2020.11.05更新

スズメバチの毒針は危険!オスメスの違いを知って刺されないよう対策

スズメバチの特徴

スズメバチをよく見かける場合は、刺されないように対策をする必要があります。スズメバチの毒針はとても危険だからです。攻撃対象の体にまとわりつきながら、何度も何度も刺して毒を注入してきます。その毒は極めて強力で、死に至る危険性も高いです。

スズメバチをよく見かけるということは、常に命の危機にさらされていると考えてよいでしょう。自分や大切な家族がスズメバチの毒針にやられることを防ぐためにも、この記事でご紹介するスズメバチ対策を試してみてください。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

スズメバチの毒針の危険性

スズメバチの毒針はとても危険です。その危険性はミツバチやアシナガバチなど、ほかの蜂とは比べものにならないほど高いといえます。しかし、スズメバチはむやみやたらに襲撃するわけではありません。スズメバチにも襲う動機があるのです。ここではスズメバチが相手を攻撃する理由や、スズメバチの種類別の危険性などをご紹介いたします。

スズメバチが襲ってくるのは理由がある

蜂の巣のとっくり型はスズメバチかも!巣の見分け方や駆除費用を解説

スズメバチが攻撃してくる理由は『自分と巣を守る』ためです。飛んでいる個体や巣へ不用意に近づくと、攻撃される危険性が高まります。また、とっさに手で追い払ったり、逃げようと素早く動いたりすると、スズメバチは「攻撃される!」と思い、臨戦態勢になります。

スズメバチの攻撃方法は、基本的に毒針で刺すものです。何度も刺すことで猛毒を対象の体内に注入します。毒を受けたほうは麻痺して動けなくなり、最悪の場合は『アナフィラキシーショック』というアレルギー症状を起こして死んでしまいます。また、毒針から特殊なフェロモンを出すことで近くの仲間を呼ぶこともあるのです。

スズメバチは臨戦態勢に入ると、まずカチカチと歯を鳴らして威嚇してきたり、相手の周りをホバリングしたりします。近くにいるスズメバチがそういったアクションを見せたら、危険な状態にあると思いましょう。

スズメバチを見かけたときは、慌てて逃げるのではなく、刺激しないように、ゆっくりと離れるとよいです。

種類によって毒性・攻撃性が違う

スズメバチは1種類ではありません。『オオスズメバチ』や『キイロスズメバチ』などの種類がいます。種類が違えば、毒性や攻撃性も異なると考えてよいです。どういったスズメバチがとくに危険なのか知るためにも、種類別の外見的特徴などを知っておきましょう。以下で、国内に生息しているスズメバチのうち、被害にあいやすい4種類をご紹介いたします。

○オオスズメバチ

もっとも危険だと考えられる種類です。毒性も攻撃性もスズメバチの中でもっとも高いといえます。その名前のとおり、大きな体が特徴です。2.7センチ~4センチほどで、黒とオレンジ色の蜂が飛んでいたときは、絶対に近寄らないようにしましょう。

○キイロスズメバチ

オオスズメバチと比べれば毒性も攻撃性も弱いですが、オオスズメバチと違って都会のど真ん中でも営巣するため、危険なことに違いはありません。オオスズメバチよりもひと周り小さく、黄色系の色味が強い体をしています。

○モンスズメバチ

オオスズメバチやキイロスズメバチなどほかのスズメバチと違って、夜間であっても活発に飛び回る点が最大の特徴です。オオスズメバチやキイロスズメバチと比べれば毒性も攻撃性もないですが、それでも不用意に近づけば刺される危険性はあります。黒とオレンジの体色はオオスズメバチと同じですが、オオスズメバチよりも黒色が強いです。

○コガタスズメバチ

キイロスズメバチ同様、都市部でも問題なく繁殖することができるため、国内での被害が増加傾向にある危険な種類になります。攻撃性も毒性も高いだけでなく、一度臨戦態勢に入ると執念深く襲う性質があるため、とても怖いです。オオスズメバチを全体的に小さくしただけのような見た目をしています。

このようなスズメバチを近所で見かけたときは、絶対に近づかないようにしましょう。蜂のほうから近寄ってくることがあっても、素早く逃げたり手で振り払ったりしないように気をつけてください。攻撃されたと勘違いして、襲いかかってくるおそれがあります。

スズメバチを見かけたときは、恐怖心をグッと抑えて、なるべくゆっくりとその場から離れてください。そして、できるだけ早く蜂駆除を請け負っている業者に依頼しましょう。現地調査をしてもらい、巣があるかどうか見てもらうだけでも安心できるはずです。

業者を自力で選ぶ時間がないという方は、ぜひ弊社『蜂の巣駆除お助け隊』をご利用ください。多数加盟している蜂駆除業者のうち、ご相談内容に合った業者をご紹介いたします。

スズメバチのメスは刺すけどオスは刺さない!

スズメバチに限ったことではなく、蜂はメスしか刺すことができません。なぜなら毒針は内臓器官の一種である『産卵管』が変化したものだからです。言葉からわかるとおり、産卵のための器官であるため、メスしかもっていないのです。そのため、スズメバチに毒針で攻撃されないようにするためには、メスとオスの見分け方を知っているとよいです。

スズメバチのメスとオスは、触覚の長さによって見分けることができます。オスのほうが触覚は長いといわれているのです。

とはいえ、スズメバチのオスは、秋ごろの繁殖する時期にならなければ産まれてきません。また、産まれたとしてもひとつの巣に生息する蜂のうち多くても1割と少数です。働き蜂として巣から出て、外を飛び回る個体の多くは、メスと考えられます。

スズメバチを近所で見かけたときは、迅速な対応が必要です。そのまま放っておくと本格的に巣を作られてしまって、トラブルが大きくなるおそれがあります。自力で駆除する方法などもさまざまな媒体で紹介されていますが、安全かつ確実に駆除したいときはプロに依頼したほうがよいです。

しかし、蜂駆除業者は全国にたくさんあります。業者探しに慣れていない場合、「どこがいいのかな……」と迷ってしまって、依頼できない状況が続いてしまうものです。迅速に対応したいと思って、うまくいかないことは珍しくありません。

もし「業者探しを自力でできそうにない……」と不安であれば、ぜひ弊社『蜂の巣駆除お助け隊』にご相談ください。24時間、年中無休で対応し、すぐに現場まで駆けつけることができるプロをご紹介いたします。

スズメバチに刺されないために気をつけること

トックリバチの巣の特徴

スズメバチの毒針に刺される被害は、『黒っぽい服装は避ける』『甘い香りの香水などはつけない』といったことをおこなえば減らせます。ここでは、スズメバチ被害を少しでも減らすために気をつけたほうがよいことをいくつかご紹介いたしますので、ぜひ試してみてください。

服装に気をつける

スズメバチは黒色に刺激を受け、襲撃してくることがあります。そのため、黒っぽい服装は避けるようにしましょう。夏ごろなど、スズメバチの動きが活性化される時期は、白や水色などの淡色を中心にコーディネートすることをおすすめします。また、髪色が黒い方は、淡色の帽子を被るようにすると、被害減少効果は高まります。

匂いに気をつける

スズメバチは甘い香りに引き寄せられる生き物です。香りの強い柔軟剤や香水などは、できるだけ使わないようにしてください。また、ジュースやお菓子の匂いにも寄ってくるため、服にこぼしてしまったときは、そのまま出歩かないようにしましょう。

蜂が多く生息している場所に近づかない

スズメバチの中にはキイロスズメバチやコガタスズメバチのように、大都会の中であっても生きていくことができる種類もいます。とはいえ、スズメバチの主食は基本的に小型の虫であるため、エサの多い森林や公園などに生息していることが多いです。

スズメバチ被害を避けるという意味では、木々など自然豊富な場所には近づかないようにしましょう。子どもを連れて公園などに行きたいときは、服装や匂いに気を配るようにしてください。

巣ができやすい場所に気をつける

大きくなった巣は狙わない

スズメバチの巣は、建築物の中で考えると、軒下や床下にできることが多いです。庭があると建築物の場合は、もちろん庭木にも注意しなければなりません。

市販されている蜂撃退効果のあるスプレーを、軒下や庭といった営巣されやすい場所へ定期的に散布しておくと、蜂が近づいてこなくなる場合があります。朽ちかけた庭木や使っていない物置などがある場合は、伐採したり撤去したりすることも営巣防止に効果的です。

スズメバチをよく見かけるなら巣があるかも……

近くでスズメバチを頻繁に見かけるときは、どこかに巣が作られている危険性があります。とくに1匹ではなく複数の場合、その危険性はさらに高いです。

スズメバチの巣があるとき、あるかもしれないときは、蜂駆除業者に調査してもらうことをおすすめします。そして、本当に巣があったときは、駆除も依頼するとよいです。

蜂の巣の駆除は自力でやる方法もあります。とはいえ、防護服の準備や高所作業をしなければならないため、簡単ではありません。また、防護服の着方を間違えてしまい、スズメバチが服の中に入り込んで攻撃してくる危険性もあります。蜂の巣の駆除は、プロに任せたほうが安全なのです。

蜂駆除業者を自力で探せそうにない場合は、ぜひ弊社『蜂の巣駆除お助け隊』をご利用ください。トラブルの解決に最適なプロを、多数の加盟業者の中からご紹介いたします。加盟業者の中には、見積り・調査を無料でおこなっているところも多いため、「とりあえず調査だけでも!」といったご相談も大歓迎です。ご相談は、24時間、年中無休で受け付けております。早朝から夜中までご都合のよろしいときにお電話ください。お待ちしております。

無料現地調査、どんな場所でもお任せください!
通話
無料
0120-932-621 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。