2019.05.30更新

蜂の巣駆除にスプレーで退治|殺虫剤の選び方や使用方法など

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

蜂の巣をスプレーで駆除したい

蜂の巣を見つけたら、早く駆除して安心したいですよね。「蜂用のスプレーを使えば、素人でも駆除できるのかな?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、蜂の巣をスプレーで駆除する方法をご紹介します。駆除のときに準備しておくべき道具や、具体的な手順についても説明しますので、自力で蜂の巣駆除を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

どんな駆除スプレーがよいの?

どんな駆除スプレーがよいの?

蜂の巣駆除に使用するスプレーは、必ずしも「蜂専用」のものでなくても構いません。以下のポイントを押さえているスプレーであれば、ゴキブリ用の殺虫スプレーなどで代用することも可能です。

  • 虫の神経を即効的にマヒさせる【合成ピレスロイド系】の殺虫剤であること
  • 素早い蜂にも命中させられるよう、噴射力の強い【エアゾール型】の殺虫剤であること

スプレーで駆除する方法

スプレーで蜂を駆除する場合、しっかりと道具を準備し、駆除に最適な時間帯を選んで、手際よく作業をおこなっていくことが大切です。ここでは、<準備するもの><駆除する時間帯><駆除の手順>について、詳しくご紹介していきます。

<準備するもの>

蜂の巣駆除をおこなう際は、以下の道具を準備・装備してから挑むようにしてください。

・防護服

作業中は蜂に刺される危険性があるので、防護服を着用してください。厚手の衣類などを加工して自作してもよいですが、隙間があると危険ですので、袖口や首元などはテープでしっかり閉じるようにしましょう。

・巣を照らすもの(懐中電灯など)

巣がしっかり見えないとスプレーを命中させられないので、何かしら明かりを用意しておくようにしてください。強すぎる光は蜂を興奮させてしまうこともあるのですが、セロファンなどを使って光を赤くしておくと、蜂が反応しにくくなります。

・スプレー式の接着剤

殺虫剤を吹きかける前にスプレー式の接着剤を巣に吹き付けておくと、出入り口を塞ぐことができるので、大量の蜂が飛び出してくるのを防ぐことができます。安全に駆除をおこないたい場合は用意しておくとよいでしょう。

・駆除後の巣を片付ける道具(ゴミ袋、長めの棒など)

巣を駆除した後はすぐに片付けが必要となります。巣を落とすのに使う長めの棒や、巣を処分するためのゴミ袋などを用意しておきましょう。

<駆除する時間帯>

蜂の巣駆除に向いているのは、夕暮れどきから夜中にかけてです。蜂は昼間、外へエサを取りに行き、夕暮れどきに巣へと戻ります。つまり昼間に駆除作業をおこなっても、巣の中には少数の蜂しかいないため、駆除の効果がほとんど得られないのです。

その点、夕暮れどきから夜間にかけては、ほとんどの蜂が巣に戻ってきているため、一網打尽にすることができます。戻ってくる蜂もほとんどいないので、「巣を駆除した後に片付けをしていたら、戻ってきた蜂に刺された!」なんてこともありません。

蜂の巣駆除は、時間帯をよく見計らっておこなうことがとても重要なのです。

<駆除の手順>

具体的な駆除の手順は、以下のとおりです。

(1)巣の状態を確認する

蜂の出入り口がどこにあるのか、蜂が外出から戻ってきているかどうか、などを遠目で確認しましょう。接近しすぎると襲われる危険性があるので注意してください。

(2)少し離れた位置からスプレー式接着剤、殺虫スプレーを吹きかける

蜂の巣から少し離れた位置(ただしスプレーの届く範囲内)から、まずはスプレー式の接着剤を吹きかけ、蜂の出入り口を塞ぎましょう。次に同様の手順で殺虫スプレーを噴射します。このとき、最低でも30秒はスプレーをかけ続けることが大切です。

(3)長めの棒で巣を落とす

十分にスプレーを噴射し、飛び回っている蜂がいなくなったことが確認できたら、長めの棒を使って巣を地面に落とします。

後片付けも忘れずに

蜂の巣は、駆除の後の片付けも大切です。駆除が終わり、巣を地面に落としたら、ゴミ袋に巣と蜂の死骸を入れましょう。なお蜂は死んでいても針を刺すことがあるので、絶対に素手で作業しないようにしてください。

なぜなら蜂に意識が残っているからではなく、刺激が加わると筋肉の収縮運動によって勝手に針が 飛び出てしまうからです。

巣を落とすのに使用した長めの棒を使って、ゴミ袋に入れましょう。最後にゴミ袋の口をしっかりと結んで、燃えるゴミとして出せば完了です。

殺虫剤スプレーの注意点

多くの殺虫剤スプレーは、人間への害が少ない成分で作られています。しかしそれでも目や口に入ってしまうと、しみたり、体調が悪くなったりすることもあるでしょう。スプレーを使う際は、必ず風上に立つようにし、薬剤を吸い込まないようにすることが大切です。

その他、エアゾール型のスプレーにはガスが入っているため、高温にさらされると発火したり爆発したりすることがあります。火の近くで使用するのは絶対にやめましょう。もし、火をよく使うキッチンの近くなどに蜂の巣を作られてしまった場合は、業者に駆除を依頼するようにしてください。

蜂の巣駆除で不安なときは無理せず業者へ

「自分で巣にスプレーを噴射するのは怖い」「防護服を用意できない」そういった場合は、すぐに業者に蜂駆除を依頼しましょう。蜂の巣駆除は自力でもできるものの、非常に危険な作業となりますので、基本的には“プロがおこなうべきもの”です。

プロの蜂駆除業者なら、高所にできてしまった蜂の巣や、キッチンなどエアゾール型スプレーを使うと危険な場所の蜂の巣なども、スピーディに駆除してもらうことができます。再発防止策もお願いできるので、自分で駆除をおこなうよりもずっと安心ですよね。

弊社「ハチ110番」にご相談いただければ、お客様のご自宅近郊の蜂駆除業者をご紹介することが可能です。弊社のコールセンターでは365日・24時間体制でお客様からのご相談を承っております。ぜひお気軽にご連絡ください。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

蜂の巣駆除を自力でするときの判断ポイント

蜂の巣には、「自力で駆除できるもの」と「プロでないと駆除が難しいもの」があります。しかし「この巣は自分でも駆除できるのか?」と判断に迷っている時間はありません。蜂の巣は、放置しておけばおくほど、大変な被害をもたらす可能性があるからです。

自力で駆除できる巣なのかどうかを素早く判断できるよう、ここからは“判断の際のポイント”についてご紹介します。蜂の巣を駆除せず放置しておいた場合のリスクなどについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

巣の駆除を自分でできるかの判断基準は3つ

巣の駆除を自分でできるかの判断基準は3つ

「蜂の巣を自分で駆除できるかどうか」は、以下の3つを基準に判断しましょう。

・巣の大きさ

まだ巣が小さい段階であれば、自力駆除も可能です。しかし15cmを超えるような大きな巣の場合は、中にいる蜂の数も大量ですので、自力駆除は危険といえます。

・蜂の種類

「蜂」と一口にいっても、さまざまな種類がいます。凶暴な蜂もいれば、比較的穏やかな蜂もいるでしょう。「どの種類の蜂の巣なのか?」ということも、自力駆除の判断基準となります。

・巣の場所

手の届きやすい場所であれば自力駆除も可能でしょう。しかし高いところにできてしまった巣や、危険なところにできてしまった巣は、業者に依頼したほうが安全です。

蜂の種類について

自力で蜂の巣駆除ができるかどうかを判断するためには、蜂の種類を特定することが重要です。ここでは、日本において被害が多いとされる<ミツバチ><アシナガバチ><スズメバチ>について、それぞれの特徴や巣の見分け方についてご紹介します。

<ミツバチ>

ミツバチは集団で行動し、花や樹木の蜜を集めて暮らしている蜂です。大きさは最大でも2cm程度で、蜂の中では小さい部類となります。体が小さくて、集団で行動している蜂を見かけたら、ミツバチである可能性が高いでしょう。

ミツバチの巣は、平たい板状になっているのが特徴です。初期の巣は白っぽい色をしていますが、巣が成熟し餌となる蜜が溜まってくると、黄色に変わっていきます。大きいものだと、100cm近い幅の巣になることもあります。

ミツバチ自体は、体が小さいこともあり、そこまで攻撃的な性格ではありません。しかし針の毒性が強いため、巣を駆除する際は注意が必要です。

<アシナガバチ>

人間が嫌う蛾などを食すことから、“益虫”と呼ばれることもあるのがアシナガバチです。その名のとおり足が長く、ミツバチより少し大きい体をしています。

アシナガバチは他の蜂と比べると比較的温厚ですが、巣を攻撃したりすると、猛烈に反撃してくることがあるので注意が必要です。また針には強い毒性があるので、刺されてしまうと痛みや腫れがなかなか引かず、重症化するおそれもあります。

アシナガバチの巣は、15cmほどの大きさで、巣穴が外から見えるのが特徴です。遠目で見ると、深めのお皿を逆さにしたような形状をしています。

<スズメバチ>

スズメバチは性格が凶暴なうえ、非常に強い毒針を持っています。針を刺さなくても毒を相手に飛ばすことができるので、少し離れた場所にいるときも警戒が必要です。飛ばされた毒が目に入ったりすると、最悪の場合、失明の危険性もあるといいます。

スズメバチの大きさは、大きいものだと4cmくらいです。ミツバチより大きくて、アシナガバチよりも全体的に少しボリュームがあるのが特徴となります。

スズメバチの巣は非常に大きく、60cm以上になることもあります。完成形は球体のような形をしているのですが、作りかけの巣の場合は、球体の下から円柱が生えているような形状(花瓶を逆さにしたような形状)です。

スズメバチの巣の駆除はとても危険なので、自信がある方以外は業者に頼ったほうがよいでしょう。

蜂に刺されると……

蜂に刺されると、患部が腫れ、強烈な痛みを感じます。しかしもっとも危険なのは“アナフィラキシー”によるショック症状です。

一度蜂に刺されると、身体の中で抗体ができるのですが、再び蜂に刺されることで、この抗体が原因でアレルギー反応を起こすことがあります。これを“アナフィラキシーショック”と呼びます。

アナフィラキシーショック状態になってしまうと、最悪の場合、数分で死に至ることもあるといいます。一度でも蜂に刺されたことがあるという方は、そうでない方以上に蜂に警戒する必要があるでしょう。

蜂に刺されないために気をつけること

上記のとおり、蜂に刺されると大変です。蜂に刺されないようにするためには、以下のことに気をつけるようにしましょう。

  • 香水などあまい匂いのするものは蜂をおびき寄せてしまうので、身にまとわない
  • 蜂が服の中に入り込まないよう、袖口や襟元に隙間をあけない
  • 蜂を興奮させないよう、駆除の瞬間以外はむやみに巣に近づかない

蜂の巣を作らせない予防策

少しでも蜂の巣を作らせてしまうと駆除が大変なので、できれば蜂の巣は作らせないように対策したほうがよいでしょう。蜂の巣を作らせない予防策には、以下のようなものがあります。

・駆除用スプレーを撒く

以前蜂の巣があった場所や、軒下など蜂の巣を作られやすい場所には、あらかじめ駆除用のスプレーを散布しておくのがおすすめです。駆除用のスプレーには蜂の忌避効果もあるため、撒いておくと蜂が寄り付かなくなるのです。

・定期的に水を撒く

蜂の巣を作らせたくない場所は、定期的に水を撒いて湿らせておくとよいでしょう。蜂は乾燥した場所に巣を作りたがるので、常に湿っているような場所は避ける傾向があるのです。

・ネットで侵入を防ぐ

「ここにだけは蜂の巣を作られたくない」という場所がある場合は、その場所を囲うようにネットを張ってみてください。蜂が通れないくらいの、目が細かいネットを選ぶのがポイントです。こうすることで、蜂たちは物理的にその場所に侵入できなくなるので、当然巣を作ることもなくなります。

蜂の巣を発見したら早めにプロへ相談しよう

ここまで自力で蜂の巣を駆除する方法や、自力で駆除できるかどうかの判断基準などについてご紹介してきました。「やっぱり、自分には無理かもしれない……」「スズメバチに刺されたことがあるから、アナフィラキシーショックが怖い……」そんな風に感じた方も多いのではないでしょうか?

しかし、怖いからといって、蜂の巣はいつまでも放置しておくわけにはいきません。放っておくと、巣は次第に大きくなり、蜂の数もどんどん増えていくでしょう。危険性は増していくばかりです。

少しでも不安要素があるようであれば、自力での駆除は諦めて、早めにプロへ相談しましょう。プロの蜂駆除業者であれば、どんなに巨大なスズメバチの巣であっても、キレイに除去してくれます。再発予防策についても相談に乗ってくれるでしょう。

弊社「ハチ110番」なら、駆除にかかる費用などについてもご相談いただけます。ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

蜂の巣駆除の費用と業者選びのポイント

蜂の巣駆除を業者に依頼する際、「ものすごく高額だったらどうしよう」「たくさん業者があるみたいだけど、どうやって選んだらいいんだろう」と悩んでしまう方も多いでしょう。

そこでここからは、蜂の巣駆除を業者に依頼する場合の費用相場と、業者選びのポイントについてご紹介します。

費用相場

費用相場

蜂の巣駆除の費用は、蜂の種類によって異なります。一般的な相場は以下のとおりです。

  • ミツバチの巣駆除:1.2万円前後
  • アシナガバチの巣駆除:1.5万円前後
  • スズメバチの巣駆除:2.5万円前後

上記の内訳としては、現場への出張費、作業費、殺虫剤などの薬剤費、駆除後の処分費などがあげられます。また、土日祝日費用が上乗せされる場合や、繁忙期用の特別価格になる場合もあるでしょう。

その他、巣の大きさや巣の場所、高さなどによっても費用は変動することがあります。やたらと大きい巣や、高くて手の届きにくいような場所の巣の駆除は、特殊な道具を使う必要があり、その分コストがかかってしまうからです。

信頼できる業者のポイント

信頼できる業者を選ぶためには、以下のポイントを押さえて業者を探すことが大切です。

  • ・見積り書がわかりやすい
  • ・ホームページが充実しており、ネット上の口コミもよい
  • ・どんな作業をするのか事前に丁寧に説明してくれる
  • ・こちらの要望や希望をきちんと聞いてくれる
  • ・巣の再発予防対策や、万が一の場合の保証などアフターケアが万全である
  • ・電話したときの受付の対応がよい
  • ・相談に対する回答が早い
  • ・知識や経験、実績がある
  • ・親身になって相談にのってくれる
  • ・見積りに不明確な点がなく、追加料金もない

上記すべてに当てはまるような業者であれば、“信頼できる業者”である可能性が非常に高いでしょう。

なお弊社「ハチ110番」では、上記に当てはまる高品質な業者を、加盟店として多数抱えております。「自分で業者を選ぶのは不安」という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。お客様のご要望にぴったり合う業者をご紹介させていただきます。

依頼したときの流れ

「蜂の巣駆除を依頼した際、どういう流れで作業をおこなうのかがイメージできない」という方もいるでしょう。弊社「ハチ110番」に蜂駆除をご依頼いただいた場合は、以下の流れで作業をおこなわせていただきます。

<受付>

まずは弊社の無料相談窓口までお電話ください。メールでお申し込みも可能です。

<現地調査・無料見積り・検討>

見積り調査のため加盟店の蜂駆除業者を現地へ派遣いたします。蜂の巣の大きさや場所、蜂の種類などを特定したうえで、お見積りをご提示いたしますので、正式に発注をおこなうかどうかをご検討ください。なお現地調査やお見積りは、原則無料でご案内しております。

<作業開始>

正式にご発注いただける場合は、現地スタッフにご希望の日程をお伝えください。作業当日になりましたら、加盟店のスタッフが再度現地に伺い、駆除作業を実施いたします。近隣の住民の方にご迷惑がかからないよう十分な配慮をして作業をおこないますので、ご安心ください。

<ご確認・お支払い>

作業が完了しましたら、蜂の巣が完全に除去されたことをお客様にご確認いただきます。問題がなければ料金をお支払いいただき、終了です。

このようにハチ110番なら、お電話1本で現地調査から見積り、作業までをスムーズにおこなうことができます。「料金の確認だけしたい」というお客様も大歓迎です。ぜひ一度ご相談ください。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

ハチ駆除 依頼の多いエリア

危険なハチ被害を迅速に解決!

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ 無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内 無料現地調査のご案内