ミツバチの種類は世界でも9種!国内のミツバチ2種を徹底解説します

ふだん、私たちの生活でもなじみのあるミツバチ。実は、日本に生息しているミツバチは2種類しかいないのです。

ミツバチは、蜂蜜のパッケージなどにもかわいらしいキャラクターが描かれることが多いですが、ミツバチは意外と危険な生き物なのです。

今回は、ミツバチの種類と危険性についてまとめました。「家の近くにミツバチの巣を見つけた……」「最近、よくミツバチが飛んでいるのを見かける……」といった悩みを抱えていらっしゃる方には必見です。これを読んで、ミツバチの対処法を学びましょう。

0120-932-621
蜂の巣駆除はプロに任せて安心・安全・確実に! メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます。
※2 弊社運営サイト全体のお問い合わせ件数

ミツバチの種類と生態

ミツバチは、日本では西洋ミツバチと日本ミツバチの2種類しかいません。そして、種類によって見た目も性格も違います。この項目では、ミツバチの種類や生態についてまとめました。

ミツバチの種類は少ない!

スズメバチにはオオスズメバチやキイロスズメバチなど、アシナガバチにはセグロアシナガバチやコアシナガバチなどさまざまな種類がいますが、ミツバチは、世界でも9種類しかいません。そのうち、日本にいるのは西洋ミツバチと日本ミツバチの2種類です。

ミツバチは、花の蜜を吸って蜂蜜を作り、養蜂に用いられます。基本的にハチや巣に危害を加えなければ、攻撃してくることはありません。

ですが、野生のミツバチは民家に入り、巣を作ることがあります。それが巨大になると、膨大な数のミツバチが民家に生息することになってしまいます。

西洋ミツバチと日本ミツバチはどう違う?

そんな西洋ミツバチと日本ミツバチですが、違いがはっきりと分かれています。まず、西洋ミツバチが黄色と黒色の縦縞模様で体が大きいですが、日本ミツバチは全体的に黒っぽく体が小さいです。

生態についての違いは、西洋ミツバチは2万~4万匹ほどの群を引き連れますが、日本ミツバチは数千から2万匹ほどです。西洋ミツバチは頭の方向が不ぞろいで分蜂を形成するが、日本ミツバチは頭の上に向けて並んで分蜂します。

蜂蜜の採取量も、西洋ミツバチは蜂蜜の採取量が多いですが、日本ミツバチは蜂蜜の採取量が少なくなります。生息地に関しても、西洋ミツバチは木の小枝が混じる付近でよく見られるのに対して、日本ミツバチは比較的太い木の枝の付け根付近でよく見られるという違いがあります。

蜂郡で生活するミツバチの役割分担

ミツバチには、女王バチ、雄バチ、働きバチの3種類のハチがいます。種類によっても、役割は大きく変わっていきます。

・女王バチ
ひとつの巣の中には何万匹とミツバチがいるなかで、1匹だけ大きな体のハチがいます。これが女王バチです。女王バチはほかのミツバチと比べて2倍ほどの大きさをしており、唯一卵を産むことができます。

女王バチは1分間に2個のペースで卵を産みます。これは、1日に換算すると約2,000個もの卵を産むことになるのです。女王バチは働きバチと違い長寿で、7年ほど生きます。

・働きバチ
ミツバチのなかで最も多い種類のハチで、多い時期だと約5~6万匹にも増えます。働きバチはすべてメスですが、卵は産みません。

働きバチは、生まれたときから巣房というハチを育てる部屋の掃除をおこない、それ以降も幼虫の世話やエサである蜜や花粉の採取などをおこないます。エサがたくさん採れる花の咲く時期は休みなしで働くため、働きバチは1~3か月で寿命を終えてしまうのです。

・雄バチ
働きバチより少し大きめのサイズのハチで、ミツバチの繁殖のためだけに生まれてきます。働きバチのように毒針もなければ、エサを持ってくる能力もありません。

晴れた日には朝から夕方まで、巣から出て新しい女王が来るまで飛び続けます。新女王が性フェロモンをまき散らしながら飛び上がると、雄バチは女王バチを追いかけて飛んでいきます。

飛ぶ力がすぐれている雄バチ1匹だけが空中で交尾し、交尾が終わったあと、その雄バチはショック死してしまいます。交尾に失敗した雄バチは巣に戻って生活しますが、秋になりエサが集まらなくなると、役立たずと認定されて巣から追い出されて死んでしまいます。

ミツバチの危険性と対策方法

ミツバチは、基本的に大人しい性格なので攻撃してきません。しかし、だからといってうかつに巣に近づいたり攻撃したりしてはいけません。この項目では、ミツバチの危険性と対策についてまとめました。

大人しいけど危険なミツバチ

ミツバチは、こちらが危害を加えない限り刺すことはありません。しかし、刺激を与えると敵とみなされ攻撃してくることがあります。ミツバチの針は、刺さるとハチから抜け、人体から抜けにくくなります。

人を刺したミツバチは、その場を離れようと針と毒を送り込む産卵管を切り離しますが、針と内臓の一部を失ったハチは死んでしまいます。

この針は毒性がとても強く、強いにおいを発してほかのミツバチを誘います。もし刺された場合は、毒針を抜いて、水や葉で刺された部分を洗い流したりこすったりしましょう。

攻撃性の高い冬の時期に注意しよう

ミツバチはほかのハチとは違い、越冬できる力があります。そして、越冬前後の10~11月、2~3月あたりになると攻撃性が強くなります。この時期は、巣に近づいただけで人に攻撃するおそれがあるので、注意が必要です。

ミツバチに刺されない対策方法

ハチに刺されないようにするには、騒いだり大声を出したりしないことです。こちらから刺激を与えてしまうと、敵とみなして攻撃してきます。

また、ハチは黒や赤などの濃い色や、においに敏感な生き物です。そのため、「頭を帽子で隠す」「濃い色の服を着ない」「整髪料や香水は使わない、もしくは香りの弱いものを使用する」など、適切な対策をおこないましょう。

ミツバチの天敵はスズメバチ

ミツバチは、こちらから刺激をしなければ特に害はありませんが、ミツバチをエサにするスズメバチは、種によっては攻撃性が強いためとても厄介です。この項目では、ミツバチとスズメバチの関係性についてまとめました。

スズメバチはミツバチをエサにする!

スズメバチはミツバチの天敵とされています。肉食であるスズメバチは、ミツバチのような虫をエサにするのです。そのため、ミツバチの巣があるところにスズメバチがやってくる可能性は十分にあります。

ミツバチの対抗手段「熱殺蜂球」

熱殺蜂球とは、働きバチがスズメバチに一斉に飛びかかり、囲います。その後、筋肉を震わせ熱を放出し、スズメバチを熱さで殺す戦法です。その熱は46度ほどで、スズメバチは1時間ほどで死んでしまうといわれています。

この戦法は日本ミツバチしかできない技で、西洋ミツバチは熱殺蜂球が使えません。

ミツバチの巣が大きな被害のきっかけになる?

スズメバチは種によって攻撃性が異なりますが、オオスズメバチとキイロスズメバチは攻撃性が高く、巣の付近を通っただけでも攻撃してくることがあります。

ミツバチの巣を放置することで、スズメバチを誘発してしまう可能性があるので、ミツバチの巣も早めに除去したほうがよいでしょう。

蜂の巣の駆除はどこに依頼したらよい?

ハチの巣の駆除は基本的に業者に任せたほうがいいですが、自治体に依頼できることもあります。この項目では、ハチの巣駆除の費用や自治体に任せられるケースについてまとめました。

蜂の巣駆除のプロに依頼する

ハチの巣駆除は、業者に依頼することをおすすめします。業者によっては、見積り無料なところや最短15分程度で駆除できるところもあるのです。費用としては9,000~10,000円が平均ですが、高所作業が必要な場合やハチの種類によっても変動してきます。

スズメバチの場合は自治体に依頼できることも

地域によっても対応は異なりますが、たとえば京都市では、スズメバチ限定で個人住宅の駆除に無料で対応してくれます。また、神戸市は「ハチ相談ダイヤル」を設け、スズメバチとミツバチについては、市の委託業者が原則無料で駆除してくれるとのことです。ほかにも、京都府京田辺市では、駆除用の防護服を無料で貸し出しをおこなっています。

駆除したいハチの巣があれば、まずその巣がある自治体に相談してみましょう。無料で駆除してもらえるならば、それに越したことはありません。しかし、防護服の貸し出しといった対応だけしかおこなってもらえない場合は、自分で駆除するのかしっかりと考えましょう。防護服があっても、駆除には危険がともなうからです。少しでも不安な方は、やはり業者なりに相談したほうがよいかと思います。

少しでも危険を感じたらプロに任せよう!

ハチの駆除は刺される可能性以外にも、高所での作業での転落やご近所トラブルなど、さまざまな危険がともないます。少しでも危険に感じたら、弊社にお電話ください。お客様にあった駆除方法が可能な業者を紹介させていただきます。

まとめ

ミツバチは、こちらが危害を加えたり騒いだりしなければ刺すことはありません。しかし、誤った対処法をとってしまうと、刺されてしまいます。

また、いくら刺激することがなければ刺されることがないとはいえ、家の近くや自分が通り過ぎる場所にずっとハチの巣があるのは少し怖いですよね。ハチの巣駆除にお悩みのさいは、安全に駆除してもらえるハチ駆除業者に相談してみてはいかがでしょうか?

0120-932-621
蜂の巣駆除はプロに任せて安心・安全・確実に! メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様の了承をいただいた上で、調査費用等をいただく場合がございます。
※2 弊社運営サイト全体のお問い合わせ件数
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律11,000
    円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律8,800
    円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律11,000
    円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。