強い毒や頑丈な巣…防除のコツは?

 

アシナガバチと聞いて、どんな見た目をしているのかパッと思い浮かべることができるでしょうか?「漢字で書いたら足長蜂だから、足が長いんでしょう?」と思った方、大正解です。しかし、そのほかにも特徴があります。

 

では、アシナガバチの巣や生活の仕方についてはどれほど知っているでしょうか?どんな風に生活し、繁殖しているかについては知らない方も多いです。
本記事では、アシナガバチの生態について迫っていきます。繁殖の時期や体や巣の特徴を知って、ハチ予防・対処に役立てましょう。

 

 

 

イメージと違う?アシナガバチの生態

ハチの中でも体が細く、手足が長いアシナガバチ。一見危険そうに見えますが、実は益虫として人にうれしい面もあり、見た目とは裏腹に大人しい性格をしています。
生態を知ると、「ハチとしてのイメージとはちょっと違うかも!」と思うかもしれません。

 

 

スリムな体に長い後ろ脚が特徴

アシナガバチの体は細く、手足が長いです。さらに、日本に生息しているものは、全体的に黄色みが強いです。
日本で見られるアシナガバチには、セグロアシナガバチ、キアシナガバチ、キボシアシナガバチ、コアシナガバチなど全部で10種以上が生息しており、体長はそれぞれ異なります。1㎝程度の小さなものもいれば、成虫になると3㎝ほどまで成長する種類もいます。

 

 

実は益虫とされています

知らない方も多いですが、実はアシナガバチには益虫としての側面もあります。
蝶や蛾の幼虫を食べることから、蛾に悩まされる住宅や、芋虫が農作物を食べて困っている農家にとってはとてもありがたい存在なのです。

 

 

意外と大人しいアシナガバチ

気性が荒く攻撃性が高いスズメバチとは違って、アシナガバチは穏やかな性格の持ち主です。
アシナガバチは人が捕まえようと追いかけまわしたり、殺虫剤を使って攻撃したりといった脅威がない限り、攻撃してくることはほとんどありません。
つまり、こちらから刺激を与えなければ、刺される心配はあまりないです。

 

 

アシナガバチの毒は強力で、巣は頑丈!

アシナガバチの毒は強力で、巣は頑丈!

ハチの中では比較的大人しい性格をしているアシナガバチですが、むやみやたらに刺激するのは危険です。

 

アシナガバチは、ミツバチやスズメバチと同じ「刺すタイプ」のハチです。アシナガバチの鋭い針には強力な毒が付いており、アシナガバチには、非常に強力な毒針があります。刺されると、その部分が腫れる、かゆくなるなどの症状を起こします。ひどい場合にはアナフィラキシー・ショック状態になり、全身に毒が回り、嘔吐や呼吸困難、発熱などを起こすことも。
アシナガバチは同じ針で何度も挿すことができるので、「一度刺されたからもう刺されないだろう」と油断してはいけません。

 

また、巣はとても頑丈です。自力で簡単に駆除できると思っていたら全然壊すことができず、働きバチに囲まれて刺されてしまった…という失敗体験になる可能性もありますので、できるだけ駆除は業者にお任せしましょう。

 

強力な毒の被害に遭わないよう、不必要に近づかないようにすることが大切です。そして、大人しいからといって油断せず、巣を見つけたら駆除をしてもらいましょう。

 

 

アシナガバチの1年…注意が必要な時期は?

アシナガバチは1年のサイクルで繁殖活動をしています。女王バチが巣を作り始めてから、交尾をして次世代の女王バチを生むまでの過程を知っておくと、駆除のタイミングがつかめてきます。
とくにアシナガバチに気をつけたい時期もご紹介します。

 

 

アシナガバチが活発になるのは6月から8月

前年の秋に雄と交尾をして生まれたアシナガバチの女王バチは、冬眠で冬を越し、産卵をするために春に巣作りをはじめます。
最初は女王バチ一匹で巣作りをしていますが、卵を産み、幼虫・成虫と次々に成長していき、雌である働きバチが外を飛び回るようになります。
その後、秋まで生殖を続け、冬前に新しい女王バチと雄バチを産むと、その年の女王バチは任務を終えます。

 

大量の働きバチが活動するのは、夏です。6~8月にもなると巣の周りだけでなく、近隣の庭や畑で蜜やエサを求めて飛び交うようになるので、必然的に人間との接触も増えます。この時期が最もハチ被害が多発する時期といってよいでしょう。

 

 

10月~11月、3月~4月は洗濯物に紛れ込む

秋と春にもアシナガバチに刺される恐れはあります。
多いのが、洗濯物周りで刺される事例です。例えば、洗濯物を取り込んでいる途中に、攻撃されたと思い込んだアシナガバチに毒針を刺されたというケースや、靴下の中に入り込んだアシナガバチに気づかず、履いたとたん刺されたというケースがあります。

 

巣がベランダやお庭に作られてしまっていると、外の洗濯物に紛れ込む可能性が高くなるので、注意が必要です。

 

 

台風や豪雨などの後は民家に集まることも

雨風が強い日には、アシナガバチの存在には要注意です。雨や風をしのごうと、働きバチが民家の周りをうようよ飛びまわるからです。巣を軒下など、雨がしのげる場所に作られてしまうことも多々あります。

 

さらに、雨が多く、台風もよく来るのは、梅雨や夏です。ちょうどハチの繁殖活動が盛んな6~8月と同じなのです。そのため、雨の日には普段よりも多く民家にハチがやって来ることがあると考えられます。

 

 

アシナガバチに巣を作らせないために

アシナガバチに巣を作らせないために

「アシナガバチに巣を作られないようにするには何ができるの?」これは多くの方が持つ疑問だと思います。
アシナガバチの対策をする前に、まず巣がどこに作られやすいのかを知ることからはじめましょう。予防や駆除の方法もご紹介します。

 

 

アシナガバチが巣を作りやすい場所

アシナガバチの女王は、雨がしのげて広々としている場所を好んで巣を作ります。
とくに、【ベランダ】【軒下】【庭木】は巣が作られやすい場所です。

 

小さい巣はなかなか気づけず、そのまま過ごしている場合もありますので、「最近ハチが飛んでいるな」と思ったら、これらの3つの場所に巣がないか、探してみましょう。

 

 

巣作り防止のための対策

巣作りの防止には、以下のような方法が効果的です。市販で売られているものを使っての予防も可能ですので、トライしてみるとよいでしょう。

 

  • ・捕獲機を使って女王バチを春に駆除しておく
  • ・ハチ予防スプレーを撒いておく

予防はプロに任せることもできます。ハチ駆除のプロに任せれば、専門的な知識と技術を駆使して万全な対策が可能です。

 

 

危険を感じたら専門家に助けを求めよう

もしも「すでに巣ができてしまっている!」とお悩みでしたら、自分で駆除するのはよして、ハチ駆除のプロに依頼することをおすすめします。

 

温厚なアシナガバチも、駆除されるとなれば一斉に飛びかかってきます。いくら丈夫な防護服を着ていても、細い体で入り込んでしまう可能性がありますし、長い針が服を貫通してしまえば防護の意味をなしません。

 

自力での駆除は不可能ではありませんが、万が一の危険を考えると、業者に頼った方が安心です。

 

 

まとめ

足長バチの特徴は、長い手足と細長い体です。体が黄色いことから恐ろしい昆虫に見えますが、温厚な性格をしており、蝶や蛾の幼虫を食べてくれる益虫としての側面もあります。

 

とはいえ、アシナガバチの毒はとても強力で、アナフィラキシー・ショックに陥ることもあります。刺激を与えると毒針で攻撃されますので、むやみに刺激しないように注意しましょう。アシナガバチの巣を見つけたときは、業者に相談して駆除してもらうのが一番安全です。

 

家のベランダや庭木、そして軒下に巣ができることが多いですので、とくに注意が必要です。巣の予防方法は自分でもできますが、すでに作られた巣の駆除や、より安心できる予防策はやはりハチ駆除のプロに頼んだ方が確実です。

 

アシナガバチの特徴と対策を少しでも多く身につけて、ハチの脅威から身を守りましょう。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    5,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    6,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,0000円〜

    詳しくみる

※出張費は3,000円~でいただいております。対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内