2020.03.20更新

アカバチの正体はスズメバチ!対策・駆除・巣作りの予防方法を解説

アカバチとは、キイロスズメバチの通称です。そんなアカバチの駆除を自分でおこないたいと考えている方は、巣の大きさや巣の場所から危険度を考え、自分で駆除できるかを判断しましょう。アカバチは攻撃性が高く、毒をもつ蜂の一種です。無理に駆除しようとして刺されてしまうと、命の危険にも関わるのです。

この記事では、アカバチの巣を見つけてしまったときの対処法をご紹介しています。また、巣をつくらせない予防方法についてもご説明します。この記事を参考にアカバチの巣を適切に駆除し、アカバチのいない安全な暮らしを取り戻しましょう。

アカバチは攻撃的で毒をもつ危険な蜂の一種【生態について解説】

アカバチを駆除する際は、その危険性を知っておくことが大切です。アカバチの危険性を知らずに近づくと、刺されて重傷となるおそれもあるのです。そこで、まずはアカバチの危険性についてご紹介します。ほかにも、アカバチの生態や活発になる時期についても見ていきましょう。

蜂に刺されるとどんな危険がある?【アナフィラキシーショックについて】

蜂に刺されるとどんな危険がある?【アナフィラキシーショックについて】

アカバチに刺されると、アナフィラキシーショックを引きおこすおそれがあります。アナフィラキシーショックとは、蜂がもつ毒によって引き起こされるショック状態のことです。アナフィラキシーショックが起こると、めまいや動悸などの症状が現れた後、血圧低下や意識障害、呼吸困難などの症状が現れます。最悪の場合、命を落とすこともあるのです。

アカバチに近づくと危険です!【攻撃的な性格】

アカバチは、スズメバチの中で最も危険な”オオスズメバチ”の次に危険な蜂といわれています。攻撃性が高く、巣に近づいただけでも攻撃されることもあるのです。

アカバチに攻撃されると、何度も刺されるおそれがあります。また、アカバチは仲間を呼び寄せるフェロモンが含まれた”毒液”を出すことがあります。もし毒液を出すと、大量の蜂が集まってきて集中攻撃されてしまう危険もあるのです。そのため、アカバチを見つけてもむやみに近づかないようにしましょう。

アカバチが活発化する季節【春から秋ごろに要注意】

アカバチが活動する時期は、春~秋ごろです。その中でも、とくに7月~10月ごろが危険です。この時期は、子育てによって気が荒くなっているため、攻撃性が高まっているのです。7月~10月ごろには、とくに巣に近づかないようにしましょう。

もしもアカバチに遭遇してしまったら【場所ごとの対策法】

家の近くに巣がある場合、巣から出てきたアカバチに遭遇してしまう危険もあります。そのようなときには、どう対処したらよいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。そこで、アカバチに遭遇したときの場所ごとの対処法を以下にまとめました。

【部屋や車の中】

アカバチが部屋や車の中に侵入してきたら、窓を開けて出ていくのを待ちましょう。車に乗っている場合は、安全のために近くに停車させてください。

このとき、アカバチを手や物で追い払おうとするのはやめましょう。そうすると、アカバチを刺激してしまい、攻撃されてしまうおそれがあるのです。

【屋外】

屋外でアカバチを見かけたら、低姿勢でゆっくりと離れてください。このとき、大きく動いたり大きな声で叫んだりすると、アカバチを刺激してしまいます。攻撃されないためにも、静かに離れましょう。

また、もしアカバチが出ていかず、自分での対処が難しいときには、蜂の巣駆除業者に依頼するのも手段のひとつです。弊社では、蜂の巣駆除業者をご紹介します。24時間365日受付対応しているので、緊急の場合でもすぐにご相談いただけます。アカバチをすぐに退治するためにも、ぜひ弊社までご相談ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

自宅の庭に蜂の巣が!そんなときは【対策・駆除について】

アカバチは攻撃性が高いため、放置しておくと刺されてしまうかもしれません。そのため、早めに対策をおこないましょう。

また、中には自分で駆除をおこないたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、蜂の巣の多さや形などによって自分で駆除できるかどうかが異なります。そこで、以下に自分で駆除することができる判断基準をご紹介します。

また、アカバチの駆除は危険をともなうので、プロに依頼したほうが安心です。そこで、ここではプロに依頼するメリットや費用についてもご紹介します。

アカバチの巣は自分で駆除できる?【判断方法を解説】

アカバチの巣は自分で駆除できる?【判断方法を解説】

自分でアカバチの巣を駆除できるのは、巣の大きさが直径15cmまでです。巣がそれ以上大きくなると、急激に蜂の数が増加します。すると、蜂の攻撃性が高まるのです。また、働き蜂の数が多くなるため、刺されるリスクも高まります。

このほか、自分で駆除できるのは、巣の形がフラスコ型のときです。アカバチの巣は、初期にはフラスコ型をしていて、巣の規模が大きくなると大きくて丸い形になります。フラスコ型をしているときには、女王蜂のみで巣がつくっている時期です。女王蜂は攻撃してくることがほとんどないため、自分でも比較的安全に駆除をおこなえるのです。

アカバチや巣を駆除するときはプロに依頼しよう【依頼先について】

アカバチの巣の駆除は、業者に依頼するのが安心です。アカバチの駆除は、少なからず刺されるリスクがともないます。その点、業者に依頼すれば、そういったリスクを回避することができるのです。

また、蜂の巣駆除に慣れている業者に依頼すれば、確実に駆除してもらうことができます。そのため、「すべての蜂を駆除することができず、被害が再発した……」という心配もないのです。

アカバチの巣駆除の費用相場

業者に依頼すると、1万3千~5万円程度の費用がかかることが多いようです。また、巣が大きい場合や、高所や狭い空間などの作業が難しい場所での作業をおこなう場合には、追加で料金がかかります。より正確な費用を知りたい方は、業者から見積りを取るとよいでしょう。

自治体によっては補償が受けられることも

自治体の中には、スズメバチを無料で駆除してくれるところや、駆除費用の一部を負担してくれるところがあります。できるだけお得にアカバチ駆除をおこなうためにも、こうした補助金があるかどうかを確認してみるとよいでしょう。補助金の有無や条件の詳細は、ホームページに記載されているので、ぜひチェックしてみてください。

また、弊社と提携する蜂の巣駆除業者は、無料で見積りをおこなっています。「蜂の巣駆除にかかる費用を知ってから依頼するか決めたい」という方も、お気軽にご依頼ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

アカバチの巣を自分で駆除する方法!

ここからは、アカバチの巣を自分で駆除する方法をご紹介します。適切な方法で駆除しないとアカバチに刺されてしまうおそれがあるので、以下の内容を読んで適切な駆除方法を理解しましょう。

作業は夕方から夜間に!【蜂の動きが鈍くなる】

作業は夕方から夜間に!【蜂の動きが鈍くなる】

暗くなると、蜂の巣が鈍くなって駆除しやすくなります。さらに、昼間は、エサを取るために働き蜂が巣の外に出ていますが、夕方から夜間は蜂が巣に戻るためすべての個体を駆除できる可能性が高いのです。確実に蜂を駆除するためにも、作業は夕方から夜間におこないましょう。

作業に必要な道具と服装

蜂の巣駆除をおこなう際は、刺されるリスクを減らすために、防護服を着用して体を保護しましょう。自治体によっては、防護服の貸出しもおこなっているので、お住まいの地域の自治体を確認してみることをおすすめします。さらに、ヘルメットや手袋、長靴を着用して肌の露出を最小限に抑えましょう。

また、蜂を駆除するための殺虫剤、巣を落とすための長めの棒、巣を処理するためのゴミ袋を用意しておいてください。

このほか、夜間の作業となるため懐中電灯を用意しておく必要があります。ただし、懐中電灯で巣を照らすと、蜂が集まってくるおそれがあるため、赤いセロハンを貼っておきましょう。蜂は赤い光を識別しにくいため、赤いセロハンを貼ることで蜂が集まってくることを防止できるのです。

駆除の具体的な方法

まず、蜂の巣の2~3m離れた場所まで近づき、巣の表面に殺虫剤を吹きかけてください。中から蜂が出てきて威嚇してくるおそれがありますが、2~3分程度はそのまま噴射を続けましょう。

そして、巣の入口に殺虫剤を噴射し、巣の中に潜む蜂も駆除します。蜂の羽音がしなくなったら、生き残っている蜂がいないかチェックしてから長い棒を用いて蜂の巣を落としてください。そして、蜂に再び巣をつくらせないために、巣があった場所に殺虫剤を噴射させましょう。最後に、巣をゴミ袋に入れて処分したら作業完了です。

ここまで記事を読んで、自分での駆除が難しそうだと思った方は、業者に依頼するとよいでしょう。弊社では、蜂の巣駆除業者をご紹介しますので、ぜひご依頼ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

蜂が巣をつくりにくい環境にする方法!

アカバチ対策には、まず巣をつくらせないことが大切です。以下に巣をつくらせないよう予防法や蜂を寄せ付けない便利グッズを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アカバチに巣をつくらせないためには【予防方法を解説】

アカバチに巣をつくらせないためには【予防方法を解説】

アカバチは、初期には床下や屋根裏といった閉鎖空間を好み、巣の規模が大きくなると木の枝や軒下といった開放的な空間に引っ越すといわれています。こうした場所に定期的に巣ができていないかを点検しましょう。もし点検をおこなわないと、家の敷地内にできていた場合、知らず知らずのうちに巣が大きくなっていき、刺されるリスクが高まるのです。

また、スズメバチは、通気口に巣をつくることを好むといわれています。そのため、通気口を網などで塞いでおくとよいでしょう。さらに、スズメバチは甘い匂いにつられて寄ってくる性質があるため、ジュースの空き缶などは片付けておきましょう。

蜂を寄せ付けないアイテム!【便利グッズを紹介】

巣をつくられやすい場所には、蜂用の忌避スプレーを散布しておくとよいでしょう。忌避スプレーには蜂が苦手な成分が入っているため、蜂が寄ってこなくなる効果が期待できるのです。

また、アカバチの予防には、木酢液を塗るのも有効です。木酢液とは、木材を乾燥させたときに生じる水蒸気を集めて冷やして回収した液体のことです。木酢液には、酢酸やアルコールが含まれているため、特有のニオイがします。このニオイで、蜂を追い払うことができます。

しかし、予防をおこなっても蜂の巣ができてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。そういった場合には、業者に相談してみるとよいでしょう。業者の中には、駆除とあわせて予防をおこなってくれる業者もあります。

弊社では、蜂の巣駆除業者をご紹介します。全国に多数ある加盟店の中から、お近くの業者を探してすぐにスタッフを派遣するため、迅速に対応することが可能です。蜂被害にお悩みの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000円〜 詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500円〜 詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000円〜 詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

※手数料がかかる場合がございます。
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。