危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.12更新

オオスズメバチの攻撃力はハンパない!刺されることなく撃退するには

スズメバチ駆除ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

オオスズメバチの危険性

夏になると毎年のようにニュースになる蜂の被害、刺されるのはもちろん、巣を見かけるだけでも恐ろしいという人も多いのではないでしょうか。

そんな 蜂にも多くの種類が存在し、活動している時期や場所は異なります。蜂の生態がわかれば、被害に遭わないよう対策を立てることもできますし、万が一蜂の巣を見かけても慌てずに対処できるはずです。

ここでは、オオスズメバチの特徴と攻撃性、おこなうべき対処法をご紹介いたします。

オオスズメバチの見た目

オオスズメバチの攻撃力はハンパない!刺されることなく撃退するには

オオスズメバチはスズメバチの中でも大型の種類で、さらにその中でも最大級の大きさです。体長は、女王蜂が45ミリメートル前後、働き蜂やオスバチが27~40ミリメートルと大人の親指ほどの大きさをしています。

頭部の色はオレンジ、腹部は黒と黄色のしま模様になっています。基本的にはサイズの大きさで、ほかのスズメバチと区別がつきますが、働き蜂の大きさが近い種類もいます。それが、コガタスズメバチです。

この2種類は顔の突起の数が異なり、オオスズメバチがふたつなのに対して、コガタスズメバチはみっつになっています。さらに、オオスズメバチは閉鎖空間に生息しますが、コガタスズメバチは解放空間に生息しているので、そのような点から種類を判別することもあります。

オオスズメバチはどう猛

非常に攻撃性が強いといわれているオオスズメバチですが、実際にどのような攻撃をするのでしょうか。いくつかの特徴をみていきましょう。

人を襲う理由

そもそもオオスズメバチは縄張り意識の強い蜂で、物音にも敏感です。人に襲い掛かるのも、巣やエサ場を守るための防衛本能からくる攻撃なのです。攻撃の際には、アゴをカチカチと鳴らして警戒音を出しますが、それに気付かずにその場にとどまっていると、ハチからは警告を無視したと判断されるため刺されてしまうのです。

ほかのハチの巣も襲う昆虫界最強の捕食者

昆虫界で最強の捕食者といわれるオオスズメバチは、噛む力の強いアゴを持っており、さまざまな昆虫をエサにしています。エサになる昆虫がいない時期には、ほかの蜂の巣を襲い、そのサナギや幼虫を自分の巣に持ち帰り、幼虫のエサにすることもあるのです。

オオスズメバチの毒の危険性

持っている毒の量もほかの蜂より多く、住宅街で被害の多いキイロスズメバチが0.4ミリグラムなのに対して、オオスズメバチは1.1ミリグラムもの毒を持っています。そのうえ、毒液の続く限り何度でも攻撃可能なので、一度刺されると非常に危険です。

また、オオスズメバチは刺されるだけでなく、毒を霧のように撒き散らす攻撃もします。この毒を目に浴びると、最悪の場合失明のケースもあるのです。さらに、毒の中に含まれる警戒フェロモンで、仲間に敵の接近を知らせ、結果的に大量の蜂に襲われるというおそれもあります。

オオスズメバチの生態

オオスズメバチは北海道から九州まで、日本国内ならほとんどすべての地域に生息しています。山間部で発見されること多いですが、市街地にまったく現れないわけではないので、活動時期には注意が必要です。

オオスズメバチの食事

先ほども軽く触れましたが、オオスズメバチはカマキリやコガネムシ、カミキリムシなどの大きな昆虫も捕まえて巣に持ち帰り、昆虫の肉を噛み砕いてペーストにして、幼虫に餌として与えます。

そしてそのペーストを食べた幼虫が分泌する唾液を、固体のタンパク質を消化することができない成虫が、栄養ドリンクとして摂取します。栄養ドリンクとなるのはそれだけではなく、クヌギなどの樹液や花の蜜も採取します。

ミツバチの巣への集団攻撃

オオスズメバチはミツバチの巣を襲撃することがあります。しかし、最初から多くの仲間を引き連れて襲いに行くわけではありません。

まず、偵察役のオオスズメバチがミツバチの巣を探し出し、特殊なフェロモンでマーキングします。そのフェロモンで仲間を呼び、集団攻撃で巣を壊滅させるのです。

偵察役が仲間を呼ぶ前にミツバチに倒されてしまうこともありますが、それよりも先に仲間が到着すれば、ミツバチの体長は大きい女王蜂でも20ミリメートル前後なので、体格差で圧倒的に有利であるオオスズメバチがあっという間にミツバチを全滅させてしまいます。

オオスズメバチの巣

オオスズメバチは閉鎖的な空間を好み、巣はおもに土の中や木の根元、樹洞(木の中にある空洞)、ネズミやヘビなどの使わなくなった巣穴を利用してつくりますが、まれに住宅の床下につくることもあります。

発見されるのは山間部が多いですが、市街地でも公園や空き地、庭に放置している木など、自然と近しい場所があれば巣をつくるおそれがあるので、ご自宅近くにそのような場所がある人は注意が必要でしょう。

オオスズメバチの巣盤の数は4~10層、育房数は3,000~6,000房で、枯れ木などから集めた繊維を唾液で固めて巣をつくります。出入口はひとつなので、底が抜けた丸いボールのような形になっていて、光沢のある薄い外皮が特徴です。そしてその外皮は色違いのうろこやマーブル模様のような柄をしています。

危険すぎる!オオスズメバチの駆除はプロに任せましょう

蜂の巣は大きさによっても危険性が異なり、大きければ大きいほど巣の中の蜂が多いので、危険性は高まります。したがって、巣が小さいうちに駆除してしまうのが比較的安全なのですが、いくら小さい巣でも自力で駆除するのは得策ではありません。

一般的な服では蜂の針が貫通してしまうので、専用の防護服を着用する必要がありますし、人が入れないほどの狭い場所や高所は特殊な道具や薬剤が必要です。

安全に蜂の巣駆除をおこないたい人は業者への依頼をおすすめします。

スズメバチ駆除ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

オオスズメバチの被害に遭わないために

オオスズメバチの危険性についてみてきましたが、被害に遭わないようにできる対策はあるのでしょうか。

住宅街にも潜んでいる可能性がある蜂です。他人事のように思わず、どのような被害があり、遭遇してしまったらどう対処すればよいのか、自分にできる対策はないのかを考えておきましょう。

襲われたらどうなる?

オオスズメバチの攻撃力はハンパない!刺されることなく撃退するには

オオスズメバチは、蜂の中でも刺されたときの痛みや腫れがもっとも激しく、酷いときには、腫れが治まっても皮膚が陥没してしまうことがあります。

また、刺された人は、毒から出たフェロモンで仲間の蜂からも敵と認識されるので、集団攻撃に遭うことも少なくありません。そのため、なかなか被害に遭った場所から離れることができず、処置が遅れ、最悪の場合死に至ることもあるのです。

しかし、慌てて蜂を払いのけたり、走って逃げる行為は、蜂を刺激してしまって危険なので、ゆっくりとその場を離れ、一刻も早く専門医に相談しましょう。

危険な季節

オオスズメバチは6月ごろから働き蜂が羽化し始めるので、働き蜂が増え、活発に活動する7月~11月に被害が多発します。

夏休みになると、子供たちがカブトムシやクワガタなどを採取しに行くことがありますが、近所の公園でも、閉鎖的な場所があれば巣をつくっている可能性がありますし、虫取りができるような場所では、樹液に集まるオオスズメバチにも注意が必要です。

危険な場所

巣をつくる土の中や木の根元はもちろん、森の中や人の手が入っていない空き地、放置された木材などがある場所なども危険です。

オオスズメバチは閉鎖的な空間を好むため、巣も見た目にわかりにくい場所にあり、知らずに巣に近づいてしまって、襲われる危険があるので注意しましょう。

オオスズメバチを見かけたら……!

オオスズメバチは、監視役として常に巣を見張っている蜂がいるので、1匹でも見かけたら近くに蜂の巣があると警戒したほうがよいかもしれません。

自ら蜂や巣に近づかないのはもちろんですが、蜂を引き付けるものを身に付けない・持ち歩かないというのも重要です。蜂はヘアスプレーや香水、食べ物や飲み物の匂いにも反応します。アウトドアの際はヘアスプレー類の使用を控え、食べかけ・飲みかけの物を放置しないようにしましょう。

そして、万が一知らずに蜂や蜂の巣に近づいてしまった場合でも、蜂は「警戒している」というサインを出してくれます。ブンブンと羽音を鳴らして周りを飛び回ったり、アゴをカチカチと鳴らして警告したりします。

その行動や音に気付いたら、ゆっくりと来た道を戻ってその場から離れましょう。慌てて手で払いのけたり、スプレーなどで反撃したりすれば、蜂が攻撃されたと勘違いしますし、走り回ったりすると、俊敏に動くものを攻撃するという習性から、かえって蜂の攻撃を煽ってしまいます。

オオスズメバチを見かけたら、慌てず騒がず、ゆっくりその場を立ち去りましょう。

ハチ駆除はすぐに対応してくれる業者へ依頼しよう

蜂はさまざまなところに巣をつくっているため、いつどこで蜂や蜂の巣を見かけるかわかりません。

弊社では、無料相談窓口が24時間365日対応なので、早朝や夜中に見つけてしまっても、いつでもご相談いただけます。

見つけたその日に駆除したいときは、業者に任せてみてはいかがでしょう。素早く確実に蜂の巣駆除が可能です。

スズメバチ駆除ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

蜂の巣駆除の流れや費用|業者はどう選ぶ?

実際に蜂の巣駆除をしようと思っても、どんな作業をおこなうのか、費用はいくらかかるかなど、気になる点も多いでしょう。そして何より、何を基準に業者を選べばよいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

蜂の巣駆除・おもな作業の流れ

オオスズメバチの攻撃力はハンパない!刺されることなく撃退するには

まずはお問い合わせいただいて、簡単に状況をうかがいます。

※蜂の種類や巣の場所と大きさなど、わかる範囲で大丈夫です。

次に調査をおこないます。プロのスタッフが実際に現場を見て、巣の場所や大きさ、蜂の種類など、駆除に必要な情報を収集します。作業内容や不安に思っていることは事前に確認しておくと安心です。

現場調査の結果に応じて、必要な費用を計算し、見積りを出します。場合によっては電話での見積りのみおこない、現場調査なしで作業することもあります。予算がある場合は、予算内でどのような作業が可能かなどを相談するとよいでしょう。

駆除作業をおこないます。

※依頼が多い時期には希望日での作業が難しいことがあるので、早めに日にちを決めておくのがよいでしょう。

基本的には上記の流れで作業をおこないます。業者によっては別のサービスも一緒におこなってくれたり、駆除後の保証がある場合もあるので、業者を選ぶ際には細かい部分まで確認して決めましょう。

蜂の巣駆除の費用相場

蜂の巣駆除で基本的にかかる費用は、出張費・薬剤費・作業費で構成されていますが、蜂の種類や巣のある場所、巣の大きさや数によって異なるため、一概にいくらという基準が難しいものです。ちなみに、スズメバチは駆除するにあたりもっとも危険性が高いため、ほかの種類に蜂に比べ、費用は高めのものが多くなっています。

また、高所作業が必要な場合や、人の入れない特殊な場所での作業の場合は、追加料金がかかることもあるので、事前に確認しておくのがよいでしょう。

業者を選ぶポイント

業者を選ぶ際に重要なのは、お客様の要望に応えられるかです。つまり、求めている作業内容によって、選ぶべき業者は異なるということです。

見積り内容がわかりやすい

どんなことにいくら使われているのか、交渉によって費用を抑えることはできないのかなど、内訳を把握したい人は見積り内容がわかりやすい業者がおすすめです。

追加料金なし

とにかく費用を抑えたい、予算内でできる限りのことをしてほしいなど、費用面を重視している人は見積りから追加料金が発生しない業者がよいでしょう。

丁寧な説明

実際にどのような作業をおこなうのか、作業にともなう現場への影響や作業後の状態の説明など、内容を詳しく聞きたい人は、作業内容を丁寧に説明してくれる業者を選びましょう。

迅速な対応

とにかくすぐに駆除してほしい、子供が学校に行ってるうちに作業を終わらせてほしいなど、時間がない人や早く作業を終わらせてほしい人は、即日対応可能な業者を選ぶ必要があります。

アフターフォロー充実

「蜂の巣駆除が完了したら、その後はもう安心なの?」といった不安のある人は、アフターフォローのサービスや駆除後の保証がついている業者が安心です。

電話対応が親切

初めに問い合わせをした印象で決めるという人は、電話対応が親切でわかりやすい業者に依頼するとよいでしょう。

以上のことを参考に、自分の求めているサービスは何かを決めて選ぶと失敗しない業者選びができるのではないでしょうか。

費用を安くするワザ

駆除するにあたり、優先することは別にあるけれど費用も抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで、少しでも費用を安くする方法を考えてみましょう。

助成金

自治体によっては、蜂の巣駆除の助成金を出していることがあります。お住まいの地域にその制度があるかどうか、ホームページなどで確認してみてはいかがでしょう。

料金比較

ひとつの業者だけを調べていると、基準がわからなかったり、内容が不十分だったりといったことが起こりかねないので、いくつかの業者を調べて、それぞれの見積りを比較して、安いところに依頼するというのもひとつの手です。

いずれにせよ、蜂の巣駆除は危険がともないますし、駆除後に巣がなくなったことを知らずに元の巣の場所に戻ってくる戻り蜂まで駆除しなければなりません。また、蜂の巣を完全に駆除するには、必要になる特殊な道具や薬剤もたくさんあるため、業者による確実な駆除が必要です。

しかし、作業内容や費用などはわからないことも多く、すべてを自力で調べることは非常に大変です。業者によって対応可能な地域も異なるので、お住まいの地域に対応する業者を見つけるのもひと苦労です。

弊社では、地域ごとに対応可能な業者や作業内容、かかる費用の目安など、さまざまな視点から蜂の巣駆除業者を選択できます。蜂の被害に遭う前に、ぜひご相談ください。

スズメバチ駆除ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

危険なハチ被害を迅速に解決!

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ 無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内 無料現地調査のご案内