横浜市対応の弊社加盟店のご紹介

ABR
ハチが巣を作るのは屋外の庭木だけではありません。天井裏や床下、時には壁の中にまで巣を作ることがあります。大切な住宅にハチが巣を作ってしまったらどうすればいいのでしょうか。ハチの巣を発見した場合、ハチの駆除を行っている業者に駆除を依頼するのが手っ取り早い対処でしょう。ハチを徹底的に駆除するためには、住宅のどこに巣があるのかを事前に調査する必要があります。もしかしたら、巣は一箇所ではないかもしれないので、きちんと把握していないと駆除の失敗に繋がります。また、再発を防ぐために、ハチが侵入しそうな場所を見つけて定期的にチェックするなど予防しておくことも肝心です。横浜にてハチの駆除を数多くこなしてきたABRは、きちんと事前調査を行い、安全にも配慮してご依頼主が安心して生活できる環境をご提供することに力を入れている業者です。
カメリアサービス
カメリアサービスは横浜にて発生したハチに関するお困り事を解決させ、皆様の安全をお守りしてきた会社です。ハチは自然が多い地域だけではなく、都会でも発生します。香水や洗濯用の洗剤、柔軟剤の匂いに惹きつけられて人間に近づいてくる可能性がありますので、注意が必要です。ハチは種類によって見た目や習性、巣の形状など異なる点が多くあります。飛び方にも違いがあり、スズメバチは直線的で素早く飛ぶのに対して、アシナガバチはふらふらとゆっくり飛ぶ特徴があります。スズメバチは素早い上に、一番攻撃的なハチなので、発見したらすぐに避難するようにしましょう。もちろん、他のハチであっても、刺激せずに避難するに越したことはないです。もし、住宅の軒先や天井裏などに巣を発見したら、早急に駆除・撤去を行いましょう。カメリアサービスは、ハチの駆除を素早く適切に行い、暮らしの安全を取り戻してくれる頼もしい会社です。
ニシダサービス
横浜でハチにお悩みの方はニシダサービスという会社が、皆様のお悩みを解決する業者の1つとなります。こちらの会社はハチの生態を知り尽くしており、的確な処置による駆除を行ってくれる頼りになる会社です。ハチと言えば、小さい体の割には刺されると激しい傷みが生じる恐ろしい虫というイメージがあることでしょう。ハチが活動をするのは夏だけで、冬には冬眠してしまいます。しかし、夏の数ヶ月の活動でも大きな巣を作りあげることがあります。巣が大きくなるに連れて、ハチの防衛本能が高まりますので、一層凶暴になります。住宅にハチが巣を作ってしまったら、住宅が傷むだけではなく、ハチに刺される危険性と常に隣り合わせの状況になってしまいます。ハチの巣は早期発見、早めの駆除が大事です。5月頃から女王バチが巣を作りだしますので、巣を作りそうな場所を点検するようにしましょう。

危険!横浜市のハチハザード。危険な習性も紹介します

横浜市は毎年5月から10月にかけては平均最高気温が20℃以上になり、ハチが行動的になる期間になります。4月も18℃から19℃ぐらいになることがあるので、この時期にハチが動き回る時もあるので油断は禁物です。神奈川県では日照時間が全国で9番目に長いので、その分他県よりもハチが行動する時間が長くなっているので要注意です。横浜市では、特に7月から10月にかけてハチの被害が報告されていて、スズメバチとアシナガバチの発生が多いと言われています。スズメバチとアシナガバチの見分け方としては、前者は蜂の巣が丸いボールのような形をしていて実際サッカーボールぐらいの大きさまで巨大化することがあり、巣穴は一つしかなく、マーブルのような模様が特徴的です。後者の場合、横に広い形をしていて巣穴が露出している状態で見れば蜂の出入りが簡単に見えるようになっています。横浜市の福祉保健センターでは、駆除の依頼は受け付けていませんが情報提供や相談、業者の紹介や自分で駆除する場合の防護服や駆除するための機材の貸し出しも行っています。横浜市では、スズメバチの蜂の巣の撤去は早めに業者に依頼することを勧めています。蜂の巣は4月から6月までの春から夏になる前の時期には、働き蜂が羽化するまで女王蜂が一匹で巣を守り子育てをしている状態なので、巣自体も小さく駆除が比較的楽なので費用も安く済む場合が多いからです。実際に被害の連絡がピークとなる夏の期間は、その頃には巣はかなり大きくなり働き蜂達が飛び回るようになるので駆除も厄介になり、除去する費用も通常よりも高くなってしまうことがあるからです。4月から6月のうちに、家の天井裏や壁、床下や垣根、植え込みや木の洞の中など念入りにチェックして巣が出来始めていないかしっかり確認する必要があります。出来始めの巣を発見したら、すぐにでも駆除して早い段階でハチが住み着けないような環境を作っておくべきです。

横浜市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年09月26日
    エリア
    神奈川県横浜市金沢区
    参考金額
    8,000円

    ドロバチの駆除依頼も届いています。こちらのお客様は、マンションのベランダに作られたドロバチの巣の駆除をご希望されていました。巣の大きさは10センチメートル*3~4センチメートル程度の大きさで、脚が届く場所から2メートルの高さに巣があるとのこと。現地調査の前に、まずはお電話での概算見積りをご用命でした。

  • 受付日
    2016年08月06日
    エリア
    神奈川県横浜市栄区
    参考金額
    9,500円

    まずは、ハチ駆除の概算見積から依頼したいとのお電話を頂戴いたしました。お電話によりますとアシナガバチにハチの巣を作られてしまったということでした。その大きさは直径10センチメートル程度で、個数は1個のみ。営巣場所は軒下で、地面からの高さは2メートル程度とお伝えされていました。施工希望日もあらかじめご指定されており、なるべく早く対応してほしいということでした。

  • 受付日
    2016年07月06日
    エリア
    神奈川県横浜市神奈川区
    参考金額
    9,259円

    ハチの巣駆除の相談と見積りを出してほしいとのご希望をいただきました。ハチの種類は不明のようですが、巣は確認済みとのこと。大きさは2センチメートルで、数は1個ベランダの軒下(高さ約2メートル)にできているとのことでした。最短での施工をご希望されました。

  • 受付日
    2016年07月06日
    エリア
    神奈川県横浜市保土ケ谷区
    参考金額
    9,500円

    ハチ駆除に関するご相談が寄せられました。こちらのお客様は、ハチの巣を自分で駆除してもいいのかと悩まれていました。そのハチの巣は、何のハチに作られたのかわからないものの、丸い形状とのこと。大きさは直径5センチメートル弱で、個数は1個。ハチの巣の場所は1階と2階の軒下ということでした。現地調査のお日にちは決まっておらず、まずは相談をご希望されていました。

  • 受付日
    2016年07月02日
    エリア
    神奈川県横浜市緑区
    参考金額
    9,259円

    こちらはアシナガバチの巣の駆除相談と見積りをご希望のお客様からのご依頼でした。アシナガバチの巣は確認済みで、大きさは約5センチメートル。数は1個で場所は地面から約2メートルのベランダにあるとのこと。見積り及び駆除の実施は最短をご希望されました。

その他の施工事例紹介はこちら

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
 

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-932-621

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

メディアに取り上げられています

メディアの取材

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

ご利用シェアNo1の理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

危険なハチ被害を迅速に解決!

お急ぎの方へ

無料メール相談窓口へ

無料現地調査のご案内