戻り蜂とは?ハチの巣駆除後の注意と対処法について解説しています

蜂の巣

戻り蜂というと、越冬した女王蜂が巣を作るために戻ってくるというのをイメージしがちです。しかし、蜂の巣の駆除後に戻ってくる蜂も、戻り蜂と言います。このページでは、駆除後に発生する戻り蜂についてご紹介していきます。戻り蜂の発生原因や被害などの概要をはじめ、戻り蜂の予防にもなるDIY対策や、対処法を詳しく見ていきます。

蜂の巣駆除後に戻ってくる蜂

蜂の巣

蜂の巣駆除は、巣を取り除いて終わりというイメージを持つ方が多いと思いますが、駆除時に出かけていた蜂が戻ってくることがあります。このような蜂は戻り蜂と呼ばれていて、しばらく巣があった場所を飛び回ります。
戻り蜂は1週間ほど飛び回ると言われており、その間に刺されるなどの被害に遭うことも少なくありません。

戻り蜂の原因

原因1 駆除時に巣にいなかった蜂がいるため
蜂の巣駆除をするときに、全てのハチが巣にいるとは限りません。例えば、エサを探しに行っているハチがいたということも考えられます。エサを見つけて帰ってきたときには女王蜂や幼虫・雄蜂がいたはずの巣がなくなっているので、ハチは混乱してしまいます。そのため、しばらく巣があった周辺をさまようことになるのです。

原因2 駆除時に全てのハチを駆除できないケースがあるため
蜂の巣を駆除するときには、巣の中の蜂や周辺に飛び回る蜂も同時に退治しますが、すべての蜂を退治するのは非常に難しいです。そのため、蜂の巣駆除のあとから生き残った蜂が戻ってくることもあるようです。

戻り蜂による被害

1週間ほど飛び回った戻り蜂は、戻る巣がないことを悟ると別の場所へ飛んでいくことがが多いです。しかし、帰る場所を失った戻り蜂は気が立っており、攻撃的になっていることも十分に考えられます。悟るまではハチは飛び続けるので刺される被害に遭わない保証はありませんので、極力近づかずそっとしておきましょう。

戻り蜂の特徴と注意点

蜂の巣

一度、駆除した場所にまた巣ができるとなると手間もコストも2倍かかります。
蜂は気に入った場所に巣を作るという特徴がありますが、ハチの種類によって巣作りに好む場所や環境が変わってくるようです。戻り蜂の種類によって、目を光らせておかなくてはいけない場所が違うので確認しておきましょう。

戻ってきた蜂がとる行動

主な行動は、飛び回るというものです。しかし、まれにとる行動として、同じ場所に再度巣を作ることがあります。なぜ同じ場所に作ることになるかというと、女王蜂を駆除できなかったというケースもあるからです。まれなケースとは言え、可能性は否定できません。同じ場所に作らなかったとしても、巣を作っていた周辺の環境を蜂たちが気に入っていれば、駆除した場所から近いところに巣を作ることも考えられます。

戻ってくる蜂の種類によって、巣ができやすい場所は違う

蜂が巣を作るということは、その場所と周辺環境が蜂にとっていいものだからと考えられます。たとえ駆除したとしても、また巣を作られてしまうというケースが出てくるのには、このようなハチの習性が関わっているからと言えます。万が一、女王蜂を含め、戻ってきた働き蜂たちが巣を作るとなると、注意しておかなくてはいけないポイントがあります。
それは、ハチの種類によって巣ができやすい場所が違うということです。ハチにも種類によって、巣を作る環境の好みがあるのです。
以下で、種類別に詳しく見ていきます。

アシナガバチの場合

蜂の巣

人間の生活圏内でも、気に入った場所が見つかれば巣を作ります。植え込みなどだけではなく、ベランダや外壁など開放的で、よりわたしたちに近い場所にも巣を作り、低い場所に作る傾向もあるので注意が必要です。
小さなお子様がいらっしゃるご家庭などでは、とくに注意しなくてはいけません。巣はグレー系の色なので注目して見てみましょう。
アシナガバチは、再度巣を作るのは女王蜂が残っているときだけにとどまりません。少し破壊した程度ではまた巣を作って住み着きます。それだけ、アシナガバチは巣に関しての執着が高いのです。

スズメバチの場合

蜂の巣

巣作りに好む場所は、森林や山間部です。スズメバチはエサとして昆虫を好むので、都市部よりも地方が被害に遭うことが多いと言われています。スズメバチの種類にもよりますが、木の根元や枝の間を好んで巣を作ることが多いようです。なかには、土の中を好むオオスズメバチという種類もいます。
しかし、近年では都市部でも、丸い球状の形が特徴であるスズメバチの巣が確認されるようになってきました。都市部では、軒下や屋根裏など、雨風をしのげる閉鎖的な場所が、とくにキイロスズメバチの巣のターゲットになることが多いようです。

ミツバチの場合

蜂の巣

狭い空間に巣を作る特徴があります。わずかな隙間でも侵入し、巣を作ることができます。近年では、都市部でもミツバチ被害が出ています。攻撃性が低いミツバチと言われていますが、敵と見なされ刺されると針が抜けず、毒性がも強いので油断できません。住宅の場合だと、天井裏や壁のすきま、雨戸の戸袋など狭い空間が狙われやすいようです。ミツバチは蜜を採るために養蜂によって管理されていることがほとんどなので、被害が少ないイメージですが、放置するとその姿からは想像できないような大きな巣になることもあるので注意が必要です。

戻り蜂の対策と駆除

蜂の巣

戻り蜂を防ぐためには、被害前の対策も大切です。自分でできる対策もあるので、注意点を踏まえてご紹介していきます。
それでも万が一、戻り蜂が巣を作り出したら対処をしなくてはいけません。被害に遭っている建物によって最初の対応が違うので、確認していきます。また、戻り蜂の被害状況によっては、業者を頼ったほうが良いこともあるので、ポイントを抑えておきましょう。

戻り蜂を防ぐための対策について

有効的なのが、駆除用のスプレーの活用です。駆除用のスプレーには、忌避に有効なニオイが含まれているので、戻り蜂を寄せ付けないという効果を期待できます。市販の殺虫剤でも効果があるようなので、手持ちがあれば活用します。戻り蜂が戻ってきて飛び回るとされる期間は、スプレーを撒いておくと安心でしょう。スプレーを撒く箇所は、被害に合った場所や、上に挙げたようにハチの種類を参考に変えることが大切です。やみくもに撒くのではなく、狙いを定めましょう。
注意点としては、雨が降るとスプレーの薬が流れてしまうので、雨上がりには再度スプレーを撒くようにします。

戻り蜂の駆除は必要?建物別の対処法とは

戻り蜂の駆除は、基本的には必要がないと言われています。しかし攻撃性が高くなっている蜂が刺してくることもあるので、近づかないというのが前提になります。しかし、戻り蜂に巣を作る様子が見られたら話は違います。早めの対応・退治が必要になりますが、建物の種類によって対処は変わります。

一軒家

持ち家の場合は、自力の駆除か業者に頼むことが基本です。自分でやる場合は、ハチによる被害の危険性を考えて無理をしないことが重要です。

賃貸

被害箇所が共用部分でも、占有部分でもまずは管理会社や大家さんに相談することが大切です。

公共部分

公共部分で被害を確認した場合は、まずは役所などに連絡してみましょう。何らかの対処をしてもらえる可能性があります。

こんなときは業者に戻り蜂駆除の依頼を!

戻り蜂について、業者などの専門家に依頼した方がいい場合は以下の2つです。

①蜂が再度巣を作り出している ②戻り鉢の数があまりにも多い
この場合は、自分では何ともならないことが多いです。戻り蜂は、近づかなければそのうちいなくなると思いがちですが、このような様子が見られたら、業者に依頼することが解決の方法になります。
戻り蜂が来ないことに越したことはありませんが、ハチの完全駆除は必ずしも保証できるものではありません、だからこそ、ハチ駆除を依頼する際は、駆除後のケアや保証が充実している業者を選ぶことをオススメします。

まとめ

蜂の巣駆除後でも、戻り蜂対策には以下のポイントに注目です。

・駆除時に巣外にいた蜂、駆除しきれなかった蜂が戻って来ることがある
・刺されるというのが主な被害なので、近づかないというのが原則
・まれに再度巣を作られることがある
・戻り蜂を防ぐためには、蜂が巣作りに好む場所を知る、忌避スプレーの利用が有効的
・戻り蜂の被害に遭っている建物によって最初の対応が違う
・被害の状況によっては、業者に依頼することも考える

もし、戻ってきた蜂をが心配なら、蜂駆除業者に相談して駆除してもらうのも一つの方法です

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内