危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.04更新

キアシナガバチの生態から見る危険度|巣があれば早めに駆除をする

キアシナガバチについて

キアシナガバチは、ハチの中でも穏やかな性格といわれていますが、自分や巣を守るためであれば容赦なく攻撃してきます。そのため、近くに巣があるときは、早急に駆除しなければならない昆虫です。

このコラムでは、自分で駆除できる場合はどうすればいいのか、駆除を業者に依頼する場合のポイントは何か、ご紹介していきます。

キアシナガバチの生態や特徴

キアシナガバチの生態や特徴

キアシナガバチは、国内に生息しているアシナガバチの中で、最大級の種類です。大きいものだと全長が26センチメートルにもなります。

ほかのハチと同じく黒色と黄色の配色ですが、キアシナガバチは黄色の割合が多いです。最も活発な時期は6月から8月になります。

巣はラッパの先端のような形状です。グレー系統の色で、ハニカムという六角形の巣穴がむき出しになっています。

ハチの中で最も危険なスズメバチの巣よりも強度が高いとされており、ちょっとやそっとの衝撃では壊れません。

アシナガバチの危険性は?

毒性も強く、アシナガバチの中には刺されたときの痛みが、スズメバチを上回るといわれています。スズメバチなどと比べれば穏やかな性格ですが、自己防衛や巣を守るためには容赦なく攻撃するため、大変危険です。

とくにキアシナガバチは、そんなアシナガバチの中でも攻撃性が高く、刺されたときの痛みは最も強いとされるため、注意しなければなりません。

ハチに刺されるとどうなる?

まず刺されたときには痛みが走ります。キアシナガバチのような種であれば、その痛みは悶絶するほどです。さらに患部は腫れあがり、強いかゆみが発生します。

そして刺されたときに最も恐ろしいのが、『アナフィラキシーショック』がおきる危険性です。

アナフィラキシーショックはアレルギー症状のひとつであり、最悪の場合は死に至ります。自己判断で対処するほど危険なことはありません。ハチに刺されたときは、先延ばしにはせずにできるだけ早く病院へいきましょう。

巣を見つけたら被害に遭う前に駆除をする

巣を見つけたら、できるだけ早く駆除してください。早急に対処することでしか、身の安全を確保することはできません。ただし、駆除はとても労力の必要なことですし、とても危険な作業になります。
自力での駆除に少しでも不安を抱かれた方は、業者に依頼しましょう。

当社(ハチ110番)では、24時間365日、ハチに関するトラブルについて、無料で電話相談を受け付けています。現地調査を無料でおこなっており、それだけのご依頼でも快く対応いたします。キアシナガバチでお困りの方は、まずは一度、お電話ください。

キアシナガバチの駆除はハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

アシナガバチの巣は自分で駆除できる?

アシナガバチの巣は、巣の大きさや、営巣された場所によっては、自力で駆除することも可能です。

しかし、アシナガバチはハチの中でも温厚な性格とはいえ、自己防衛や巣を守るためであれば攻撃性をむき出しにするため、危険がつきまといます。少しでも身の危険をおぼえたとき、自力での駆除に不安を抱いたときには、無理せずに駆除業者へ依頼してください。

とはいえ、自力で駆除することができるならば、それに越したことはありません。費用も業者に依頼するより安く抑えられるからです。そのため、ここでは駆除できるかどうか判断するポイントや、駆除するまでの流れについてなど、自力駆除に必要な情報をご紹介します。

自分でできるかの判断ポイント

自分でできるかの判断ポイント

判断ポイントは主にふたつ。『巣の大きさ』と『巣の場所』です。もしも巣が10センチメートル以上ある場合は、生息しているハチの数が多いと予測されます。

大量のハチに襲撃されながらの作業になる危険もあるため、自力で駆除することはやめておきましょう。

さらに巣が、剪定バサミなどで落とせないような高所や、人が自由に動くことが難しい屋根裏などの狭所にある場合は、危険ですので絶対にやめてください。

剪定バサミなどの道具で巣を落とせない高所にある場合は、巣を撤去するために脚立などで巣へ近づかなければならず、地面へ落下するといったリスクが高まるからです。

そして狭所に巣がある場合は、万が一何かトラブルが発生した際に、すぐにハチから逃げることができないため、自力での駆除は絶対に避けてください。

駆除する前の確認チェック

アシナガバチを駆除する前には、以下の道具が用意してあるか、確認してください。

  • 防護服
  • 軍手
  • スプレータイプの殺虫剤
  • 剪定バサミ(※高所にある巣を切除できるものなら可)
  • 袋(※切り離した巣が入るサイズのもの)
  • 懐中電灯(※赤いセロハンなどで覆い、光の強さを抑えたもの)

これらの道具が手元に揃っていない場合は、自力で駆除しようとはしないでください。ハチ対策の防護服や殺虫剤、剪定バサミといった道具は、ネット通販などで購入することができます。必ず揃えてからにしましょう。

すべての準備が整ったら、駆除に取り掛かるのですが、時間帯は『夕方から夜間』を選んでください。できるだけ遅い時間帯のほうがよいです。

なぜなら、日中は巣の外にいることが多いアシナガバチは、夕方ごろになると順次、巣へと帰ってくるからです。つまり、夕方以降に駆除することで、働きバチから女王バチまで、一網打尽にできるでしょう。

ハチは強い光の刺激を受けると、たとえ夜間であっても、日中と勘違いして動きが活発になるおそれがあります。だからこそ懐中電灯には赤いセロハンなどで覆い、光を抑える必要があるのです。懐中電灯以外のものを光源にする場合も同様の対策を施してください。

駆除の手順

防護服と軍手をしっかりと着用し、そのほかの道具を不備なく準備することができたら、駆除を始めていきましょう。以下が手順になります。

1:できるだけ静かに巣へと近づく
音を聞くと、夜になりせっかく落ち着いていたハチが警戒するため、できるだけ静かに巣へ近づきましょう。殺虫剤の効果を最大限引き出すために、巣から2メートル以内には入ってください。

巣が高所にある場合は脚立などが必要です。運ぶ際に、音を立てないようにすることは難しいと思いますが、なるべく静かにおこないましょう。

2:殺虫剤を噴射してハチを駆除
十分な距離まで近づいたら、20秒から30秒間、スプレーを噴射してください。ちゃんと駆除できているのか不安という方は、満足できるまで噴射してもよいでしょう。

このとき、死んだハチは下へと落ちていくので、巣の真下で作業することはやめてください。噴射が済んだら、その場から一度離れましょう。数分後に戻り、ハチがいなければ駆除完了です。

駆除後の後始末

駆除が終わった後には、当然、後始末をしなければなりません。巣の真下に用意しておいた袋を広げて、剪定バサミなどを使い、巣を切り取ってください。このとき、根本からしっかり切除しましょう。

同じ袋に、地面に落ちたハチの死骸も一緒に入れて捨ててください。そして、ハチの死骸と巣を袋にまとめ終えたら、営巣してあった場所に殺虫剤をかけましょう。アシナガバチには、これまで生息していた巣がなくなると、同じ場所に再び営巣する性質があります。

そのため、万が一、その巣に生息していたハチを一度の駆除で完全に駆除できなかった場合、また同じ場所へ巣を作られてしまう危険性があります。殺虫剤を噴きかけておけば、殺しきれなかったハチがその場所へ巣を作ることはありません。

ハチ駆除で危険を感じたら無理をしない

ハチの駆除は難しい作業です。そのため、少しでも不安を抱かれた方は、すぐに作業を中断して、信頼のおける駆除業者に依頼しましょう。

ハチに襲われると、アナフィラキシーショックなどの症状がおき、命の危険にまで発展する可能性は高いです。そのため、できるだけ早く業者に依頼し、徹底的に駆除してもらうことで、安全な生活を取り戻してください。

キアシナガバチの駆除はハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

ハチ駆除のプロの業者は何をしてくれるの?

プロの業者に依頼する最大のメリットは、自分で駆除しなくてもよいため、危ない思いをせずにハチを駆除できることです。

そのほかにも、プロの業者に依頼するメリットはいくつかあるため、詳しいことは以下でご紹介いたします。さらに、駆除に必要な費用や、業者選びのポイント、依頼の手順についてもご紹介します。

プロに依頼するメリット

プロに依頼するメリット

プロの業者に依頼する最大のメリットは、先述しましたので繰り返しになりますが、やはり安心安全に駆除がおこなわれることです。プロの業者に任せてしまえば、自分は何も危ない思いをせずに、ハチを駆除することができます。

さらに、ハチがまた同じ場所に営巣しないよう、再発防止の方法もしっかりおこなってくれるところも、メリットです。自力で駆除する手順についてご紹介したところで、再発防止のために巣があった場所に殺虫剤を噴きかけておくべきだとお伝えしました。

対策としては正しいことなのですが、不慣れな人の作業では、処置が足りなかったという問題が発生する可能性も考えられます。しかし、プロの業者であれば、万全な再発防止策をおこなってくれるため、今後、不安になる必要がありません。

駆除にかかる費用

多くの駆除業者では、ハチの駆除にかかる費用を、ハチの種類で設定しています。アシナガバチの駆除の費用相場は、おおよそ6,500円~20,000円です。業者によって費用には差がでるため、必ず見積りをおこなうことをおすすめします。

業者の選び方が大切

業者選びには抑えておくべきポイントがあります。ここでは満たしておくべき最低限のポイントをご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

  • 豊富な実績がある
  • 見積り書がわかりやすい
  • 公式ホームページに必要な情報が明記されている
  • 24時間365日、困ったことがあればすぐに相談できる
  • トラブルがいつどこで発生しようが、迅速な対応をしてくれる
  • どのような作業をおこなうのか、事前にしっかりと説明してくれる
  • 作業について何か要望があったときには、必ずしっかりと話を聞いてくれる
  • 無料での現地調査と見積りをおこなっており、追加料金は請求しないと確約してくれる

以上が、優良な業者かどうかを見極めるためのポイントになります。しかし、ご紹介したものはあくまで基本中の基本です。

ほかにも自分なりの判断基準があるという人は、上記のポイントを満たしたうえで、その基準をクリアしている業者を必ず選ぶようにしてください。

依頼したときの流れ

最後に、当社(ハチ110番)を例に、業者への依頼手順をご紹介します。

  1. 24時間365日稼働しているコールセンターで、ハチトラブルの相談に対応いたします
  2. 当社に加盟しているプロのハチ駆除業者が、無料の現地調査とお見積りをおこないます
  3. 駆除内容やお見積り金額について、お客さまに検討していただきます
  4. ご依頼していただける場合、お客さまのご都合に合わせて、作業日を確定します
  5. 作業日当日、当社が手配するプロのハチ駆除業者によって、駆除がおこなわれます
  6. 作業が終わり次第、お客さまに結果を確認していただいて、代金を請求いたします

ご紹介した手順は、当社に依頼した場合の流れになりますが、作業手順に関しては特別なことをおこなっているわけではありません。ほかの業者であっても、よく似た手順で駆除作業をおこなっているはずです。

詳しく確認したいという場合は、当社のように、業者の多くが公式サイトを運営しているため、そこを閲覧するとよいでしょう。

当社では、アシナガバチの駆除を6,500円からおこなっています。24時間365日コールセンターが稼働しているため、早朝や深夜であっても、ハチに関するトラブルのご相談に対応が可能です。

さらに、当社には全国にある多くの優良なハチ駆除業者が加盟しているからこそ、ご依頼をいただければ、最短10分で現場まで駆け付け、迅速かつ最適な対応をいたします。

もしキアシナガバチに苦しめられているのでしたら、ぜひ一度、ご相談ください。

キアシナガバチの駆除はハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

ご利用シェアNo1の理由

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

ハチ駆除 依頼の多いエリア