2020.07.03更新

スズメバチ駆除は一匹相手でも危険!家で見かけたときの対処法を紹介

スズメバチ駆除は一匹相手でも危険!家で見かけたときの対処法を紹介

夏~秋はスズメバチの数が増えて活動が活発になる季節。そんなとき、エサを求めて自宅の部屋や庭などにスズメバチが一匹入り込むこともあるでしょう。急にスズメバチを見かけたらつい慌ててしまいがちですが、まずは落ち着いて対処することが大切。

もしスズメバチを目撃したときに慌てて間違った行動をしてしまうと、スズメバチの攻撃性を刺激してしまい、刺されてしまうリスクが高くなるからです。ここでは、スズメバチの駆除や一匹見かけたときの対処方法を解説していきます。この記事でスズメバチの特徴や注意点を知って、刺される前にスズメバチの駆除などの対応をしてみてください。

スズメバチを一匹見かけたときのNG行動3つ

いきなりスズメバチを一匹見かけたときにすべき行動は、安全を確保すること。すぐに駆除しようとするのは危険なので、対応を間違えないようにしましょう。ここで、スズメバチを一匹見かけたときにすべきではない行動を3つご紹介します。

1.慌てて追い払おうとしてしまう

むやみに近寄らない

スズメバチを一匹見かけてつい反射的に大声で叫んだり、手などで追い払おうとしたりしてしまうかもしれません。しかし、これらの行動は蜂の攻撃性を刺激し、逆効果になることが多いので極力しないよう意識しましょう。

また、スズメバチから逃げるときは、とにかく音や動きで刺激を与えないようにゆっくりと後ろに退くことが大切。スズメバチの視界から逃れるため姿勢を低くしながら、静かにその場を離れるようにしてください。

2.巣に近づいてしまう

スズメバチを一匹見かけたら、すでに家の近くに巣が作られているかもしれません。とくに夏や秋のシーズンはスズメバチの動きが活発になりやすので巣に近づくのは危険です。間違って巣に近づいてスズメバチを刺激しないよう、巣の位置を特定するまでは以下の場所に近づかないようにしてください。

【スズメバチが巣を作りやすい場所】
・軒下
・床下
・天井裏
・壁の隙間
・土の中や木の中

好んで巣を作る場所はスズメバチの種類によって違いがありますが、どんな種類のスズメバチが潜んでいるのかわからないので気をつけるようにしてください。また、オオスズメバチなどの一部の蜂は、土の中などの見分けがつきにくい場所に巣を作ることがあります。自宅に庭があれば、業者に調査してもらうまで近づかないようにしましょう。

3.殺虫スプレーを無計画に使用してしまう

スズメバチを一匹見かけたときに、近くに殺虫スプレーがあれば駆除をしようと考えてしまう方もいるかもしれません。たしかにスズメバチに殺虫スプレーは有効な手段ではありますが仕留めそこなうリスクを考えると、安易に使用すべきではないでしょう。

たとえ殺虫スプレーをうまくかけたつもりでも、殺虫成分が効くまで少し時間がかかる場合もあり、よけられてスズメバチからの反撃を食らうこともあります。そのため、まずはその場から離れてから業者に依頼して駆除をしてもらうほうが安全です。

もし、緊急でスズメバチ一匹の駆除が必要であれば、24時間365日ご連絡を受け付けている弊社にご相談ください。スズメバチの駆除が得意なプロをご紹介できるので、安全に対処することが可能です。また、混雑状況によりますが、場合によっては即日対応もできます。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

スズメバチを一匹見かけたときの対処方法

スズメバチから離れて安全を確保したら、これからご紹介する3つの方法のいずれかの手段で対処していきましょう。ただし、業者依頼以外の手段は危険がともなう作業になるため注意が必要です。そのため、基本的には業者依頼で解決することを優先して検討してみてください。

部屋から逃がすことを試みる

部屋から逃がすことを試みる

部屋の中でスズメバチが一匹出現したときは、部屋を暗くしてから窓や戸を開けて逃がしてみるとよいでしょう。多くのスズメバチは光のある方向に向かっていく習性があるため、部屋を暗くして出口のみ明るくすることで、スズメバチが出ていくことが期待できるのです。

ただ、部屋を暗くすることが難しい場合もあるので、そのときは別の手段で解決する必要があります。また、窓や戸を開けるときは危険な服装で行動しないようにしてください。たとえば黒い服や髪の毛は蜂の攻撃性を増してしまうといわれています。そのため、白色などの比較的攻撃性が高まりにくい色で、頭や肌を出さないようにしましょう。

スズメバチの巣を自力で駆除する

スズメバチの駆除は、一匹の女王蜂しかいない初期状態の巣や、小さい巣であれば自力で駆除をすることが可能です。ただ、巣が駆除しにくい位置にあったり、すでに多くの働き蜂が成長していたりしている場合は駆除の難易度が高くなるので、迷わず業者依頼をしましょう。

■必要なもの
・蜂駆除用の防護服一式
・殺虫剤(スプレー式のもの)
・巣を入れるゴミ袋×2つ
・赤いセロファンを付けた懐中電灯

初期状態のスズメバチ駆除には、一匹相手でもこれだけの準備が必要となります。蜂は昼行性のため、基本的に夜は巣に戻っていることが多いです。そのため、日没後2~3時間を目安に夜の時間帯に駆除をおこないましょう。

先ほども解説したとおり、蜂は明るいところに向かうため、懐中電灯はそのまま使うのではなく、蜂が認識しにくい「赤色」の光になるようにセロファンを貼るようにしてください。

また、駆除をするときに必要な蜂駆除用の防護服を自分で購入するのもよいですが、自治体によっては貸し出しをおこなっているところもあります。気になる方は、お住まいの自治体へ問い合わせをしてみるとよいかもしれません。

■スズメバチ駆除の手順
1.懐中電灯を頼りに巣から2~3m付近まで近づく
2.殺虫スプレーを蜂や巣にめがけて噴射
3.駆除後残った巣を袋に入れ回収する

スズメバチはこのような3つの手順で駆除をおこなうことが可能です。ただしスズメバチの駆除は一匹でも油断しないようにしてください。巣を襲われていると判断した蜂がおそいかかってくる可能性が高く、仕留めるのが難しくなりやすいからです。

そのため、殺虫スプレーは長い間蜂にめがけてかけるようにしましょう。また、巣を回収するときは、破れてしまわないように袋を2重にする必要があります。

スズメバチ一匹の駆除は業者依頼で解決するのが最善

部屋のスズメバチを追い出すのが難しい、自分で駆除するのも厳しい……。そういう場合は、蜂駆除のプロに相談してスズメバチを退治してもらいましょう。先にご紹介した2つの方法は、行動する前の準備に手間がかかりますし、何より危険です。しかし、業者依頼であれば手間をかけずに安全にスズメバチを駆除することができます。

また、スズメバチの駆除が得意な業者探しにお困りであれば、弊社のサービスを利用するという手もあります。弊社では、スズメバチの早期駆除が可能な業者を紹介することが可能です。場合によっては即日対応も可能なので、まずはお気軽にご相談ください。

スズメバチは一匹でも危ない!注意すべき点を解説

スズメバチは危険な昆虫であることは知っている方も多いでしょう。しかし、一匹しかいないならまだ駆除はいいと考える方もいるかもしれません。ですが放っておくと数がどんどん増えて危険なので、スズメバチ駆除は一匹であろうと後回しせず、早急に対処すべきなのです。

ここでは、スズメバチは早急に駆除すべき昆虫だとわかる「スズメバチの危険性」について解説します。

スズメバチは攻撃性が高くて危険

蜂が嫌がる音とは?蜂の聴覚について

スズメバチはほかの種類よりもとくに危険度が高い蜂として知られています。基本的に、アシナガバチやミツバチは巣に近づきすぎなければ、比較的刺されるリスクは低いです。しかし、スズメバチの場合は攻撃性がとても高く、巣の近くを通りすぎたり、近くに寄ったりしただけでおそいかかることもあるほど危険なのです。

さらに、とくにキイロスズメバチなどの一部のスズメバチは、とても繁殖力が高いです。ピークを迎えるころには何百匹以上の集団になることも。そうなると、家から外出しようとするだけでも命がけになるでしょう。

また種類によって多少時期がずれますが、スズメバチは7~10月ごろに活発になり、秋に近づくほど危険度が増すといわれています。秋ごろは新女王蜂の誕生シーズンであり、エサとなる昆虫が少なくなる中で必死にエサを探しにいかなければならないので、興奮しやすくなっているのです。

スズメバチの毒針は危険!業者に駆除を依頼しよう

スズメバチの毒針はとても強力で、刺されるとかなり強い痛みを発するどころか、「アナフィラキシーショック」という深刻な状況を巻き起こすこともあります。アナフィラキシーショックが起きると皮膚や呼吸に大きな症状がみられ、最悪の場合命を落とすこともあるのです。そのため、スズメバチに刺されてしまう前に早めに対処しましょう。

もしスズメバチの対処にお困りでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。弊社ではお客様の状況やご要望に合わせた蜂駆除業者を紹介するサービスを展開しています。日本全国の問い合わせに対応しているため、スズメバチのお悩みを迅速に解決することが可能です。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【スズメバチの生態に関する記事はこちら】

スズメバチって夜はどうしているの?気になる生態をまとめました
スズメバチの女王蜂と働き蜂を見分ける方法|見つけたら早めに駆除!
スズメバチの活動時間はフルタイム!?駆除するなら夜間か冬が最適!
スズメバチの好む木と巣を作りやすい場所|被害から身を守る基礎知識
スズメバチが越冬した後の巣は安全?処理の方法は?
スズメバチの巣を冬の間に駆除するとどうなるのか
スズメバチの大きさは種類で違う?種類ごとの特徴や危険度とは
スズメバチの生態・危険性まとめ!刺されない対策や駆除依頼する方法
スズメバチの餌は幼虫とのギブアンドテイク!家に来る理由と対策方法
スズメバチは10月になると危険!活動が活発になる前に駆除すべき!
スズメバチが秋に凶暴化する理由と被害にあわないためのポイント!
スズメバチの行動範囲は活動時期によって違う!警戒範囲にも要注意
【スズメバチの針】意外と知らない?知っておきたい”5つ”のヒミツ
スズメバチの巣の駆除|巣の特徴や業者に依頼した場合の費用について
スズメバチの生態を詳しく解説!種類や危険性・対策についてご紹介
スズメバチの巣の駆除|天井裏に巣がある場合は業者に依頼をしよう!

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。