2020.06.30更新

蜂の巣に水をかけるのは効果あり?確実に駆除するには業者へ依頼!

蜂の巣に水をかけるのは効果あり?確実に駆除するには業者へ依頼!

蜂の巣に水をかけることで確実に駆除することはできませんが、水を使って蜂に巣を作られるのを予防することは可能です。なぜなら、蜂は雨など水に濡れると早く飛べなくなったり、水によって体温が奪われたりするため、動きが鈍くなるからです。

当記事では、蜂の巣に水をかけることによる効果について解説していきます。また自分で対処できる巣の見分け方や時間帯、業者に依頼した際の費用相場もご紹介していますので、ぜひご覧ください。もし自分で駆除することが難しいときは、業者に相談しましょう。

蜂の巣に水をかける効果とは?

多くの蜂は、雨などの水を苦手としています。その理由にはふたつあり、ひとつは「羽が濡れることで動きが鈍くなる」ことです。蜂は薄い羽を早く羽ばたかせることで飛びます。しかし、雨や水に濡れてしまうと水分を含んで羽が重くなり、早く動かすことができません。その結果、通常の動きよりも鈍くなってしまうのです。

もうひとつの理由は「低い気温に弱い」ということです。蜂は気温が20度より低くなると活動が鈍くなるといわれています。雨や水が巣や蜂にかかってしまうと体温が低くなり活動が困難になってしまうのです。

これらの理由から、蜂の巣に水をかけることにより蜂が寄り付かなくなるという効果は期待できると考えてよいでしょう。ただし、水では確実に蜂を駆除することはできません。

また巣のある場所や巣の大きさによっては、水をかけることができない場合があります。さらに蜂が活発に活動している時期では、蜂を怒らせてしまい刺されるリスクが高いです。蜂の巣に水をかける場合は駆除ではなく、蜂が巣を作らないように予防対策として使用しましょう。

使い方は、蜂が好む乾燥した場所に水を撒くだけです。ただし、乾燥させないため定期的に水を撒く必要があります。また屋根裏など高い場所に水を撒くことが困難な場所もありますので、無理な場合はやめておきましょう。

自分で対応できる巣の見分け方と時間帯

水で駆除することはできませんが、駆除するための道具をそろえて正しい手順でおこなえば、自力で駆除することができます。しかし、状況によってはそもそも自分では駆除ができない場合もあります。

まずは巣の大きさや巣を作っている蜂の種類、蜂が活動する時間帯・時期などを確認してから、自分で駆除できるか判断しましょう。この章では、自身で蜂の巣を対処できる条件やタイミング、そして正しい駆除方法について解説します。

自分で対処できる巣の条件

自分で対処できる巣の条件

蜂の巣を駆除する場合、巣が大きくなる前におこなうことで刺されるリスクが低くなります。まずは蜂の巣が以下の条件に当てはまっているか確認しましょう。

〇巣を作っている蜂がアシナガバチ、またはミツバチである

巣を作っているのがアシナガバチやミツバチの場合、攻撃性が高くないため自身で駆除することが可能です。ただ、攻撃してくることはあるので注意するに越したことはありません。

巣を作っているのがスズメバチだと、危険なため業者に連絡する必要があります。スズメバチは、アシナガバチやミツバチとは違い攻撃性が非常に高いです。危険を避けるためにも自分で駆除することは避けましょう。

〇巣の大きさが15cm未満である

蜂の巣は大きくなる前に対処することで、被害に遭うリスクを避けることができます。ただ、気が付いたときには大きくなっていたということもあるかもしれません。その際に、どの程度までの大きさなら自分で駆除することができるかを覚えておきましょう。

以下の巣の大きさを参考にして、自分で駆除できるかを確認してみてください。

・6cm未満
この大きさの巣の場合、働き蜂はまだ生まれておらず女王蜂のみなので、比較的安全に駆除することができます。もちろん、女王蜂も威嚇はしてきますが刺すことは、ほとんどありません。

・6cm~15cm未満
巣がこの大きさになると、働き蜂が生まれてきている状態になります。しかし、このくらいの巣であれば、また自力で駆除することは可能です。ただ、働き蜂が10匹ほど飛んでいるので、だいたい2m~3m離れた位置から駆除するようにしましょう。

・15cm以上
巣の大きさが15cm以上になると、働き蜂の数が多くなり駆除が困難になります。自身で駆除するには刺される危険性が高いので、業者に連絡して駆除してもらいましょう。

〇時期が4月~6月ごろである

安全に蜂の巣を対処できるのは巣を作り始める4月から、働き蜂が10匹ほど飛び始める6月ごろまでです。6月以降になると、働き蜂の数が増えてくるため刺されるリスクが高くなります。

巣の発見が遅れてしまい、働き蜂が多く飛んでいるときは自分で対処しようとせず、業者に相談することをおすすめします。業者に依頼する場合は「業者に依頼したときの費用相場」をご覧ください。

巣を対処する時間帯は日没後

蜂の巣の対処は、昼間ではなく日が沈んだあとにしましょう。なぜなら、蜂は日のあるうちに活動し、夜には巣で休むからです。この時間帯で蜂の巣を駆除すると刺される可能性が低くなります。

ただし、日が沈んだ直後は巣に戻っていない蜂と出くわすおそれがあります。日が沈んだら、2時間~3時間経ってからにしましょう。

蜂の巣の駆除方法

自分で対処できる巣の条件に当てはまっている場合は、実際に巣を駆除してみましょう。まずは駆除に必要な道具を用意します。

〇必要な道具

・ハチ用殺虫剤(2本ほど)
・防護服
・厚手の帽子やヘルメット
・手袋
・長靴
・巣を入れるためのビニール袋
・網
・長めの棒

日没後におこなう場合は、懐中電灯も用意してください。上記のものが準備できたら、以下の方法で駆除していきましょう。

【手順】

1.巣がある位置を確認する
2.巣の入り口に向かって殺虫剤を噴射する
3.巣の下に網を用意し、棒を使って巣を落とす
4.網に入った巣をビニール袋に入れて閉じる

ビニール袋に巣を入れた際に生き残っている蜂がいることもあるので、念のためビニール袋の中に殺虫剤を噴射しておきましょう。巣の入ったビニール袋は、可燃ごみとして処分して駆除は完了です。

以上の手順で蜂の巣を駆除することはできます。しかし、なかには駆除するのは難しいし、うまくできるか不安だという方もいらっしゃることでしょう。そんなときは、ぜひ弊社にご相談ください。ご連絡いただければ、お客様のご希望に沿った業者をご紹介させていただきます。

業者に依頼したときの費用相場

前章でご説明したように、蜂の巣が小さければ蜂の数も少ないため、自身で駆除することは可能です。しかし、巣が大きくなるにつれて蜂の数も増えるため、刺されるリスクも高くなります。その場合は、業者に依頼して巣を駆除してもらいましょう。

業者に駆除を依頼した場合、蜂の種類によって費用が異なってきます。

蜂の種類 費用相場
スズメバチ 約1万3千円~3万円
アシナガバチ 約9,500円~2万5千円
ミツバチ 約8,000円~2万5千円

上記の費用相場は目安となります。蜂の種類以外にも、巣のある場所や巣の大きさによって費用は変動しますので、事前に見積りをとって実際の費用を確認しましょう。もしも費用に疑問があった場合は、業者に質問して解決しておくと安心して依頼することができます。

また1つの業者だけを選ばずに、同じ条件で複数の業者から見積りをとり比較して決めるとよいでしょう。

業者選びでお困りになられた際には、弊社までご連絡ください。弊社は、全国にある加盟店からお客様に最適な業者をご紹介するサービスをおこなっております。お電話窓口は24時間年中無休受け付け可能ですので、ご都合に合わせてお問い合わせください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

業者選びでお困りなら、ハチ110番にお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【蜂の駆除方法に関する記事はこちら】

アシナガバチの巣を放置して大後悔!駆除方法を知って早めの対処を
【蜂の巣駆除】作り始めや作りかけなら自分で駆除できる可能性も
蜂の巣駆除にスプレーで退治|殺虫剤の選び方や使用方法など
室外機に蜂の巣が!アシナガバチを駆除する方法と放置するリスク
スズメバチ駆除が自力でできる条件とその方法!無理なら業者へ依頼を
殺虫剤でハチを駆除!薬剤の選び方やハチの生態についてもご紹介
蜂の巣がベランダに出現!まずは蜂の種類と巣の状態を確認しよう!
部屋の蜂を追い払う方法|軒下チェック~予防(木酢液・蚊取り線香)
お墓の蜂の巣|駆除におススメのタイミング・退治方法~料金相場まで
【スズメバチの駆除】掃除機で吸いこむ方法と注意点!今後の予防法
蜂の巣の入り口を塞ぐ駆除方法は危険!自分で駆除するポイントとは?
蜂の巣駆除に掃除機は使える?駆除方法と蜂を寄せ付けない方法まとめ
蜂の巣駆除を賃貸で!場所別の費用負担者と業者の料金相場を解説
アシナガバチがシャッターに巣を作った!?駆除と予防対策をしよう
蜂の巣(初期)の駆除方法|安全に駆除するための“3つ”の方法
スズメバチの駆除は簡単じゃない!自力で駆除できる条件と注意点
蜂の巣を見つけたらどうすればいい?場所別の対処法や自力駆除の方法
蜂の巣駆除は雨の日に!スズメバチアシナガバチの巣を効率よく退治!
蜂の巣の対処法とは?できたばかりの小さいうちに安全に駆除する方法
スズメバチ駆除を失敗しないためには?正しい手順を知って駆除しよう

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。