危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.13更新

スズメバチ駆除を自力で挑戦!道具・手順・予防|依頼先の選び方

スズメバチ駆除って自力でできるの?3つの判断ポイント

夏にかけて猛威を振るい始めるのが、人を刺すこともあるハチです。住居の近くにできてしまった巣は、できるだけ早く駆除したいところ。いざ業者に頼もうとすると、業者選びや日程の調整などの面倒なこともあるので、できれば自力で対処したいという方もいらっしゃることでしょう。

ハチの巣を自分で駆除するときに、どのような条件なら自分で対処できるのか知っておかないと文字通りの「痛い目を見る」ことになります。

そこでまずは巣を作ってしまったハチに自力で対処することはできるのか判断する際のポイントを解説します。また、スズメハチ駆除をする際の方法や利用できる自治体や業者のサービスについても紹介していきます。

判断ポイント1:ハチの種類

判断ポイント1:ハチの種類

日本にはたくさんの種類のハチが生息していますが、ハチは体の大きさや食べるものの種類によって大きく3種類に分けることができます。それが、ミツバチ、アシナガバチ、そしてスズメバチの3種類です。

種類により、攻撃性や刺された場合の被害の大きさに差があるので、見分けることは自分で対処できるかどうかの判断基準になります。

もっとも危険なのはスズメバチです。スズメバチを自力で駆除しようとするのはおすすめできません。これから紹介する巣の大きさなどの要因を合わせて考え、し自分で対処できるものかどうか判断しましょう。

【ミツバチ】
ミツバチはその名の通り花の蜜を主食としているハチで、花の花粉の受け渡しを助けたり、ハチミツを作ったりと、人間にとってメリットの大きいハチです。体長は2センチメートルほどと小柄で、身体を毛に覆われた丸っこい形をしています。この後紹介する2種類とは違い、女王ハチ以外の働きハチと呼ばれるハチも、冬を越すことができます。

日本に生息しているミツバチで代表的なのが、在来種のニホンミツバチと外来種のセイヨウミツバチです。ハチを利用してハチミツを生産する養ハチに用いられていることが多いのはセイヨウミツバチで、こちらはヨーロッパや中央アジアが原産。日本には明治時代にアメリカから持ち込まれたといわれています。

ミツバチの攻撃性は高くありません。花の周辺をミツバチが飛んでいるくらいであれば、特に警戒する必要はないでしょう。しかし巣への危険を感じたときは集団で襲ってくることもあるので、家の近くなど人間の生活圏に巣ができてしまったときには駆除が必要になります。

【アシナガバチ】

長い足を垂らしてフワフワと飛んでいるハチを見かけたら、それはアシナガバチだといえるでしょう。アシナガバチはほかの虫を食べる肉食のハチです。春先から秋にかけて活動をします。

アシナガバチの体長は2センチメートルから2.5センチメートルほどで、ミツバチとスズメバチの中間ほどのサイズです。体の色は黄色っぽいものが多く、足や胴体などが細く長いため全体的にスリムな形をしています。

ミツバチは花の周辺を飛び回って蜜の採取をしていることが多いですが、肉食のアシナガバチは庭先などの花のないところでも飛び回ります。

アシナガバチの性格は凶暴ではなく、敵を攻撃するのは巣を刺激された場合が多いでしょう。そのため出かけた先で遭遇しても警戒しすぎる必要はありませんが、家の近く巣ができてしまうと駆除が必要になります。アシナガバチに刺されると毒で患部が腫れて痛みをともなうので、駆除の際には万全の対策が必要です。

【スズメバチ】

無防備な普段着のままでは絶対に近づいてはならないのがスズメバチです。ハチの中でも攻撃性が非常に高く、人間に出くわすと威嚇し、針を使って攻撃してきます。見つけたら静かにその場から立ち去りましょう。

スズメバチの体長は2センチメートルから4.5センチメートルほどにもなり、大型な体が特徴です。色は種類によって黄色のものやオレンジ色のものがおり、黒い縞が入っていることがあります。ずんぐりとした太い導体で、飛行するときにはブーンという低い音を立てます。

スズメバチの針は最大で長さ7ミリメートル、直径0.5ミリメートルほどにもなり、死に至ることもある強力な毒をもっています。スズメバチは自然の生態系の中でも捕食者としての重要な役割をもっていますが、身近な場所に巣を見つけたら駆除をしないと危険でしょう。

とても危険なハチなので、駆除には万全の装備と細心の注意が必要となるので、自力での駆除は相当な覚悟が必要でしょう。

判断ポイント2:ハチの巣の形・サイズ

自力でハチに対処するうえで、ハチの巣を観察することはふたつの理由において重要です。ひとつめの理由は、ハチの巣の大きさを見極めるため。もうひとつは、ハチの種類を見分けるためです。

巣駆除の経験のない人がハチ駆除をする際の判断基準として「15センチ以上のハチの巣は自力では対処しないほうがよい」ということがいわれます。巣が15センチ以上になると、市販のスプレーなどでは太刀打ちできないほどの数のハチが生息していることになり危険だと判断されます。自力での対処は控えましょう。

ミツバチ・アシナガバチ・スズメバチの3種類はそれぞれ形の違う巣を作ります。以下にそれぞれの巣の特徴をまとめました。

【平面の板状:ミツバチの巣】
ミツバチは平面の巣板を何枚も作ります。層状に重ねてそれぞれの面を空間一杯に広げるように作るので、ひとつひとつの板のサイズは大きく1メートルほどです。集団で生活しており数が多く、1万匹にも及ぶことがあるので巣も大きくなります。

【逆さにしたお椀型:アシナガバチの巣】
アシナガバチは直径が最大で20センチメートルほどになるシャワーヘッド状の巣を作ります。お椀を逆さにしたような形をした巣で、下から六角形の巣穴が見える構造です。巣にいるアシナガバチは、これにしがみつくようにして生活しています。

【丸いまだら模様:スズメバチの巣】
スズメバチの巣は、巣板を覆うように頑丈な外壁を備えており、地上にも地中にも作られます。色は茶色と白のまだら模様で、丸いボールのような形が特徴的です。大きさはさまざまですが、大きいものは80センチメートルほどにもなるとされます。

判断ポイント3:ハチの巣の場所・高さ

ハチの巣の撤去は、どこにあるかによっても難易度が変わります。業者によっては対応できない場所がある場合があるほど、ハチ退治において「地の利」は重要です。知らないまま、危険な場所でのハチ駆除にのぞんでしまわないよう、ハチの巣がある場所の違いによる難易度の差を知っておきましょう。

【閉鎖的な場所は危険】
ひとつめの基準として、閉鎖的な空間にある巣の撤去は危険な作業となるでしょう。閉鎖空間の例としては、屋根裏や木々が茂った場所にできた巣や、側溝、建物の隙間等に巣がある場合などです。

巣を刺激すると大量のハチが一斉に襲いかかってくるため、逃げ場のない空間で戦いを挑むと「袋叩き」にあうことがあります。軒下などの開放的な場所にできた巣のほうが、比較的安全に処理できます。

【高所の巣も危険】
巣は軒下や木の上など、高所にできることが少なくありません。スプレーなどで対処するときは必ずスプレーの「射程距離(スプレーの霧が届く距離)」を意識しましょう。

ハチ用の強力な噴射ができるスプレーがある場合は、商品の説明に従い、ゴキブリなどに使うような一般的な殺虫スプレーを使用する場合は、スプレーが届く距離を保って噴射します。

脚立に上る必要があるほどの高所の巣を自力で駆除することは避けましょう。脚立に上ると自由な動きが制限され、危ないときに逃げ遅れることがあります。転落するおそれもあるので、高いところに作られた巣は業者に頼みましょう。

【地中やタイヤ、倒木内などにある巣はスズメバチです】
スズメバチは地上だけでなく、何かの内部に巣を作ることがあります。地中や、積み上げられた木材や雑草、廃棄されたタイヤの中などからハチが出てきている場合、そのハチはスズメバチである可能性が高いです。

タイヤや雑草は巣の位置が特定しにくいため、このような場所にある巣は自力では対処しないほうがよいでしょう。

ハチの巣の駆除が難しい理由

ハチの巣の駆除は、実は専門性の高い作業です。ミツバチを飼いならし、ハチミツを作る養ハチ家の人でも、ハチを扱うときには防護服を着用します。ハチ駆除の業者も、専用の道具を備えた状態で駆除をします。

そのような道具が必要な一番の理由は、ハチ駆除は危険をともなう作業だからです。ハチの危険性は、単にアシナガバチやスズメバチがもつ毒の脅威にとどまりません。ハチは、どの種のハチに刺されたときでも、最悪の場合死に至る毒をもっているのです。

ハチに刺されると、体内に「ハチ毒」と呼ばれる独特の物質が入ります。この物質は、人間の体と反応してアレルギーの過剰反応を起こすことがあります。アレルギー反応によって、かゆみや皮膚炎、嘔吐や寒気などの症状が起こり、重度の場合は死に至ることもあるのです。

また、ハチは巣を壊しても、出かけていたハチが元の場所に戻ってきてしまうことがあります。ハチの習性を理解している業者であれば、この戻ってくるハチにも対策を講じることができるのです。

業者はこのようにハチの習性を理解し、ハチの攻撃に対抗できる道具を用意しています。また、万が一アレルギー症状が起こった際にも、正しい処置をわきまえていることでしょう。ハチ駆除は駆除だけでなく予防もしてようやく安全といえるため、駆除経験のない人には難しい作業といえるのです。

無理だと判断したら業者に相談!

以上で紹介した判断基準は、次のようにまとめることができます。まず、15センチ以上の大きさの巣には対処しないこと。そして難しい場所にある巣は業者に頼むことです。

ハチの巣の駆除が自力では無理だと判断される場合は、業者に相談しましょう。業者であれば確実に、安全に駆除ができます。ハチ駆除ができる業者について、詳しくは以下のリンクからご確認ください。

スズメバチ駆除!危険と思ったらハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【ハチの巣の駆除】注意事項・時間帯・道具・駆除方法

ハチの駆除を自力ですることは、危険な作業です。それでも自分でやる必要があるという方のために、駆除の具体的な方法を解説していきます。なおご自分でハチの巣を処理する際は、あくまでも危険な作業ですので、自己責任でおこなうようにしてください。

駆除前に確認!注意事項

駆除前に確認!注意事項

ハチの習性にあわせて対策することがハチ駆除では重要になります。駆除前には、以下のことを注意してください。

  • 甘い匂いは身につけない。
  • 黒に近い色合いは身につけない。

スズメバチは甘い匂いや黒い色に惹かれる習性をもっています。黒いものを避けるのは分かりやすいですが、匂いに関しては見落としがちなことがあります。

具体的には、香水などの匂いが考えられますが、シャンプーや衣類の洗剤の匂いにも反応することを忘れないようにしてください。

駆除に向いている時間帯

日中に活動し、夜は巣で眠るというハチの習性から考えて、駆除に向いている時間は日没後2~3時間くらいの時間がよいです。その時間には、日中巣の外に出かけていたハチが巣に戻り、じっとしています。巣のハチを一網打尽にするチャンスは夜の間です。

駆除に必要な服装・道具

駆除には万全の防備体制が必要です。服装と道具の準備には余念のないようにしましょう。ここでの準備が成功と失敗を分けます。

服装や道具は以下のものを用意しましょう。防護服があるのが一番安全です。のちほど説明しますが、防護服は市町村が貸し出ししていることがありますので、利用できるのであればそちらを活用しましょう。

  • 防護服
  • 軍手(2,3枚を重ねて着用します)
  • 厚手の服数枚
  • ガムテープ
  • ハチ専用またはエアゾール型殺虫剤
  • 長めの棒
  • ノコギリ
  • 虫取り網
  • ゴミ袋
  • 赤いセロハンを貼った懐中電灯

まず注意したいのは、軍手です。軍手は1枚では針が貫通してしまうおそれがあるため、複数枚重ねて着用します。ガムテープは、服のそでなどを縛り、ハチが服の中に侵入してくるのを防ぐために使います。

虫取り網はできるだけ口径と網が大きく、目の細かいものがおすすめです。ごみ袋は3枚以上を重ねて、取ったハチの巣を入れるために使用します。

ハチは赤い光を認識する力が弱いので、懐中電灯の発光部には赤いセロハンを貼り付けることを忘れないようにしてください。こうすることで光によってハチを刺激することなく駆除作業をおこなうことができるでしょう。

ハチを駆除する方法

それでは具体的なハチ駆除の手順を紹介していきます。ここに紹介している方法は、すべてを正しくおこなったとしても危険が残ります。実際にハチ駆除をする際は、自己責任でおこなうようにしてください。

【巣の様子を確認する】
まずは巣の位置と大きさなどを確認する必要があります。日中に観察し、巣がどこにどのような形で付いているのかを把握しましょう。スマートフォンなどを使い、現場で素早く写真を撮って確認すれば比較的安全に下見ができることでしょう。

【殺虫剤を使用する】
夜間、巣に近づきます。ゴキブリなどに使う一般的な殺虫スプレーを使用する場合は、1~2メートルほどの距離まで接近しましょう。次に殺虫剤を噴射するのですが、噴射は2~3分間おこないます。このときハチが大量に舞い出てきます。危険を感じたら逃げましょう。

【巣とハチを袋に入れる】
巣の表面からハチがいなくなったら、巣を落とします。棒でつついて落ちるようであれば棒を使い、頑丈な場合はノコギリ等を使用します。巣を袋で覆うようにしてから切ると、すぐに密閉できます。

【駆除後1】2つのトラップで「戻りバチ対策」をする

ハチの巣を駆除したらそれで終わりではありません。巣を駆除した後には、その巣に住んでいたハチが戻ってくる「戻りバチ」という現象が起こるおそれがあります。これはトラップで未然に防ぐことができるので、有効なものを紹介しておきます。

【粘着シートを利用する】
ネズミ捕りのための粘着シートを改良して、ハチを捕獲するトラップを作ることができます。戻りハチを見つけたら、業務用のネズミ捕りを広げておきます。

ハチは一匹がどこかにとまるとほかのハチも寄ってくる習性があるため、この粘着シートに一匹でもハチがとまればたくさんのハチが吸い寄せられ、捕獲できるのです。

粘着シートの真ん中にはペットボトルキャップの中に餌として酢・みりん・酒を混ぜた液を入れておくと、ハチが寄ってきやすくなります。

【巣の跡地に殺虫剤を噴射しておく】
巣を撤去した後の部分に殺虫剤を散布しておくことで、ハチが近づけないようにしておきます。手軽にできる方法なので、粘着シートの用意ができない方はこちらを試してみてください。

【駆除後2】ハチの巣の予防対策

ハチの巣ができるのを予防する方法もあります。予防ができれば、駆除に割く時間も危険もまとめて回避することができていいですよね。ハチが活動する前の3月までに時期にこの記事を読んでいる方は、すぐに実践しましょう。

【point1.ハチの巣ができやすい場所の把握】
巣が作られやすい場所の典型例は軒下です。風雨を避け、出入りも簡単なのでハチにとってはちょうどよい場所ですね。また、同じ理由で屋根裏や軒下などにも侵入し、巣を作ります。生け垣や庭の木にも巣ができることは多いです。

【point2.隙間を塞ぐ】
外壁に隙間がある場合や屋根裏・軒下への通気口は、そのままだとハチの侵入を許してしまうかもしれません。外壁の隙間は外壁工事などをしておくと、そのほかの害虫対策にもなり一石二鳥です。通気口類はネットを取り付けておくと、換気機能を損なわずにハチ対策ができます。

【Point3.古い巣がある場合は取り除く】
ハチは古い巣に戻ってきて活動することはありませんが、古い巣の近くにまた新しい巣を作ってしまうことがあります。これは巣の位置が蜂にとって快適であるという目印になるからともいえます。古い巣は取り除き、そこには前述の粘着シート等のトラップを仕掛けておくようにしましょう。

「駆除が難しい」「戻りバチが減らない!」ならプロに依頼

駆除は危険をともない、また準備にも時間と費用がかかります。リスクの高いハチの駆除や、ハチ駆除のあとの戻りハチに悩んでいる場合は、業者に相談してみてください。ハチ駆除の業者について詳しくは下のリンクから情報を得ることができます。

スズメバチ駆除!危険と思ったらハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

ハチ駆除を【地方の自治体】に依頼した場合の流れ、費用

市区町村などの地方自治体では、ハチを住民の生活に支障をきたすものとして駆除を補助している場合があります。また、防護服などの高価な道具の貸し出しをおこなっている場合もあるので、一度調べてみるとよいでしょう。

ただ、自治体によっては環境保全の観点からハチ駆除を補助しないこともあるので、その場合は業者への依頼が必要になるかと思います。ハチ駆除を依頼できる業者に関しては、以下のリンクをご覧ください。

スズメバチ駆除!危険と思ったらハチ110番へ!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

ハチ駆除を【業者】に依頼した場合の流れ、費用、選び方

ハチの駆除は、自力でやるよりも業者に依頼したほうが確実で安全だということをお伝えしました。業者に依頼した場合の流れや費用などはどうなるのでしょうか。また、最適な業者の選び方も合わせて知っておきましょう。

業者に駆除を依頼したときの流れ

業者に駆除を依頼したときの流れ

これは一例になりますが、業者に駆除を依頼するとまずは業者が現場を訪れ、状況を見ることになります。その下見に応じて見積もりをし、支払いの費用が確定します。費用に納得できたら、駆除作業をし、完了です。

業者に駆除を依頼した場合の費用

費用としては業者によりさまざまです。価格が変動する要因としては、ハチの種類や巣の大きさ、そして巣の場所による作業自体の難しさに加え、8月頃の繁忙期には費用が高くなることがあると考えられます。

また、ハチの巣駆除は業者が出張しておこなうタイプの作業ですので、駆け付けるまでの移動費も、費用に含まれることを覚えておきましょう。

業者に依頼したときの費用としては、全国的には5,000円強から20,000円くらいの値段設定があります。よくある価格帯としては1.5万円~2万円です。これくらいがいわゆる「相場」だと意識しておくとよいかもしれません。

業者を選ぶならココに注目!【3つのポイント】

業者を選ぶ際の基準は、人によってさまざまです。巣が玄関先などにできてしまい、いち早く巣を処理したい方はスピードを重視しますし、日常生活に支障がなければ値段を安く済ませたいと考えるでしょう。

その中でも、誰にでも共通してクリアしておきたい業者選びのみっつのポイントは、以下になります。

  • こちらの予定にあわせてくれるか。
  • 費用は明瞭で、相場に見合っているか。
  • 難しい場所の作業もこなせる業者か。

ハチ駆除は時間を要する作業です。大きい巣だと下見から作業終了まで半日ほどかかることもあるため、業者と予定を合わせる必要があります。そのときこちらの予定に合わせてもらえると便利です。

費用は安すぎても不安が残るため、相場に見合った業者を選びましょう。また、高所や閉所などでの難しい作業の経験がある業者なら、より信頼できます。

業者選びの際は、以上のポイントを最低条件とし、あとは自分が必要だなと思うことを基準にして選んでいってください。

ハチ110番では以上の条件を満たし、お近くで迅速に対応できる業者を紹介することができます。ハチ110番にお任せいただければ、面倒な業者選びをする必要はありません。

24時間365日解説のフリーダイヤルがございますので、現地無料調査やお急ぎ時の対応などはこちらからご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

危険なハチ被害を迅速に解決!

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ 無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内 無料現地調査のご案内