危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.11更新

クマバチのオスは刺さないの?メスとの見分け方や危険性について

クマバチの生態やオスとメスの見分け方

クマバチのオスは毒をもってはいませんが、メスは毒針をもっているので注意が必要です。クマバチはあまり人を刺すことはありません。しかし、いざ刺されてしまうと重度の痛みなどの被害がでてしまいます。

そこで、今回はクマバチと遭遇しても危険が及ばないように生態やオスとメスの見分け方、巣をみつけたときの駆除の方法など、ご紹介していきます。最後には、蜂駆除の業者についても解説します。

クマバチの生態

クマバチの生態

クマバチは体長2~3センチメートルと、蜂の中では大型です。ですが、スズメバチなどと比べるとその性格は温厚で、人に害を与えることはあまりありません。こちらから刺激をしない限りは、基本的に刺されることはないでしょう。

また、クマバチは集団ではなく単独で行動することが多いです。そして、クマバチの毒は比較的弱く、刺されても人が死ぬ可能性は低いでしょう。ただし、過去に刺されたことがある方は、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるので十分注意しましょう。

オスとメスの見分け方

クマバチのオスとメスの見分け方は見た目に大きな違いがあるので、その部分を比較することで見分けることが可能です。その部分とは、お尻にある毒針です。オスは毒針をもっておらずメスは毒針をもっていますので、その違いは一目瞭然です。

また、オスのクマバチは動くものに急接近してくる習性があります。なので、毒針をもっているか確認しようと近づくと、こちらに近づいてくるかどうかで見分けることもできます。

毒針があるか確認する際は、必ず下手に急に近づいたり大きな音をたてたりせず、刺激をしないようにしてください。

クマバチのオスは刺さないの?

クマバチのオスは、針をもっていないので刺すことはありません。しかし、自身に危険が及びそうな場合は、針を出すような動きをとって相手を威嚇することがあります。

また、クマバチはホバリングという行動をよくおこないます。簡単に説明すると、動いているものに近づく習性です。これは、動いているものがメスであるかどうかを確認するためにおこなっているので、攻撃をするために近づいているわけではないので安心してください。

クマバチは木に穴を開けて巣を作る

クマバチは、やわらかい木材などに穴を開けて巣を作ります。1~1.5センチメートルほどの穴を開けて木の中に巣を作っていくのです。では、そんなクマバチの巣の見た目や巣を作りやすい場所などをご紹介していきます。

巣の見た目

クマバチの巣の見た目は、穴を開けた箇所を中心に少しへこみがあるのが特徴です。クマバチの巣の穴は直径が1円玉ぐらいの大きさであるため、穴本体をみつけるのは大変でしょう。

巣を作りやすい場所

クマバチが巣を作りやすい場所は、枯れ木や竹垣、軒下などの木材が中心です。自宅の外壁が木材の場合は、そこも巣を作りやすい場所となります。巣の場所が家の強度に関係する場所、たとえば大黒柱であったりすると、家の倒壊につながる危険も考えられます。

クマバチの巣を発見したら?

クマバチの巣を発見した場合、駆除をする必要があります。なぜなら、襲われたら危険ですし、クマバチの作った穴から湿気や雨水、シロアリなどの害虫が自宅の中へ侵入してしまうこともあるからです。

なので、巣をみつけたらすぐにでも駆除をおこなったほうがよいでしょう。蜂の巣を駆除するのには、特別な資格が必要というわけではありません。ですので、駆除をするのは自分で駆除をすることも可能でしょう。

では、自力での駆除と業者に依頼した場合のそれぞれのメリットを確認し、より適した方法で対処しましょう。

自分で駆除する

蜂の巣の駆除には、専門的な知識は必要ではありません。しかし、確実に安全に駆除をする場合には、専門的な知識を身に付けたうえで駆除をするのが賢明です。また、巣を駆除する際には、メスのクマバチと遭遇する可能性も考えられます。

クマバチのメスは針をもっているので、十分に注意をする必要があります。

業者に依頼をする

蜂の巣の駆除をする際に、業者に依頼をして駆除をしてもらう場合がほとんどです。業者の方は、今まで多くの蜂の巣を駆除してきているので、確実に安全に対処してくれます。

また、クマバチの巣は何世代にもわたって再利用をするので完全に駆除をする必要があります。その面をみても、業者の方に依頼をすれば自分で駆除をするよりも確実巣そのものを塞いでくれるでしょう。

まずは、弊社の無料相談窓口で気になることや心配なことをご相談ください。

クマバチのことならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

クマバチの巣を駆除する方法

クマバチの巣を駆除するには、道具の準備や手順の確認が必要です。しっかりと準備を整えなければ、刺されてしまったり駆除が中途半端になってしまったりなどのおそれがあります。そこで、ここではクマバチの巣を駆除する流れをご紹介していきます。

クマバチが巣を作る時期

クマバチが巣を作る時期

クマバチが巣を作り始める時期は、4月下旬~5月下旬がおおよその目安です。一定の縄張りを決めて、その範囲内に巣を作ります。また、クマバチは一度作った巣を再利用することがあります。再利用をする場合は、少しの補修で済むので巣を作るのが早く終わるでしょう。

巣の駆除~穴埋めまでの流れ

では、実際に準備をするものやクマバチの巣の駆除手順を確認していきましょう。

準備するもの

まずは、全身を覆うことができる服装を用意します。防護服などの針を通さないような厚手のものが最適です。ゴーグルや手袋、長靴などで肌の露出を完全に防いでください。殺虫剤も駆除には欠かせませんので、必ず準備しましょう。

これらのものを準備するとき、黒色のものは控えてください。蜂は黒色のものをみると興奮状態になることがあります。これは、鉢が本能的に黒を敵だと認識しており攻撃する習性があるからです。蜂の天敵である熊が黒い=敵であるとみなされるのです。

これは臭いについても同じようなことがいえます。蜂は香水などの刺激の強い臭いを嫌い攻撃してくることがあります。なので、香水などの強い香りがするものも避けてください。

駆除手順

まずは、クマバチの巣の場所を特定します。完全に駆除するために、クマバチが巣に戻ったタイミングで駆除を開始します。殺虫剤を巣の入り口の穴に噴射してクマバチを駆除します。具体手な駆除手順は以下の通りです。

  1. 巣の穴に殺虫剤を向けながら、ゆっくりと近づいていく
  2. クマバチが巣から出てきたらすぐに噴射できるように準備しておく
  3. 巣の穴から中に殺虫剤を入れて噴射する(10~15秒ほど)

穴埋めも忘れずに!

クマバチが開けた穴を埋めることも忘れずにおこなう必要があります。クマバチの巣は基本的に再利用することができますので、放置しておくと別のクマバチが使うかもしれないからです。ですので、必ず木工パテなどを利用して巣の穴を埋めてください。

こんなときは業者に駆除を依頼しよう!

刺されないか不安だったり駆除をする自信がなかったりする場合は、業者に駆除の依頼をしましょう。少しでも不安があり自信がないのに駆除するのは、却って危険だからです。

また、クマバチの巣が何カ所も作られていたり、巣の場所がわからなかったりする場合も同様です。駆除が難しくなるので、その分危険性も高くなります。

巣の駆除をするのに少しでも不安要素がある場合は、業者の方に依頼をするのが、みなさんの安全のためにも最適です。業者の方は今まで多くの蜂の巣を駆除してきているので、どのような状況であっても、迅速かつ適切に対応してくれるでしょう。

弊社では、24時間365日無料の相談窓口で相談をすることが可能ですので、どんなささいなことでもご相談ください。みなさんのお力になることでしょう。

クマバチのことならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

蜂の巣駆除の費用相場と業者の選び方

蜂の巣の駆除を依頼するにしても、費用の相場や業者の選び方など、あまりなじみがない方がほとんどでしょう。そこで、ここでは蜂の巣の駆除の費用相場を確認していきます。費用相場を知ることは、よりよい業者を選ぶ基準となるはずです。

蜂の巣の駆除費用の決め方

蜂の巣の駆除費用の決め方

蜂の巣の駆除費用の決め方は、主に蜂の種類、巣の大きさや数、巣の場所によって決まります。それぞれどのように値段が変動するか確認していきましょう。

蜂の種類

危険性が高い種類であるほど、駆除費用は高くなります。判断基準としては、駆除する蜂がスズメバチであるかどうかが大きいです。

巣の大きさ

巣の大きさが大きいほど、駆除費用は高くなります。大きな巣であればあるほど巣の中にいる蜂の数が多くなり、駆除作業が難しく危険性が増すからです。巣を発見したら少しでも大きくなる前に駆除することおすすめします。

巣の場所

巣のできている場所が高い場所であるなど、作業が難しくなると別途費用がかかることがあります。高所作業車を使用したり、壁や床を壊したりなどの作業が必要な場合です。業者によっては別で実費費用がかかることがあります。

蜂の巣駆除の費用相場

では、実際に蜂の種類別での巣駆除の費用相場は以下の通りです。

  • クマバチ:8,000円~
  • ミツバチ:8,000円~
  • アシナガバチ:9,500円~
  • スズメバチ:14,000円~

上記の金額は、駆除料金と出張料金をあわせた費用の目安です。しかし、実際には巣の大きさや巣の場所によって費用は大きく変わってくることもあります。しっかりとした費用を知りたい場合は、現地で見積りをしてもらうことが確実でしょう。

どの業者に依頼するとよい?

蜂の巣の駆除業者を選ぶ際に迷ったら、以下のポイントを参考にしてみてください。

【業者選びのポイント】

  • 対応スピードが早い(急な依頼でも即日対応できるか)
  • 高品質なサービスであるか(ホームページなどに修理実績などが豊富に紹介されている)
  • 料金が明確(修理前に見積りを出して、その後に説明のない追加費用をとらない)
  • 接客態度(親身になって対応してくれているか)

以上のポイントを押さえていれば、安心して駆除を依頼できるといえるでしょう。しかし、人によっては業者を選ぶポイントは違うかもしれません。

そのような場合は、口コミなどを参考にして、実際に業者を依頼した方の意見を参考にしてみるのもよいかもしれません。

まずは見積りをとってみよう!

蜂の巣の駆除では、蜂の種類や巣の大きさや設置場所によって、駆除費用は変わってきます。どれくらいの費用がかかるか不安な場合は、まずは業者に現地調査をしてもらい、実際の費用を見積ってもらいましょう。

「ハチ110番」では、無料の現地調査および見積りをおこなっています。見積り後の追加費用の発生もありません。「ハチ110番」では全国に加盟店が存在しておりますので、どこからのご依頼でも迅速に対応いたします。

蜂の巣の駆除についてお困りの方は、ぜひ、弊社まで一度ご連絡ください。

クマバチのことならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

ご利用シェアNo1の理由

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

ハチ駆除 依頼の多いエリア