2020.07.14更新

蜂についての知識を増やす - ミツバチ-

蜂についての知識を増やす - ミツバチ-

ミツバチの駆除方法

毒は弱く危険性も低いですが、他のスズメバチ・アシナガバチ等と比べると殺虫剤に強いのが特徴です。駆除する際は、他の蜂同様に夕方~夜間に行なってください。ミツバチの巣全体に蜂専用の駆除剤を噴霧して駆除をしましょう。ハチが巣内にいないのを確認したら、巣を取り除きます。ミツバチはおとなしいとはいえ、知識と経験のある蜂の駆除のプロの業者に頼むのをおすすめします。

駆除完了までの流れ

駆除完了までの流れ

蜂対策・駆除のための知識を増やす – ミツバチ –

ミツバチ

見た目

他のハチよりは体が小さい
・ニホンミツバチ:体全体が黒っぽく体が小さい
・セイヨウミツバチ:体が黄色っぽく日本ミツバチより体は大きめ

性格

おとなしく、手を出さなければ刺すことはめったにない

特徴

日本ではニホンミツバチ、セイヨウミツバチが飼育・養蜂されており、蜜の採取が行われている。また、ミツバチは刺すと死んでしまう。

ミツバチはハチの中では最もおとなしい種類で、自分から人を攻撃することはめったにありません。
ミツバチは、一度人を刺すと死んでしまうんです。なので、よほどのことがない限りは攻撃してくることはなく、スズメバチのように必ず駆除が必要な蜂という訳ではありません。

ですが、ミツバチの巣はわかりづらいところにあることが多いんです。庭の生け垣とか植え込みの中、木の枝なんかによく巣を作っています。こういう見えづらい場所だとうっかり足を踏み入れてしまったり、子供が遊んでいてミツバチの巣を刺激してしまうこともあるでしょう。ふだんはおとなしいミツバチでも、自分の身に危険を感じたり、巣を壊されそうになったりすれば怒って攻撃してきます。

ミツバチは小さなハチですが、アナフィラキシーショックを起こす毒は持っています。こういったショック症状を引き起こすのは何もスズメバチやアシナガバチだけではないんです。
一度に何匹ものミツバチに刺されたりすると危険な状態になることも十分に考えられます。

とはいえ、ミツバチは生態系にとっては重要な虫です。近づいたり刺激さえしなければ共存可能な種類ではあります。
生活圏内でどうしても近づかなくてはならないところに巣を作られてしまった場合には駆除の必要がありますが、ミツバチが減ることで自然のサイクルが乱れる心配もあるので、関わらないようにしつつ、巣を守るようにすることも大事です。

ミツバチの習性

ミツバチの習性
ミツバチは上で述べている通り、滅多に刺してくることはありません。しかし、知らないうちに民家の中に巣を繁殖させ、知らず知らずにミツバチが危険と感じる範囲に入ってしまうことがあります。そうなってしまうと、ミツバチによる一斉攻撃を受けてしまったり、刺された毒に反応し、アナフィラキシーショックを起こしてしまうかもしれません。生活圏内でそのようなことが起こってしまうと、日々の生活を穏やかに過ごすことができなくなってしまいますので、他のハチに比べておとなしいミツバチですが、ミツバチだからといって油断しすぎるのはやめた方がよいでしょう。また、巣が大きくなると、巣に蓄えられた蜜が天井や壁などから部屋の中に染み出してくることもあります。その蜜の匂いに誘われて、ゴキブリやアリのような生活害虫が家に住み着いてしまう危険性も考えられます。

ミツバチの危険性

ミツバチは上で述べている通り、滅多に刺してくることはありません。しかし、知らないうちに民家の中に巣を繁殖させ、知らず知らずにミツバチが危険と感じる範囲に入ってしまうことがあります。そうなってしまうと、ミツバチによる一斉攻撃を受けてしまったり、刺された毒に反応し、アナフィラキシーショックを起こしてしまうかもしれません。生活圏内でそのようなことが起こってしまうと、日々の生活を穏やかに過ごすことができなくなってしまいますので、他のハチに比べておとなしいミツバチですが、ミツバチだからといって油断しすぎるのはやめた方がよいでしょう。また、巣が大きくなると、巣に蓄えられた蜜が天井や壁などから部屋の中に染み出してくることもあります。その蜜の匂いに誘われて、ゴキブリやアリのような生活害虫が家に住み着いてしまう危険性も考えられます。

ミツバチの防御法

・近寄らない
・香水をつけない

ミツバチは、強い刺激を与えたりしない限り基本的には刺してきませんが、他の蜂と同様に食べ物やジュースの甘い匂いや、香水などによってきます。夏の外では控えるようにしたほうが無難です。また、万が一ミツバチに刺されてしまった場合、他の蜂と同様に刺された部分をつまんで毒を体外に出して、流水で洗いながら冷やしてください。毒を出す際には、口でしてしまうと危険ですので、指でつまむことをおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

危険なハチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。
危険なハチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

0120-932-621
無料相談窓口へ
よくあるご質問
職人さん大募集中
スタッフ紹介
対応エリア
ハチ110番のサービス料金
  • ミツバチ駆除 全国一律8,000
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • アシナガバチ駆除 全国一律9,500
    (税抜)円~
    詳しくみる
  • スズメバチ駆除 全国一律13,000
    (税抜)円~
    詳しくみる

※対応エリア・加盟店により価格が異なります。
※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
※巣の場所が分からない・取り出せない・高所などの特別な場合は別途料金がかかる場合がございます。

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
 
東証上場企業

キャイ~ン
CM配信中!

メディア情報

メディア情報写真

日本経済新聞2020/2/25 掲載

「NEXT1000」5位選出 専門業者とマッチング

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。