危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.05更新

ツマアカスズメバチに要注意!生息域を広げる外来種|危険性を解説

ツマアカスズメバチの危険性

とてもおそろしい生物として知られているスズメバチ。その中でも、「ツマアカスズメバチ」は攻撃性が強い種類です。また、高所にも巣を作ることが特徴で、なんと高層マンションのベランダなどにも巣を作ることがあるのです。

今回は、そんなツマアカスズメバチの基本情報や、ハチの巣駆除業者の選び方などをご説明していきます。ツマアカスズメバチの巣を見つけてしまった方や、被害にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

ツマアカスズメバチの基本情報

ツマアカスズメバチの基本情報

まずはツマアカスズメバチの基本情報について見ていきましょう。「生息地」「生態」「ツマアカスズメバチの一生」の3つに分けてご説明していきます。

・生息地
原産地はインドネシア、ジャワ島で、現在はアジア全体に住んでいます。日本でも長崎県対馬市や福岡県北九州市で確認されています。

・生態
ツマアカスズメバチは全体的に黒っぽいですが、腹部の先端部分のみ赤褐色をしています。大きさは女王バチで3cm、働きバチで2cm~2.5cmで、在来種と比較すると若干小さめなようです。また、昆虫やミツバチをエサとしています。

・ツマアカスズメバチの一生
ツマアカスズメバチの活動時期は4月~11月。女王バチ以外は冬を越すことができないため、1年以上生きることができません。

春になると、冬眠から覚めた女王バチはたった1匹で巣がつくれそうな場所を探し、巣をつくります。巣ができたらそこに卵を産みます。卵から孵化した幼虫が成長し、続々と成虫のハチが誕生していくのです。

ちなみに、このときに孵化したハチは働きバチとなります。夏にはハチの被害が急増しますが、それは働きバチに遭遇する機会が増えるためでしょう。

また、9月になると繁殖期に入り、新しい女王バチと雄バチが産卵します。この時期は巣を守るためにハチの攻撃性が高まっていますから、とくに危険な時期です。巣には近づかないように注意しましょう。

【危険性】凶暴で攻撃性が高い

ツマアカスズメバチがおそろしいのは、非常に攻撃性が強く、一度狙いを定めたらしつこく攻撃してくること。ツマアカスズメバチに攻撃されると、激痛が走るばかりでなく、「アナフィラキシーショック」というアレルギー反応があらわれる場合もあります。

アレルギー反応があらわれると、嘔吐や呼吸困難、意識障害などの症状におそわれます。そして最悪の場合、死に至ることもあるのです。

【危険性】高所に巨大な巣をつくる

ツマアカスズメバチは、はじめは閉鎖的な空間に巣を作りますが、ハチの数が増えて巣の規模が大きくなってくると樹木の枝の先など、高所にも巣を作ります。

高所に巣をつくった場合は気づきにくいので、「誤って巣を刺激してしまって、大量のハチから攻撃された……」なんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、ハチの巣対策をすることをおすすめします。具体的な対策法については、以下でご説明します。

ツマアカスズメバチから身を守るには

まずは、キャンプや登山などのアウトドアをおこなうときの対策について見ていきましょう。

【巣が近くにないか注意する】
最もよい対策法としては、ハチの巣に近づかないことです。そのため、巣が近くにないかをよく確認しておきましょう。ツマアカスズメバチの場合は樹木の枝先などの高所に巣を作る習性があるので、とくに高所に気をつけてください。

ただ、ハチの種類によって巣を作る場所はさまざまなので、「高所だけに注意していればすべてのハチの攻撃から逃れられる」というわけでありません。

しかし、多くのハチの巣ができる場所を把握するのは難しいですよね。そこで、自分でできる対策として、以下の3つの方法を試してみてください。

1.黒いものの着用を避ける
ご存知の方も多いかもしれませんが、ハチは黒いものを敵だと判断する習性があります。そのため、なるべくアウトドアなどに行く際は黒いものの着用を避けましょう。

また、濃い色についても攻撃してくるおそれがありますから、同様に着用を避けてください。髪が黒色の方は帽子などで頭を覆い、なるべく黒い部分がないようにしましょう。

2.匂いの強いものを避ける
ハチは強い匂いに寄ってくる習性があります。香水、整髪料、化粧品などで匂いが強いものは避け、極力無臭のものを選んでください。

また、お菓子やジュースなどの甘い匂いにも反応しますから、持って行かない、リュックにしまうなど対策をしてください。

3.襲われそうになったらゆっくり後ずさり
万が一、誤って巣に近づいてしまってハチに襲われそうになってしまったら、ゆっくりと後ずさりをしてその場を離れてください。

ハチは攻撃対象と認識した敵をすぐに攻撃してくることはありません。「カチカチ」という音を出して威嚇したり、敵の周りを飛び回ったりします。

このときに巣から離れないと攻撃されてしまいますから、ゆっくりとその場を離れましょう。また、このとき大声を出したり激しい動きをしたりするとハチを刺激してしまいますから、ゆっくりと後ずさりをして去りましょう。

ハチの巣駆除は「安心」「安全」「確実」なプロにお任せ!

ツマアカスズメバチは、都会にも巣を作ります。そのため、マンションのベランダに巣を作られてしまうこともあり得るのです。もし家の敷地内に巣を作られてしまった場合、焦ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはご自身の安全を確保しましょう。

そして、ハチの巣駆除を業者に依頼してください。ハチ110番は全国に多くの加盟店があり、24時間365日いつでも電話受付いたします。到着スピードには自信がありますから、「ハチが怖いからとにかく早く来て!」という場合にはハチ110番までご連絡くださいませ。

ツマアカスズメバチの駆除・対策ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

プロに依頼するときの費用と業者の選び方

家のベランダなどに巣ができてしまった場合、自分で駆除しようとするとハチに襲われてしまうかもしれません。そのため、ハチの巣駆除は業者に依頼することをおすすめします。

しかし、ハチの巣駆除費用やサービスの質は業者によってかなり違いがあるのが現状です。そのため、優良業者に作業を依頼するには「費用」や「業者選びのポイント」についてしっかり理解しておくことが重要です。

そこで、この章では優良業者にハチ駆除を依頼するために、費用や業者の選び方についてご説明いたします。より納得して作業を依頼するためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

駆除の費用はどれくらいかかる?

駆除の費用はどれくらいかかる?

ハチの巣駆除は、1万円~3万円ほどの料金設定の業者が多いです。ただ、ハチの種類や巣の大きさ、巣の場所などのさまざまな要素によって値段が変わる場合もありますから、あくまでも参考程度としてとらえてください。

駆除にかかる費用の内訳

ハチの巣駆除の費用は巣の場所や使用する道具など、状況によって異なりますから、正確な料金を知るためには業者に見積りを依頼することが大切です。不当に高額な料金を請求してくる業者を避けるためにも、見積りは複数業者に依頼しましょう。

このとき、業者から提示された見積り書は総額だけではなく内訳まで確認してください。総額しか記載がない場合はどんなことにいくら費用がかかったのか確認することができず、不当に高額な料金を請求されてしまっても気づきにくいからです。

では、ハチの巣駆除費用はどのような内訳になっているのでしょうか。業者によって異なりますが、一般的な内訳は以下のとおりです。

  • 薬剤費(ハチ退治で使う薬)
  • 処分費(駆除したハチの巣の処分費など)
  • 作業費
  • 高所作業費(高所に巣がある場合)

これらの内訳を複数業者で比較して、高すぎる、あるいは安すぎる項目があれば、業者に確認しましょう。安心してハチの巣駆除を依頼するためにも、料金について疑問がある業者には依頼しないほうが無難です。

業者の選びかた

では、次に費用以外の業者の選び方について見ていきましょう。業者選びで注意すべきポイントを以下にまとめました。

  • 多くの作業実績がある
  • 駆除後もアフターフォローがある(戻りバチの駆除など)
  • すぐに対応してくれる(ハチは身の安全にかかわるため)
  • 見積りが明確でわかりやすい

まず、ホームページで作業実績を確認しましょう。作業実績が多い業者は経験が豊富ということなので、技術力の面で信頼できます。

また、アフターフォローがあるかもチェックしてください。巣の駆除をおこなっている間に出かけていて退治できなかったハチがいる場合があり、そのハチが巣のあった場所に再びもどってくることがあります。

そうしたハチを退治してもらうためにも、再発防止などのアフターフォローが充実している業者を選びましょう。

緊急事態には、すぐに駆除に駆けつけてくれる業者を選びましょう。ハチの巣駆除は緊急性が高い場合も多く、業者の対応が遅いとハチに襲われてしまうおそれもあります。

また、先ほどもご説明しましたが、見積りが明確でわかりやすいことも大切です。総額しか記載されていない業者は、何にいくら使っているのかわからないため高額な料金を請求されてしまうおそれがあります。

ハチ110番では、「作業実績」「アフターフォロー」「迅速な対応」「明瞭な見積り」のすべてに自信があります。ハチ110番では無料の電話相談をおこなっておりますから、「業者に依頼するか迷っている」という方もまずはご連絡くださいませ。

ツマアカスズメバチの駆除・対策ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

ツマアカスズメバチの危険性は人以外にも…

じつは、ツマアカスズメバチ被害は人だけにはとどまらず、ほかにも危険を及ぼすことがあるのです。

生態系への危険性

生態系への危険性

ツマアカスズメバチは昆虫を捕食するため、国内の昆虫が減少してしまいます。その影響で、ほかに昆虫をエサとしている生物が生きられなくなり、生態系が崩れてしまうおそれがあります。

また、ツマアカスズメバチは繁殖力が強いため、在来種よりも数が増えてしまった結果、生態系が崩れてしまうこともあるのです。

農作物への危険性

ツマアカスズメバチはなんと農作物へ被害を及ぼすこともあります。それは、ミツバチを捕食することと関係しています。

果物や野菜は受粉にミツバチを利用しているものも多いので、ミツバチがいなくなることで果物や野菜が育たなくなってしまうのです。

また、ミツバチがいなくなってしまうとはちみつを取ることができなくなってしまいますから、なんの対策もせずにツマアカスズメバチの被害が進行していくと、将来はちみつを食べることができなくなってしまうかもしれないのです。

ハチは最強!駆除ならプロにお任せしましょう

ここまでで、ツマアカスズメバチが多くの被害をもたらすことがお分かりいただけたのではないでしょうか。多くの被害をもたらすツマアカスズメバチの対策をおこなっている自治体もあるようです。

ただ、ツマアカスズメバチ被害を減少させるためには、家の敷地内で巣を見つけた際にすぐに駆除することも重要です。

ツマアカスズメバチは繁殖力が強く、巣を放置するとどんどん増加していきます。なるべく被害を減少させるためにも、家の敷地内で巣を見つけた場合は早急に業者に駆除を依頼しましょう。

ハチ110番では、早急に対応することが可能です。平日だけではなく休日でも駆除をおこないます。また、再発防止もおこなっていますから、「ハチ被害が再発した!」なんて心配もいりません。

ハチの巣駆除にお悩みの方は、ぜひハチ110番にご連絡くださいませ。

ツマアカスズメバチの駆除・対策ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

ご利用シェアNo1の理由

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

ハチ駆除 依頼の多いエリア