危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.10更新

これはアシナガバチ?スズメバチ?見分け方を知って正しく対処しよう

アシナガバチ?スズメバチ?

アシナガバチとスズメバチはとてもよく似ています。どちらも毒を持っているので危険なことにかわりありませんが、正しく処置するには見分け方を知っておくことが大切です。また、蜂に刺されてしまったときの対処法や蜂に刺されないための対策など、最低限身を守る方法も知っておけば安心です。

ここでは、アシナガバチとスズメバチを区別するポイントのほか、被害が多数報告されているスズメバチの危険性やスズメバチに遭遇したときに身を守る方法などをご紹介していきます。さらに、ご自身で危険な蜂駆除を業者にお願いする場合にかかる費用や信頼できる業者を選ぶポイントもご紹介しますので、ご依頼の際はぜひ参考にしてくださいね。

巣で見分ける方法

これはアシナガバチ?スズメバチ?見分け方を知って正しく対処しよう

見分け方はいくつかありますが、巣を見れば比較的簡単に確実に見分けることができます。アシナガバチとスズメバチのそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

アシナガバチの巣の特徴

アシナガバチは、基本的に開放的な空間を好みます。ご自宅のベランダやお庭の木の枝などに巣を作ることが多く、大きさは約10センチメートルです。巣はシャワーヘッドのような形をしていて、大きくなると直径15センチメートルほどになることもあります。アシナガバチの巣は殻(外皮)がないので六角形の巣穴がむき出しの状態ですが、唾液由来のたんぱく質を巣に混ぜて作られているために固く頑丈です。

スズメバチの巣の特徴

スズメバチは、アシナガバチとは違って屋根裏などの雨風をしのぐことができる閉鎖的な空間を好みます。ただし例外もあり、キイロスズメバチやコガタスズメバチは開放的な場所で、約10~80センチメートルの大きな巣を作ります。スズメバチの巣はマーブル模様をしていて、光沢があるのが特徴的です。アシナガバチの巣は巣穴が見えているのに対し、スズメバチの巣は丸く殻に覆われているのが特徴です。

見た目の違い

アシナガバチとスズメバチはよく似ているので、違いがわからないという方もいらっしゃるかもしれません。じつは、見た目や飛び方などにも違いがあります。

  • アシナガバチ
  • 大きさ:2.6センチメートル以内
  • 体の形:腰がくびれていて、細身
  • 飛び方:足をたらしてふらふらと飛ぶような動き
  • スズメバチ
  • 大きさ:4.0センチメートル以内
  • 体の形:腰がくびれていて、ほかの蜂より比較的大きい
  • 飛び方:素早く、俊敏な動き

アシナガバチはおとなしい?

アシナガバチは基本的にはおとなしい性格なので、自ら攻撃してくることは少ないです。しかし、人間が巣に近づいていたり威嚇したりするとアシナガバチは防衛のために攻撃してきます。アシナガバチの種類によっては非常に毒性の強いものがあり、スズメバチと匹敵するほどの危険性があるともいわれています。

攻撃しなければおとなしいアシナガバチですが、巣があるのに駆除をせず放置していると幼虫をねらってスズメバチなどほかの蜂が巣を攻撃してきます。スズメバチは攻撃性も強く危険なので、被害が拡大しないように巣を発見したら早急に駆除をする必要があるのです。

自分で蜂の巣を駆除できるか判断しよう

蜂の巣を見つけたら、できるかぎり早く駆除にとりかかりましょう。蜂の巣駆除はとても危険ですから、まずは自分で駆除できるかどうか判断しなければなりません。

たとえば、開放的な空間で15センチメートル以内の小さな巣を発見した場合、スズメバチの巣以外なら殺虫剤などを併用しながら駆除することはできるかもしれません。また、日中は巣にいる蜂が少ないことも多いですが、日が沈むと蜂が活動を止めて戻ってくるのでまとめて駆除することもできます。

しかし、基本的に蜂の巣をご自身で駆除することはおすすめできません。たとえば、ご自宅の軒下に巣ができていた場合、巣が大きくなりすぎていると巣全体が見えず、家の壁や排気口の中まで巣が入り込んでしまいます。このような巣を素人が駆除することは、大きな危険をともなうのです。

蜂の巣駆除が不安なら業者に依頼しよう

蜂の巣駆除は、刺されてしまったり高所作業で転倒してしまったり、場合によってはアナフィラキシーショックを起こしてしまったりするなど大きな危険をともないます。知識のないまま駆除をするより、蜂の生態や駆除方法に詳しいプロの業者に駆除を依頼してはいかがでしょうか。

蜂駆除のプロは、蜂の種類にあわせて正しい方法で駆除をスピーディーにおこないます。駆除後の面倒な清掃や駆除した巣の処分も、安全かつ丁寧におこなってくれるので安心です。蜂の巣を発見したら、まずは早急に蜂駆除業者に相談してみましょう。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

被害多数!怖いのはスズメバチ

蜂にもさまざまな種類がありそれぞれ特性や毒性の強さにも差がありますが、最も危険な蜂として知られているのはスズメバチです。ここでは、スズメバチの危険性やスズメバチから身を守るための対策をご紹介します。

スズメバチの危険性

これはアシナガバチ?スズメバチ?見分け方を知って正しく対処しよう

スズメバチは、日本国内で最も被害が多く危険な蜂として知られています。スズメバチの毒は「毒のカクテル」ともいわれるほど毒性が強く、何度も刺されてしまうとアナフィラキシーショックを起こし死に至るケースもあるのです。

呼吸困難や意識障害、失明など人体にも大きな影響のあるスズメバチの毒は仲間をよぶ役割を果たすこともあります。毒液を針から飛ばし針を何度も刺すような攻撃的な性格で、集団で人間を襲うこともあるので決してむやみに巣に近づいてはいけません。

スズメバチにも種類がある

スズメバチといってもいくつか種類があります。ここでは、7種類のスズメバチをご紹介いたします。

オオスズメバチ

最も危険なスズメバチです。毒液があるかぎり何度も針を刺して攻撃し、俊敏な動きで人間を襲います。毒には強力な作用があり、刺されたときの痛みが強いのが特徴です。

キイロスズメバチ

街中によく姿を現して人間を刺します。オオスズメバチよりも小さいですが気性が荒く攻撃的な蜂です。屋根裏や床下、雨風を防ぐことができる軒下などに大きな巣を作ります。

コガタスズメバチ

比較的穏やかな性格をしていますが、威嚇したり攻撃したりすると襲ってきます。むやみに巣に触れたりすることがなければ、刺されることはありません。

モンスズメバチ

腹部に黒色と黄色の波打ったしま模様があることから、このような名前でよばれています。ほかの蜂と大きく違うところは、夜間も活動する習性があるという点です。

ヒメスズメバチ

オオスズメバチの次に大きな種類です。体の大きさに反して巣は比較的小さく、秋口には巣作りを終えます。穏やかな性格なので、人間が攻撃しないかぎり積極的に襲ってくることはありません。

チャイロスズメバチ

全身が黒色や茶色なので、ほかの蜂とは比較的容易に見分けることができます。茶色スズメバチの大きな特徴は、すみかとなる巣をほかの蜂から奪うという点です。

ツマグロスズメバチ

日本では、沖縄だけに生息している種類です。体は赤褐色で、腹部の半分は黄色くなっていて見た目はほかの蜂と大きく異なります。

最強なのはオオスズメバチ

7種類のスズメバチをご紹介しましたが、なかでも最も危険なのはオオスズメバチです。オオスズメバチは非常に気性が荒く、蜂の中では大きさ、巣の規模、毒量などは最大です。

  • 体の大きさ:約3.0~4.5センチメートル
  • 活動時期:5月~11月ごろ
  • 巣を作る場所:地中や樹木の根元などの閉鎖的な空間

日本全国に分布しているオオスズメバチは、縄張り意識が非常に強いため巣に近づいただけでも襲ってきます。オオスズメバチはカマキリやクワガタなど大きな昆虫も捕食し、幼虫のエサにして繁殖していくのです。

オオスズメバチは、とくに8~10月ごろに大量に発生します。しかし、11月ごろまで活動しているので、遠足やキャンプなどで茂みに足を踏み入れたときオオスズメバチが襲ってくることもあるのです。刺されてしまうと死に至ることもあるので、蜂の巣が周辺にないか気をつけながら行動するようにしましょう。

スズメバチに遭ったらどうする?

スズメバチを発見しても決してむやみに近づいたり、巣に触ったりしないようにしましょう。スズメバチが人間を攻撃するのには、理由があります。巣は蜂にとって家ですから、その家を守るために攻撃するのです。毒性も強く攻撃的ですから、発見したらそっとその場から離れるようにしましょう。

屋外で発見することが多い蜂の巣ですが、万が一お部屋の中で見つけてしまったらとにかく追い出すこと最優先に考えましょう。スズメバチだけにかかわらず、蜂は音や振動に敏感なのでむやみに大声を出したり動き回ったりしないようにしてください。

追い出したいときは、ゆっくりとお部屋の窓を開けて明かりを消しましょう。外が明るければ、外の光に導かれてお部屋からでていきます。もし、窓を開けたり明かりを消したりすることもできない状況なら、安全な場所に隠れてタイミングをうかがってみてください。どうしても追い出すことが難しいようなら、無理をせず蜂駆除業者に連絡しましょう。

自力での駆除は危険!プロに任せよう

オオスズメバチをはじめスズメバチは集団で人間を襲ってくることもあるので、素人が駆除をするのは非常に危険です。無理をして駆除をしなくても、蜂駆除のプロに丸ごとお任せして安全で確実な駆除をしてもらいましょう。

蜂の駆除は巣が大きくなればなるほど危険ですし、すこしで巣や仲間の個体が残っているとまた同じ場所に巣を作ってしまいます。業者なら、蜂の生態を知り尽くしているので同じような被害を繰り返さないよう徹底して駆除してくれるのです。

弊社は、蜂駆除に関する知識を豊富に持った業者を多数ご紹介しています。「自宅の軒下にスズメバチの巣があって怖くて動けない……!」「家の周辺を飛びまわっていて子どもが刺されないか心配」という場合も、お気軽にご連絡ください。夜間や休日のお問い合わせにもできりかぎり迅速に対応いたします。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

蜂駆除にかかる費用・業者選びのポイント

蜂駆除を業者に依頼する場合、いったいどのくらい費用がかかるのでしょうか。駆除方法や使用する道具、薬剤、巣の大きさなどによって費用は異なりますので、正式に業者へ依頼する前には費用の見積りをとりじっくりと検討するようにしましょう。

蜂駆除・費用相場

これはアシナガバチ?スズメバチ?見分け方を知って正しく対処しよう

蜂駆除の費用は蜂の種類や巣の大きさ、駆除方法などさまざまな理由で差が生じますが、一般的には以下のように費用が決められています。

駆除費用=出張費用+作業費用+薬剤費用+ゴミ処理費用

(※夜間、休日の場合、追加費用がかかることも)

たとえば、アシナガバチの駆除費用は約10,000~25,000円、スズメバチ駆除費用は約15,000~30,000円です。巣があまりにも大きくなっていた場合や巣の数、また複数の薬剤を使用しなければならないという場合にはそれに応じて費用が高くなります。

もし、駆除費用に予算がある場合には、無料見積りや無料現地調査をお願いして正式な依頼をする前に確認しておきましょう。もちろん、弊社は見積りも調査も無料でおこなっておりますし見積り決定後の追加費用は一切いただいておりません。どなたさまも安心してご利用いただけます。お見積りをご希望の方は、まずは弊社の無料相談窓口にお電話ください。

よい業者を見極めるポイント

蜂駆除業者を選ぶとき「どんな業者がいいのだろう」「安心して相談できるスタッフの方だったらいいな」と、さまざまなことを思い浮かべますよね。蜂駆除を確実にするためにも、以下の見極めポイントを参考にしながら慎重に業者選びをおこないましょう。

  • 対応が早い
  • 作業内容の説明がわかりやすい
  • 口コミでの評判が良い
  • 見積りがわかりやすく、追加料金がない
  • 知識や実績がある
  • 蜂予防などの相談に乗ってくれる

駆除費用が安いことだけでは、よい業者ということはできません。業者のサイトやSNSで口コミをよく見て、スタッフの対応や作業後の対応など細かい項目もチェックしておくとなお安心です。

弊社には、蜂駆除の知識が豊富な加盟店が多数在籍しておりますのであらゆる蜂駆除のお悩みに対応可能です。また、料金設定もわかりやすく見積り決定後の追加請求なども一切なく安心してご利用いただけます。駆除だけではなく今後の予防対策の相談も承っておりますので、いつでもお気軽にご相談ください。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

ご利用シェアNo1の理由

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

ハチ駆除 依頼の多いエリア