危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.06.17更新

働き蜂の一生|女王蜂とオス蜂との違いや活動時期について解説します

働き蜂の役割!女王蜂とオス蜂との違い

働き蜂にはエサ取りや巣の防御など、さまざまな役割があります。蜂は餌場の近くに巣を作るため、働き蜂の出現はそのまま蜂の巣が近くにあるサインとなります。

そんなサインを見つけたら、蜂被害に遭う前に何かしらの対策や対処をする必要があります。

このコラムでは、働き蜂の役割や巣の特徴や、働き蜂を自分で駆除する方法を説明します。また、業者に駆除を依頼する際に気になる業者の選定ポイントや費用相場も紹介します。

働き蜂はすべてメス!?

働き蜂はすべてメス!?

働き蜂は外で活発にエサを集めたり、危険を感じると襲って来たりするためオスのイメージがある人が多いかと思います。しかし、働き蜂はメスなのです。オス蜂の役割はこの後説明していきますが、オスが交尾以外で飛び回ることはありません。

働き蜂の一生と役割

働き蜂は、いったいどれくらいの寿命でどのような一生を過ごすのでしょうか。ミツバチの場合と、スズメバチ・アシナガバチの場合をみていきます。ミツバチの働き蜂は、成虫としての寿命は約3か月です。ミツバチの働き蜂の中には越冬する個体もいます。

スズメバチやアシナガバチの働き蜂は、成虫として約1ヶ月生きます。しかし、ミツバチとは違いスズメバチやアシナガバチの働き蜂は越冬することはありません。では、この短い寿命の中で、働き蜂たちは何をしているのでしょうか。

スズメバチやアシナガバチの働き蜂たちは、5月ころに孵化して飛び立ち始めます。働き蜂の仕事は、主に営巣、エサ集め、保育、防御の4つです。

働き蜂は夏に向けて蜂の巣を拡大させます。新しい女王蜂の幼虫や、これから生まれる働き蜂の幼虫を育てるための巣穴を作ります。女王蜂や蜂の幼虫、オス蜂はエサを取りに行くことはありません。そのため、女王蜂やオス蜂の代わりに花の蜜や花粉を取りに行く必要があるのです。女王蜂のご飯となるロイヤルゼリーを分泌することも、大切な働き蜂の役割です。

さらに働き蜂は、女王蜂とともに巣穴の幼虫を世話したり、巣が暑くならないように風を送ったりもしています。もちろん、巣に危険が迫ったときは、働き蜂が総出で防御します。このようなことから、働き蜂は女王蜂のサポートや幼虫たちを守るために、短い寿命の中でじつに多様な役割を持って生活していることがわかります。

女王蜂とオス蜂との違い

女王蜂とオス蜂についても詳しくみていきましょう。女王蜂はほとんどの種類において、蜂コロニーの中で最大の蜂です。越冬をしながら平均で3~4年生きます。女王蜂の大切な役割は、産卵することです。とくに次の世代を生きる新女王蜂の産卵が一番重要な役割になります。

では、オス蜂はどのような一生を送るのでしょうか。オス蜂の最も重要な仕事は交尾です。9月ころの繁殖期間以外は巣の中に留まって、働き蜂が運んでくれた花の蜜や花粉を食べて生活します。秋に女王蜂と交尾を終えると、あっけなく死んでしまいます。

働き蜂を見かけたら近くに巣があるかも!

働き蜂はエサを見つけると巣に運びます。エサがあるエサ場と巣の距離が近いほど、往復にかかる負担も少なく効率的にエサ取りができるため、なるべく近くに建設します。それ以外にもどのような条件の場所に巣が作られやすいのか、具体的にみていきましょう。

蜂の巣が作られやすい場所

蜂は、近くに餌が豊富にある場所や風雨や外敵から巣を守りやすい場所に巣を建設します。ロイヤルゼリーの原料になる植物を蜜源植物と呼び、その蜜源植物が近くにあるとより巣を作られやすくなります。

代表的な蜜源植物として、柑橘類のミカンやカラスザンショウ、シソ科のレモンバームやラベンダー、マメ科のレンゲやクローバなどです。もしこれらの植物が近くに生えている場合は、何かしらの蜂対策をおこなうべきでしょう。

家屋の床下や軒下、屋根裏や雨戸の戸袋などにも蜂には人気の巣の建設スポットです。野鳥やクマ、カマキリやオニヤンマのような蜂を捕食する外敵から身を守りやすく、なおかつ雨や風で巣が破壊されることも少ないからです。

蜂の巣の特徴

スズメバチの巣は、全体を外壁で覆った茶色または茶褐色のボールのような形状です。巣の中は幼虫を育てるための板状の巣穴が何層にも連なっています。閉鎖的な場所を好み、家屋の床下や屋根裏に営巣します。

働き蜂の数が増えて巣が手狭になると、樹上や軒下など広々とした場所に大きな巣を作り引越しをします。

アシナガバチの巣は、灰色や灰褐色のシャワーヘッドのような形状です。スズメバチとは違って外側から無数に並んだ六角形の巣穴を見ることができます。木の枝や軒下、庭にある置物など、他の蜂に比べて見つけやすい場所に巣を作ることが特徴です。

ミツバチは、巣板などに鉛直(えんちょく)方向に延びる平面構造の巣を作ります。養蜂園などで蜂蜜がいっぱいついた板を、木箱から取り出している様子をご覧になったことがある方も多いでしょう。ミツバチもアシナガバチ同様に、巣の外壁を作ることありません。そのため、家屋の隙間や床下さらには樹木にできた穴やくぼみである樹洞などに巣を作ります。

もし蜂の巣を見つけたら?

8月~9月は、蜂たちは新女王蜂の産卵に向けて神経質で攻撃的になっています。働き蜂の数も数百匹から数万匹と最大数です。そのためこの時期に蜂の巣を見つけたときは、自分で駆除しようとしはせず、業者のアドバイスと完璧な防護設備を整えてから駆除したほうが賢明です。

一部の自治体や保健所では、蜂の巣駆除に対する指導や相談、さらに駆除にかかる料金の助成をおこなっている場合があります。蜂の巣を見つけたときは、一度お住まいの自治体や保健所に相談したり、ホームページを確認するようにしましょう。

ハチ110番では、24時間365日蜂のトラブルでお悩み方からのお電話を受け付けています。現地無料見積りから始めることもできるお近くの蜂の巣駆除業者を、迅速に手配いたします。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

蜂の巣駆除はいつおこなうのがベスト?

蜂の巣はどのタイミングで駆除すれば、高い効果を得ることができるのでしょうか。また自分で蜂の巣を駆除しても大丈夫なのでしょうか。この章では、巣の駆除に適した時期や、自分で駆除する方法をまとめました。この章を参考に、安全で効果の高い駆除をおこないましょう。

蜂の巣駆除にオススメな時期

蜂の巣駆除にオススメな時期

蜂の巣駆除にオススメな時期は、ずばり冬になります。蜂は寒さに弱い昆虫です。先述のとおり、秋に交尾をすると女王蜂は越冬準備に入り、多くの働き蜂とすべてのオス蜂は死んでしまいます。そのため、冬は最も安全な駆除作業ができる時期といえます。反対に6月~10月は働き蜂の活動が活発です。

とくに8月~9月ころは新女王蜂の産卵期であるため、蜂の数も多く、最も攻撃的な時期です。この時期にはうかつに蜂の巣には近寄らないでください。

自分で駆除できるの?

4月ころは、越冬から目覚めた女王蜂しかいない時期です。巣の大きさもせいぜい人間のこぶし大程度のため、自分でも駆除できる範囲と言えそうです。しかし、5月以降には働き蜂が数千~数万匹と生まれ、活動的になり大変危険になります。自分で駆除することは避けましょう。

女王蜂のみの巣を駆除する方法

用意するもの

駆除に使う薬剤や道具と自分の防護のための道具を準備しましょう。まず、駆除に使うものとしては、女王蜂を退治する殺虫剤や、再び同じ場所に営巣されることを防ぐ蜂駆除スプレーを用意します。蜂の巣が木の上など高い場所にできているときは、延長噴霧ノズルもあると便利です。

次に自分を防護するもとのとして、厚手の防寒着やズボン、手袋や長靴を身につけて皮膚が露出しないように防護しましょう。ゴーグルやマスクを装着して、顔の防護もおこなってください。

作業手順

駆除剤と自分の防護を整えたら、駆除作業に取り掛かりましょう。まず、殺虫剤を巣に直接噴霧します。巣の中から羽音が消えて蜂が出てこなくなるまで噴霧してください。蜂の退治が確認できたら、蜂の巣をほうきや棒で叩いてゴミ袋に落とします。

近くに生き残った働き蜂がいることも考えられますから、周辺に殺虫剤を噴霧しておきましょう。また、巣の中にも念のため再度殺虫剤を噴霧することも忘れないでください。

蜂の巣駆除に不安を感じたらプロに依頼しよう!

蜂の巣を駆除するためには、蜂の種類に合った殺虫剤や駆除剤を使用したうえで、完全防護を施しておこなう必要があります。女王蜂一匹だけを駆除するのであれば一人でもできそうですが、働き蜂が生まれてしまうと完全駆除をすることは容易ではなさそうです。さらに蜂の巣を駆除してけがをしたり、家族や近隣に迷惑をかけたりしては本末転倒です。

自分で駆除するのが難しいと感じたら、無理をせずに業者に依頼しましょう。業者に依頼すると、近隣住民のことも考え、必要に応じて防護ネットを張って安全に駆除してもらえます。また、駆除に使う機材も揃っているため、準備にかかる手間も省くことができます。

“ハチ110番”では、24時間365日蜂トラブルの相談を電話受付しています。「蜂が怖い」「蜂を完璧に駆除したい」とお考えの方は、今すぐお電話ください。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

蜂の巣駆除にかかる費用と業者の選び方

いざ蜂の巣駆除を業者に依頼する場合、気になるのは費用や業者の選び方ではないでしょうか。ここでは蜂の巣駆除にかかる費用相場や業者の選び方、さらには依頼から作業完了までの流れをご説明していきます。

蜂の巣の駆除費用はこうして決まる!

蜂の巣の駆除費用はこうして決まる!

蜂の巣の駆除費用は、蜂の種類や大きさ、巣ができた場所によって変わってきます。例えば比較的おとなしいミツバチの巣を駆除する費用は、他の種類の蜂の巣を駆除する費用に比べて安くなります。しかし、攻撃的なスズメバチを駆除する場合、しっかりとした防護をおこない、専門の機材や多くの作業人員が必要になるため、駆除費用は高くなる傾向があります。

また、巣が一般的な家屋を超すような高い場所や隣家に接近した場所に作られている場合には高所作業車の費用が別途必要になることもあるでしょう。さらに、蜂の巣が壁の中や屋根裏などに作られている場合、建材を取り外すための工賃が業者によっては別途かかることもあるようです。

蜂の巣駆除の費用相場

一般的な蜂の巣駆除にかかる費用相場をみていきましょう。

  • スズメバチ:10,000円~20,000円
  • アシナガバチ 6,000円~15,000円
  • ミツバチ 5,000円~15,000円

これらの金額は、巣の大きさや場所によって変動します。より詳しい料金を知りたいのであれば、見積りを取りましょう。

どんな業者に依頼すればよい?

蜂の巣駆除の依頼先として、少し検索するだけでもたくさんの業者を見つけることができます。無数の業者の中から、どのような業者を選べばよいのでしょうか。ポイントは、作業内容や費用が明確なこと、フターフォローがあること、いつでも電話受付をしてくれることの3つになります。

蜂の巣は、蜂を刺激しないよう安全な作業が求められます。そのため作業前や作業後に駆除内容を丁寧に報告してくれる業者だと安心できます。

また事前の見積りをおこなったうえで料金の説明もしてくれる業者だと、作業後に追加費用を請求されることもないのでより信頼できます。また、アフターフォローも万全な業者かどうかも大切なポイントです。

蜂の巣は、同じ場所に何度も作られることがあります。そのため、巣の駆除だけでなく再発防止作業や、蜂の巣を作られないためのアドバイスをしてくれると、頼もしいですよね。

最後に、いつでも電話受付をしてくれる業者です。働き蜂が増えてくると蜂の巣は急速に拡大します。女王蜂の産卵期には蜂の攻撃性も一段と高くなります。そのため蜂の巣に危険を感じたら一刻も早く巣を駆除する必要があります。そんなときにすぐ相談にのってくれる業者があれば安心ですよね。

業者に依頼~作業完了までの流れ

一般的な駆除作業の流れを説明していきます。依頼を受けた駆除業者が現地調査をおこない、その場で作業内容の説明と見積りを提示します。作業内容と費用に納得できたら駆除作業を開始します。駆除が完了したらお費用をお支払いいただく流れになります。

まずは見積りを取ってみよう!

巣の駆除にかかる費用は、蜂の種類や巣の大きさ、場所によって変わってくることは先述のとおりで、一概にいくらということはできません。そのために蜂の巣駆除を検討するときはまず見積りを取ってみることからおすすめします。

生活110番では24時間365日電話受付しております。お電話いただければ、安全な駆除で再発防止作業までおこなう業者を迅速に手配いたします。現地無料見積り対応で、見積り後の追加費用が発生しません。弊社にご依頼いただければ、費用面も明確で信頼できる業者を今すぐお客様のもとへ派遣させていただきます。

蜂の巣駆除・対策ならハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103