2019.06.10更新

キイロスズメバチの攻撃性とその生態。安全にハチの巣を駆除する方法

キイロスズメバチの見分け方

キイロスズメバチを見かけたときは、近づかない・刺激しないことがとても大切です。毎年多くの被害を出すオオスズメバチと同等の攻撃性を持ち、大変危険なスズメバチの1種になります。

近年では、オオスズメバチの被害件数を上回っており、スズメバチのなかでもっとも危険であるといっても過言ではありません。そのため、もしキイロスズメバチの個体や巣を発見したときには、いち早く業者に依頼して駆除してもらうのが何よりの対処法となるでしょう。

この記事では、攻撃的で危険なキイロスズメバチがどんなスズメバチであるのか、遭遇してしまったときの対処法、その後の駆除方法まで詳しくご紹介していきます。被害の増える夏前にキイロスズメバチの知識を身につけ、もしものときのために正しい対処法を確認しておきましょう。

キイロスズメバチってどんな蜂?

日常生活のなかで見かける蜂には、スズメバチだけでなくアシナガバチやミツバチなど、さまざまな蜂の種類がいます。この3種のなかでもっとも危険とされるのがスズメバチです。

危険なスズメバチのなかでもキイロスズメバチはとくに危険な種類で、とても強い毒を持っている、攻撃的な性格をしています。

また、キイロスズメバチはとくに民家の軒先に巣を作りやすい習性があり、人間の生活圏に入り込みやすいのが特徴です。性格もとても凶暴で、刺傷事故が一番多い種類となっています。

そこで、キイロスズメバチをどのように見分けるか、どのような習性を持っているかについて、詳しく見ていきましょう。身近に蜂の巣があるという方は、それがキイロスズメバチのものかどうか、見極める参考にしてみてください。

生態

キイロスズメバチ
大きさ 女王蜂:25~28mm
働き蜂:18~24mm
見た目・色 頭部:黄色
胸部:黒と黄色
腹部:濃褐色(こげ茶色)と黄色の縞模様
・全体的に黄色味が強い
・スズメバチのなかでは小型
活動時期 ・5~11月
・9~10月に個体数が最大になる
攻撃性 非常に高い
亜種
※遺伝子的には同じだが異なった特徴を持つ
ケブカスズメバチ

大きさ

オオスズメバチと同等の攻撃性を持つ危険なキイロスズメバチですが、日本に生息するスズメバチのなかでもっとも小型の種になります。オオスズメバチの働き蜂の大きさが27~40mmなのに対して、キイロスズメバチの働き蜂は18~24mmです。

見た目・色

蜂といえば黒と黄色の縞模様を連想する方も多いと思いますが、キイロスズメバチはスズメバチのなかでもとくに黄色みが強い種類になります。強い黄色やオレンジ色をしたスズメバチは、キイロスズメバチである可能性が高いです。

活動期間

キイロスズメバチの活動時期は、5~11月とされており、9~10月にかけて個体数が最大になります。個体数の増える夏から秋前にかけて、刺されないようとくに注意が必要です。

攻撃性

スズメバチのなかでも攻撃的で、被害件数が増加傾向にあります。巣の近くを通っただけで攻撃してくることもあり、一度刺激を与えるとさらに攻撃的になるようです。

巣の特徴

スズメバチは夏から秋がとくに危険!その理由とは?

キイロスズメバチの巣の特徴
大きさ 30~80cm
育房数 6,000~8,000
蜂の個体数 数百~数千匹

巣を作りやすい場所

キイロスズメバチは、群れが小さいうちは、樹に空いた穴や民家の床下、屋根裏などの閉鎖的な場所に巣を作ります。しかし、蜂の個体数が増えると、開放的な場所に引っ越しをするという習性があるのです。引っ越し先としては、民家の軒先や樹の上などを好みます。

大きさ

キイロスズメバチの巣は、スズメバチの仲間のなかでも最大級で、まだら模様のボールのような見た目をしています。巣のなかにいるたくさんの働き蜂が一斉に巣作りをするので、短期間でとても大きな巣になることがあるようです。

特徴

キイロスズメバチは、巣のなかにいる蜂の数が多いという特徴があります。もともと繁殖力が強いうえ、天敵のオオスズメバチが近くにいない都市部で暮らすことができるため、寿命以外で数が減ることがありません。これも個体数が多くなる要因となっているようです。

習性

好きな食べ物

キイロスズメバチは、ほかの昆虫やクモを捕まえて肉団子にし、これを巣のなかの幼虫に餌として与えます。成虫のキイロスズメバチの食べ物は、幼虫が出すタンパク質入りの栄養液です。

また、樹液や花の蜜を食べたり、ミツバチの巣を襲ってエサにすることもあります。あまりにもエサが少なくなったときには、自分の巣の幼虫を食べてしまうこともあるようです。

好む環境

キイロスズメバチが好むのは、雨風の影響がなく、エサが近くにある環境です。巣が小さいうちは狭くて目立たない場所を好みますが、巣が大きくなると民家の軒下やベランダなどのひらけた場所に巣を作りやすくなります。

攻撃する色

キイロスズメバチをはじめとする多くの蜂は、黒い色に強い反応を示し、攻撃しようとします。理由は「天敵である熊の体の色だから」「多くの動物にとって急所となる目を狙うため」など、さまざまな説があるようです。

また、キイロスズメバチは色を白黒で認識しており、黒に近い濃度の茶色・青色・赤色・紫色などは黒に見えています。そのため、黒っぽい色を身に付けていると、蜂に襲われやすくなるようです。

日本人の髪の毛は黒っぽい色が多いので、蜂が近くにいるおそれがあるときは、白い帽子をかぶるなどして十分に注意しておきましょう。

寄せ付けてしまうニオイ

蜂を寄せ付けてしまうニオイには、香水やジュースの香りがあります。蜂の嗅覚はするどく、遠くにある花の香りや仲間が出すフェロモンなどを嗅ぎ分けることができるようです。

甘いニオイのするジュースはエサの香りとして蜂を呼び寄せ、香水や制汗スプレー、アルコール、柔軟剤や芳香剤の香りは、蜂を刺激して攻撃的にしてしまうことがあります。

オオスズメバチとの違い

キイロスズメバチは、スズメバチのなかでもとくに都市部に多い蜂です。人間と生活圏が近いので、刺傷事故がとても多い種類です。都市部にキイロスズメバチが進出している理由には、以下の2点があげられます。

・エサとなる虫が都市部にも生息している
・民家の軒先や庭木など巣を作りやすい場所が多くある

一方でオオスズメバチは、大きな木の根元や地中など、自然の多い場所に巣を作る傾向があり、都市部からは減少傾向にあります。ちなみに、キイロスズメバチに似ているスズメバチとしては、同じような適応能力を持つコガタスズメバチに注意が必要です。

攻撃性が強い!退治はプロに任せましょう

キイロスズメバチはとても攻撃性が高い蜂です。キイロスズメバチに敵として認識されると、次のような被害を受けることになります。

毒液を飛ばして仲間を呼ぶ

キイロスズメバチは敵を認識すると、仲間を呼びます。対象を敵だと認識すると、警戒フェロモンと呼ばれる物質が含まれた毒を敵に向かって噴射し、そのフェロモンに反応して、仲間の蜂が敵のもとへと集まってくるのです。

何度も刺す

キイロスズメバチは、一度敵を針で刺しても死にません。敵を刺すと死んでしまうのは、毒針と内臓がくっついているミツバチです。ミツバチは一度針を刺すと、針の先を敵の体内に残します。

このとき、内臓も一緒にひきちぎれてしまうので、ミツバチは一度敵を刺すと死ぬ運命にあります。しかし、キイロスズメバチは自分の身体を傷つけずに針を敵の体から抜くことができるので、敵を何度も刺すことができるのです。

巣に近づくものを攻撃

キイロスズメバチは攻撃性がとても高い蜂です。うっかり巣に近づいただけでも襲われることがあります。敵とみなされたら最後、毒を吹きかけられ、キイロスズメバチの集団に襲われかねません。

スズメバチの仲間の持つ毒は蜂のなかでもとくに強く危険なので、決して自分で駆除に挑戦しないようにしましょう。蜂の巣の駆除は業者に依頼するのがベストな選択です。もしキイロスズメバチの巣を発見したときには、ぜひ弊社までご相談ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

攻撃的なキイロスズメバチへの対処法

個体数が最大になる9~10月には、キイロスズメバチに遭遇する可能性も高まります。そのため、もしもに備えてキイロスズメバチへの対処法を知っておきましょう。

・もし遭遇したら
・もし家の中にいたら
・もし巣を発見したら

上記3つの状況を想定して対処法をご紹介していきます。あらかじめ対処法を知っておくことで、攻撃されることなくその場を抜け出すことができるかもしれません。

もし遭遇したら

もし市街地や公園などでキイロスズメバチに遭遇してしまったときは、姿勢を低くして、ゆっくりその場から遠ざかりましょう。10m以上は離れるようにすると安心です。

突然の遭遇に驚いてしまうかもしれませんが、大声を出したり、暴れたりはしないようにしてください。これらの刺激によってキイロスズメバチが襲ってくるおそれがあります。とにかく刺激を与えないで、静かにその場を離れることが大切です。

もし家の中にいたら

家のなかで蜂を発見したときは、落ち着いて部屋のなかを暗くし、窓を開けましょう。蜂は明るい場所へ移動する習性があるので、光のあるほうへ誘導することで、外に追い出すことはできます。

昼間の時間帯であれば、カーテンの片側だけを閉めておくと蜂が明るいほうへ向かい、外へ出ていってくれるようです。

室内で蜂を見つけると、つい殺虫スプレーを使いがちですが、相手がキイロスズメバチである場合は使用しないほうがよいでしょう。キイロスズメバチは攻撃性がとても高いので、スプレーを噴射するとかえって刺激し、刺されてしまうおそれもあるのです。

もし巣を発見したら

もしキイロスズメバチの巣を発見したら、以下のいずれかの方法で速やかに駆除することをおすすめします。

自分で駆除する
キイロスズメバチだけでなく蜂全般にいえることですが、蜂駆除は基本的に業者に任せるのが正しい選択だと思います。「巣の状況によっては自分で駆除することもできる」という認識を持って、自分で駆除するかどうかを判断してください。

自治体に連絡する
自治体に連絡することでスズメバチ駆除の相談に対して、以下の3つの対応をしてくれるようです。

・無料で駆除してくれる(ほとんどが委託)
・業者を紹介して費用を一部補助してくれる
・業者を紹介してくれる

どの対応をしてくれるのかは自治体によって異なります。そのため、必ずしも安く駆除依頼できるわけではありませんが、まずはお住まいの地域の自治体がどういった対応をしてくれるのか確認してみるとよいでしょう。

業者に依頼する
もしキイロスズメバチの巣を発見したときは、業者に依頼して駆除するのが、もっともおすすめな選択です。業者であれば、蜂駆除の知識や経験が豊富にあるため、安心・安全にキイロスズメバチの巣を駆除してくれることでしょう。

また、キイロスズメバチが大量にいるような大きな巣であっても、近隣に配慮した蜂の巣駆除をおこなってくれます。危険なキイロスズメバチを駆除するときは、安全を第一に考えて業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

弊社では、全国にある蜂の巣駆除業者のご紹介をおこなっています。どういったことでお困りなのかをお聞きし、問題解決に適した業者をご紹介させていただきます。24時間365日いつでも無料で受け付け対応していますので、もしもの際にはぜひご相談ください。

キイロスズメバチに刺されてしまったら?

キイロスズメバチなど強力な蜂毒を持つスズメバチに刺されてしまったときは、早急に適した対処をする必要があります。なかには症状がないからといって、そのまま放置してしまう方もいるかもしれません。

しかし、刺されて時間がたってから症状が出ることもあり、最悪の場合、命を落とす危険性すらあるのです。とくにキイロスズメバチは市街地に営巣していることも多いため、もしもに備えて刺されたときの正しい対処法についても確認しておきましょう。

応急処置をおこなう

危険

キイロスズメバチなどの蜂に刺されたときは、なるべく早く応急処置をおこないましょう。どんな蜂も少なからず毒を持っているため、自覚症状がないとしても、なるべく早く応急処置を施すのが望ましいです。

蜂に刺されたときの応急処置については、以下の手順を参考にしてください。

蜂に刺されたときの対応
1) 蜂に刺されたらその場から数十メートル離れてください。
遠足や戸外活動中など巣が近くにある可能性があるときは速やかにその場から離れることが大切です。多数の蜂からの攻撃を避けます。

2) 刺された傷口を流水でよく洗いながし、毒液を絞り出すようにします。
蜂毒は水に溶けやすいので流水にさらすと毒を薄める効果が期待できます。
「毒液を口で吸いだす」のは、口の中に傷があると傷口から体内に毒液が入り危険です。

3) 蜂の針が残っている場合は、毒液を再注入しないようにそっと抜きます。
刺されたところに蜂の針が残されていると蜂の針の根元に毒嚢があって、体内に毒が入ってしまうので、できるだけ早く抜くことが望ましいのですがつまむと毒液を注入してしまうことになるので、毛抜きで抜くか、指などで弾き飛ばす(横に払って落とす)ようにします。

4) 局所の疼痛に関しては、水か氷で冷やします。

5) 以上の処置を施しながら、アナフィラキシー症状の出現の有無を注意深く観察する。
アナフィラキシー症状は刺された直後(早いときは数分)から1時間以内に何らかの症状が出てきます。速やかに医療機関を受診してください。(救急搬送も考慮必要です)

6) 過去に蜂に刺された既往があり、アナフィラキシー対応時のエピペン処方受けている場合は指示に従い、エピペンを速やかに使用してください。
蜂に対してのエピペン処方について、一度蜂に刺されたからといってその次に必ずひどい症状になると決まってはいない。蜂毒に対する抗体(IgERAST)の有無を確認してから処方することが望ましい。ミツバチ、スズメバチ、アシナガバチの特異的IgEを検査することができます。

7) アナフィラキシー症状が出て救急車到着を待つまでは仰向けに寝かせ、足を持ち上げる。重症時はできるだけ移動させない。特に背負うなど頭を高くした状態での移動は避ける。

※引用:公益社団法人 射水市医師会「ハチに刺された時の対応

上記の手順に出てくる“アナフィラキシー”は、蜂毒によって起きる急性のアレルギー症状のことをいいます。アナフィラキシーのおもな症状としては、全身のじんましん・嘔吐・呼吸困難などがあげられます。

蜂に刺されたときの症状としてよく聞く“アナフィラキシーショック”は、意識障害や血圧低下といったアナフィラキシー症状が起きた状態のことです。

症状が出るまでの時間は人によって異なるようですが、多くのケースで15分以内に症状が出るとされています。そのため、できるだけ早い対処が必要になるのです。

必ず病院で診察を受ける

キイロスズメバチに限らず蜂に刺されたときは、必ず病院で診察を受けるようにしてください。蜂に刺されてから15分ほどで症状が出る人が多いようですが、個人差があり、症状がないからといって決して安心できるものではありません。

なかには「アナフィラキシーの症状が出はじめて、15分ほどで心停止してしまった」といった事例が報告されているほどです。こういった最悪の事態を避けるためにも、まずは適切な応急処置をおこない、そのあとはできるだけ早く病院へ行くようにしましょう。

蜂被害を回避するために必要な3つのこと

キイロスズメバチなどの危険な蜂に遭遇してしまったときの対処法も大切ですが、遭遇しないための回避方法も同じくらい大切です。蜂に刺されるといった被害を回避するために、以下の3つのポイントにも気を付けてみてください。

・蜂を近寄らせない・侵入させない対策
・服装や匂いに注意する
・巣が大きくなる前に駆除する

蜂を近寄らせない・侵入させない対策

屋外に巣がある【庭木や軒下】

家のなかに蜂を入り込ませないようにするためには、侵入経路を塞ぐことと、蜂にその場所を気に入られないようにする必要があります。網戸・換気口・通気口などから入り込むことがあるので、それぞれ隙間や穴がないか確認して、蜂の侵入経路を塞いでおきましょう。

また、洗濯物に蜂がくっついていることに気づかず取り込んでしまうこともあるので、蜂の数が多くなる夏の時期はよく点検して取り込むと安心です。

蜂が嫌がるハッカや木酢液を週に一度、家の周辺に撒くのもおすすめです。それとは真逆に、甘い香りの花や洗剤・柔軟剤などはかえって蜂を寄せ付けてしまうことがあるので、使用する匂いは注意しましょう。

服装や匂いに注意する

蜂に刺されないためには、巣に絶対に近づかないことが大切です。たとえ巣の姿が見えなくても、蜂が何匹も飛んでいるときには、近くに巣があることが多いので注意しましょう。

また、黒い服装を着用していたり、帽子をかぶっていなかったりすると、服や髪を黒色と認識した蜂に襲われるおそれがあります。蜂が黒色に対して攻撃的になるのは、熊などの天敵と同じ色をしていることが理由とされているようです。蜂の被害が急増する8~9月はとくに気をつけましょう。

先ほども説明したように、甘い香りや花の匂いの柔軟剤などは、蜂を寄せ付けてしまうおそれがあります。そのため、夏の時期のハイキングなど自然の多い場所に出かけるときには、蜂の好きな匂いを使わないようにするのが安全です。

巣が大きくなる前に駆除する

スズメバチは基本的に新しい女王蜂だけが冬を越して、活動できる気温になった頃、新しい巣を作り始めます。初期のスズメバチの巣は女王蜂しかおらず、単独で巣作りをしているのです。その後、巣が大きくなるにつれて働き蜂が増え、一気に巣が拡大していきます。

そのため、女王蜂が単独で巣作りしている初期のうちに駆除してしまうことで、被害を回避することにつながるのです。ただ、女王蜂も毒針を持つ蜂で、刺激を与えればもちろん攻撃してきます。このことは、くれぐれも覚えておいてください。

また、このような“女王蜂しかいない”“数匹の働き蜂しかいない”ような巣であれば、自力で駆除することも可能です。しかし、刺されるリスクがあることに変わりはないため、初期の巣であっても安全を第一に考えて業者に依頼するのがよいでしょう。

弊社では、初期の蜂の巣駆除を請け負っている業者のご紹介も可能です。24時間365日いつでも気軽にご相談ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

蜂駆除は業者に任せるのが安心・安全

ここからは、キイロスズメバチの駆除業者を賢く選ぶためのポイントをお伝えしていきます。ポイントをしっかりおさえて、自分に最適な業者を見つけてみましょう。

業者を選ぶときのポイント

ポイント【1】アフターフォローの充実性

蜂駆除業者を選ぶときは、以下の5つのポイントを確認してみてください。これらを事前に確認しておくことで、満足できる依頼ができることでしょう。

5つのポイント
・対応が早い
・明朗会計(見積りがわかりやすい・追加料金なし)
・HP、口コミがよい
・わかりやすく丁寧な説明
・アフターケアがしっかりしている

対応が早い
キイロスズメバチは巣のなかにいる働き蜂の数が多く、少し放っておいただけでも大きな巣になっていることもあるので、駆除はなるべく早いほうがよいです。

また、キイロスズメバチは攻撃性の高い蜂でもあるので、放置した分だけ刺されるリスクが多くなります。一刻も早く駆除してしまいましょう。スピード対応がウリの業者を選べば、すぐに安全な生活に戻ることができるでしょう。

明朗会計(見積りがわかりやすい・追加料金なし)
蜂駆除は、ご依頼1件ごとの施工の難易度や業者の移動距離によって金額が変わるので、相場が定まりにくいという特徴があります。多くの業者は契約前に見積りをとっていますが、なかには契約したあとから追加料金が発生する場合もあります。

そのため、「契約後に追加料金が発生しない」「クリアな料金システムを採用している」業者に依頼をすると安心です。

HP、口コミが良い
業者を選ぶときには、ホームページや口コミの評価も見てみましょう。ホームページに顧客満足度などの評価がのっていたり、実際にお客様の満足のお声を掲載していたりすれば、どういった業者かを知ることができます。口コミや実績の多さも調べてみましょう。

ただ、口コミは誰でも書き込みができてしまうため、すべての情報を鵜呑みにするのはあまりおすすめできません。あくまでも参考程度に考えて、どんな業者かを判断するのがよいでしょう。

わかりやすく丁寧な説明
依頼者との関係を大切にしようとしている業者は、電話や対面での対応が丁寧で、不明な点をわかりやすく説明してくれます。依頼者の要望をしっかり聞いて、最大限に寄り添おうとしてくれるようであれば、信頼できる業者と判断することができます。

アフターケアがしっかりしている
蜂の巣は、どれだけしっかりと駆除しても、再発してしまうことがあります。蜂は巣を失っても、元いた場所にふたたび巣を作ることがあるからです。そのような場合をふまえて、アフターケアのサービスがある業者に依頼しておくと、施工後も安心できます。

スズメバチ駆除にかかる費用相場

スズメバチ駆除にかかる費用相場は、弊社が調べた10社を平均したところ「スズメバチの巣1個につき13,230円」でした。ただ、スズメバチ駆除にかかる料金は、さまざまな要素で大きく変動するものです。

そのため、ここで紹介する相場はひとつの目安として考え、業者の提示する料金が適正かどうか判断するときは、以下のポイントに注目してみてください。そうすることで適正な料金を提示している業者同士を比較することができるため、より安い業者を選ぶことができます。

確認するべき基本料金の内訳
・蜂の巣を駆除したあとの撤去・回収費は含まれているか
・駆除後の清掃費は含まれているか
・出張費は含まれているか
・巣の大きさはどこまで対応しているか
・巣のある場所はどこまで対応しているか

基本料金に上記の項目がどこまで含まれているかによって、追加料金の有無が大きく変わってきます。そのため、基本料金の段階では安く感じても、追加料金が必要な作業が増えれば、思った以上の金額になってしまうこともあるのです。

追加料金に関しても、「巣の大きさ50~80cmならプラス3,000円、80~110cmならプラス5,000円」と段階的に設定しているところが多くなっています。これは巣の場所も同様です。

これらのことから費用を確認するときには、料金自体を気にするよりも、その内訳をしっかりと確認するようにしましょう。

費用を安く抑えるためには?

ただでさえ高くなりがちなスズメバチの巣の駆除費用を安く抑えるためには、自分が住んでいる地域の業者を選ぶことが大切です。

蜂の駆除費用のなかには、業者が拠点から依頼現場までかけつけたときの移動料金や交通費が含まれています。現場から遠いところの業者を呼べばそれだけ費用が高くなるということです。

また、巣が小さいうちに駆除をするのも、費用を安くする方法のひとつです。キイロスズメバチの巣は放っておくと巨大になり、蜂の数も増えます。巣が大きいぶん業者にとっての危険と手間が増え、費用が高くなります。

規模の小さいうちに巣を撤去することで、安い値段で蜂駆除をおこなうことができるのです。自分で蜂を駆除するのはとても危険ですので、一度、業者に相談してみてはいかがでしょうか。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【スズメバチの種類に関する記事はこちら】

危険なスズメバチの見分け方!8種類の特徴とアシナガバチとの違い

モンスズメバチの生態と人への被害|巣を発見したときの対応策

コガタスズメバチ最恐説!陰から覗いて一斉攻撃!逃げられない包囲網

チャイロスズメバチは危険度MAX!特有の生態を解説します

コガタスズメバチは侮れない最強のハチ!?本当は怖いその生態を解説

ヒメスズメバチは大きい見た目が特徴!危険性はどれくらいあるの?

オオスズメバチの攻撃力はハンパない!刺されることなく撃退するには

ツマグロスズメバチの危険性!攻撃性の高さや見た目の特徴について

地蜂とはどんなハチ?地蜂の危険性や自分でできる予防策をご紹介

ヤミスズメバチってどんな蜂?生態や巣の構造、毒針の構造も解説!

スズメバチとアブでは対処に大きな違いが!見分け方と適切な駆除方法

オオスズメバチを家の近くで見かけたら要注意!生態や活動時期まとめ

シダクロスズメバチの生態や対策方法|攻撃性は低くても要注意!

【種類別】スズメバチの危険性と生態・アシナガバチとの見分け方

【在来種】スズメバチの生息地|日本のスズメバチはどこにいる?

小さいスズメバチに要注意!おもな種類や危険性などについてご紹介

スズメバチの巣の種類|巣の特徴や巣を作りやすい場所について解説!

オオスズメバチ駆除方法や対策方法!気づかないまま巣に近づくことも

キイロスズメバチの巣をオオスズメバチが襲う!?その理由と注意点

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。