2020.07.09更新

危険なスズメバチを殺虫剤で駆除するには成分や効果で選ぼう!

危険なスズメバチを殺虫剤で駆除するには成分や効果で選ぼう!

スズメバチを殺虫剤で駆除したいと考えているのであれば、スズメバチに効果的な殺虫剤を用意しましょう。なぜなら殺虫剤の種類によっては効果のあまり見られないものもあるからです。本コラムではスズメバチの駆除に使える殺虫剤を選ぶためのポイントについて詳しく紹介していきます。

ただし、スズメバチの巣を殺虫剤によって駆除する前に守ってほしいことがあります。それは駆除するには危険な状態のスズメバチの巣を狙わないことです。スズメバチの駆除は大変危険を伴う作業だということを理解しておきましょう。

まずはご自身で駆除するうえで守っていただきたい条件についてご紹介していきます。続いて、スズメバチにはどんな殺虫剤が効果的なのかを見ていきましょう。どんな殺虫剤を用意すればいいのか早く知りたいという方は、本コラム内「スズメバチ用の殺虫剤はこれで決める」を先にご覧ください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

スズメバチを殺虫剤で駆除するための条件

自分でスズメバチの巣を駆除することにはリスクがあります。スズメバチも生きていくために必死ですので、巣を脅かす存在に対し反撃をおこなうのです。スズメバチは毒性も強いことから、刺されると激しい痛みを感じるだけでなく、最悪の場合、死亡することも考えられるのです。

ここでは自分の身を守るために、スズメバチを駆除する場合に最低限守っていただきたいことを紹介していきます。

大きくなった巣は狙わない

大きくなった巣は狙わない

スズメバチの女王バチは4月ごろに冬眠から目覚めて、1匹で巣を作り始めます。そのころは体力が落ちていて、比較的攻撃性は低いといえます。女王バチが巣を大きくしながら卵を産んでいき、徐々に働きバチを増やしていくのです。

目安としてはだいたい巣の直径が15cm以上になると、巣のなかにいるスズメバチの数が増えていて大変危険です。自力で殺虫剤を使って駆除をしようとすると、攻撃的になったスズメバチに集団攻撃をされるおそれがあります。

スズメバチが複数いる場合は狙わない

スズメバチが複数いる場合は、目の前にいる数以上に周囲には仲間がいるおそれがあります。数匹程度のスズメバチなら自力で殺虫剤を使用して退治できると思われるかもしれません。

しかし、近くにいる以上にスズメバチが集まって来たらどうなるでしょうか。敵が近づいてきたり、威嚇に応じず危害を加えてきたりするような場合には、スズメバチは攻撃ホルモンを出すことによって、仲間に危険を知らせることができるのです。

目の前のスズメバチを殺虫剤で退治できたとしても、仲間の危険を察知して助けに集まってきたスズメバチが毒針により集団攻撃をしかけてくるという危険があるのです。

風の強い日は狙わない

スズメバチ用の殺虫剤は、強い噴射力によって5~10秒間直接吹きかけることで効果を発揮します。しかし、風の強い日はスズメバチにはうまく殺虫剤をかけられなかったり、自分のほうに降りかかったりしてしまうかもしれません。殺虫剤を使う場合には、できるだけ風の弱い日を選ぶようにしましょう。

オオスズメバチの巣は狙わない

オオスズメバチは世界最大のスズメバチともいわれており、女王バチの大きさは約40~55mmあります。働きバチですら25~45mmあります。また非常に攻撃的で、強い猛毒をもっているのです。

オオスズメバチの巣は木にある洞や土のなか、土手に作られることが多く、薄い茶色の皮に覆われています。オオスズメバチかもしれないと思ったら、まずは近づかないようにしてください。

スズメバチ用の殺虫剤はこれで決める

スズメバチの駆除をするにはどんな殺虫剤を使ってもいいのかというと、そういうわけではありません。『有効成分』によってはスズメバチにあまり効果がないものもあるのです。効果のあまりない殺虫剤を吹きかけると、ただスズメバチを警戒させて襲われてしまうこともあります。

安全にスズメバチを駆除するためにも、重要なポイントを押さえて効果の高い殺虫剤を選ぶようにしましょう。

有効成分

有効成分

殺虫剤を使う場合は、ただスズメバチを警戒させるだけにならないように動きをしっかり止める殺虫成分が入っている必要があります。モンフルオロトリン、フタルスリン、イミプロトリン、などの成分が有効だとされています。かならず取扱説明書に書かれている用途を確認しましょう。

即効性

殺虫剤をスズメバチに目掛けて吹きかけたとしても、効き始めるまでに時間がかかると攻撃をされてしまうおそれがあるので、即効性はとても重要なポイントです。たとえばモンフルオロトリンのような成分は、速やかにスズメバチの動きを止めてしまう効果があります。被害を受けないためにも、スズメバチに対して即効性があるものをおすすめします。

射程距離

駆除の際はできるだけ近づくことなく、かつ的確にターゲットとなるスズメバチに殺虫剤を吹きかけることが重要です。少なくとも、3m程度離れたところからスズメバチやハチの巣に噴射できるものを選びましょう。なかには無風時で15m先まで噴射できる殺虫剤も販売されています。

残留性

せっかくスズメバチを駆除した場合でも、「戻りバチ」といって、生き延びたハチがもともと巣があった場所に戻ってくることがあります。それを回避するには、噴射した成分がそこに残留する性質のある殺虫剤がおすすめです。

スズメバチが嫌う臭いや成分を巣のあった場所や家の近くに残しておくことで、スズメバチが戻ってきて再び巣を作ってしまうのを防げるのです。ただし、時間の経過や風雨で効果が薄れることもあるので、1ヶ月を目安に殺虫剤を噴射しておくと効果が長続きします。

容量

スズメバチは大変素早い速度で攻撃してきます。そして生命力も強いです。そのスズメバチにとって十分な致死量の殺虫剤を、連続してすべてのスズメバチに噴射する必要があります。

周辺にいるスズメバチを全滅させるだけの容量がないと、生き残ったスズメバチに攻撃されてしまうかもしれません。取扱説明書をよく読んでゆとりのある量を備えましょう。

スズメバチ駆除をするならケガのないように細心の注意が必要です。間違った知識や浅い知識では、大きな事故につながります。

自分でスズメバチ駆除をする前に、便利な殺虫剤スプレーから駆除方法まで詳しくご紹介しているこちらの記事をご参照ください。

スズメバチの巣の駆除は業者に依頼しよう

ここまで殺虫剤について紹介してきました。しかし、何度もお伝えしているようにスズメバチの駆除は大変危険なものです。決して無理をするべきではありません。自分で駆除をしようとして、スズメバチに刺されて大けがをしまったら目も当てられないでしょう。

ご自身の安全を確保したうえで駆除する一番の方法は、業者へ依頼することです。ここでは業者に依頼すべき理由と業者に依頼した場合の作業の流れや料金相場をご紹介します。

業者に依頼するべき理由

業者に依頼するべき理由

ここまでご説明してきたように、猛毒をもっているスズメバチの駆除は大変危険な作業でスズメバチは攻撃ホルモンを出すことによって、仲間に危険を知らせて集中攻撃をすることができるのです。それがどの程度の数なのか、どれだけ危険なのか、素人には想像も及びません。

また、自分で効果的な殺虫剤や防護服、軍手などの駆除に必要な道具を準備するには相応の費用がかかります。

スズメバチ駆除用のスプレーは5本くらい備えておきたいですが、1本800円~2,000円くらいですので、それだけで1万円程度かかってしまうこともあります。防護服は自治体で借りられることもありますが、ない場合はレンタルでも数千円かかってしまいます。

それなりの費用がかかるのであれば、材料を集める手間をかけずに知識の豊富な熟練したプロにお任せするのも有効な選択肢です。しかも自治体によっては、スズメバチ駆除に必要な費用の一部を負担してくれる場合もあるのです。

業者に依頼した場合の流れ

実際に業者に駆除を依頼したときには、まず業者が現場に来て調査をします。巣の大きさやできている場所などによって、駆除の方法や料金が変わってくるからです。それらを確認したうえで、業者は見積りを作成します。調査と見積りまでは無料の業者もあります。見積りの内容に納得すれば、駆除の作業を始めてもらいましょう。

業者によっては戻りバチへの対策として巣のあった周辺への殺虫剤散布や、期間内に再び巣を作られた場合に無料で駆除してくれる保証などを用意しているところもあります。このようなアフターサービスが充実しているかどうかも、業者を選ぶ際のポイントです。

業者に依頼した場合の料金相場

業者にスズメバチの駆除を依頼した場合、巣の大きさや作られた場所によって料金は変わってきます。スズメバチの駆除はだいたい9,000円~50,000円くらいが相場になっております。ミツバチやアシナガバチなどほかのハチよりも危険を伴うため、少し高めの設定になっています。

これはあくまで目安であり、状況によって価格は変動しますので、まずはお見積りをおすすめします。適正な料金を見極めるためには、いくつかの業者から見積りを取って比較するのもよいのではないでしょうか。

ただ、身に迫った危険があり、早く問題解決をしたい場合には近くですぐに駆けつけてくれる業者に助けてほしいですよね。どこの業者に相談すればいいのかわからないということもあるでしょう。

そのようにお悩みの場合はぜひお気軽に弊社にご相談ください。弊社ではご相談に応じて、最適なハチの巣駆除業者をご紹介させていただきます。まずは業者によるお見積りをみていただき、お客様が納得されてからご契約・作業開始となりますのでご安心ください。24時間365日お電話の受け付けが可能ですので、お気軽にお電話ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【蜂の駆除道具に関する記事はこちら】

スズメバチはスプレーでの駆除がおすすめ!自分で駆除する方法を解説
蜂の巣にバルサンは有効?屋根裏や場所ごとに合わせた駆除方法を解説
スズメバチ駆除の服装は防護服が基本!入手方法や代用方法もご紹介
スズメバチ駆除に粘着シートは使える?捕獲効果がアップする方法も!

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。