2020.06.24更新

蜂の巣をつぼ型に作る蜂の種類とは|その生態と駆除について解説

蜂の巣をつぼ型に作る蜂の種類とは|その生態と駆除について解説

蜂の巣がつぼ型になっていたら、その巣の持ち主は主にドロバチやトックリバチです。しかし、初期のコガタスズメバチの巣である場合もあります。

コガタスズメバチの巣は、初期の頃にはフラスコを逆さまにしたような形で、ドロバチやトックリバチの巣にそっくりだからです。

蜂の巣がつぼ型になっている場合はその大きさや場所を確認してみましょう。当記事では蜂の種類ごとに巣の特徴や、蜂の巣駆除について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

つぼ型の蜂の巣を作る蜂3種類とその生態

先述したように、蜂の巣をつぼ型に作るのは主に以下の3種類です。

  • ドロバチ
  • トックリバチ
  • コガタスズメバチ(初期の巣)

以下で巣の場所や大きさなどを解説するので、ぜひ判断材料としてお役立てください。

1.ドロバチ

1.ドロバチ

ドロバチはその名のとおり、泥や土を使って巣を作ります。体は黒色で、腹部に黄色の2本線があるのが特徴です。また、性格は温厚で人を攻撃することはほとんどありません。以下に巣の特徴をまとめたのでご覧ください。

・巣の大きさ
巣の大きさは約8~12cmです。巣を外側から見ると泥の塊のように見えるので、それが後述するコガタスズメバチの巣と見分けるポイントです。

・巣の場所
家の周囲では主にベランダや軒下、屋根裏、床下などに巣を作ります。

2.トックリバチ

トックリバチもドロバチと同様に、土や泥をこねて巣を作る蜂です。体には、黄色と黒の縞模様があります。また、性格は温厚で滅多に人を攻撃しません。以下に巣の特徴をまとめました。

・巣の大きさ
巣の大きさは約1~1.5cmです。ほかの蜂の巣に比べると非常に小さいので、見分けるさいの判断材料のひとつになるでしょう。

・巣の場所
ベランダや軒下、屋根裏のほかに、植物の茎や葉にも巣を作ることがあります。

3.コガタスズメバチ

コガタスズメバチはスズメバチの一種で、黒色の体にオレンジ色の線が入っているのが特徴です。スズメバチの中では比較的温厚な性格ですが、うっかり刺激してしまうと一斉に襲ってくることがあります。

また、このコガタスズメバチの初期の巣は、フラスコやとっくりを逆さまにしたような形で、ドロバチやトックリバチの巣と似ています。そのため、巣の大きさや場所で見分けなければなりません。見分けるポイントは以下を参考にしてください。

・初期の巣の大きさ
初期の巣の大きさは10cm程度です。この頃はまだ、女王バチと数匹の幼虫しか中にいません。

・巣の場所
民家の軒下や樹木などの開放空間に巣を作ります。

判断に迷ったら蜂のプロに相談しよう!

それぞれの蜂は、ご紹介したような違いがあるものの、実際に素人の目できちんと見分けることはとても難しいです。もし、近づいた巣がスズメバチの巣だったらとても危険なので、判断に迷ったときは必ず駆除業者に相談しましょう。

弊社では蜂駆除業者をご紹介しています。ご相談は24時間365日承っておりますので、お困りのさいはお気軽にご連絡ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ドロバチ・トックリバチの巣の駆除の必要性

ここからは、つぼ型の蜂の巣がドロバチやトックリバチの巣であった場合に、それを駆除するべきかについて考えていきましょう。

先述したように、ドロバチもトックリバチも大人しい性格で、人に危害を加えることはほとんどありません。さらに、害虫である青虫を食べてくれる益虫でもあるので、巣が日常生活に悪影響を及ぼしていない場合は、無理に駆除する必要はないでしょう。

しかし、玄関やベランダなどの人がよく通る場所に巣がある場合や、小さな子どもがいて危険を感じる場合は駆除してしまうのも手段のひとつです。駆除のタイミングと方法は以下をご覧ください。

駆除のタイミング

駆除のタイミング

ドロバチやトックリバチを駆除するタイミングは、巣の中に蜂がいなくなったときです。どちらの蜂も春になると幼虫が羽化して巣を離れるので、4~5月頃に巣を駆除するとよいでしょう。

駆除の方法

駆除に必要なものと手順は以下のとおりです。

〇駆除に必要なもの
・軍手
・防護服
・殺虫剤
・ゴミ袋
・長い棒
〇駆除の手順
1.巣に殺虫剤を吹きかける
巣の中にまだドロバチやトックリバチがいることを考えて、念のために殺虫剤を吹きかけましょう。そして、中に残っていないことを確認してから次の作業に移ってください。

2.長い棒で巣をつついてゴミ袋に落とす
まずは巣の真下にゴミ袋を置いてください。そして長い棒で巣をつついて、広げたゴミ袋に巣を落とします。

3.ゴミ袋を縛って燃えるゴミとして捨てる

つぼ型のコガタスズメバチの巣はDIY駆除もできる

もしつぼ型の巣がコガタスズメバチの巣であった場合、それは作り始めたばかりの巣です。そのため、きちんと準備すれば自分で駆除することもできます。もし自力駆除をおこなう場合は以下を参考にしてください。

駆除のタイミング

駆除のタイミング

スズメバチの巣を自分で駆除する場合は、巣がまだ小さくつぼ型になっている4~6月の間におこないましょう。この時期を過ぎると、巣の形はつぼ型から丸い形に変わっていき、働きバチが増え始めます。そのため、時期を逃さず駆除することが大切です。

駆除の手順

駆除に必要なものと手順は以下のとおりです。しっかり準備して駆除にのぞみましょう。

〇必要なもの
・防護服
・軍手
・殺虫剤
・長靴
・長い棒
・ゴミ袋
〇駆除の手順
1.巣から1~2m離れた場所から殺虫剤を吹きかける
2.そのまましばらく様子を見る
3.中から蜂が出てこないことを確認したら巣穴にスプレーする
4.長い棒で巣をつついてゴミ袋の中に落とす
5.ゴミ袋を縛って処分する

業者に依頼した場合の費用相場

いくら自分で駆除できるといっても、スズメバチの巣の駆除は危険を伴う作業です。不安を感じたときは無理せず業者に依頼しましょう。

スズメバチ駆除の費用相場は【約1万3千円~4万5千円】です。まずは相見積りをとってさまざまな業者を比較してみるとよいでしょう。相見積りのさいは弊社がご紹介する業者もぜひご検討ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

再び蜂の巣を作らせないための予防法

最後に、蜂の巣の予防について見ていきます。予防をおこなう時期は、ドロバチやトックリバチの場合は7~9月頃、スズメバチの場合3~5月下旬にかけてがよいでしょう。具体的な予防方法としては、以下のようなものがあります。

・蜂用スプレーを撒く
市販されている蜂用スプレーを、以前巣を作られた場所やそのまわりに撒いておきます。ただし、雨が降ると忌避成分が流れてしまうので、雨が降った翌日は撒き直しておきましょう。

・木酢液を撒く
木酢液は木材を燃やしたときに出る煙を凝縮した液体です。市販されている木酢液の原液を水で薄めて、巣が作られやすい場所にスプレーしておきましょう。木酢液は天然素材なのでお子さんがいるご家庭でも安心して使えます。

・おとりの巣を吊るす
フェイクネストとよばれる偽物の巣を、以前巣があった場所に吊り下げておきましょう。スズメバチは縄張り意識が強いので、フェイクネストがあると先客がいると思い込み、その場から離れていくといわれています。

作り方は、くしゃくしゃに丸めた茶色の紙をもう一枚の茶色の紙で包み、先端をヒモで縛るだけです。

さらに、庭木を剪定したり古い木材を撤去したりなど、庭の環境を蜂が好まない環境に整えることも大切です。

蜂の巣駆除から予防までプロにお任せください

蜂の巣駆除から予防までプロにお任せください

ここまでご紹介したさまざまな予防策は、蜂の巣駆除業者でもおこなってくれます。蜂の巣駆除業者は、駆除だけでなくその後の予防対策についても提案・施工してくれるので、蜂対策に必要なことがいちどで済むメリットがあるのです。弊社ではさまざまな蜂駆除業者をご紹介しておりますので、ぜひいちどご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載内容はコンテンツ作成時の情報です】

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【その他のハチの種類に関する記事はこちら】

クマバチ(黒い蜂)かわいいくせに怖いメス!温厚な性格と裏腹に?
ドロバチの巣とは?土でできた巣は撤去するべきか?
蜂に似た蛾「スズメガ」「ホウジャク」とは?人への害はある?
キラービーとスズメバチはどちらが凶暴?特徴や危険性について
黒い蜂は5種類もいる!ガラの悪そうな黒蜂たちの危険レベルと対処法
世界最大の蜂はメガララ・ガルーダ。世界一怖い虫は、日本のあの虫!
クマバチのオスは刺さないの?メスとの見分け方や危険性について
ハキリバチはバラの葉を狙う!特徴から駆除方法なども詳しくご紹介
クマバチの巣の特徴は?オス・メスの生態や発見時の駆除方法
蜂の巣のとっくり型はスズメバチかも!巣の見分け方や駆除費用を解説
蜂の巣が土の中に?!地面に巣を作る蜂の種類と対処法をご紹介します

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。