危険なアシナガバチの駆除はプロの業者に頼むのが最適です。

アシナガバチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

アシナガバチの駆除方法

アシナガバチの駆除は、巣が小さな初期段階の間は比較的簡単に駆除が出来るでしょう。殺虫剤や防護服など、しっかりと準備を整えた上で巣の駆除に挑む事が大切です。
アシナガバチを駆除する際には、いくつか注意したいポイントがあります。少なくとも服装に関してはしっかりと露出を抑えられている必要があるので、服装のポイントをしっかりと抑えて身を守りましょう。
スズメバチよりは攻撃性が低い種類ですが、毒を持っており、数も多いので、服装から整える必要があります。

アシナガバチの駆除は、蜂が巣に戻ってきた後の夕方~夜間に行うのが基本です。夜であれば、アシナガバチの動きは弱まります。蜂は昼行性の生物なので、夕方や夜には活動の時間帯が終わっているので、ほとんどの働き蜂が巣にいるのです。
動きが弱まった時間帯を狙って、アシナガバチの巣に向けて殺虫剤(蜂専用でなくて可)を風上から1,2mほど離れたところから巣に向かって約30秒間噴霧すれば駆除が可能です。この時、巣の真下から吹きかけるのはではなく、巣の横や斜め下から吹きかけるのがポイントです。真下から殺虫剤を吹きかけると、巣の中からハチが落ちてくることもあり、危険性が高まるので、必ず離れた所から殺虫剤をかけましょう。
巣に殺虫剤を吹きかけている間の時間は我慢との勝負です。ハチが飛び立ったり近寄ってきたり、そして、その羽音が怖くても最低限の噴霧時間中は耐えなければなりません。

アシナガバチの巣に十分な量の殺虫剤を吹きかけたら、翌朝棒などで巣を落とし、死んだハチと一緒にホウキで燃えるゴミとして処分し、アシナガバチの巣の駆除は完了です。

また、駆除の際に、懐中電灯を使うと明かりに向かってアシナガバチが飛んでくることがありますので、赤いセロファンを被せるなどして対策をしてください。ただ夜間の作業ですので、慣れていない人にはあまり勧められるものではありません。
殺虫剤が体に付着するとハチはおおむね攻撃性がなくなり、次第に死亡します。薬剤のかかったハチは人を刺すことはありません。そして、ハチが巣からいなくなったら巣をすぐに取り除きます。ここ最近はハチ駆除専用の殺虫スプレーも売られており、少し高価ですが、これを使用すればより確実に駆除することが可能です。

ハチの駆除・対策ならこちらからお問い合わせ下さい。

蜂対策・駆除のための知識を増やす – アシナガバチ –

アシナガバチ
(スズメバチ科アシナガバチ亜科に属する昆虫)

スズメバチ

見た目
細身で小型
性格
スズメバチに比べておとなしく、巣にいたずらをして刺激したり、
素手で触ろうとしなければ刺してはこない
特徴
スズメバチに比べれば毒は弱いが、アナフィラキシーショックによ
り死亡することもある。刺されればスズメバチよりも痛いとも言わ
れている

アシナガバチの習性

女王蜂が単体で巣作りをしている時期には、特に攻撃性はありません。その後、働き蜂が羽化すると攻撃性は増し、活動が最盛する7月・8月にはアシナガハチによる被害が発生してしまいます。働き蜂が羽化して巣の規模が大きくなっていくのに比例し、女王蜂は外に出ることはなくなります。その代わり、働き蜂の攻撃性が増していくというわけです。
また、繁殖期である8月~10月にかけて、アシナガバチは最も興奮しやすく凶暴となります。この時期の蜂は巣を守るために、巣に近づく物体に対して強い攻撃性を示す傾向にあります。その後、最も長い巣でも12月までにはほぼすべての活動が終了します。

アシナガバチの危険性

毒はスズメバチに比べれば弱いが、アナフィラキシーショックにより死亡することもあります。過去にアシナガバチに刺されたことがある人は注意しなければなりませんし、蜂の毒に対してアレルギーがあるという人にとっては脅威です。また、刺された時にはスズメバチよりも痛いとも言われています。アレルギー反応を起こし「アナフィラキシーショック」を引き起こせば、嘔吐や呼吸困難、眩暈、顔面蒼白等の症状が出て、最悪の場合は死に至ります。蜂に刺されて、おかしいと感じたら、すぐに救急車を呼び病院へ急ぎましょう。

アシナガバチの防御法

  • 近寄らない

    近寄らない

  • 香水をつけない

    香水をつけない

スズメバチの場合と同じですが、近づかないことが最大の防御法です。また、スズメバチよりは攻撃性が弱いですので、むやみに刺激を与えないということも重要です。食べ物やジュースの甘い匂いや、香水などもハチ全般に対してあまり良い影響は与えません。夏の屋外では、意識的に控えて自分の身は自分で守りましょう。また、もし刺傷被害にあった場合、刺された部分を指でつまんで体外に毒を出すなどして対策をしてください。そして、流水で洗いながら冷やして救急車を待ちましょう。

アシナガバチの駆除はハチ110番にお任せ下さい!

ハチ110番のサービス料金
  • スズメバチ駆除

    全国一律 13,000円〜

  • アシナガバチ駆除

    全国一律 9,500円〜

  • ミツバチ駆除

    全国一律 8,000円〜

詳しく見る

  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内