危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.10更新

キイロスズメバチの攻撃性とその生態。安全にハチの巣を駆除する方法

キイロスズメバチってどんなハチ?

日常生活のなかで見かけるハチにもさまざまな種類がありますが、スズメバチはそのなかでもとくに危険な種類です。とても強い毒を持っているうえ、とても攻撃的な性格をしており、巣も大きくなりやすいからです。

スズメバチのなかでもキイロスズメバチはとくに、民家の軒先に巣を作りやすい習性があり、人間の生活圏に入り込みやすいのが特徴です。性格もとても凶暴で、刺傷事故が一番多い種類です。

キイロスズメバチをどのように見分けるか、どのような習性を持っているかについて、詳しく見ていきましょう。身近にハチの巣があるという方は、それがキイロスズメバチのものかどうか、見極める指針にしてみてください。

キイロスズメバチの見分け方

キイロスズメバチの見分け方

キイロスズメバチはその名のとおりスズメバチの一種で、ほかのスズメバチと同じく、太い腹部と大きな顎を持っています。そんなスズメバチのなかで、キイロスズメバチの見極めるポイントは、つぎのとおりです。

大きさ

スズメバチはミツバチなどに比べると大型ですが、キイロスズメバチはスズメバチのなかでは小ぶりな種類です。

スズメバチのなかでも、とくに大型であるオオスズメバチは働きバチの体長が30~40ミリメートルほどですが、キイロスズメバチの働きバチは17~24ミリメートルほどです。

ハチといえば黒と黄色の縞模様を連想する方も多いと思いますが、キイロスズメバチはスズメバチのなかでもとくに黄色みが強い種類です。強い黄色やオレンジ色をしたスズメバチは、キイロスズメバチである可能性が高いです。

キイロスズメバチの巣は巨大

巣を作りやすい場所

キイロスズメバチは、まだ群れが小さいうちは、樹にあいた穴や民家の床下、屋根裏などの閉鎖的な場所に巣を作ります。しかし、ハチの数が増えると、大きな巣を作りやすい開放的な場所に引越しをします。民家の軒先や、樹の上などを好みます。

大きさ

キイロスズメバチの巣はスズメバチの仲間のなかでも最大級で、まだら模様のボールのような見た目をしています。巣のなかにいるたくさんの働きバチが一斉に巣作りをするので、短期間でとても大きな巣になることがあります。

特徴

キイロスズメバチは巣のなかにいるハチの数が多いという特徴があります。もともと繁殖力が強いうえ、天敵のオオスズメバチが近くにいない都市部で暮らすことができるため、寿命以外で数が減ることがないのです。

キイロスズメバチの習性

活動期間

キイロスズメバチの活動期間は3~11月ごろです。アシナガバチの活動期間が4~9月ごろなのに比べると、とても長いことがわかります。

好きな食べ物

キイロスズメバチは、ほかの昆虫やクモを捕まえて肉団子にし、これを巣のなかの幼虫に餌として与えます。成虫のスズメバチの食べ物は、幼虫が出すタンパク質入りの栄養液です。エサをくれる幼虫が育っていないうちは、樹液や花の蜜を食べたり、ミツバチの巣を襲ってエサにすることもあります。あまりにもエサが少なくなったときには、自分の巣の幼虫を食べてしまうこともあります。

好む環境

キイロスズメバチが好むのは、雨風の影響がなく、エサが近くにある場所です。巣が小さいうちは狭くて目立たない場所を好みますが、巣が大きくなると民家の軒下やベランダなどのひらけた場所に巣を作りやすくなります。

攻撃する色

キイロスズメバチをはじめとする多くのハチは、黒い色に強い反応を示し、攻撃しようとします。理由は「天敵である熊の体の色だから」「多くの動物にとって急所となる目を狙うため」などさまざまな説があります。

また、キイロスズメバチは色を白黒で認識するので、黒に近い濃度の茶色・青色・赤色・紫色などは黒に見えるため、襲われやすくなります。日本人の髪の毛は黒っぽい色が多いので、ハチが近くにいるおそれがあるときは、白い帽子をかぶるなどして十分に注意しておきましょう。

寄せ付けてしまうニオイ

ハチを寄せ付けてしまうニオイには、香水やジュースの香りがあります。ハチの嗅覚はするどく、遠くにある花の香りや、仲間が出すフェロモンなどを嗅ぎ分けることができます。そんなハチにとっては、香水やジュースの香りはなにかの情報の発信源のように思われてしまうのです。

ジュースはエサの香りとしてハチを呼び寄せ、香水や制汗スプレー、アルコール、柔軟剤や芳香剤の香りは、ハチを刺激して攻撃的にしてしまうことがあります。

攻撃性が強い!退治はプロに任せましょう

キイロスズメバチの攻撃

キイロスズメバチはとても攻撃性が高いハチです。キイロスズメバチに敵として認識されると、つぎのような被害を受けることになります。

毒液を飛ばして仲間を呼ぶ

キイロスズメバチは敵を認識すると、仲間を呼びます。対象を敵だと認識すると、警戒フェロモンと呼ばれる物質が含まれた毒を敵に向かって噴射し、そのフェロモンに反応して、仲間のハチが敵のもとへと集まってくるのです。

何度も刺す

キイロスズメバチは、一度敵を針で刺しても死にません。敵を刺すと死んでしまうのは、毒針と内臓がくっついているミツバチです。ミツバチは一度針を刺すと、針の先を敵の体内に残します。このとき、内臓も一緒にひきちぎれてしまうので、ミツバチは一度敵を刺すと死ぬ運命にあります。しかし、キイロスズメバチは自分の身体を傷つけずに針を敵の体から抜くことができるので、敵を何度も刺すことができるのです。

巣に近づくものを攻撃

キイロスズメバチは攻撃性がとても高いハチです。うっかり巣に近づいただけでも襲われることがあります。敵とみなされたら最後、毒を吹きかけられ、キイロスズメバチの集団に襲われかねません。スズメバチの仲間の持つ毒はハチのなかでもとくに強く危険なので、決して自分で駆除に挑戦しないようにしましょう。ハチの巣の駆除は業者に依頼するのがベストです。

キイロスズメバチの駆除ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

キイロスズメバチへの対処法

キイロスズメバチへの対処法をご紹介します。キイロスズメバチを近くで発見したらどうしたらよいのか、家に入ってこないようにする方法など、詳しく見ていきましょう。

キイロスズメバチ都市部に進出?

キイロスズメバチ都市部に進出?

キイロスズメバチは、スズメバチのなかでもとくに都市部に多いハチです。人間と生活圏が近いので、刺傷事故がとても多い種類です。

都市部にキイロスズメバチが進出している理由には、エサとなる虫が都市部にも生息していることと、民家の軒先や庭木など、巣を作りやすい場所があることの2点が挙げられます。また、キイロスズメバチの天敵であるオオスズメバチは、大きな木の根元などに巣を作るので、大木の少ない都市部からは減少傾向にあります。天敵がいないことも、キイロスズメバチが都市部に進出する原因となっているようです。

刺されないようにするには

キイロスズメバチに刺されないためには、まず、巣に絶対に近づかないことが大切です。たとえ巣の姿が見えなくても、ハチが何匹も飛んでいるときには、近くに巣があることが多いので注意しましょう。また、黒い服装をしていたり、帽子をかぶっていなかったりすると、服や髪を黒色と認識したハチに襲われるおそれがあります。ハチの被害が急増する8~9月はとくに気をつけましょう。

家の中にいたら

家のなかでハチを発見したときは、落ち着いて部屋のなかを暗くし、窓を開けましょう。ハチは明るい場所へ移動する習性があるので、光のあるほうへ誘導されます。昼間はカーテンの片側だけを閉めておくと、ハチが明るいほうへ向かい外へ出ていきます。

室内でハチを見つけると、つい殺虫スプレーを使いがちですが、相手がキイロスズメバチである場合は使用しないほうがよいでしょう。キイロスズメバチは攻撃性がとても高いので、スプレーを噴射するとかえってハチを刺激し、刺されてしまうおそれもあるからです。

侵入を防ぐ方法

家のなかにハチを入り込ませないようにするためには、侵入経路を塞ぐことと、ハチにその場所を気に入られないようにする必要があります。

網戸や換気口、通気口、エアコン室外機のパイプなどから入り込むことがあるので、それぞれ隙間や穴がないか確認して、ハチの侵入経路を塞いでおきましょう。それから、洗濯物にハチがくっついていることに気づかずに取り込んでしまうこともあるので、よく点検して取り込みましょう。

ハチが嫌がるハッカや木酢液を週に1度、家の周辺に撒くのもおすすめです。それとは真逆に、甘い香りの花や洗剤・柔軟剤などはかえってハチを寄せ付けてしまうことがあるので、注意しましょう。

プロはどんな作業をするの?

ハチ駆除のプロは、万全の装備で駆除作業をおこないます。全身を防護服で覆い、専用の薬剤を散布します。高いところにある巣も駆除できるよう、専用の道具を使うこともあります。ハチの巣を取ったら終わりではなく、二度とハチが戻ってこないようにするために薬剤を散布したり、死んだハチやハチの巣の処分したりして再発防止に努めます。

特殊な道具や薬剤を使うだけでなく、ハチとの間合いをうまく詰めて安全に駆除にあたるのは、プロのハチ駆除業者でなければ難しいでしょう。キイロスズメバチの巣は放っておくとすぐに大きくなってしまうので、巣を見つけたら、被害が出る前にプロの業者に相談しましょう。

キイロスズメバチの駆除ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

業者を選ぶときのポイント

ここからは、キイロスズメバチの駆除業者を賢く選ぶためのポイントをお教えします。ポイントをしっかりおさえて、自分に最適な業者を見つけてみましょう。

業者選びではここに注目!

業者選びではここに注目!

対応が早い

キイロスズメバチは巣のなかにいる働きバチの数が多く、少し放っておいただけでも大きな巣になっていることもあるので、駆除はなるべく早いほうがよいです。また、キイロスズメバチは攻撃性の高いハチでもあるので、放置した分だけ刺されるリスクが多くなります。一刻も早く駆除してしまいましょう。スピード対応がウリの業者を選べば、すぐに安全な生活に戻ることができます。

明朗会計(見積りがわかりやすい・追加料金なし)

ハチの駆除は、ご依頼1件ごとの施工の難易度や業者の移動距離によって金額が変わるので、相場が定まりにくいという特徴があります。多くの業者は契約前に見積りをとっていますが、なかには、契約したあとから追加料金が発生する業者もあります。

契約後に追加料金が発生しない、クリアな料金システムを採用している業者に依頼をすると安心です。

HP、口コミが良い

業者を選ぶときには、ホームページや口コミの評価を見てみましょう。ホームページに顧客満足度などの評価がのっていたり、実際にお客様の満足のお声を掲載したりしている業者は、より信頼できる業者です。口コミや実績の多さも調べてみましょう。

わかりやすく丁寧な説明

依頼者との関係を大切にしようとしている業者は、電話や対面での対応が丁寧で、不明な点をわかりやすく説明してくれます。依頼者の要望をしっかり聞いて、最大限に寄り添おうとしてくれる業者を選ぶとよいでしょう。

アフターケアがしっかりしている

ハチの巣は、どれだけしっかりと駆除しても、再発してしまうことがあります。ハチは巣を失っても、元いた場所にふたたび巣を作ることがあるからです。そのような場合をふまえて、アフターケアのサービスがある業者に依頼しておくと、施工後も安心できます。

ハチの巣駆除・費用相場

スズメバチの巣を駆除する費用の相場は、25,000円程度です。危険なハチであるうえ、民家の軒先や木の上など高所に巣が作られやすく、駆除しにくいため、高めの値段になることが多いです。

費用を安く抑える方法

ただでさえ高くなりがちなスズメバチの巣の駆除。費用を安く抑えるためには、自分が住んでいる地域の業者を選ぶことが大切です。

ハチの駆除費用のなかには、業者が拠点から依頼現場までかけつけたときの移動料金や交通費が含まれています。現場から遠いところの業者を呼べばそれだけ費用が高くなるということです。

また、巣が小さいうちに駆除をするのも、費用を安くする方法のひとつです。キイロスズメバチの巣は放っておくと巨大になり、ハチの数も増えます。巣が大きいぶん業者にとっての危険と手間が増え、費用が高くなります。規模の小さいうちに巣を撤去することで、安い値段でハチ駆除をおこなうことができます。

ハチの巣は放っておいても小さくなるものではありません。それどころか、なかにいるハチの数も、巣の大きさもどんどん増します。危険が大きくなる前に、お得に巣を撤去してもらいましょう。自分でハチを駆除するのはとても危険ですので、一度、業者に相談してみてはいかがでしょうか。

ハチ110番には、多くのハチ駆除業者が加盟しています。多くの加盟店の中から、危険なキイロスズメバチの巣の撤去も、リーズナブルな価格でおこなえる業者を紹介することができます。安心・安全に、適正な価格でハチの巣駆除をしたいという方は、ぜひ弊社にお電話ください。

キイロスズメバチの駆除ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

危険なハチ被害を迅速に解決!

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ 無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内 無料現地調査のご案内