2019.06.11更新

コガタスズメバチの生態|巣の特徴や自分で駆除できる基準について

新女王蜂のみでも充分に危険

スズメバチは攻撃性が高くて強い毒を持つため、とくに危険なことで知られています。その中でも、被害事例がとくに多いことで知られているのが「コガタスズメバチ」という種類のスズメバチです。

スズメバチの中では比較的おとなしい性格ですが、人の生活圏の中に巣をつくり、一度刺激すると一斉攻撃してくることから、とくに注意が必要な蜂です。

本記事では、そんなコガタスズメバチについて知っておきたい基本情報や、蜂駆除業者の選び方について説明していきます。

「コガタスズメバチの巣を駆除したい!」「庭でよく見るのはコガタスズメバチかも!」といった方はぜひ参考にしてみてくださいね。

コガタスズメバチの生態

巣を駆除する場合、まずはコガタスズメバチについて知ることが大切です。生態や習性について知っておけば、駆除、被害防止に役立てることができます。コガタスズメバチの生態や習性について見ていきましょう。

見た目 ・オレンジと黒の体をしている
・お腹にシマシマ模様があり、腹部の先端は黄色
大きさ 【働き蜂】約2~2.5cm 
【女王蜂】約3cm
危険性 おとなしい性格をしているが、刺激をすれば刺されるおそれがある
食性 【成虫】ヤブカラシなどの花の蜜や昆虫が出す甘露など
【幼虫】ハエなどの昆虫やアシナガバチの幼虫など
活動地域・分布 原産地はインドネシアのジャワ島。日本では北海道・本州・四国・九州などに分布しており、里山付近や雑木林で発見されることが多い。
活動時期 4~11月頃。とくに活動が活発なのは7~10月。

 

コガタスズメバチという名前がついていますが、実際はそれほど小さくはありません。見た目が似ているオオスズメバチは、働き蜂で3~4cm、女王蜂で4~4.5cmであります。オオスズメバチと大きさを比較されたことから「コガタスズメバチ」という名前がついたようです。

コガタスズメバチの巣の特徴

コガタスズメバチの巣は時期によって見た目が異なります。ではどのように変化していくのでしょうか。以下で時期ごとに異なる、巣の見た目や巣ができやすい場所について詳しく見ていきましょう。

巣の見た目

コガタスズメバチは4月頃から女王蜂が巣を作り始めます。やがて働き蜂が徐々に増え、6月頃から巣の形状が変化していくのです。また、7~10月になると巣はさらに大きくなり、働き蜂が増加します。秋になるにつれエサとなる昆虫も少なくなることで攻撃性が高くなってしまうため、この時期の巣はとても危険な状態といえるでしょう。

4~5月の巣(単独営期) 6月以降の巣(共同営巣期)
トックリを逆さにしたような形をしている。巣穴は下を向いている。 トックリのような筒状の部分がなくなり、ボール状の丸い形になる。

巣ができやすい場所

コガタスズメバチが巣をつくりやすいのは以下のような場所です。

・庭木
・生垣
・屋根のひさし
・屋根裏
・床下

コガタスズメバチの巣は庭木など茂みに隠れていることがあるため、気づかない間に近づいてしまい刺されてしまうことがあるようです。また、庭でツバキやハナミズキ、キンモクセイなどの常緑樹を育てていると、それらを好むコガタスズメバチが巣をつくってしまうことがあります。

コガタスズメバチの巣は自分で駆除できる?

家の近くにコガタスズメバチの巣ができてしまった場合、費用を抑えるために自分で駆除しようと考える方もいるかもしれません。しかし、コガタスズメバチはとても危険な蜂であるため、例え小さな巣でも刺されてしまうリスクはあります。

ではどのような状態の巣なら自分で駆除できるのでしょうか。

自分で駆除できる巣の状態

自力で駆除できるかは巣の状態で判断

自分で駆除できるコガタスズメバの巣は、まだ女王蜂しかいない初期の小さな巣のみです。この時期の巣は働き蜂がまだいないため難易度は比較的低いといわれています。

ただし、女王蜂だけといっても安全に駆除できるとはいいきれません。刺されてしまう危険性は十分にあるため注意が必要です

初期の段階の巣を駆除するときは、蜂用の駆除スプレーを用意しましょう。また、蜂の巣駆除には適した時間帯や服装があるため、あらかじめ調べておくとよいでしょう。役所によっては防護服を貸し出してくれるところもあるので聞いてみるとよいかもしれません。

危険な場合はプロに任せよう!

もしコガタスズメバチの巣が初期の段階を過ぎているとのことでしたら、自分で駆除するのは難しいでしょう。働き蜂が増えればその分危険性も高まります。巣を荒らすものだと判断されれば一斉に攻撃されてしまうおそれがありますので、プロに依頼するようにしましょう。

スズメバチの巣でしたら、役所によっては無料で駆除してもらえたり、費用を一部負担してくれたりする場合もありますので一度調べてみるとよいかもしれません。

また、弊社にご相談いただければ、お近くの蜂の巣駆除業者をご紹介させていただきます。24時間ご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コガタスズメバチに刺されないためにすべきこと

コガタスズメバチの巣を家の周りやお出かけ先で発見したら、どうすればよいのでしょうか。注意していただきたいことや身を守る方法についてご紹介していきます。

(1)刺激を与えないように注意する

スズメバチの毒は時期を問わず危険

もしコガタスズメバチの巣を見かけるようなことがありましたら、巣を叩き落そうとしたり、棒でつついたりしないようにしてください。巣に刺激を与えれば、本来攻撃性が低いコガタスズメバチでも一斉攻撃をしてくるおそれがあります。

また、コガタスズメバチの巣が近くになくても、エサ場となる場所を荒らしてしまうと攻撃されてしまうかもしれません。もしコガタスズメバチが飛んでいるところに遭遇したら、静かにその場から離れるようにしましょう

(2)服装や匂いに気をつける

蜂は物理的に刺激しなくても、匂いや服の色によって刺激を与えてしまうことがあります。そのため、お出かけの際は蜂を刺激する黒や紺などの暗い色の服、香水や整髪料などの匂いの強いものを身に着けるのは避けるようにしましょう。

警戒サインを見逃さないようにしよう!

コガタスズメバチは、敵とみなした相手をすぐに攻撃してくるわけではありません。まず、警戒態勢をとって相手の様子を伺います。警戒サインとしては、以下のようなものがあります。

・カチカチ音を出す
・敵を囲むように飛び回る
・空中で動きを停止する

コガタスズメバチが上記のような行動をとったときには、そっと巣から離れてください。このときに巣から離れないと攻撃されてしまうおそれがあります。

蜂に刺されると、刺された部分だけではなく全身に激痛が走ります。また、アナフィラキシーショックというアレルギー反応が起こることもあるのです。

アナフィラキシーショックの症状はとてもおそろしく、吐き気や頭痛、痙攣や意識障害などがおこります。最悪の場合は死に至ることもあるため、蜂に近寄らないことが何より大切です。

もし家の近くでコガタスズメバチの巣を見かけるようなことがありましたら、活動が活発になる前に駆除をおこないましょう。弊社は複数の加盟店から蜂の巣駆除のプロをご紹介しています。24時間お電話にてご相談を承っておりますので、ぜひご利用ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コガタスズメバチの駆除にかかる費用の相場

業者に駆除を依頼するときは、駆除費用についての理解を深めておく必要があります。費用についての知識がないと、「高額な料金で契約してしまった」なんてことにもなりかねません。

コガタスズメバチの駆除にかかる費用の平均値(5社の蜂の巣駆除業者)を調べたところ、16,960円でした。(2020年8月時点)ではこの金額はどのように設定されているのでしょうか。蜂の巣駆除の費用はこのように決められていることが多いです。

作業費+薬剤費+処分費+出張費

出張費は営業所からの距離によって異なることがあります。また、「巣の数」「巣の大きさ」「巣がある場所」によって追加料金がかかる場合もありますので、あらかじめ見積りで確認しておくとよいでしょう。

信頼できる業者の選び方

緊急の蜂駆除は業者への依頼がおすすめ

より信頼できる業者に依頼するために、以下の点についてもチェックしておきましょう。

・作業実績が豊富
・すぐに対応してくれる
・明確に見積りを出してくれる
・駆除後もアフターフォローがある

(1)作業実績が豊富

業者に依頼するときは、作業実績の多さを確認しましょう。作業実績が豊富な業者はそれだけ人気ということですから、業者の信頼度をはかるひとつの目安になります。

また、さまざまなパターンの駆除をおこなっているため、作業実績が豊富な業者は技術面でも安心できます。

(2)すぐに対応してくれる

対応の早さも確認しておきましょう。「業者の対応が遅くて蜂に刺された……」なんてことにならないよう、すぐに対応してくれる業者を選ぶのがオススメです。

(3)明確に見積りを出してくれる

このほか、明確な見積りも重要です。料金内訳を知ることができないと、何にいくらかかっているのかわからないですよね。提示された見積書を見て、もし不明な点がある場合は質問しましょう。

(4)駆除後もアフターフォローがある

そしてもうひとつ大切なのが再発防止やアフターフォローが充実しているかどうかです。蜂駆除をおこなったとき、もしかしたらエサを探しに出かけている蜂がいるかもしれません。

その蜂が再び被害をもたらすこともあります。万が一、そうなった場合にアフターフォローがあれば再び対応してもらうことができるのです。

弊社に加盟している業者は、「作業実績の多さ」「対応の早さ」「見積りの明瞭さ」「アフターフォロー」には自信があります。無料で電話相談もおこなっていますので、蜂の巣駆除にお悩みの方はお気軽にご連絡ください

※掲載料金は消費税を含んでおりません。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【スズメバチの種類に関する記事はこちら】

危険なスズメバチの見分け方!8種類の特徴とアシナガバチとの違い

モンスズメバチの生態と人への被害|巣を発見したときの対応策

コガタスズメバチ最恐説!陰から覗いて一斉攻撃!逃げられない包囲網

キイロスズメバチの攻撃性とその生態。安全にハチの巣を駆除する方法

チャイロスズメバチは危険度MAX!特有の生態を解説します

ヒメスズメバチは大きい見た目が特徴!危険性はどれくらいあるの?

オオスズメバチの攻撃力はハンパない!刺されることなく撃退するには

ツマグロスズメバチの危険性!攻撃性の高さや見た目の特徴について

地蜂とはどんなハチ?地蜂の危険性や自分でできる予防策をご紹介

ヤミスズメバチってどんな蜂?生態や巣の構造、毒針の構造も解説!

スズメバチとアブでは対処に大きな違いが!見分け方と適切な駆除方法

オオスズメバチを家の近くで見かけたら要注意!生態や活動時期まとめ

シダクロスズメバチの生態や対策方法|攻撃性は低くても要注意!

【種類別】スズメバチの危険性と生態・アシナガバチとの見分け方

【在来種】スズメバチの生息地|日本のスズメバチはどこにいる?

小さいスズメバチに要注意!おもな種類や危険性などについてご紹介

スズメバチの巣の種類|巣の特徴や巣を作りやすい場所について解説!

オオスズメバチ駆除方法や対策方法!気づかないまま巣に近づくことも

キイロスズメバチの巣をオオスズメバチが襲う!?その理由と注意点

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。