危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.02.20更新

キラービーとスズメバチはどちらが凶暴?特徴や危険性について

キラービーとスズメバチはどちらが凶暴?特徴や危険性について

 

キラービーと呼ばれて、海外でおそれられているハチを知っていますか?日本語に訳すと、殺人蜂という意味になります。非常に恐ろしい名前ですね。この、キラービーは「相手を刺すまで襲い続ける」習性などから、キラービーといった名前で呼ばれているミツバチの一種です。

 

今回は「キラービーの生態と、キラービーより凶暴だといわれているオオスズメバチ」について詳しく説明していきます。

 

日本では、ミツバチというとミツを集めるかわいらしいハチといったイメージがあります。しかし、その実態を知ってしまったらキラービーと呼ばれる理由がわかるのではないでしょうか。

 

 

キラービーってどんなハチ?

正式名称は「アフリカナイズミツバチ」といいます。英語表記にすると、「Africanized honey bee」となります。日本語に訳すと、「アフリカ化したミツバチ」といったところでしょうか。実はこのハチ、本来はアメリカ大陸には存在していませんでした。

 

名前の由来は、セイヨウバチとアフリカバチの2種類を交配したものであることからです。ある研究者によりブラジルへ持ち込まれたアフリカミツバチと、ヨーロッパ人によって持ち込まれたセイヨウミツバチを交配したことにより、アフリカナイズドミツバチが誕生したのです。

 

セイヨウミツバチというのは、もともと熱帯での飼育には向いていません。そのため、温暖なブラジルに適応させるために、人為的に交配されたのです。

 

見た目の特徴と生態

キラービーは大きい個体でも12mm程度だそうです。この大きさは、ハチの中では小さい部類に入ります。一匹一匹の個体が小さいため、キラービーは群れをつくって行動することが多いようです。

 

また、キラービーは頻繁に巣を変えるということで知られています。巣を変える時期は、エサがなくなったときや季節の変わり目だとされています。キラービーは寒い地域や乾燥した場所ではなく、暖かい地域を好む傾向にあります。

 

キラービーはまだ日本に上陸していない

キラービーは海外で猛威をふるっているハチです。そのため、日本に上陸したという報告はまだ受けていません。しかし、キラービーがやってこないという保証はありません。

 

日本でも、海外から誤って外来種が持ち込まれたというケースも少なくないため、キラービーにも注意を払う必要があるといえるでしょう。

 

外来種のキラービーと日本のオオスズメバチどちらが凶暴?

外来種のキラービーと日本のオオスズメバチどちらが凶暴?

 

キラービーが恐ろしいハチだということがわかったところで、ひとつ疑問が生じてきます。世界で猛威をふるっている「キラービー」と、日本で一番凶暴なハチだとおそれられている「スズメバチ」は、一体、どちらのほうが凶暴なのでしょうか?

 

キラービーの危険性

キラービーの危険な点は、縄張りに入った際に徹底的に攻撃するという点にあります。キラービーには群れをつくるという習性がありました。しかも、攻撃性が非常に高いのです。縄張りが広く、そこに侵入してきた動物を集団で襲います。

 

キラービーはとても凶暴なハチですが、現在は研究者によって毒性が弱まってきています。そのため、危険な個体はアメリカの一部に限られるなど、個体数は徐々に減少しています。

 

スズメバチの危険性

日本でもっと危険な動物のひとつがスズメバチといわれています。スズメバチに刺される被害は毎年多く発生しています。アナフィラキシー・ショックというショック症状により、死亡ケースも毎年報告されています。その危険性を聞いたことがある人がほとんどでしょう。

 

スズメバチの方が凶暴!その理由とは!?

結論を申し上げますと、実は「スズメバチ」のほうが危険なのです。かつて、アメリカではキラービーの個体を減らすために、オオスズメバチを使うという話が挙がったことがありました。しかし、オオスズメバチがより凶暴であるとわかったために、その話が見送られたことがあるのです。

 

キラービーよりも圧倒的に恐ろしいハチが、日本に生息している「オオスズメバチ」だったなんて、驚きですね。

 

日本で一番凶暴なハチは「オオスズメバチ」

ご存知の方は多いとは思いますが、日本で一番凶暴なハチは「オオスズメバチ」です。

 

体格はハチの中でも最大級で30~45mmです。大体、大人の親指を想像してもらうとわかりやすいかと思います。そんな大型のオオスズメバチは噛む力も強く、その力でミツバチの体を両断することができるそうです。また、オオスズメバチは強力な毒針を持っています。

 

スズメバチの種類を5つ紹介!

スズメバチと一口にいっても、その種類はさまざまです。ここでは、スズメバチの種類を5つ紹介させていただきます。皆さんの知っているハチが、この中にいるかもしれません。

 

チャイロスズメバチ:日本で中部地方に生息しているといわれ、攻撃性が高い

キイロスズメバチ:日本に広く分布しており、スズメバチの中でも小型

オオスズメバチ:世界最大のスズメバチ、強力なアゴと毒針をもっている

ヒメスズメバチ:比較的大きく、ハチの中でも美しい

モンスズメバチ:世界的に広く生息しており、雄蜂には針がない

 

オオスズメバチは世界でもおそれられている

大きさも大きく、毒針も太い、毒性が強いオオスズメバチは、世界的にもおそれられているハチなのです。世界最強の名高いハチといっても過言ではありません。

 

毒液はスプレーのように空中散布することができ、もし目に入ったら失明する場合もあります。また、皮膚に触れると炎症が出る場合もあります。

 

そのため、皆さんスズメバチを見かけましたら、巣にイタズラをする・むやみに近づくといった行為はしないようにしてください。

 

スズメバチに遭遇してしまったら……

スズメバチに遭遇してしまったら……

 

想像したくもないですが、もしオオスズメバチに遭遇してしまったらどうすればよいのでしょうか?スズメバチに遭遇してしまった際の、正しい対処法についてお話していきます。

 

手で振り払うのは絶対NG!

独特な羽音とともに、ハチが目の前に飛び出してきたら、びっくりして反射的に手で追い払ってしまいますよね。しかし、この行動はハチに対する最も危険な行動であるため、絶対におこなわないようにしてください。手で追い払うという行為は、ハチにとっては「攻撃された」と同義です。

 

そのため、万が一、ハチに出会ってしまった場合には、大声を出さずにそっとその場をできるだけ早く離れるということを実践してください。

 

威嚇をされたら危険な合図

スズメバチは、相手に襲い掛かる前に「威嚇」することがあります。次の威嚇サインをしっかり覚えておきましょう。

 

スズメバチの威嚇行動には、下記のような行動が挙げられます。

 

・敵とみなしたものの周囲を飛び回る

・敵とみなしたものの周囲を飛び回りながら、大あごをカチカチと鳴らす。

・羽根を大きく振動させることで威嚇する

 

近くに巣があれば業者に駆除の依頼をする

キラービーやスズメバチに限らず、凶暴なハチというのは日本にもたくさん存在します。「家の近くにハチの巣がある」、「最近家の近くでハチをよく見かける」。そのような場合には、被害が出る前になるべく早くハチの巣を駆除することをおすすめします。

 

しかし、ハチの危険性を知れば知るほど、自分で駆除するという選択肢を選ぶことは得策ではないということがわかるでしょう。

 

ハチに関する知識や、駆除方法を知らずに駆除するのは危険行為です。蜂に関する駆除は、知識を持ったプロに任せましょう。環境にも配慮したやり方で、駆除活動をしてくれるでしょう。

 

まとめ

アフリカナイズドミツバチは「キラービー」という名前で知られている。恐ろしいハチだということがわかりました。防衛本能が強いため、誤って縄張りに近づいてしまうと、集団で襲い掛かってきます。

 

しかし、海外でおそれられている「キラービー」より強いといわれているのが、日本の「オオスズメバチ」です。家の近くに、スズメバチがいる。そのようなときは、自分で駆除するということはせずに、業者にお任せしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    5,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    6,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,0000円〜

    詳しくみる

※出張費は3,000円~でいただいております。対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

危険なハチ被害を迅速に解決!

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ 無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内 無料現地調査のご案内