危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.04.09更新

キアシナガバチにレッドカード!【凶暴・猛毒・激痛】に警戒を

黄色いキアシナガバチにレッドカード!【凶暴・猛毒・激痛】に警戒を

みなさんはキアシナガバチというアシナガバチをご存知でしょうか。アシナガバチはスズメバチに比べたら温厚なハチで、巣に近づかない限りはあまり攻撃されることはありません。

しかし、キアシナガバチに限ってはスズメバチと同等なほどに凶暴で、強い毒をもつ危険なハチなのです。そこで、今回はそんなキアシナガバチの特徴や活動時期などを解説し、実際にキアシナガバチの巣を発見した場合の対処法などもいっしょにご紹介していきます。

キアシナガバチは、アシナガバチ亜科では最大種!

キアシナガバチはスズメバチ科のアシナガバチ亜科に属している蜂で、体長は約20~26mmと、アシナガバチの中では最大級の大きさになります。黄色の身体に黒色のまだら模様があるのが特徴で、その黄色い身体が「キアシナガバチ」と呼ばれる由来となっています。

北海道~沖縄にかけて日本全土に生息しており、森林や雑木林など自然の多い場所を好むようです。またその中でも、低い山地に生息している場合が多いでしょう。

キアシナガバチによく似ている蜂として、ゼグロアシナガバチという蜂もいます。ゼグロアシナガバチは身体的特徴だけではなく、キアシナガバチと同じくらいの攻撃性をもっている危険なハチです。

ゼクロアシナガバチは体長もキアシナガバチとあまり変わらず、色などの身体の特徴も似ているため、区別できる方は少ないかもしれません。どちらにせよ、見かけたら警戒しておくべきでしょう。

キアシナガバチは攻撃性も毒性も種内で一番!

キアシナガバチは攻撃性も毒性も種内で一番!

キアシナガバチはアシナガバチ種の中でも、攻撃性と毒性でトップクラスだといわれており、よく似たゼグロアシナガバチよりもさらに気性は激しいといわれます。巣に近寄るだけでもお腹を丸めて威嚇をしてくるでしょう。

ハチの毒に侵されると、激しい痛みとかゆみに襲われるようになります。キアシナガバチの毒はスズメバチの毒に比べると弱いものの、かゆみがほかのハチの毒よりも強く出るという特徴があります。

また、刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こすこともあり最悪の場合死に至ることもあるのです。

アナフィラキシーショックとは、ハチの毒に対して何らかのアレルギーをもっており刺されることに身体にアレルギー反応の症状があらわれることをいいます。

アナフィラキシーショックは1回目に刺されるよりも2回目に刺されるときにおこることが多いです。1回目にハチに刺されると体内でハチの毒に対する抗体がつくられる免疫という作用が働きます。

しかし、再びハチに刺されてしまうとこの免疫が過剰に働き、逆に症状が悪化してしまうのです。

キアシナガバチが活発なのは春から初秋

キアシナガバチの活動時期は4月~10月にかけて活動をしています。その中でもとくに活発に活動しているのが、7月~8月にかけての時期です。この時期が1番キアシナガバチによる被害が多く報告されています。

4月~5月ごろの女王蜂が単体で巣をつくっている時期は、そこまでの攻撃性はありません。しかし、働き蜂が増加するにつれて攻撃性はどんどん増していき、7月~8月ごろには働き蜂の数も増えることで、活動が盛んになるのです。

そして、繁殖期にあたる8月末~10月には、キアシナガバチはもっとも興奮しやすく攻撃性が高くなります。この時期は巣を守るために、巣に近づくものすべてに対して強い攻撃性を示す、非常に危険な時期になります。

冬にはほとんどのキアシナガバチが活動を停止するものの、それ以外の春から初秋の時期は強く警戒しておかなければなりません。

危険なキアシナガバチの巣はどこにある?

危険なキアシナガバチの巣はどこにある?

キアシナガバチの巣に気づかずに被害にあう報告が多数あります。では、そんな危険なキアシナガバチの巣はいったいどこにあるのでしょうか。巣のある場所の特徴や見つけたときの対処法をご紹介します。

キアシナガバチの巣の形状とよくある場所

キアシナガバチの巣は森林や雑木林などの自然の多い場所にあることが多く市街地ではあまり見ることはないかもしれません。民家などに巣をつくる場合は軒下や木の枝などによく好んで巣をつくる傾向にあります。

ハチは種類によって巣の形状に違いがあり、キアシナガバチにも独特の特徴が見受けられます。キアシナガバチの巣はつりがね状に均一な6角形の穴が重なったシャワーヘッドのような形状をしており、色は半透明な白っぽい色をしているのがほとんどです。

ハチの巣といえば黄色っぽい色をイメージする方も多く、意外に思う方もいらっしゃるかもしれません。キアシナガバチは巣の素材によく繊維や泥を使うことから、灰色が多く模様がない巣ができあがるのです。また、巣の場所は壁におおわれていない開放空間を好みます。

巣を見つけたときの安全な対処法 

巣を発見して駆除しようと思った場合、殺虫剤や防護服など、しっかりとした道具を揃えてから駆除するようにしましょう。半袖などの肌が露出した服装であると、キアシナガバチの針が直接刺さってしまう危険があるからです。

キアシナガバチを安全に駆除するには、昼間などの行動が活発な時間帯はさけて、夜などの動きが弱くなる時間帯を狙い駆除するのがおすすめです。

ですが、いくら動きが弱くなるといってもアシナガバチの中では、攻撃的で強い毒をもっているので油断ができません。殺虫剤などをかける際は、巣から1~2mは離れたところから巣に向かって噴射するようにしましょう。

また、最近ではハチ専用の殺虫剤も売られています。ハチ専用の殺虫剤は拡散タイプで勢いが強いのが特徴です。より広範囲に効率よく効くので殺虫剤を使用するときはハチ専用の殺虫剤をおすすめします。

刺傷事故に注意!こんな場合はムリしないで

いくら、万全の準備をしてキアシナガバチの巣の駆除をおこなうとしても、100%刺されず事故は起きないとは限りません。ハチの巣の駆除をする際の状況によっては、個人で駆除するのにリスクが大きくなってしまうことがあるので、ハチ駆除の専門家へ依頼したほうが確実なこともあります。

たとえば、巣の大きさが大きかったりハチの数が多かったりすると、それだけで刺されてしまう危険は大きくなってしまいますよね。とくに7月~8月はキアシナガバチが活発になる時期になるので注意が必要です。

つぎに、キアシナガハチの巣が高い場所へあったり狭い空間にある場合それだけで駆除をするのは難しくなります。キアシナガバチの巣は完全に駆除をしないと、もとあった場所へまた巣をつくる習性があるからです。

もし、少しでも駆除する際に無理だと感じたり怖さを感じた場合は、ハチ駆除のプロへ相談するのもよいかもしれません。

まとめ

キアシナガバチは、アシナガバチの中では1番といっていいほど攻撃性が高く、強い毒をもつ危険なハチです。その危険さはスズメバチと比較しても遜色はないでしょう。

刺された場合は激しい痛みとかゆみはスズメバチに刺されたときよりも強いといわれており、最悪の場合は死に至ることもあるといわれています。

ですので、ご自身でキアシナガバチの巣の駆除をする場合は、細心の注意と万全の準備を心がけていきましょう。しかし、ハチの巣は完全に駆除しなければまた同じところに巣をつくる可能性があります。そのため、業者へ駆除を依頼するのが1番安全かつ確実な方法といえるでしょう。

少しでも、危険を感じたりしたら無理をせず、ハチ駆除のプロの手を借りることをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除

    5,000円〜

    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除

    6,500円〜

    詳しくみる
  • スズメバチ駆除

    1,0000円〜

    詳しくみる

※出張費は3,000円~でいただいております。対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

危険なハチ被害を迅速に解決!

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ 無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内 無料現地調査のご案内