危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.10更新

チャイロスズメバチは危険度MAX!特有の生態を解説します

チャイロスズメバチの生態と危険性

スズメバチをよく耳にする方は多いのではないでしょうか。スズメバチにも種類があり、その中でも特に気性が荒いのがチャイロスズメバチです。

また、チャイロスズメバチは他のスズメバチより強い毒を持っています。もしその毒が体内に回ってしまうと、呼吸困難やけいれんをおこしてしまうおそれがあるのです。

では、チャイロスズメバチはどのような特性を持っていて、どこに分布しているのでしょうか。この章ではチャイロスズメバチの特徴や、他のスズメバチとの違いについてご紹介していきます。

チャイロスズメバチの基本情報

チャイロスズメバチの基本情報

チャイロスズメバチはどのような蜂なのでしょうか。チャイロスズメバチの生息地、特徴などをご説明いたします。

生息地

日本では北海道、本州に分布しています。林内や雑木林などに生息しており、樹液にも集まりますが、個体数は他の蜂と比べて少なく「幻の蜂」とよばれることがあるそうです。

生態(見た目、大きさなど)

チャイロスズメバチはその名の通り、頭や胴体が赤茶色をしています。お尻の部分は黒色で、縞模様はありません。体長は女王蜂で約3センチ程度、働き蜂は2センチ程度です。

個体数が少なく、見た目の特徴が他のスズメバチと異なるチャイロスズメバチ。巣作りはもっと変わった生態を持っています。ここからは、チャイロスズメバチのちょっと変わった生態について解説していきます。

【習性】自分の巣を持たない”社会寄生”の種

女王蜂を中心に自分たちの巣を作って生活をしますが、チャイロスズメバチはキイロスズメバチやモンスズメバチの巣へ侵入し乗っ取る修正を持っています。このように、他の種類の蜂の巣を乗っ取ることを「社会寄生」といいます。

チャイロスズメバチが巣を乗っ取るまでの流れ

まずチャイロスズメバチの女王が単体で巣の中に侵入し女王蜂を殺害します。その後は、チャイロスズメバチが女王となり、もともと住んでいた働き蜂にチャイロスズメバチの幼虫を育てさせます。巣が乗っ取られた後は、チャイロスズメバチがどんどん生まれていきますので、最終的に巣の中はチャイロスズメバチしかいなくなってしまうのです。

女王蜂が入れ替わった時点で異変を感じそうなものですが、チャイロスズメバチの女王蜂と、もともと巣にいた女王蜂の匂いは同じなので、働き蜂は女王蜂が入れ替わったことに気づかないそうです。

【攻撃性】非常に凶暴

チャイロスズメバチは他のスズメバチと同様、とても攻撃的なので非常に危険です。チャイロスズメバチの毒針は他のスズメバチのよりも発達しているため、刺されると強い痛みを感じます。目に入ってしまうと失明してしまうおそれもあります。

また、蜂毒によるアナフィラキシーショックを起こす恐れがあるのは、他の蜂と同様です。

蜂の巣駆除は「安全」「確実」なプロにお任せ

チャイロスズメバチはとても危険です。もしチャイロスズメバチの巣が家の近くにできてしまったら、一刻も早く駆除したいものですよね。

もし巣を見つけたら、すぐに蜂駆除業者に相談をしましょう。弊社では24時間365日お電話を受け付けており、スタッフが迅速に対応いたします。

いち早くお近くの加盟店業者を手配し、蜂駆除業者を手配させていただきます。チャイロスズメバチやスズメバチにお困りの際もお気軽にご相談ください。

危険な蜂の巣駆除ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

人を襲う理由と対処法

蜂が人を襲う理由はどのようなことがあるのでしょうか。もし襲われそうになったときは対処したいものですよね。この章では「チャイロスズメバチが襲う理由」「襲われるのを防ぐ方法」「もし襲われたら」などについてご紹介します。

チャイロスズメバチの攻撃対象

チャイロスズメバチの攻撃対象

チャイロスズメバチの攻撃対象は以下のようなものがあります。

  • 自分たちの幼虫の餌となる虫
  • 餌場や巣を荒らしたり、危害を加えたりする敵。または敵と見なしたもの

これらに当てはまる虫や生き物を襲います。実際にこちらが危害を加えなくても、敵と見なされた場合は襲われてしまいますので、むやみに巣に近づかないようにしましょう。

警戒サインに要注意

蜂は警戒しているときにいくつかの警戒サインを出します。それらのサインを出していたら襲ってくるおそれがありますので、注意しましょう。

  • 警戒している対象に目を付けて、空中で止まる
  • 警戒している対象の周りを飛び回っている
  • 顎を動かし、カチカチと音を出す

などのサインがあります。このサインが出たときは威嚇をしていて非常に危険な状態です。早く逃げようとして騒いだり、手で払いのけようとしたりすると、余計に興奮状態にさせてしまいますので静かにその場から離れましょう。

身を守るための対処法3つ

蜂から身を守るためには、以下のようなことに注意しましょう。これらに気をつけると襲われにくくなります。

黒色の服は着用を避ける

蜂の天敵のひとつにクマがいます。クマは色が濃く黒っぽいので、黒の服を着ている人間をクマと勘違いしてしまうようです。

また、髪の毛の黒色などにも反応するので明るい色の帽子を被ったり、黒い服を着ていたりする場合は明るい色の上着などで隠すようにしましょう。

香水などの匂いに気をつける

普段香水を身につけている方は注意しましょう。香水の匂いによっては、蜂が危険を察知したときに出す警報フェロモンの匂いと似ている場合があるようです。

身につけている香水の匂いをその警報フェロモンと勘違いして攻撃してくるおそれがありますので、注意しましょう。

さらに香水だけでなく、柔軟剤・整髪料・制汗剤などにも警報フェロモンと似た匂いのものがありますので、注意してください。

巣を見つけても近寄らない

蜂は警戒が強くなると、近寄ってきただけで攻撃をしてきます。また、スズメバチは7月~10月は来年の女王蜂を育てているため、警戒心が非常に強くなります。その時期は興奮しやすく、攻撃力が高まりますので、注意しましょう。

もし蜂が襲ってきたら

もし蜂が襲ってきた場合はどのようにすればいいのでしょうか。その場で遭遇した際にパニックにならないよう、事前に把握しておきましょう。

姿勢を低くして頭を守る

髪の毛の黒色でも蜂は狙ってきますので、なるべく頭を隠し低姿勢になりましょう。

ゆっくり後ずさり

蜂は前後の動きに弱いため、頭を隠し低姿勢になりながらゆっくり後ずさりしてください。蜂は急な動きをするものに攻撃をしてきます。落ち着いて行動しましょう。

自分での駆除はとても危険!プロに依頼しましょう

スズメバチは凶暴な性格で、巣に近づくだけでも危険です。自分で駆除をするのは刺されたり、噛まれたりするおそれがありますのでおすすめできません。

蜂の巣を駆除したいときは、業者に依頼しましょう。蜂の巣駆除業者は、専門的な道具や薬品を使って安全に駆除をしてくれます。

弊社では24時間365日お電話を受け付けており、早朝・深夜でも対応が可能です。迅速に対応し、お客様のお近くの業者を手配いたします。

危険な蜂の巣駆除ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

業者に依頼するときのポイント【費用・確認事項・流れ】

「蜂や蜂の巣駆除を自分でおこなうのは危険なので、業者に依頼しよう」とお考えの方に向けて、いくつかの業者選びのポイントをご紹介いたします。ポイントを抑えて、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

また、駆除の際にかかる費用も抑えておきたいですよね。この章では「駆除の際にかかる費用」「業者選びのポイント」などについてご紹介していきます。

駆除にかかる費用はどれくらい?

駆除にかかる費用はどれくらい?

駆除にはどのようなことに費用がかかるのかご存知でしょうか。駆除の際には作業費だけでなく、薬剤費・高所作業車代・出張費などにも費用がかかってきます。

さらに、価値の種類や蜂の巣の大きさ、場所などによって費用が変わってきますので、依頼をする前に確認することをおすすめいたします。

業者や状況によって異なりますが、スズメバチ駆除の相場は35,000円ほどとなっております。業者によっては駆除と掃除込みの値段と、別々の業者があります。あらかじめ費用や内容を確認したいという方は、お見積りを取ることをおすすめいたします。

業者を選ぶときに確認すること

業者を選ぶ際に確認しておかなければならないポイントがいくつかありますので、ご紹介いたします。

豊富な作業実績がある

数々の蜂の巣駆除実績がある業者ですと、安心して依頼することができますよね。業者の実績が多いと、より的確な駆除が期待でします。業者サイトの口コミなどを参考程度に見るのもいいかもしれません。

明確な見積りを出してくれる

明確な見積りを出してくれる業者はおすすめです。明確な費用を提示しない業者ですと、現地で費用を増額させられたり、予想以上に金額が張ってしまったりするおそれがあります。

すぐに対応してくれる

すぐに対応してくれる業者ですと、トラブルが起こってしまった際にも対応をしてくれる業者が多いです。最初の相談電話で、具体的な数字(費用や日程)をすぐに提案してくれる業者は信頼が高いです。

駆除した後もフォローがある(再発防止対策、戻りバチの駆除など)

蜂は駆除した後にも戻ってくる場合があります。そのような場合に備えて、駆除後のアフターフォローがしっかり保証されている業者を選びましょう。

一般的な蜂の巣駆除の流れ

いち早く蜂問題を解決したいため、蜂の巣駆除の流れがどのように進むのか把握したい方もいらっしゃいますよね。

基本的に蜂駆除の流れは、「巣の場所・巣の大きさなどを確認」→「薬剤を使って巣の中の蜂を駆除」→「巣の周りを飛んでいる蜂を駆除」→「巣を撤去」→「後片付け・再発防止対策など」です。

ですが、業者によって異なる場合もありますので、相談をする際に確認することをおすすめいたします。

弊社では蜂の巣でお困りのお客様に向けて、お電話1本でお近くの業者を手配することができます。24時間365日お電話を承っていますので、早朝でも深夜でもご連絡ください。

危険な蜂の巣駆除ならハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

ご利用シェアNo1の理由

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

ハチ駆除 依頼の多いエリア