2020.06.29更新

スズメバチの巣は忌避剤を使って作られないように予防しておこう!

スズメバチの巣は忌避剤を使って作られないように予防しておこう!

スズメバチの巣を作らせないためには、蜂用の殺虫剤を使うのがおすすめです。なぜなら蜂用の殺虫剤には忌避効果のある成分を含んでいるものがあり、蜂を寄せ付けにくくすることができるからです。

当記事では、スズメバチの巣を忌避剤によって作られにくくする方法について解説しています。スズメバチの巣が作られるのを予防したいという方はぜひ参考にしてみてください。

スズメバチの忌避剤について

忌避剤とは、害虫の嫌がるにおいの成分が入った薬剤のことをいいます。スズメバチの巣は忌避剤を使うことで、蜂が寄り付くのを防ぎ、巣を作られにくくすることができます。この章では、蜂用の殺虫剤を使って巣を作りにくくする方法について解説しています。

殺虫剤

殺虫剤

蜂用の殺虫剤には目の前にいる蜂を駆除するだけでなく、蜂の巣作りを防止する成分が入ったものがあります。蜂が巣を作りそうな場所や蜂が巣を作ったことがある場所に、薬剤で濡れるほどスプレーしておきましょう。そうすることで、約2週間~1ヵ月ほど巣を作らせない効果があります。(使用環境によって異なります)

また、作り途中の巣にスプレーすることで巣が大きくなるのを防ぐ効果のあるスプレーもあります。蜂用の殺虫剤は薬局やホームセンターなどで購入することができます。蜂用の殺虫剤を購入する際は、巣を作られにくくする効果もある商品を選ぶのがおすすめです。

一方で蜂の殺虫剤を使う際には注意しなければいけないこともあります。植物に直接噴射すると薬害が出るおそれがあるので、殺虫剤を使うときは植物にかからないように注意しましょう。また壁や建材に向かって使うとシミになる可能性があるので、試しに目立たない場所で噴射して影響がないか確かめてから使うようにしましょう。

スズメバチの巣を作られないようにするポイント!

スズメバチに巣を作られにくくするためには、巣を作りやすい場所や巣を作り始める時期などについて知っておくと効果的に予防がおこなえます。この章では、スズメバチに巣を作られにくくするためのポイントについて解説しています。

スズメバチが巣を作りやすい場所

スズメバチが巣を作りやすい場所

スズメバチが巣を作りやすい場所には以下のような場所があります。

  • 軒下
  • 窓枠
  • ベランダ
  • 玄関
  • 戸袋
  • 床下
  • 天井裏
  • 土の中
  • 樹洞 など

スズメバチは、天候の影響を受けにくく、鳥などの天敵から身を守れる場所に巣を作ることが多くあります。とくに軒下やベランダといった場所は出入りがしやすく、蜂が好む場所なのでしっかり予防をしておきましょう。軒下やベランダといった場所には、蜂用の殺虫剤を噴射しておくのがおすすめです。

また蜂の殺虫剤は基本的には屋外用で、室内では使用ができません。そして雨や直射日光の当たる場所は殺虫剤の効果が薄くなってきてしまうので、こまめに噴射しておきましょう。

巣を作り始める4~5月に予防する

スズメバチの活動期間は4月~11月ごろまでです。そして一番攻撃性が増すのが7月~9月ごろだといわれています。

4~5月ごろは、女王蜂が単独で巣を作り始める時期です。この時期は女王蜂の攻撃性が低いので巣作りの予防をしておくのに最適です。

また春先に、女王蜂が家の周りを飛んでいたら巣を作る場所を探しているサインかもしれません。そういった場合は、さきほどご紹介したようなスズメバチが巣を作りやすい場所に、忌避効果のある殺虫剤などを使って対策をおこなっておきましょう。

6月~7月ごろになってしまうと、働き蜂が誕生し巣も大きくなっていきます。スズメバチの巣は7月以降には、マーブル状の模様をした丸い巣になります。大きさは最大で100cmほどまで大きくなり、蜂の数が数百匹にまで増えてしまうのです。こうなると危険なだけでなく、駆除の費用もかかってしまいますので、こうなる前に対策しておくことが大切です。

また、駆除してもまた翌年に同じ場所に巣を作られることがあります。なぜなら、そこが蜂にとって巣を作るのに適した場所だからです。なので、同じ場所に巣を作らせないためには巣を駆除したからといって安心するのではなく、予防しておくことが大切だといえます。

戻り蜂の対策

蜂の巣の駆除をおこなっているときに、出かけていたり逃げていたりして生き残った蜂が、再び巣の場所に戻ってくることがあります。これが戻り蜂です。

戻り蜂は巣がないことがわかると凶暴化することがあります。また戻り蜂が女王蜂だった場合、同じ場所に巣を作られてしまうおそれもあるのです。戻り蜂を寄せつけないために、巣があった場所には忌避効果のある殺虫剤を散布して対策しておきましょう。

スズメバチの巣で不安のある方は業者に相談してみましょう

「スズメバチが飛んでいるけど、巣がどこにあるかわからない」といった場合は、業者に調査を依頼しましょう。なぜなら、調査の作業には危険が伴うからです。

スズメバチの巣が高い所にある場合ははしごを使っておこなわなければいけないので、ケガをするおそれがあります。また、床下や天井裏に巣がある場合は、点検するための入り口を作らなければいけないこともあるのです。

業者の中には無料で現地調査をおこなっているところや、蜂の巣が作られないように予防対策をおこなってくれるところもあります。

また、もしすでに巣を作られていた場合は早急に駆除することが必要です。スズメバチに刺されてしまうと、アナフィラキシーショックという強いアレルギー症状によって最悪は命を落とすこともあるからです。スズメバチの巣の駆除は難しくて危険なので、業者に依頼することをおすすめします。

蜂の巣の調査や駆除をしてくれる業者をお探しの際は、弊社までご相談ください。弊社では、蜂の巣駆除に関するご相談を24時間365日お電話とメールで受け付けております。お客様のご希望をうかがい最適な業者を手配することが可能です。お見積りは無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

【コンテンツ作成時の情報です】

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【蜂の予防に関する記事はこちら】

意外と厄介な蜂の糞害から洗濯物を守るために必要な対策
蜂のトラップをペットボトルで作って退治!捕獲法と注意点まとめ
スズメバチ対処法|カチカチ音がしたらこの対処!正しい行動と撃退法
蜂が嫌がる音ってあるの?蜂の聴覚と有効な撃退方法のまとめ
【蜂の巣】種類と特徴まとめ!自分で駆除・予防する方法もご紹介
蜂に巣を作らせない方法|戸建て住宅編
スズメバチの巣作りは時期や場所を知って予防しよう!巣の駆除方法も

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。