危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

2019.07.26更新

殺虫剤でハチを駆除!薬剤の選び方やハチの生態についてもご紹介

 殺虫剤でハチを駆除!薬剤の選び方やハチの生態についてもご紹介

 

虫が嫌いな人も多いと思いますが、苦手でなくても避けなければならないのが「ハチ」です。

なによりも、ハチには刺されるという危険性があります。そして、毎年ハチに襲われて死傷する痛ましいニュースも報じられます。ハチの巣を身近な場所で発見したら、被害にあう前に駆除したいと思うのは当然です。しかし、駆除をしてくれる業者に依頼するのも費用もかかるので、可能であれば自分で駆除したいと思うこともあるでしょう。

そこで今回は、殺虫剤を使用してハチを駆除する際に役立つ情報をご紹介します。

しかし、ハチの駆除作業には危険がともないます。十分安全に作業がおこなえるかどうか、この記事を読んできちんと見極めてください。

ハチ駆除の殺虫剤はどう選んだらいいの?

市販されている殺虫剤はたくさんの種類がありますが、ハチ駆除にはどういったものが適しているのでしょう。駆除の際にハチに刺される可能性もあります。殺虫剤はできるだけ即効性があり、よく効くものを選ぶ必要があるのです。

「ピレスロイド系」の殺虫剤がおすすめ

ハチ駆除でおすすめなのが、「ピレスロイド系」の殺虫剤です。蚊取線香の原材料でもある除虫菊の研究から開発されました。除虫菊には天然殺虫成分をピレトリンが含まれており、ピレスロイドはピレトリンに関連する化合物の総称です。

ピレスロイドは、昆虫の神経を麻痺させ、死に至らせます。そして即効性があり、忌避効果も認められています。その一方、哺乳類や鳥類には低毒であり、私たちの体に入っても速やかに分解され、短時間で体外へ排出されるのです。

また、自然界においても分解されやすいので、環境にも優しいという特徴もあります。ピレスロイド系の殺虫剤は即効性があり、なおかつ安全に使用できるのです。

殺虫剤を選ぶときの3つのポイント

ハチは毒を持っているため、ほかの害虫のよりも安全に配慮して駆除することが求められます。ハチの攻撃から身を守るための3つのポイント、「確実性」「持続性」と「即効性」を得るための殺虫剤の選び方をご紹介します。

確実にハチに効く【プラレトリン】
ハチ駆除ですので当然ですが、その殺虫剤が確実にハチに効くことが求められます。

現在、ハチの駆除剤の成分としてもっとも適しているといわれているのが、ピレスロイド系の成分のひとつ「プラレトリン」です。プラレトリンは「ノック剤(ノックダウン効果)」と「キル剤(死亡させる効果)」の両方を兼ね備えている数少ないピレスロイドであり、その効果は数々の研究でも実証されています。

プラレトリンは、ハチ駆除に必要な「できるだけ速く、確実に駆除する」に応えられる殺虫成分なのです。

長く効く【トラロメトリン】
ハチには帰巣本能があるので、一度巣を駆除しただけでは十分ではありません。駆除のときにはいなかったハチが戻ってきて、巣を再建する可能性があるのです。このようなハチの性質に対して効果が期待できるのが「トラロメトリン」です。

トラロメトリンもピレスロイド系の成分のひとつであり、その特徴は「持続性」です。薬剤を噴射した後も殺虫効果が長く留まり、巣の再建を予防できます。

速く効く【モンフルオロトリン】
ハチ駆除で重要なのは、どれだけすばやく駆除できるかです。ハチに反撃の隙を与えず速く死滅させることができれば、それだけ刺されるおそれも低くなり安全に作業をすることができます。

「モンフルオロトリン」は、非常に高い「速効性」が特徴のピレスロイド系殺虫成分です。ノックダウン後のハチの動きをすばやく封じる「フリーズ効果(静止効果)」があり、スズメバチ用の殺虫剤にも多く用いられています。

ハチ以外の殺虫剤でも効果はある?

ハチ駆除専用の殺虫剤は一般的な殺虫剤に比べて値段が高いこともあり、できるだけ安く済ませたいという方もいるでしょう。じつは、専用品でなくてもピレスロイド系の殺虫剤であれば、ハチに対する殺虫効果はあります。

ハチは、ゴキブリやハエ、アリよりも薬剤に弱いといわれています。専用品はもちろんのこと、ピレスロイド系殺虫剤であれば十分駆除可能です。

ただし、ハチ駆除で使用するのはスプレータイプ(エアゾール)の殺虫剤にしてください。スプレータイプの殺虫剤は薬剤をガスの力で噴射できるので、ハチと距離を取りながらもしっかりと狙えます。ハチ駆除作業でもっとも適しているのです。

値段は高くても、ハチ駆除専用品のメリットもあります。専用のスプレー剤は強力な噴射機能により遠距離から、十分な量の薬剤を吹きかけることができるように設計されています。このため、ハチの反撃に備えて距離を取ることができるのです。

しかしながら、このようなハチ駆除専用殺虫剤は噴射機能が強力な分、噴射可能時間が短いというデメリットもあります。スプレータイプ特に噴射力を売りにしている殺虫剤であれば、複数本用意しておきましょう。

駆除する前にハチについて知ろう

駆除する前にハチについて知ろう

ハチを駆除するにも、その生態、習性や種類を知っておくことは大切です。効率的な駆除が可能であり、なおかつ安全に作業をすることもできるようになります。

ハチの生態

ハチも昆虫のひとつですが、ほかの虫と違って刺される可能性があるので、できるだけ出会いたくはないものです。なぜハチは人を刺すのでしょうか。

ハチが人を刺すのには理由があります。巣が危険にさらされているとき、そしてハチ自身が危険にさらされているときに防御のために攻撃するのです。ハチのほうから攻撃を仕掛けようとはすることはあまりなく、蚊のように人を刺そうと近づいてくることはありません。

このため、ハチが部屋に入り込んでしまったときにも慌てないでください。まず、部屋を暗くして窓を開けましょう。ハチは明るい方向に向かう習性があるので、しばらくするとハチは自然と外へ出ていってくれます。

ハチは動きや音に敏感です。ハチをみて大声を出して騒いだり、手で払ったり、追い立てたりすると、ハチは自身が攻撃されたと感じて反撃で襲ってきてしまいます。できるだけ静かに、落ち着いて行動することが肝心です。

また、出先でハチを寄せつけないためにできることがあります。ハイキングやキャンプなど野外で行動するときは、黒色の服装は避けましょう。ハチは本能的に黒色を敵だと認識して攻撃してくることがあるので、ハチと出会う恐れのある場所にいくとあらかじめわかっている場合は色が明るいものを着用しましょう。

そして、ハチは色だけでなくニオイにも敏感です。香水や化粧品のニオイはハチを刺激し、興奮状態にさせてしまうことがあります。ほかにも、ペンキのような人工的で強いニオイ、汗のニオイも蜂を刺激します。

また、ハチは花やフルーツの甘い香り、柑橘系の香りを好みます。この場合も、ニオイに誘われてハチが近づいてくる可能性があります。野外で行動する場合には、香水、整髪料や制汗剤の使用には注意してください。

ハチの種類

ハチは針があり刺すという印象が強いものであすが、実際に人を刺すのはごくわずかな種類のハチだけです。私たちの生活のなかで、刺される可能性が高い3種類のハチをご紹介します。

ミツバチ
ミツバチは、はちみつ採取のために人工的に養蜂されていたり、花粉の媒介にも利用されていたりするもっとも身近なハチです。ミツバチは体格が小さく性格も穏やかです。ミツバチ自身や巣に危険がない限り、攻撃してくることはありません。

「ミツバチは一度刺すと死んでしまう」というのはよく聞かれるでしょう。ミツバチの針先は鈎針状になっていて、相手に刺さると針に繋がっている内臓ごと抜けてしまうので、死んでしまうのです。

針が抜ける瞬間に刺した相手に毒を送り込みます。また、このとき警報フェロモンも分泌し、仲間を呼び寄せます。一度刺されたくらいではその毒性は低いのですが、呼び寄せられた大群から刺されてしまう恐れがあります。

アシナガバチ
アシナガバチはその名の通り、細身の胴体にすらりと長い脚が特徴のハチです。性格はミツバチ同様おとなしく、アシナガバチに危険が及ばない限り、攻撃はしません。

同じスズメバチ科でもあり、見た目からスズメバチと間違われることもよくあります。しかし、スズメバチに比べると細身で小型の体型のため攻撃力は劣り、動きも遅いのです。

毒性はそれほど強くないのですが、アシナガバチに刺されるのはスズメバチよりも痛いといわれています。アシナガバチの毒は痛みを引き起こす成分を多く含んでいるためです。

アシナガバチは、農作物や庭木を荒らす毛虫、カメムシや青虫などを捕食してくれる益虫です。このため、ある程度の距離が取れるのであればその巣を放置しておくこともあります。

スズメバチ
私たちの生命を脅かすほど恐ろしいハチと認識しているのが「スズメバチ」ではないでしょうか。毎年多くの方がスズメバチの被害にあっており、2018年の死亡者数は13人と報告されています。

日本には、17種ほどのスズメバチが生息しており、比較的大型の種が多く攻撃性も強いです。なかには、そこまで凶暴ではない種類のスズメバチもいますが、オオスズメバチ、キイロスズメバチそしてチャイロスズメバチは攻撃性が非常強く、うっかり巣に近づいただけでも襲われる危険があります。

ハチが活発になる時期

どこで出会ってしまうかわからないハチですが、活動が活発になる時期があります。

ハチの活動時期は春から秋です。冬の間は活動そのものが止まり、女王蜂以外のほとんどのハチは越冬することができません。また活動期間内でも、より攻撃的になりやすい時期があります。アシナガバチは8月から9月、スズメバチは7月から10月に活動がもっとも活発になり、被害にあいやすい危険な時期といわれています。

一方、ミツバチの場合は異なります。寿命は比較的長く、身を寄せ合って寒さをしのぎ、女王蜂以外も越冬することができます。冬の間ミツバチの活動は活発ではありませんが、攻撃性が増すということが知られています。むやみに巣に近づき、ミツバチを刺激するのはやめましょう。

殺虫剤でハチを駆除する方法

さて、ここまででハチの特性を把握していただけたかと思います。次にハチの駆除についての手順をご紹介します。

用意するもの

まずは殺虫剤です。前述したようにハチの駆除に有効な成分の含まれているもの、またはハチ駆除専用品を複数本用意しておきましょう。必ず殺虫剤は多めに用意しておいてください。

ほかにも、巣を取り除くための剪定バサミや長い棒、巣を入れるためのゴミ袋を用意しておきましょう。

ハチは暗闇で飛ぶことができないため、駆除をおこなうのは夜間です。このため作業中には懐中電灯が必要になります。懐中電灯の光を直接ハチにあてるとハチが突進してくる可能性があるので、そのままでの使用は危険です。懐中電灯には赤いセロハンを被せておくと、ハチは光を識別しにくくなり、安全に作業をおこなえます。

防護服
そして、なによりも重要なのが「防護服」です。ハチ駆除専用の防護服が市販されています。自治体によってはレンタル可能なものもあります。ほかのもので代用するのであれば、肌の露出を可能な限り減らす必要があります。

まずは、作業着のような厚手の服の上に雨カッパを着用し、ハチが入りこまないように裾をひもで縛るなどして隙間をなくしておきます。頭部を守るために、厚手の帽子またはヘルメットをかぶります。首に隙間ができないようタオルなどで埋めておきます。そしてカッパのフードを上からかぶります。

手を守るために厚手の軍手や革製の手袋を用意しましょう。軍手ならば重ねて使います。また、長靴をはき隙間が出ないようにガムテープなどで目張りしておきます。足元以外も隙間があればハチが入り込む可能性があります。隙間はすべてガムテープなどで、目張りしておいたほうがよいでしょう。

さらに、殺虫剤を吸い込まないようマスクや目を保護するためにゴーグルも着用しましょう。ハチから身を守ることがもっとも重要です。なるべく代用品ではなく、ハチ駆除専用の防護服を用意するべきです。自治体によっては貸出していることもありますので、まずは相談してみてください。

【手順1】殺虫剤を噴射

防護服を着用し準備が完了すれば、ハチ駆除の作業開始です。殺虫剤の噴射はハチの反撃に備えて巣から3mほど距離を取ります。

まずは、巣の表面に殺虫剤を噴射します。巣の外にも見張り役のハチが常駐しています。このハチをまずは駆除します。

次に、巣の出入り口に噴射します。大きな羽音がして中からハチが飛び出してきますが、怯まずに2.3分は噴射を続けます。しばらくすると中のハチにも殺虫剤が効いてくるので、ハチは出てこなくなるでしょう。

その後、巣に近づき、巣の出入り口から殺虫剤を中に向けて噴射します。生き残っているハチを徹底的に駆除します。中からハチが出てきても、薬剤が効いているので飛び立つことはできないはずです。慌てずに噴射を続けましょう。

【手順2】巣を駆除する

巣の中の羽音が完全になくなるまで噴射したら、巣を取り外します。このときもハチが出てくる可能性はありますので、殺虫剤はすぐ噴射できるようにしておきましょう。

巣の下にゴミ袋を用意して、長い棒などで巣を落とします。巣が外せたら、ゴミ袋の中でも殺虫剤を噴霧してからしっかり閉じておきましょう。巣のあった場所にも殺虫剤を噴霧して、巣の再建を防ぎましょう。

周囲に落ちているハチの死骸もあるでしょうが、すぐには触らないでください。ハチが死んでも針の部分だけが筋肉の反射で動き、刺される可能性があります。ハチの死骸にも十分注意してください。巣やハチの死骸は燃えるゴミとして処分します。

ハチに刺されると危険!

ハチに刺されると激しい痛みとともに、幹部が赤く腫れあがります。これはハチ毒によるものです。初めて刺された場合は、1日ほどで症状は治まります。

しかし、再び同じ種類のハチに刺されると、ハチ毒に対するアレルギー反応がでてきます。刺された患部の痛み、痒みや腫れ以外に全身のじんましん、嘔吐や倦怠感、めまいやしびれの神経系症状、息切れや咳などの呼吸器系症状が現れることがあります。

これがハチ毒アレルギーのアナフィラキシー症状なのです。このアナフィラキシー症状が重度な場合には、意識障害や急な血圧低下などのアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。結果、ハチ毒アレルギーのアナフィラキシーショックにより、命を落としてしまうのです。

また、2回目以降ではなく初めてハチに刺されても死に至ることがあります。大量のハチ毒が同時に体内に入った場合でもアレルギーと同様の症状を起こすことがあるからです。ハチによる死亡事故では初めて刺されたケースのほうが多いと報告されています。

駆除は夕方以降におこなう

お伝えした通り、ハチ駆除は夜間におこないます。日中の活動が終わって、ほとんどのハチが巣に戻っていることもあり、取りこぼすことなくハチを一網打尽に駆除できます。日没3時間を経過した21時ごろがよいでしょう。

日中のうちに巣の場所、巣の出入り口の位置を確認しておきましょう。

服装にも注意

ハチの特徴でお伝えしたように、黒っぽい服はハチから狙われやすいです。できるだけ白または白っぽい薄い色の作業着を用意しましょう。またニオイにも敏感です。整髪料、香水はNGです。また汗のニオイに反応することもあるので、作業前に入浴しておきましょう。

ハチの巣を作らせないためには?

ハチの巣を作らせないためには?

ハチの巣が自宅にできてしまえば、ハチに刺されてしまう可能性も高まり、駆除も大変になります。自宅にハチの巣をつくられないよう事前に対策することはできるのでしょうか。

事前に巣ができやすいところにスプレーをする

ハチ駆除のための殺虫剤以外にも、ハチの巣予防に効果のある忌避剤も市販されています。軒下、屋根裏や床下など巣をつくりやすい場所には散布しておきましょう。

またハチは、4月から5月にかけて巣をつくる場所を探して偵察しています。この時期は攻撃性も低いので、見つけたらしっかり駆除しておきましょう。

死角をつくらないようにする

ハチは軒下など風雨を避けられる場所に好んで巣をつくります。しかし、目につきやすい場所以外でも巣をつくられることがあります。

天井裏や屋根裏は、風雨を避けられるだけでなく、軒下よりも外敵から攻撃されにくい閉鎖的な空間なので、ハチに巣をつくられやすい場所でもあります。ハチが入り込んでしまいそうな隙間があれば、網目の細かいネットやシートを使ってふさいでおきましょう。

また、庭も注意が必要な場所です。生垣や庭木の枝や木の根元にもハチは巣をつくります。風雨を避けられるだけでなく、木の枝葉が目隠しになり外敵から攻撃されにくいためです。

ハチが巣作りを始める間には木の選定を澄ましておきましょう。また、木に吊るすタイプの駆除グッズもあります。

「木酢液」の使用もよいでしょう。木酢液の焦げ臭いニオイをハチは嫌います。木酢液は自然由来なので、庭木に殺虫剤を使いたくない場合でも使用できる忌避剤です。ハチ以外の害虫よけにもなるのでとても便利です。

そして、なによりも自宅や庭、その周辺をこまめに見回り、定期的に忌避剤を散布することでハチに狙われやすい死角をなくしておくことがポイントです。

プロに頼むのが安心!優良業者を見極めるコツ

ハチの巣を発見したら、まずは自身での駆除を検討する前に、専門業者への相談を考えてください。ハチの巣の駆除には危険がともないます。わずかな費用を惜しんで身を危険にさらすのは賢いとはいえません。

迅速な対応をしてくれる

ハチの被害にあわないためにも、巣を発見から駆除まで、すばやく完結させることが重要です。専門業者へ依頼するのであれば、連絡するだけです。事前にハチ駆除の準備や下調べをする必要がありません。

見積りだけであれば、無料で現地調査してくれる会社もあります。まずは相談してみることが最善です。

保証やアフターケアがある

ハチは帰巣本能が強いです。撤去したとしても、またすぐに巣を再建してしまうかもしれません。専門業者であれば、そうならないように万全の対策をするだけでなく、保証やアフターケアを提供している会社もあります。

ハチの巣の場所によっては、住宅の一部を壊さなければならないことがあるでしょう。この場合でも専門家がいれば、損害を最小限で抑えるアドバイスが得られ、現状回復までしっかり対応してくれるでしょう。

実績が多い

実績が多い会社を選ぶことも重要です。ハチ駆除には危険がともない、ハチの種類に応じた対応も求められます。専門の業者であれば駆除の実績も多く、ハチを知り尽くしおり確実に駆除を遂行するでしょう。

相手は生き物です。駆除の際にどういった予想外の行動が出てくるかわかりません。その場合でも豊富な経験値があれば、冷静に対応できるものです。死傷被害が出てしまえば取り返しはつきません。なによりも安全に配慮しなければならないことはいうまでもありませんね。

まとめ

不意にハチに出会ってしまったり、気づかずに巣に近づいてしまったりした場合、まずは慌てず、騒がずにゆっくりとした動きで離れましょう。ハチは自ら攻撃しようとはしてきませんので、冷静に行動してください。

ハチの巣の駆除が必要な場合も同様です。ご自身でなんとかしようと考える前に、冷静に判断しましょう。「そのハチがどんな種類のハチなのか」「その巣の大きさでどれだけのハチが生息しているのか」「本当に安全に駆除できるのか」ということを自身に問いかけ、確実に駆除できるといえないのであれば、やめておくことです。ハチ駆除には専門業者がいます。安全な暮らしを守るためにも、ご自身の身を第一に守りましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

0120-712-457

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

ハチ駆除に関することならお気軽にご相談ください!
無料資料請求 無料資料請求

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

キャイ~ン
CM配信中!

千葉テレビ『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!』 放送内容を見る

ご利用シェアNo1の理由

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。